ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフのスコアアップを目指す練習法と上達の秘訣をまとめる

2017.11.2

ゴルフのスコアアップを目指すとき、むやみやたらに練習しても劇的にレベルアップすることはありません。
自分に足りないところ、修正したほうが良いところを練習することが大切です。

そこでティーショットからパッティングまで、スコアアップに繋がる練習の秘訣について紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アプローチのレッスン動画を活用すると簡単に上達できる!

アプローチを上手くなるには、プロからレッスンを受けるのが近道です。 わざわざ練習場でレッスンフ...

自宅でできる!スイングプレーンに乗せるための練習方法

スイングプレーンに乗せてクラブを振れると、アドレスと同じ姿勢でインパクトできるようになります。 ...

ゴルフボールにピンク色を使う男性にメリットはあるの?

ゴルフはボールをカップに入れる競技ですから、ゴルフボールは重要なものです。 競技に重要なボールで...

アマチュアゴルファーのうち70台スコアの割合はどれほど?

アマチュアゴルファーの最高峰はやはり70台で回るシングルプレーヤーでしょうか? さらに上にはス...

No Image

正に最強!タイガーウッズのドライバーショットを真似るには

世界4大メジャー14回の優勝を誇るタイガーウッズですが、彼のドライバーショットは正確無比で距離も出...

アプローチの基本の打ち方を覚えるなら30ヤードからが一番

アプローチの基本の打ち方を覚えたいなら、まずは30ヤードのアプローチから練習するのが良いです。 ...

3パット撲滅運動!パターでフックする原因を知って克服する

フックとは打ち出したボールが左に曲がるミスショットです。 ドライバーやアイアンで悩む人が多いで...

適正な飛距離が打てるよう5wを使いこなせれば強い味方になる

ドライバーとスプーンを飛距離で比較すると、ドライバーの方が飛ばないと感じることがあるものです。 ...

様々なパッティングの練習・ドリルでスコアアップを目指そう

パッティングはラウンドの全ショットの半分を占めると言われています。 そのくらいゴルフにおけるパ...

ヘッドスピード重視のアイアンの選び方は果たして正解か?

飛距離のバロメーターとなるヘッドスピードですが、アイアンの場合には飛距離よりも距離感が大事という声...

正直ゴルフが下手くそな人はアイデアと練習量が足りていない

長年ゴルフが上達しない人、100を何年も切れない下手くそなゴルファーは練習量もアイデアも足りていな...

ゴルフの上達はグリップの握る強さと手首を柔らかくすること

ゴルフスイングで飛距離や方向性、球筋に不安がある時はグリップをチェックして、手首が柔らかくなって...

ゴルフマネジメントを知れば誰でも100打を切ることができる

ゴルフのスコアが思うように上がらないようであれば、スコアを作るマネジメントを取り入れてみてはいか...

ゴルフ場の距離表示の正しい見方と使い方を知り情報活用を!

ラウンドをする際に、ゴルフ場にはプレーをする上で必要な様々な情報があります。 その中でも大事なの...

子供から年配者まで人気の坂田信弘のショートスイングとは

坂田信弘プロが提唱するショートスイングとは、もともとプロゴルファーを目指すジュニアゴルファーが、単...

スポンサーリンク

スコアアップの秘訣はゴルフクラブに細工して練習すること

スコアアップを狙うのであれば、安定したティーショットは必須になります。
右に行ったり左に行ったりで、セカンドショットを常にラフから打つようではスコアメイクも難しくなります。
もちろんOBや池に入るようだとマイナススタートみたいなものですから、まずは真っ直ぐ飛ばす、狙い通りに打つことができるようにならなくてはいけません。

でもティーショットを真っ直ぐ飛ばすというのはかなり難易度が高く、一流のプロゴルファーでさえ右や左にブレているぐらいですから、もしも月イチのゴルフしかできないようなら、練習場でかなり打ち込んで準備をしておく必要がありますね。

もしもドライバーの方向性が悪く、しかもスライスやフックが多いようなら、少しクラブを短く持ってみてはいかがでしょう。
通常、ドライバーの長さは45インチから46インチくらいが多いです。
それを指2本分だけグリップエンドを空けるように握るだけです。

もしも短く持ってもボールがブレるようであれば、真っ直ぐ打てる秘訣があるので試してみてください。
それはグリップエンドの小さな穴にティーを挿し込んで、インパクトゾーンで自分を指すようにするだけです。
何度か練習しているとコツがつかめるようになるので、あとはティーを外してもグリップエンドが身体を指すようになれば、フェアウェイキープが叶うはずです。

ゴルフのスコアアップの秘訣はピッチエンドラン

すべてのショットがパーオンできるとは限りません。
グリーンを狙ったショットが外れたり、こぼれたりすることは良くあることです。

プロゴルファーやローハンデのプレイヤーならグリーン周りから、60度のアプローチウェッジで、ロブショットなんて芸当をなんなくこなしています。
でもアベレージゴルファーが真似をすると、「かーん!」という音とともにトップしたボールが狙った距離よりはるかに飛んでしまうことがあるでしょう。

そんなパーオンできない失敗にリカバリーショットの失敗が重なって、スコアアップどころではなくなってしまいます。

グリーン周りのショットでスコアアップを目指すなら、オーソドックスなピッチエンドランを習得することです。
振り幅を変えるだけで飛距離を調節できて、アイアンの番手で転がる距離を定められます。
例えバンカー越えであってもフワっと上げることなく、低い弾道で狙い通りの着弾点に落としてカップを狙えます。

転がすアプローチの秘訣は2つあります。
1つ目はパターと同じ打ち方で、7番・8番・9番アイアンのヘッドを前後にスライドするだけで、ほぼキャリーなくカップを狙う方法。
ミスもなく、確実にスコアアップが期待できます。

2つ目は9番アイアンをハンドファーストで握り、インサイドアウトでストロークする方法。
ボールのキャリーとランを考えて、8番・9番・ピッチングの3本を使えると、ゴルフの幅が広がるはずです。

ゴルフの格言「パット・イズ・マネー」がスコアアップの秘訣

ゴルフの格言で「パット・イズ・マネー」とも言われるグリーン上のパッティングは、まさにスコアアップの鍵になるところです。

ロングパターは確実に2パットで沈めること、そのためには1打目をピンそばにつけることが大切です。

そんなロングパットでピンそばにつける秘訣は距離感と方向性です。
ワンピン以上の距離があるときは、グリーン面の傾斜を確認します。
グリーンに上がるときに、側面から入るとグリーンの傾斜が分かります。

一般的なグリーンは受けているので、手前が低くて奥が高い造りになっているでしょう。奥につけば速い、手前につけば遅いというのがゴルフのセオリーで、あとは方向性を確かめるだけです。

ロングパットの場合、まずはゴルフボールに正対して、両足のつま先を結んだ線が、ターゲット(カップ)に向いているかを確かめる練習をします。
ストロークは、引いた分よりも長く、送り出すようなイメージでボールを弾きます。
決してショートすることなく、30センチくらいはオーバーするように、しっかり打つことが大切です。

ショートパットは、ボールを真上から見ているかが大切です。
そのためには日ごろの練習で真上からボールを見ることができるよう、アドレスをとった姿勢で目の位置からボールを落としてチェックしてみましょう。

打ち方は、ヘッドからカップまでの距離が少ないので、よほどの高速グリーンでなければ、カップの反対側に当たって落ちるイメージで強く打つことです。

大事なことは真っ直ぐボールを打てること、そのためには真っ直ぐ引けるように練習を繰り返すことです。

ゴルフマネジメントがスコアアップの秘訣

ゴルフ場で難易度の高いホールはアイアンで攻める、リスク回避のゴルフマネジメントでスコアアップをします。

得意クラブというのがあると思いますが、ミドルアイアンを使ったスコアアップ法です。いわゆるアイアンで刻むゴルフは、秘訣というよりも誰もが1度は経験したことがあるスタンダードな攻め方のはずです。

一方でいざティーグラウンドに立ったとき、「アイアンで行きます」とはなかなか言い出せないものです。
結果的に不安な気持ちを抱きながら、ドライバーを使って失敗することはないでしょうか。

基本的にはグリーンまで同じクラブを使ってプレーをします。
例えば540ヤードのロングホールなら、180ヤードの飛距離を持つ5番アイアンでティーショットします。
セカンドもサードも同じ5番アイアンを使うと、グリーンの真ん中にボールが乗っているはずです。

同じように320ヤードのパー4のホールでは、ティーショットもセカンドショットも7番アイアンを使ってグリーンセンターに乗せます。
ピンそばを狙うのではなく、あくまでもグリーンセンターを狙うだけで、2パットのパーを拾っていきます。

ご存知でしょうが、すべてのホールがパーなら72打でラウンドしていることになります。

自宅でゴルフの練習ができるスコアアップの秘訣

スコアアップを目指すゴルフをしていて、1番厄介なのがゴルフ場の罠です。
ラウンド中に1度や2度は設計者が狙った罠の池や、バンカーに嵌ってしまうのではないでしょうか。

罠に落ちない良い方法は、単純ですが曲がらないボールを打つことです。
そうすればフェアウェイの中心でプレーができるので、トラブルを心配する必要はなくなります。

ただ曲がらないボールは、ゴルファーにとって永遠のテーマと言ってもよいほど難しいものです。
また曲がらなければ池ポチャは防げますが、バンカーの場合にはグリーンオンしても転がって落下することもありますし、バンカー越えのアプローチを失敗なんてことも良くあることです。

そこでバンカーに落ちたときのリカバリーの練習方法を紹介します。
サンドウェッジの底にバウンスという膨らみがあり、そのバンスを砂にぶつけるだけでボールと砂が一緒にバンカー外に脱出することができます。
いわゆるエクスプロージョンショットです。

バウンスを使うコツをつかむ秘訣は、自宅で座布団を使った練習をすることです。
バウンスを意識して強めに「ドカーン!」と座布団に打ち込むだけで、コツをつかむことができます。
緩めず打ち込むことができれば、誰でも簡単に脱出することができます。
ただし本物のボールは危険ですから、スポンジボールを使ってください。

ゴルフに向かい合う平常心がスコアアップの秘訣

ゴルフの技術については個々のプレイヤーのレベルによって違いがあります。
またプレイヤーのレベルによって、基準となるスコアにも違いがあり、一概に何打スコアアップができるとは言い難いものがあります。

ただスコアアップを目的化すると、思わぬプレッシャーでスコアを崩すことがあります。プロであろうと今日始めてラウンドするプレイヤーであろうと、ここぞと思うときには緊張をするものです。
中にはその緊張が習慣化してイップスに陥るプレイヤーもいます。

プレッシャーを跳ね返すには平常心でゴルフに接すること、つまりメンタルを鍛えることでスコアアップに繋げることができます。
ただ平常心を保つことはストレートボールを打つよりもはるかに難しいことです。
世界一流のプレイヤーの多くが、メンタルトレーナーと専属契約しているほど、今ではプレーの結果に重大な影響を及ぼすと考えられています。

アマチュアなら、ルーティンという形で平常心を保てるよう取り入れましょう。
どんなルーティンも問題ありません。
練習するときから同じ入り方でスタンスをとり、同じタイミングでスイングを開始するのがルーティンの秘訣です。
「いつもと同じ」というルーティンを繰り返すことで、外的なプレッシャーや内面の迷いを消して、ミスのないプレーを期待することができるわけです。

自分にとってどんなルーティンが良いか、普段の練習の中で違和感のないものを取り入れることで、スコアアップを狙ってみてはいかがでしょう。

ゴルフのスコアアップに欠かせない3つの秘訣

一般的なプレイヤーがスコアアップを狙うときには、ミスなく72打に近づくプレーを目指すことが成功の秘訣です。

そのためには、真っ直ぐ打てるように練習すること、リカバリーの技術を磨くこと、この2つを習得し、あとは平常心を保てれば、ゴルフのスコアはまとまるはずです。

 - シングルへの近道