ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

アイアンのトップブレードの合わせ方と合わせる時の注意点

2017.9.11

アイアンショットでのアドレスでは、フェースのリーディングエッジをボールの向きに対して直角に合わせるゴルファーと、トップブレードをボールの向きに対して直角に合わせるゴルファーがいます。

どちらも間違いではないのですが、スライスしてしまう人は前者よりも後者の方が良いでしょう。

スライスする人の悩みを解消すべく、トップブレードの合わせ方とその際の注意点などをお教えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ダウンスイングで左肩を我慢できないのは良いスイングが原因 

ダウンスイングで左肩が流れるため、左肩を我慢しなければならないことがあります。 ではこの左肩の流...

クラブヘッドを置き方はスタンスの先と後のどっちが正解?

クラブヘッドをセットするのはスタンスする前ですか、それともスタンスしてからヘッドを置きますか? ...

アプローチが簡単になる!バンスを使った憧れのショットとは

ダフリやトップで悩むアプローチをしているのであれば、バンスを利用したショットはいかがでしょう? ...

狙えベタピン!アプローチで上手にピッチングを使う方法

ウェッジには種類がありますが、バンカーで使うサンドウェッジ、100ヤード以内に使うアプローチウェ...

アプローチをパターのように打つと誰でも簡単に寄せられる!

アプローチをパターのように打つというのはゴルフ雑誌などで良く見ますよね。 このアプローチをマスタ...

パッティングでボールをひっかける理由とその対策を知ろう

パッティングでひっかけると癖になり、ストロークすること自体が怖くなるものです。 パターでひっか...

ゴルフクラブの高さが原因でバンカーショットはトップする

ゴルフクラブが上手くコントロールできなくて、バンカーショットがトップするとしたら、スイングを基本...

精密機械!全盛期のタイガーウッズのスイングを徹底分析!

プロもアマも、ゴルファーなら誰もが憧れる、全盛期のタイガーウッズのスイングです。 ゴルフに限らず、...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。 平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

アイアンでフックが出てしまう原因とは?知らずに過ごすな!

大事なグリーンに乗せるアイアンでの一打でボールが左にフックしてしまい、難しいアプローチを残してし...

アプローチでバンスを滑らせる打ち方をして球を上げよう

プロの試合などを見ると、アプローチがキュキュっと止まるような打ち方をしているのを良く見ますよね。...

女子プロのヘッドスピードは振るリズムが一番遅いと有利!?

女子プロゴルファーの中には、ゆったりとしたリズムでスイングしているのに、十分すぎるほどの飛距離をも...

【ゴルフ上達】ドライバーのヘッド軌道をイメージすること

ゴルフにおいてドライバーを真っすぐ遠くへ飛ばすのは究極の理想です。 その理想の球筋を実現するに...

縦振りか横振りか、スイングプレーンがアップライトだと?

ゴルファーが悩む事の1つとして、スイングを縦振りにしたほうが良いのか、横振りにしたほうが良いのか...

引退を迎える宮里藍プロのスイングを連続写真で分析

小柄な宮里藍選手はゆったりとしたスイングですが飛距離は男性並み、250ヤードと言えばもしかするとそ...

スポンサーリンク

リーディングエッジとトップブレードとは

リーディングエッジとトップブレードの合わせ方などを学ぶ前に、それが一体どこのことなのかを知る必要がありますよね。

もちろんそれらを知っている人もいるでしょうが、多くの初心者ゴルファーが挫折してしまうのが、知らないゴルフ用語が羅列し意味が分からなくなることです。
それを避けるため、ここではまずリーディングエッジとトップブレードの説明から始めます。

まず『リーディングエッジ』とはクラブの刃とも呼ばれています。
フェース(クラブヘッドの打球面)の下端とソール(地面に付く部分)の前方の境界線のことを言います。
そして『トップブレード』とは、アイアンのフェース上部とバックフェース上部の丸みを帯びた平面のことを言います。

このようにアイアンのヘッド付近一つをとっても沢山のゴルフ用語があります。

絶対覚える必要があると言うわけではないのですが、スイングの解説やレッスン番組等で説明するのに出てくることはよくあるので、覚えておくと良いでしょう。

ゴルフ用語が分かるようになると、今まで理解が難しかったことも理解しやすくなります。

アイアンのリーディングエッジとトップブレードの合わせ方の違い

アイアンのフェースの正しい向きは『目標に対してスクエア』と言うのを良く耳にすると思います。

実はこれは上から見ていることもあって、実際は目標よりもフェースが開いてしまっている可能性があります。

リーディングエッジを合わせる方法は、インパクトの際にその衝撃でフェースが開き気味になってしまいスライスになりやすい構え方です。
逆にトップブレードで合わせる方法は、スクエアに構えることを日頃から意識している人にとっては最初は違和感を覚えるかもしれませんが、多くのプロゴルファーも採用している方法です。

藤田寛之プロも、
「自分から見て、少し左を向いて、フェースが被っていると思うくらいが目標方向に対して丁度スクエアである人が多いようです。
一度確認のため、被せ気味で構えて打ってみてください。」
と話しています。

このフェースの合わせ方をすると、リーディングエッジを合わせるのと逆でフックフェースになりやすいので、ドローボールが出やすくなります。

そんなドローボールは威力があるので飛距離がより出ます。
ですから飛距離に悩んでいるゴルファーは特にトップブレードで合わせる方が良いでしょう。

ショートアイアンの合わせ方はトップブレードで

先ほど多くのプロも採用しているからと、そして感覚的にもトップブレードで合わせることを推奨しました。

しかし何でもかんでもトップブレードで合わせれば良いと言うわけではありません。

基本的にロフトが大きいショートアイアン(8番アイアン以下)をアドレスでトップブレードに合わせると上手くいきます。

特にアプローチなのですが、ソール全体を地面にしっかりと付けて構えれば、フェースは目標を向きます。
しかしヒールを少しずつ浮かしていくとフェース面は右を向き始めます。
つまりウェッジをリーディングエッジに合わせて構えるとボールは右にしか飛ばないのです。
ですからアプローチではフェース面を少し左に向けて構えると良いでしょう。

アプローチでいつもどうしても右に行ってしまう人は、一度トップブレードを確認してみてください。
いつもより少し被せるだけでボールは真っ直ぐ目標方向へ行くでしょう。

ウェッジに限らずショートアイアンでも同様のことが言えます。
その合わせ方に注意点があるので紹介していきます。

アイアンのトップブレードの合わせ方の注意点

アイアンをトップブレードで合わせてアドレスするのは良いですが、合わせ方にはクラブの番手によっての注意点があるので知っておきましょう。

ウェッジやショートアイアンなどのロフトが大きいクラブほどトップブレードで合わせます。
しかしトップブレードで合わせるのを持っている全ての番手で行うと距離が伸びるどころかミスショットになってしまいます。

7番以上の番手であれば、普通に構えてもフェースの向きは開きません。
ですから無理にトップブレードに合わせる必要はないのです。
逆に7番以上の番手のクラブをトップブレードで合わせてしまうと、激しいフックボールが出てしまうかもしれません。

スライスに悩んでいる方であっても、7番以上であれば左にボールは飛んでいきます。
これはアイアンに限らずウッド系のクラブにも同様のことが言えます。
ウッドを被せてしまうと、左に行くのも当然ですが、トップやチョロなど大きなミスの原因になります。

ウッドのスライスに悩むゴルファーは、フェース面で修正するのではなく、スイングを見直すようにしましょう。

トップブレードの厚さでの違い

アイアンを購入する際には、トップブレードの厚さにも注目してみましょう。

クラブを良く見てみると、トップブレードが薄いアイアンや厚いアイアンがあることに気づくでしょう。
実はトップブレードの厚さによって性能は大きく変わってくるのです。

厚いものは、ミスに強いけれど操作性は低くなります。
対して薄いものは、ミスには弱いけれど操作性は高くなります。

もちろんミスに強く、操作性にも高いと言うアイアンがあればそれに越したことはありません。
しかしミクロ単位で研究され作られているゴルフクラブであっても、まだそこまでの研究はできていないようです。

自分のアイアンショットに何が必要なのかを考えて、厚いものなのか、薄いものなのかを選ぶと良いでしょう。

初心者ゴルファーだと、フェースの合わせ方をトップブレードにしたとしても、スイングが原因でスライスになってしまう人が多いです。
ですから、初心者であれば、厚いトップブレードの物を選ぶことをオススメします。
まずは操作性を高めることよりも、まずはミスショットを減らすことの方が重要ですからね。

アイアンショットで置くボールの位置は

アイアンショットのほとんどは、芝生の上からボールを打ちます。
ですから、ボールの位置はスイングの最下点よりも少し手前です。

打ちっぱなし練習場で、人工芝の芝目を整えて一度素振りをしてみましょう。
クラブで芝をすった所に跡がつくので、それよりも後ろにボールを置けば、スイングが最下点を通る手前の場所になり、ボールを直接捉えることができます。

ゴルファーそれぞれのスイングスタイルによって、スイングの最下点は変わって当然です。
さらにその日の調子によっても多少違いが出てきます。
またリーディングエッジかトップブレードのどちらの合わせ方にするかでも最下点は変わります。

最下点の後にクラブがボールに当たるとダフリやトップ、スライスなどのミスショットになってしまうので、アドレスの際のボールの位置には慎重になりましょう。

これはドライバーやFW、UTでも同じことが言えます。
ドライバーは左足前にボールを置くと良く言いますが、それもその人のスイング軌道によって変わるので、自分にベストのボールの位置を把握してくことが大事です。

ゴルフで一番重要なのは正しいアドレス

ゴルフスイングは、考えたり意識したりするポイントがたくさんあります。

調子が悪いときには、客観的に自分のスイングを見て、悪いポイントを意識して修正していかなければなりません。

スイングに違和感があったり、どうしても上手くいかない時には、まずは正しいアドレスかどうかを確認すると良いでしょう。
間違ったアドレスがスイングを悪くしている可能性は意外と高いのです。

 - スイング ポイント