ゴルフグリップを握る力は徐々に強くするのが正しい握り方

ゴルフグリップをどの指で握るのか、そして握る力はどのくらいなのかと悩んでいる人は多いでしょう。

しかしスイングのどのタイミングでどのくらいの強さで握るのかの方が実は重要なのです。

スイングスピードは常に一定ではありません。

ですからスイング中にグリップを握る強さをコントロールする必要があるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目の位置が高いことでスイングプレーンが崩れてしまう理由

目とボールの間隔を適正に保つことが確実なインパクトに繋がります。グリップの位置が高いと上体が伸...

155センチ、体重が重くなくても平均飛距離はここまで伸びる

女性のアマチュアゴルファーの方だとドライバーの平均飛距離は175ヤードほどだと言われます。もちろ...

横峯さくらがオーバースイングを修正したアイアンの打ち方

「さくら」の愛称で日本女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら選手ですが、その独特なスイングは誰にでも...

ドライバーは打ち方を間違うと球が上がらないなんてことに!

ドライバーで球が上がらないと距離につながりません。理想の打ち方はどんなもの?するとど...

ドローで飛距離アップ!スライスをドローに変える打ち方

ゴルファーには持ち球があり、それはドローやフェードになります。ドローボールは着地後も20~3...

ゴルフスイングは基本となる9時3時のハーフスイングを極める

初心者ゴルファーはもちろんのこと、ゴルフスイングに悩んでいるゴルファーの皆さんも初心に返るべく、...

スライスの原因はアプローチショットが間違っているから?

ボールに右回転がかかるとスライスします。通常アプローチショットは、ボールに逆回転が多くかかる...

神の領域と言われるタイガーウッズのゴルフスイングを分析

神の領域とも言われるタイガーウッズのゴルフスイングですが、それはタイガーが出現したことでコースの距...

ゴルフのフォームが誰からもきれいと評価されるスイング方法

ゴルフの練習をしていると、力みのないスムーズなフォームで、きれいなスイングをしてる人を見かけたこ...

凝視は駄目!?ではアイアンはボールのどこを見るのが正解?

ゴルフ初心者にとってボールのどこを見ると良いスイングができるのかは興味があるテーマですよね。ア...

フックグリップでハンドファーストに構えるとダウンブローに

アイアンショットでスピンを利かせ、グリーン上でピタリ!そんなプロのようなショットを打つことに...

ゴルフで上達するために野球のスイングを進んで活用しよう

野球の経験のある人がゴルフを始めてみると、スイングの違いに気づきます。ゴルフのショットは、野...

ゴルフが上手い女性は女性の特徴を生かしたスイングに徹する

日本女子プロの貢献のおかげで、最近はゴルフ場で女性ゴルファーを見かけることも増えてきたように感じ...

パッティングでボールをひっかける理由とその対策を知ろう

パッティングでひっかけると癖になり、ストロークすること自体が怖くなるものです。パターでひっか...

今よりも5iの飛距離が安定するための打ち方と練習法

コース内では多用する5iですが、ゴルファーによって飛距離にかなりバラつきのあるクラブのようです。...

スポンサーリンク

ゴルフグリップを握る力は徐々に強く

ゴルフスイングとは、ダウンスイングからインパクトにかけてヘッドスピードが上がっていきます。

そのスイングの際のゴルフグリップを握る強さは、それに合わせて徐々に強く握ります。

だからと言って、ダウンスイングでいきなりギュッと握ってしまうのとミスショットになってしまいかねません。

ですから「徐々に」と言うところが大きなポイントとなってくるのです。

アドレスからトップにかけては、あまり握る力を強める必要はありません。

良く卵を握るくらいとか、小鳥を持つくらいの強さと言われるのが、アドレスからトップにかけての力加減のことです。

そしてダウンスイングからインパクトにかけては少しずつその強さを強めていきます。

最終的にインパクトではギュッと握り締めるくらいの強さになります。

インパクトで最も強く握るので、トップからダウンスイングまではその強さを目安に徐々に強めていくと良いでしょう。

ヘッドスピードの速さとグリップを握る強さが比例するようにしてください。

ヘッドスピードも急にスピードを上げると、それは振り急ぎにしかならないので、ミスショットになってしまいます。

ゴルフグリップを握る力を強めるのは切り返しがスタート

ゴルフスイングでは、ゴルフグリップを握る力を強めるタイミングが非常に大切になってきます。

ゆっくりスイングをすればそのタイミングが良く分かるのですが、実際のスイングは一瞬です。

ですからそのタイミングは体に染み込ませるしか方法がありません。

アドレスからバックスイングまでは、緩めで一定の力で握ってください。

握る力を強め始めるのは、切り返しからです。

ヘッドがスイングの最下点にくると、シャフトと右腕が一直線になります。

良くプロのスイング連続写真等で目にすることがあるインパクトの瞬間の形です。

その際にシャフトは逆にしなります。

この瞬間が、ゴルフグリップを握る力が最大になるのです。

グリップを緩く握った状態のトップで、ヘッドを引っ張ってもらってください。

そこでクラブを引っ張るためにはゴルフグリップを握る力を強めなければなりません。

引っ張られているクラブを急に離されると、さらに強い力で握ることになるでしょう。

その練習を繰り返しすると、徐々に力を入れるタイミングが掴めるようになります。

ゴルフグリップを握る力は徐々に強くするメリット

ゴルフグリップを握る力を徐々に強めることにはたくさんのメリットがあります。

徐々に強めることで、シャフトの余計なしなりを抑えることができます。

そうするとクラブがぶれないのでミート率が高まります。

このミート率が高まると言うことは、自ずと飛距離も伸びてくるのです。

またグリップを握る力を一定にするには、スイングリズムを一定にする必要があります。

ゴルフスイングにとってスイングリズムとはとても重要なことです。

一定のリズムで振ることができると、どんな状況でも安定したショットが打てるようになります。

スイングスピードとゴルフグリップを握る力は比例すると話しました。

そのスイングリズムをしっかりと体に覚えさせることで、いかなる状況でも変わりないスイングができるようになります。

そうなると、クラブをコントロールしやすくなりますし、これもまたミート率を高めることにもなります。

ショットの精度、そして飛距離を伸ばす必須条件はミート率の高さです。

ゴルフグリップを握る力を徐々に強めることで、そのために必要なミート率を確実に高めることができるのです。

急な『ギュッと』の危険性

ゴルフグリップをインパクト前でいきなりギュッと強い力で握る人がいます。

そうするとスイングリズムも崩れますし、自分の力がクラブに伝わってしまいます。

それは手打ちの原因にもなりますし、スイングスピードが急激に速くなってしまいかねません。

するとシャフトのしなりが異常に大きくなってしまいます。

シャフトがしなりすぎると、当然ですがクラブをコントロールしづらくなります。

クラブを上手くコントロールできないと、ミート率は確実に落ちてしまいます。

ドラコン選手たちが、長尺ドライバーを使い、大きくシャフトをしならせているのを見たことがあるでしょう。

彼らのミート率が悪いかと言うと、そうではありません。

彼らは大きくシャフトをしならせてもミート率が落ちない技術を持ち合わせているのです。

しかし彼らもグリップを急にギュッと握るわけではなく、徐々に強めています。

ただ大きくシャフトがしなるクラブを飛距離のために使用しているだけなのです。

スイングリズムとグリップの関係

バックスイングではスイングリズムがゆっくりなのに、ダウンスイングでスイングスピードが急に速くなる人がいます。

こういった人は大抵トップのミスがでます。

この原因はゴルフグリップを握る力を急に強めているからです。

切り返しやダウンスイングでスイングスピードが速くなるのは、『飛距離をより出したい!飛ばしたい!』と言う気持ちが大きな人に起きやすいです。

それにヘッドが追い付いていれば何の問題もないのですが、大体の場合は、ゴルフグリップは強く握っているので速く動くのですが、それにヘッドが付いてこず、遅れる人がほとんどです。

ゴルフグリップを強く握りすぎると、手打ちになりやすくなるので、スイングスピードが急激に速まり、スイングリズムも崩れてしまいます。

グリップはゴルフスイングで最も重要な部分と言われているのはそう言うことなのです。

グリップを握る力を間違うだけで、スイングリズム、ミート率、ボディーターンでのスイング等、スイングに必要なことをすべて崩してしまうのです。

シャフトをしならせ過ぎるとボールは飛ばない

シャフトを大きくしならせることで飛距離が出ると勘違いしている人が多いです。

またそのためにゴルフグリップを握る力を強める人も非常に多いです。

ヘッドを正確にボールに当てるためには、実はシャフトのしなりをある程度抑える必要があります。

ヘッドスピードが速くても飛距離が出ない人は、シャフトがしなり過ぎていて、ヘッドを上手くコントロールできていないからです。

グリップを握る力が強いと、グリップが先導してしまいシャフトのしなりが大きくなってしまい、ヘッドを上手くコントロールできません。

ツアープロはヘッドスピードが凄まじく速いですが、それでも上手くヘッドをコントロールできるので、正確かつ飛距離が出るショットが打てるのです。

アマチュアがその技術を身につけるには、相当な練習を必要をします。

ですから現在のヘッドスピードに合わせたシャフトのしなりができるようになりましょう。

そのほうがより飛距離を望める結果となります。

そのためには先に説明したように、グリップを握る力を徐々に強め、上手くヘッドをコントロールできるようにしてください。

気を抜くと元に戻るのがグリップの難しさ

ゴルフグリップの握り方や握る力等は、毎回注意しても気づいたら以前の形に戻っています。

それほどグリップを変えるのは困難なことなのです。

慣れ親しんだ握り方や握る力が心地良く感じてしまうからなのです。

しかしゴルフを上達したいのであれば、意識せずとも正しくできるようにしなければなりません。

そのためには1打1打しっかりと意識し、何度も何度も練習して体に覚え込ませるしかありません。