ゴルフグリップを握る力は徐々に強くするのが正しい握り方

ゴルフグリップをどの指で握るのか、そして握る力はどのくらいなのかと悩んでいる人は多いでしょう。

しかしスイングのどのタイミングでどのくらいの強さで握るのかの方が実は重要なのです。

スイングスピードは常に一定ではありません。

ですからスイング中にグリップを握る強さをコントロールする必要があるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの上達には右手をなるべく使わないのが大事なポイント

皆さんはゴルフのプレー中にふと主に右手で打つのか?左手で打つのか?迷った事はありませんか?大...

ティーアップしてもアイアンの飛距離が変わらない様に打つ

アイアンの飛距離については、ティーアップしようが芝の上から直接打とうが本来飛距離は変わりません。...

ゴルフにおいての正しいラフからの打ち方とはこんなにあった

ゴルフをプレーする上でラフに入ってしまうことは必ずありますし、いかにラフから綺麗に打てるかどうかが...

手本にしたい!引退した古閑美保のゴルフスイングはきれい!

若い人には古閑美保=プロゴルファーと言うイメージを持つ人は少ないかもしれません。今は恋愛事情や...

ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージでクラブを振るでしょうか。恐らく、ほとん...

ドライバーで球が上がらない!フックが止まらず狙えない!

ドライバーはとにかく遠くへ飛ばしたい願望がありますが、アマチュアで一日一回そんな当たりが出ればOKと...

【ゴルフ教えて!】スイング中に左足が動くのは良くない?

ゴルフでは様々なスイングや考え方があります。今回考えたいのはスイング時の左足についてです。...

ヘッドスピード50のゴルファーのアイアンでの悩みとは

一般ゴルファーのヘッドスピードは40前後ですが、トッププロになると50を超えるほどの速さでスイン...

ゴルフ上達のためベタ足スイングの元祖「Z打法」を学べ

韓国女子プロゴルファーの活躍から火が付いたベタ足スイング。飛距離だけでなく方向性、そしてショ...

【ゴルフ攻略】フェアウェイバンカーはトップ気味が基本

思い切りドライバーを振り切って、行った先がフェアウェイバンカー。そうなると重要なセカンドショ...

人気プロゴルファー藤田寛之の全てを徹底分析してみよう!

ゴルフ界一の卓越した理論を持つことで有名な藤田寛之選手。それはスイングだけでなく、トレーニン...

フェースを開くとシャンクが出やすい。その仕組みを理解する

『シャンク』。ゴルフスイングでこれ程恐ろしい病はパターのイップスと並んで多くのゴルファーを悩ま...

飛距離アップはテークバックで真っ直ぐ引くよりコックを活用

ドライバーショットの目的は飛距離を稼ぎたいことです。同時に曲げたくないためにテークバックでは真...

ゴルフスイングで左脇が開くとシャンクするってウソ?

ゴルフスイングで左脇が開くとシャンクになりやすいと言われますが、左脇が開く理由が分からなければ、...

アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がいきがちです。しかしアイアンは、番手通...

スポンサーリンク

ゴルフグリップを握る力は徐々に強く

ゴルフスイングとは、ダウンスイングからインパクトにかけてヘッドスピードが上がっていきます。

そのスイングの際のゴルフグリップを握る強さは、それに合わせて徐々に強く握ります。

だからと言って、ダウンスイングでいきなりギュッと握ってしまうのとミスショットになってしまいかねません。

ですから「徐々に」と言うところが大きなポイントとなってくるのです。

アドレスからトップにかけては、あまり握る力を強める必要はありません。

良く卵を握るくらいとか、小鳥を持つくらいの強さと言われるのが、アドレスからトップにかけての力加減のことです。

そしてダウンスイングからインパクトにかけては少しずつその強さを強めていきます。

最終的にインパクトではギュッと握り締めるくらいの強さになります。

インパクトで最も強く握るので、トップからダウンスイングまではその強さを目安に徐々に強めていくと良いでしょう。

ヘッドスピードの速さとグリップを握る強さが比例するようにしてください。

ヘッドスピードも急にスピードを上げると、それは振り急ぎにしかならないので、ミスショットになってしまいます。

ゴルフグリップを握る力を強めるのは切り返しがスタート

ゴルフスイングでは、ゴルフグリップを握る力を強めるタイミングが非常に大切になってきます。

ゆっくりスイングをすればそのタイミングが良く分かるのですが、実際のスイングは一瞬です。

ですからそのタイミングは体に染み込ませるしか方法がありません。

アドレスからバックスイングまでは、緩めで一定の力で握ってください。

握る力を強め始めるのは、切り返しからです。

ヘッドがスイングの最下点にくると、シャフトと右腕が一直線になります。

良くプロのスイング連続写真等で目にすることがあるインパクトの瞬間の形です。

その際にシャフトは逆にしなります。

この瞬間が、ゴルフグリップを握る力が最大になるのです。

グリップを緩く握った状態のトップで、ヘッドを引っ張ってもらってください。

そこでクラブを引っ張るためにはゴルフグリップを握る力を強めなければなりません。

引っ張られているクラブを急に離されると、さらに強い力で握ることになるでしょう。

その練習を繰り返しすると、徐々に力を入れるタイミングが掴めるようになります。

ゴルフグリップを握る力は徐々に強くするメリット

ゴルフグリップを握る力を徐々に強めることにはたくさんのメリットがあります。

徐々に強めることで、シャフトの余計なしなりを抑えることができます。

そうするとクラブがぶれないのでミート率が高まります。

このミート率が高まると言うことは、自ずと飛距離も伸びてくるのです。

またグリップを握る力を一定にするには、スイングリズムを一定にする必要があります。

ゴルフスイングにとってスイングリズムとはとても重要なことです。

一定のリズムで振ることができると、どんな状況でも安定したショットが打てるようになります。

スイングスピードとゴルフグリップを握る力は比例すると話しました。

そのスイングリズムをしっかりと体に覚えさせることで、いかなる状況でも変わりないスイングができるようになります。

そうなると、クラブをコントロールしやすくなりますし、これもまたミート率を高めることにもなります。

ショットの精度、そして飛距離を伸ばす必須条件はミート率の高さです。

ゴルフグリップを握る力を徐々に強めることで、そのために必要なミート率を確実に高めることができるのです。

急な『ギュッと』の危険性

ゴルフグリップをインパクト前でいきなりギュッと強い力で握る人がいます。

そうするとスイングリズムも崩れますし、自分の力がクラブに伝わってしまいます。

それは手打ちの原因にもなりますし、スイングスピードが急激に速くなってしまいかねません。

するとシャフトのしなりが異常に大きくなってしまいます。

シャフトがしなりすぎると、当然ですがクラブをコントロールしづらくなります。

クラブを上手くコントロールできないと、ミート率は確実に落ちてしまいます。

ドラコン選手たちが、長尺ドライバーを使い、大きくシャフトをしならせているのを見たことがあるでしょう。

彼らのミート率が悪いかと言うと、そうではありません。

彼らは大きくシャフトをしならせてもミート率が落ちない技術を持ち合わせているのです。

しかし彼らもグリップを急にギュッと握るわけではなく、徐々に強めています。

ただ大きくシャフトがしなるクラブを飛距離のために使用しているだけなのです。

スイングリズムとグリップの関係

バックスイングではスイングリズムがゆっくりなのに、ダウンスイングでスイングスピードが急に速くなる人がいます。

こういった人は大抵トップのミスがでます。

この原因はゴルフグリップを握る力を急に強めているからです。

切り返しやダウンスイングでスイングスピードが速くなるのは、『飛距離をより出したい!飛ばしたい!』と言う気持ちが大きな人に起きやすいです。

それにヘッドが追い付いていれば何の問題もないのですが、大体の場合は、ゴルフグリップは強く握っているので速く動くのですが、それにヘッドが付いてこず、遅れる人がほとんどです。

ゴルフグリップを強く握りすぎると、手打ちになりやすくなるので、スイングスピードが急激に速まり、スイングリズムも崩れてしまいます。

グリップはゴルフスイングで最も重要な部分と言われているのはそう言うことなのです。

グリップを握る力を間違うだけで、スイングリズム、ミート率、ボディーターンでのスイング等、スイングに必要なことをすべて崩してしまうのです。

シャフトをしならせ過ぎるとボールは飛ばない

シャフトを大きくしならせることで飛距離が出ると勘違いしている人が多いです。

またそのためにゴルフグリップを握る力を強める人も非常に多いです。

ヘッドを正確にボールに当てるためには、実はシャフトのしなりをある程度抑える必要があります。

ヘッドスピードが速くても飛距離が出ない人は、シャフトがしなり過ぎていて、ヘッドを上手くコントロールできていないからです。

グリップを握る力が強いと、グリップが先導してしまいシャフトのしなりが大きくなってしまい、ヘッドを上手くコントロールできません。

ツアープロはヘッドスピードが凄まじく速いですが、それでも上手くヘッドをコントロールできるので、正確かつ飛距離が出るショットが打てるのです。

アマチュアがその技術を身につけるには、相当な練習を必要をします。

ですから現在のヘッドスピードに合わせたシャフトのしなりができるようになりましょう。

そのほうがより飛距離を望める結果となります。

そのためには先に説明したように、グリップを握る力を徐々に強め、上手くヘッドをコントロールできるようにしてください。

気を抜くと元に戻るのがグリップの難しさ

ゴルフグリップの握り方や握る力等は、毎回注意しても気づいたら以前の形に戻っています。

それほどグリップを変えるのは困難なことなのです。

慣れ親しんだ握り方や握る力が心地良く感じてしまうからなのです。

しかしゴルフを上達したいのであれば、意識せずとも正しくできるようにしなければなりません。

そのためには1打1打しっかりと意識し、何度も何度も練習して体に覚え込ませるしかありません。