ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ドライバーのスピン量を減らす打ち方で飛距離アップは可能?

   

ドライバーのスピン量を減らす打ち方で飛距離アップは可能?

ドライバーを飛ばしたいならスピン量を減らす打ち方をしたほうが良いと言われていますが、どうしてスピン量が減ることでボールは飛ぶのでしょう。

打ち方とクラブの性能、オススメのクラブの選び方などを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000910-1.jpg
★ゴルフ上達★ヘッドを加速させるにはインパクトで止める

ゴルフスイングは極論すると振り子の動きになります。 糸の先...

glb0000909-1.jpg
コンパクトカーでゴルフバッグの積み方のコツ!教えます!

車を買うときに、ゴルフを始めるなんて夢にも思ってなかった。...

glb0000908
ロングセラー品、キャロウェイビックバーサの気になる評価は

キャロウェイクラブの代名詞とも言えるビックバーサですが、長年...

glb0000907-1.jpg
アイアンでダウンブローが出来ている良いスイングは音が違う

ゴルファーの皆さん、アイアンショットでボールを打った際の音...

glb0000906-1.jpg
タイトリストap2 714アイアンは見た目もギア的に難しいか?

タイトリストアイアンの中でも、比較的幅広いゴルファーに対応...

glb0000905-1.jpg
芸能人ゴルフ大会、18回を数える叙々苑カップは人気恒例行事

テレビで芸能人がゴルフの腕前を披露する場面はよくありますよ...

glb0000904-1.jpg
ゴルフに必要な筋肉腹筋、背筋、大胸筋を鍛えて飛距離アップ

全てのゴルファーが望む事、それは飛距離アップですよね。 ...

glb0000903-1.jpg
片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のア...

glb0000902-1.jpg
女子プロのヘッドスピードは振るリズムが一番遅いと有利!?

女子プロゴルファーの中には、ゆったりとしたリズムでスイング...

glb0000901-1.jpg
ゴルフは体が硬いと腰痛になる確率が上がってしまうので注意

ゴルフに限らずですが、スポーツ全般体が硬いと故障しやすくな...

glb0000900-1.jpg
ホールインワン達成後の記念品の相場とは。保険は必須か!?

一生に一度あるかないかのホールインワン。 喜びも束の間、そ...

glb0000899-1.jpg
ゴルフで一番大事なパターの練習方法をイボミから学ぼう!

ゴルフでスコアを左右する一番大事なのはパターです。 そん...

glb0000898-1.jpg
ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとター...

glb0000897-1.jpg
ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパ...

glb0000896-1.jpg
ショートアイアンはトップブレードで合せるとスクエアになる

アイアンを構えるとき、ボールにフェースを合わせると思います...

glb0000895-1.jpg
プロのスイングを真似る、ゴルフを上達する為に必要な事とは

ゴルフを上手くなりたい! 全てのアマチュアゴルファーがそう...

glb0000894-1.jpg
パターグリップは人それぞれ。右手の人差し指の感覚について

パターのグリップの仕方は千差万別、その人の持つ感覚でグリッ...

glb0000893-1.jpg
ドライバーの飛距離アップには動画を撮って自己分析しよう

ゴルファーであれば老若男女を問わずドライバーをもっと飛ばし...

glb0000892-1.jpg
ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュ...

glb0000891-1.jpg
良くなるからとクラブをシャフトカット。あれ調子悪いぞ!?

クラブのシャフトをカットするとミート率が上がり、ミスショッ...

スポンサーリンク


飛ばないドライバーはスピン量を減らす打ち方が原因?

ドライバーは飛距離が欲しいクラブです。

ティーショットでフェアウェイを求めるならアイアン、もしくはフェアウェイウッドなど方向が安定するクラブを選択すればよいわけで、もっともコントロールしにくいクラブであるドライバーを使うのは、クラブの中で圧倒的な飛距離があるからですよね。

そんなドライバーの飛距離は魅力的ですが、ひょっとしてプレイヤーの中には「1番飛距離を稼げるのは別なクラブ」と言う人がいるかもしれません。
それは他のクラブが飛ぶのではなく、ドライバーの特性を生かしきれていないからです。
ドライバーはシャフトが長いため、ヘッドのスイングスピードは最速になるはずです。
しかもロフト角が少なくフェースが立っているので、打ち出されたボールが吹け上がることもなく放物線を描いて飛びます。

もし飛ばないドライバーであれば、スピン量を減らす打ち方になっていないのかもしれません。

ドライバーのスピン量を減らすロフト角が飛ばない原因?

まずはドライバーそのものを確認してみましょう。

ゴルフショップでドライバーを選ぶとき、「9.5度、10.5度、11.5度」などの表示を見ることがあると思います。

これはロフト角というもので、フェースの角度を表しています。
ロフト角の数字が少ないものほどクラブフェースは立っていて、ボールに対して垂直(スクエア)に当てれば、低い弾道で飛び出す可能性が高くなります。

一方で、ロフト角の数字が大きなものほど斜度があるので、ボールは高く上がることになるわけですが、これは打ち出し角度よりボールに与えるスピン量によるものが大きいといことになります。

ロフト角の少ないものほどスピン量を減らすことになり、結果としてボールが上がることがなくなることから失速してしまうわけです。

ではロフト角の少ないドライバーはどうすればいいのでしょう。

答えはヘッドスピード上げる打ち方、つまりパワーヒッターでなければいけないと言うことです。

自分でドライバーのスピン量を減らす打ち方が必要?

一方でスピン量が多いために飛距離が伸びないこともあります。

最近のドライバーのロフト角は9.5度や10.5度など、昔であれば超一流のプロゴルファーでなければ扱えない代物ばかりです。

実はこのラインナップ、メーカーの販売戦略とも言われています。

もちろん一流プロの飛距離はすごいものですが、それは実力を伴った結果であり、クラブの性能だけで飛ばしているわけではありません。

ところが、購買層は同じクラブであれば同型が人気となります。
しかしそのまま使用すると「飛ばないドライバー」になってしまうため、敢えてメーカーは市販用のロフト角を製造していると言われています。

ちなみに10.5度のロフト角のドライバーのリアルロフト角では、13度くらいと言ったこともあるようです。

ところが適正角が10,5度の人にとっては、リアルロフト角が13度もあるとスピン量が多くなりすぎてしまいます。
そのためリアルロフト角13度のドライバーで打てば、吹け上がってしまい前に進まず上に上がりすぎて、飛距離を伸ばすことができなくなります。

こんな時には、スピン量を減らす打ち方で飛距離アップを狙うことになります。

スピン量を減らすドライバーの打ち方

では実際にドライバーの打ち方を確認してみます。

ドライバーのスピン量を減らす、もっとも簡単な打ち方は「ボールの位置を変える」ことです。 

本来ドライバーショットのアドレス時のボールの位置は、左足内側のくるぶしの延長線上にあります。

このとき、スイングプレーンの最下点はボールよりも手前にあって、最下点から上昇するときにインパクトしているはずです。

でもボールを内側(右側)に移動すれば「最下点=インパクト」になるので、フェースは上を向かずにターゲット方向を向いたままでボールと接触することになります。
これだと同じグリップ、同じスイングでもフェースのロフト角度を変えることができます。
インパクトロフト角とも言われていますね。

ただしこの打ち方では、気をつけなければいけないことがあります。
ドライバーショットは最下点でインパクトすることになるので、通常よりもティーの高さを下げることです。
一般的なティーアップは35mmですから、25mm~30mmくらいになるようにして、自分が打ちやすい高さを見つけることが大切です。

ドライバーの打ち方を修正する練習方法とは

ドライバーが飛ばないのは、打ち方そのものに原因がある場合があります。

ドライバーに限らず強いインパクトを与えようと、鋭いダウンスイングを目指した結果、インパクトでボールを上から潰すような打ち方になっている場合です。

アイアンでバックスピンを掛けたいときに、ボールの側面を打つのではなく、少し上の部分から入り最下点がボールの先に行くようにダウンスイングしています。

このアイアンの打ち方をそのままドライバーショットで使うことから、クラブフェースはかぶった状態でインパクトして、飛ばないどころかチーピンのような飛び方になることもあります。

これは左右の体重バランスが5:5になっていないことが原因なので、まずはバランス修正が必要です。

左側にウエイトが掛かっているので、一度フラットに戻します。
両足を揃えて振り幅を狭くしてスイートスポットにコツンと当てるように打ちます。
何度も繰り返して「目をつぶっても打てる」状態になったら、徐々にスタンスを広げ振り幅も広げていきます。

そうしてスタンスが肩幅になった頃には、左右のバランスは5:5になっているはずですし、強いインパクトにこだわらなくても、スピン量を減らすコツもつかめ、スイートスポットに当たればボールが飛ぶことを確認できるはずです。

スピン量を減らすには必須のドライバーと打ち方を知ること6

ちなみにドライバーの適正なスピン量はいくらだか知っていますか?
実は適正なスピン量に正解はないのです。

これはヘッドスピードとフェースのロフト角、さらにはクラブの性能(重心)によるからです。

またスイングのときのクラブヘッドがスクエアに当たるレベルか、打ち上げるアッパーか、ボールを潰すように打ち込むダウンブローかによっても変わります。

ただ現在のクラブの主流と言われている低重心のドライバーの場合には、打ち出す角度が高いのにスピン量を減らすことができます。
このクラブから放たれるボールの放物線が、もっとも飛ぶと言われているので、高角度で低スピンが可能な低重心のドライバーを選ぶこと、そしてスクエアな打ち方ができることが、遠くに飛ばすためのもっとも早い方法かもしれません。

ドライバーでスピン量の調節法を覚えよう

本来のドライバーの使用目的は遠くに飛ばすことですが、現在のコースはレイアウトが複雑になっていることから、必ずしも飛ばすことがスコアに繋がるとは限りません。

それよりもスピン量を増やしたり減らしたりできる打ち方を覚えておく方が実践で役に立つと思います。

 - スイング ポイント