ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ドライバーのスピン量を減らす打ち方で飛距離アップは可能?

2017.7.4

ドライバーを飛ばしたいならスピン量を減らす打ち方をしたほうが良いと言われていますが、どうしてスピン量が減ることでボールは飛ぶのでしょう。

打ち方とクラブの性能、オススメのクラブの選び方などを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

安定したゴルフスイングは切り返し時に体に腕をくっつける

トップからダウンスイングに移り変わるのが「切り返し」部分です。 実はこの切り返し部分はゴルフス...

ゴルフの上手な人は知っている股関節の切り上げとは?

ゴルフでは股関節を切り上げて使うようにすれば良い。というアドバイスや記事を聞いたり見たりしたことはな...

ドライバーのスピン量を減らすドリルで今より飛距離を伸ばす

ドライバーショットでスピン量を減らすと飛距離が伸びると言われています。 最近ではスピン量をコント...

ドライバーの飛距離UPに欠かせないロフト角とスイング調整

飛距離アップするための三要素を満たすためには、ドライバーのロフト角を見直し、スイングを改造したほ...

腰の位置が高いか低いかは日本人的なゴルフ理論かもしれない

腰の位置が高いか低いかをチェックするのは、スイングの安定性に必要からだと思います。 でも本当に高...

体が柔らかい女性の特徴を生かしたスイングでゴルフ上達を

女性は、男性よりも筋力が少ないですが、体は柔らかいです。 そんな体が柔らかい女性の特徴を上手く使っ...

飛距離アップはテークバックで真っ直ぐ引くよりコックを活用

ドライバーショットの目的は飛距離を稼ぎたいことです。 同時に曲げたくないためにテークバックでは真...

ドライバーで球が上がらない!フックが止まらず狙えない!

ドライバーはとにかく遠くへ飛ばしたい願望がありますが、アマチュアで一日一回そんな当たりが出ればOKと...

ゴルフスイングで右膝が前に出るとシャンク病になってしまう

ゴルフラウンド中にシャンクが出てしまうと、OBになってしまうこともあり本当に落ち込みますよね。 ...

池田勇太プロのスイングは一見すると変に感じるが基本に忠実

日本ツアーでもトップの実力の持ち主である池田勇太プロですが、彼のスイングは一見すると独特で変に感じ...

ゴルフスイングに重要な捻転を身につける肩の回転ドリル

ゴルフスイングは肩の回転を意識することでいろいろなことが改善します。 まずスイング軌道が安定し...

インサイドアウトにスイングする為に、クラブをスローで振る

多くのゴルファーはスライス系のボールを打ちます。 一体何故なのでしょう。 それは、ダウン...

理想のゴルフスイングのために正しいバックスイングの軌道を

ゴルフスイングが安定しない人は正しいバックスイングができていない人です。 バックスイングの軌道が正...

米国ツアーで身につけた上田桃子のスイングとアイアンの切れ

上田桃子プロは米国ツアー用にスイング改造して、強い風にも負けない「球質の強い」アイアンショットを打...

ゴルフスイングは捻転不足じゃないのにスライスするのはなぜ

ゴルフスイングが捻転不足だとスライスすると言われますが、しっかり肩を回したスイングをしていてもス...

スポンサーリンク

飛ばないドライバーはスピン量を減らす打ち方が原因?

ドライバーは飛距離が欲しいクラブです。

ティーショットでフェアウェイを求めるならアイアン、もしくはフェアウェイウッドなど方向が安定するクラブを選択すればよいわけで、もっともコントロールしにくいクラブであるドライバーを使うのは、クラブの中で圧倒的な飛距離があるからですよね。

そんなドライバーの飛距離は魅力的ですが、ひょっとしてプレイヤーの中には「1番飛距離を稼げるのは別なクラブ」と言う人がいるかもしれません。
それは他のクラブが飛ぶのではなく、ドライバーの特性を生かしきれていないからです。
ドライバーはシャフトが長いため、ヘッドのスイングスピードは最速になるはずです。
しかもロフト角が少なくフェースが立っているので、打ち出されたボールが吹け上がることもなく放物線を描いて飛びます。

もし飛ばないドライバーであれば、スピン量を減らす打ち方になっていないのかもしれません。

ドライバーのスピン量を減らすロフト角が飛ばない原因?

まずはドライバーそのものを確認してみましょう。

ゴルフショップでドライバーを選ぶとき、「9.5度、10.5度、11.5度」などの表示を見ることがあると思います。

これはロフト角というもので、フェースの角度を表しています。
ロフト角の数字が少ないものほどクラブフェースは立っていて、ボールに対して垂直(スクエア)に当てれば、低い弾道で飛び出す可能性が高くなります。

一方で、ロフト角の数字が大きなものほど斜度があるので、ボールは高く上がることになるわけですが、これは打ち出し角度よりボールに与えるスピン量によるものが大きいといことになります。

ロフト角の少ないものほどスピン量を減らすことになり、結果としてボールが上がることがなくなることから失速してしまうわけです。

ではロフト角の少ないドライバーはどうすればいいのでしょう。

答えはヘッドスピード上げる打ち方、つまりパワーヒッターでなければいけないと言うことです。

自分でドライバーのスピン量を減らす打ち方が必要?

一方でスピン量が多いために飛距離が伸びないこともあります。

最近のドライバーのロフト角は9.5度や10.5度など、昔であれば超一流のプロゴルファーでなければ扱えない代物ばかりです。

実はこのラインナップ、メーカーの販売戦略とも言われています。

もちろん一流プロの飛距離はすごいものですが、それは実力を伴った結果であり、クラブの性能だけで飛ばしているわけではありません。

ところが、購買層は同じクラブであれば同型が人気となります。
しかしそのまま使用すると「飛ばないドライバー」になってしまうため、敢えてメーカーは市販用のロフト角を製造していると言われています。

ちなみに10.5度のロフト角のドライバーのリアルロフト角では、13度くらいと言ったこともあるようです。

ところが適正角が10,5度の人にとっては、リアルロフト角が13度もあるとスピン量が多くなりすぎてしまいます。
そのためリアルロフト角13度のドライバーで打てば、吹け上がってしまい前に進まず上に上がりすぎて、飛距離を伸ばすことができなくなります。

こんな時には、スピン量を減らす打ち方で飛距離アップを狙うことになります。

スピン量を減らすドライバーの打ち方

では実際にドライバーの打ち方を確認してみます。

ドライバーのスピン量を減らす、もっとも簡単な打ち方は「ボールの位置を変える」ことです。 

本来ドライバーショットのアドレス時のボールの位置は、左足内側のくるぶしの延長線上にあります。

このとき、スイングプレーンの最下点はボールよりも手前にあって、最下点から上昇するときにインパクトしているはずです。

でもボールを内側(右側)に移動すれば「最下点=インパクト」になるので、フェースは上を向かずにターゲット方向を向いたままでボールと接触することになります。
これだと同じグリップ、同じスイングでもフェースのロフト角度を変えることができます。
インパクトロフト角とも言われていますね。

ただしこの打ち方では、気をつけなければいけないことがあります。
ドライバーショットは最下点でインパクトすることになるので、通常よりもティーの高さを下げることです。
一般的なティーアップは35mmですから、25mm~30mmくらいになるようにして、自分が打ちやすい高さを見つけることが大切です。

ドライバーの打ち方を修正する練習方法とは

ドライバーが飛ばないのは、打ち方そのものに原因がある場合があります。

ドライバーに限らず強いインパクトを与えようと、鋭いダウンスイングを目指した結果、インパクトでボールを上から潰すような打ち方になっている場合です。

アイアンでバックスピンを掛けたいときに、ボールの側面を打つのではなく、少し上の部分から入り最下点がボールの先に行くようにダウンスイングしています。

このアイアンの打ち方をそのままドライバーショットで使うことから、クラブフェースはかぶった状態でインパクトして、飛ばないどころかチーピンのような飛び方になることもあります。

これは左右の体重バランスが5:5になっていないことが原因なので、まずはバランス修正が必要です。

左側にウエイトが掛かっているので、一度フラットに戻します。
両足を揃えて振り幅を狭くしてスイートスポットにコツンと当てるように打ちます。
何度も繰り返して「目をつぶっても打てる」状態になったら、徐々にスタンスを広げ振り幅も広げていきます。

そうしてスタンスが肩幅になった頃には、左右のバランスは5:5になっているはずですし、強いインパクトにこだわらなくても、スピン量を減らすコツもつかめ、スイートスポットに当たればボールが飛ぶことを確認できるはずです。

スピン量を減らすには必須のドライバーと打ち方を知ること6

ちなみにドライバーの適正なスピン量はいくらだか知っていますか?
実は適正なスピン量に正解はないのです。

これはヘッドスピードとフェースのロフト角、さらにはクラブの性能(重心)によるからです。

またスイングのときのクラブヘッドがスクエアに当たるレベルか、打ち上げるアッパーか、ボールを潰すように打ち込むダウンブローかによっても変わります。

ただ現在のクラブの主流と言われている低重心のドライバーの場合には、打ち出す角度が高いのにスピン量を減らすことができます。
このクラブから放たれるボールの放物線が、もっとも飛ぶと言われているので、高角度で低スピンが可能な低重心のドライバーを選ぶこと、そしてスクエアな打ち方ができることが、遠くに飛ばすためのもっとも早い方法かもしれません。

ドライバーでスピン量の調節法を覚えよう

本来のドライバーの使用目的は遠くに飛ばすことですが、現在のコースはレイアウトが複雑になっていることから、必ずしも飛ばすことがスコアに繋がるとは限りません。

それよりもスピン量を増やしたり減らしたりできる打ち方を覚えておく方が実践で役に立つと思います。

 - スイング ポイント