ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

スイングプレーンを意識したアイアンショットで上達する?

2018.4.18

レッスン書で良く目にする「スイングプレーン」ですが、すべてのスイングが対象になるものなのでしょうか。

多用な球筋が求められるアイアンショットでも、スイングプレーンを意識したスイングが「良いスイング」と言えるのか検証していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフスイングのコツ!バックスイングをコンパクトにする!

近年、世界的にプロゴルファーのゴルフスイングはバックスイングがコンパクトになってきています。 ...

ドライバーで飛距離を出すために理想のスピン量に減らす方法

ドライバーの飛距離を決めるのは、「ボール初速」「打ち出し角」「バックスピン量」です。 前2つを意...

欧米人のゴルフスイングで、アイアンショットの違いを感じる

日本人を含むアジア人と欧米人のゴルフスイングは、高さとパワーが異なりますよね。 アイアンショッ...

ゴルフのアドレスでスタンスを取る際の膝を曲げる適正な度合

ゴルフのアドレスでスタンスを取る際に「膝を適度に曲げて、腰を落とす」と言われます。 「適度」と...

ゴルフスイングの捻転しすぎは百害あって一利なし!

ゴルフスイングにおける捻転の重要性を説いている教本をみかけますが、身体を捻るためには思いのほか不...

スライスを改善する際はまずドライバーのグリップに注目!

真っ直ぐに打ち出しているつもりが、ショットしたボールは右側にスライスしていくのがゴルフの大きな悩...

2008年賞金女王古閑美保のスイングは実にゆっくりで理想的

2008年の最終戦リコーカップで奇跡の大逆転優勝を決め、初の賞金女王となった古閑美保プロ。 そのス...

ゴルフの肝!パッティングのスライスとフックの傾斜の打ち方

ゴルフの肝となるパッティング。 と言うのもラウンドでの打数において、パッティングは約4割を占め...

ゴルフスイングで左肩を回すためには右肩を引くことが必要!

ゴルフスイングの基本である「捻転」は「左肩を回す」と同義語のようになっていますが、動作としては「...

ダウンスイングのコツ。股関節の位置を戻すイメージで体移動

ゴルフスイングは上半身よりも、下半身の方へ意識を持つ方がスイングが安定すると言えます。 ダウンス...

古閑美保はどんな状況でもスイングのテンポを大事にする

引退してからしばらくはゴルフから離れていた古閑美保。 彼女がスイングで大事にしていることは、現役...

ゴルフスイングで右肘が脇腹につくとインパクトが不安定になる

ゴルフスイングで右肘が右の脇腹にくっついているようなら、フォームの修正が必要です。 この状態で...

飛距離UPと方向性を定めるインパクトのコック維持の重要性

ゴルフでインパクトの時のコック維持は飛距離を伸ばすため、そしてまっすぐ飛ばすためにとても重要です。...

上田桃子が米国ツアーで取り組んだスイング改造を確認

賞金女王まで登り上げた上田桃子プロが、海外ツアーで必要性に迫られてスイング改造を試みます。 日本...

手本にしたい!引退した古閑美保のゴルフスイングはきれい!

若い人には古閑美保=プロゴルファーと言うイメージを持つ人は少ないかもしれません。 今は恋愛事情や...

スポンサーリンク

ドライバーやアイアンのショットで聞くスイングプレーン

ドライバーやアイアンのスイング作りで良く耳にする「スイングプレーン」ですが、言葉の意味を分かっているようで、実はあまり内容について理解していないことが多いようです。

レッスン書などにはスイングプレーンの重要性が記されていますが、実際のスイングにおいて、スイングプレーンの何が重要なのかご存知ですか。

またそれを知ることでどんな良いことがあるのか理解できているでしょうか。

まずスイングプレーンとは、多くの場合は「スイングで生まれるヘッドの軌道」を円盤に見立てたものと解釈されます。

確かにヘッドの軌道に基点を置くと、この考え方で間違いありません。

元々「スイングプレーン」という言葉を作り、レッスン書に載せたのは往年の名手ベン・ホーガンです。

彼の著書『モダンゴルフ』は、今もゴルフの基礎を学ぶ上で重要な指針となっています。

その1つにスイングプレーンという概念を持ち込みましたが、実はベン・ホーガンの言うところのプレーンはヘッドの動きとともに、両肩や両肘を意識した「板」を指したものだったのです。

アイアンの時はスイングプレーンの基準が変わる?

ベン・ホーガンがモダンゴルフで伝えたスイングプレーンですが、それから半世紀以上が経ち、ゴルフクラブも含めて道具は進化しています。

提唱した頃はカーボンシャフトやチタンヘッドなど軽量クラブはなく、まさか47インチのクラブを一般ゴルファーが振り回していると想像もしていなかったはずです。

元々ベン・ホーガンが「スイングプレーン」を使ったのは、インサイドインのスイングを伝えるためです。

仮想するプレーン(板)よりはみ出さず、また下回らずにヘッドを動かすことで正しいスイング軌道を伝えたかったわけです。

ところがこの斬新的な概念は、ヘッドの動きを伝えるどころか、スイングそのものの正しさを証明するためのものとなります。

そのため、道具の進化とともにスイングプレーンの解釈も変わっていきます。

もっとも違うのはアイアンを構えた時、ヘッドの動きでできるスイングプレーンと、ヘッドからグリップまでのシャフト全体でできるプレーンの差異を比較する分析があります。

またテークバックのスイングプレーンと、ダウンスイングのスイングプレーンの差異も良く取り上げられています。

つまり「スイングプレーン」といっても、現在ではたくさんのスイングプレーンがあるので、レッスン書がどのプレーンを指しているかを確認する必要があります。

アイアンを構えた時の2つのスイングプレーン

そこで現在のスイングプレーンについて確認してみましょう。

アイアンを構えてフェース面をスクエアにセットする時、グリップの位置はシャフトの傾きであるライ角によって変わります。

そのためシャフトの動きをスイングプレーンとしている場合は、シャフトの傾きが変わるということはプレーンの傾きも変わることになります。

つまりこの時の正しいスイングプレーンは、ライ角によって導き出されるわけです。

一方でクラブヘッドの動きをスイングプレーンにしている場合は、円そのものの形が気になるところです。

本来の考え方は、首からヘッドまでに1枚の仮想の板を張って、その板に添ってヘッドを動かします。

ところがスイングは常にインサイドインではありません。

アウトサイドインであればスライスの原因となりますし、インサイドアウトならフックの原因となります。

まして体重移動を伴うスイングをする場合は、楕円形の円を描くことになり、より複雑なプレーンを求めることになります。

このように多用な考え方があるので、スイングプレーンでスイングチェックする時は、「1つの目安」として押さえておくほうが良いかもしれません。

仮想のスイングプレーンで正しいアイアンショットを!

ではアイアンのスイングプレーンについて確認しましょう。

スイング自体はロングもショートも同じと考えて、クラブの長さとロフト角が違うだけとします。

スイングチェックはボールを中央で構える7番アイアンが便利です。

7番アイアンを用意して、両足を揃えてボールの前に立ちます。

左足を半歩そして右足を半歩、両側に開いてスタンスを決めましょう。

そして膝を軽く曲げて上半身を前傾させ、肩から腕を下ろしたところでグリップを握ります。

すると視線の下にはグリップを握った両手があるはずです。

そのグリップの先にはボールの後ろでセットしたアイアンのヘッドがあります。

この状態でインサイドにグリップを引いていきます。

そのままグリップを右腰の横に引くと、スイングプレーンから外れています。

また飛球線の後方に引いても、同じように外れていることになります。

そこで仮想のプレーンに添ってヘッドを引き上げると、正しいテークバックができるはずです。

アイアンショットには引きと振りのスイングプレーンがある

テークバックのスイングプレーンができたら、次にダウンスイングに入ります。

本来であればテークバックの軌道と同じようにアイアンを振りますが、実際にはテークバックのほうが緩やかに低い軌道で、ダウンスイングのほうは急勾配で振り下ろすことになります。

この角度の違いは意識的に行うものではなく、身体の構造上の問題です。

テークバックはパワーを溜めるために捻転しますが、ダウンスイングではそのパワーを一気に開放するため、身体の回転と腕の動きがテークバックの時と同じ軌道にはなりません。

正しいスイングプレーンは、テークバックより急勾配になりますが、やはり斜めの板に添ってヘッドを動かすことに変わりはありません。

特に気をつけなければならないのは、ヘッドがアウトサイドに出ないことです。

ダウンスイングでは、右に移動した軸が左側に移動することから、右肩から突っ込むようなスイングになりやすく、ミスショットの原因となります。

そこで左手甲をターゲットに向けてインパクトすれば、スイングプレーンを崩さずにアイアンショットを放てるはずです。

アイアンショットの種類によってスイングプレーンは変わる

スイングプレーンで大事なことは、トップからのダウンスイングと、インパクト後のフォロースルーが均等の振り幅であることです。

特にアイアンショットの場合には、打ち込んだ状態でスイングを止めてしまい、均等のスイングを完結できていない場合があります。

スイングプレーンにこだわりを持つのであれば、フォロースルーでトップの位置と同じところまで、ヘッドを引き上げることが大切です。

ただしショートアイアンの場合には、ピタッと止まる球筋のために、右足の前にボールを置くことがあります。

当然テークバックでのトップは低くなり、フォロースルーは大きくなります。

つまり球筋によってはスイングプレーンを崩すこともあるわけです。

またヘッドの軌道が直線的になる、アウトサイドインやインサイドアウトなどの場合はスイングプレーンよりもフェースの向きが重要になります。

現在は多用なスイングがあるので、スイングプレーンは1つのチェック法として位置づけたほうが良いと言えます。

インサイドインのアイアンショットはスイングプレーンを重視

スイングプレーンは、スイングチェックのための1つの指針です。

しかしアイアンを使う場合には、すべてのショットで指針となるわけではありません。

振り子のようにヘッドを動かしたり、芝面に打ち込むようなショットであったり、求める球筋やライの状況によって変わるものです。

アイアンでインサイドインの時だけは、スイングプレーンを意識したスイングを心がけるようにしましょう。

 - スイング ポイント