ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

もう一度基本を見直そう!ゴルフには左手の薬指は大切です!

      2017/03/19

もう一度基本を見直そう!ゴルフには左手の薬指は大切です!

どんなスポーツにも共通して言えますが、初心者も上級者も基本は大切です。

ゴルフの基本中の基本であるグリップで大切な役目をする左手の薬指。
たかがグリップされどグリップです。
グリップはスイングや球筋にも大きく影響してきます。

始めたばかりで上手くボールに当たらない人やある程度の所で壁にぶつかっている人も、もう一度左手の薬指を意識して基本を見直してみましょう。

トッププロと言われる人達も地道に基本は繰り返し練習をしているのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


左手の薬指を意識してグリップをチェックしよう

ゴルフのグリップには基本3種類があります。

オーバーラッピングという握り方は、左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せる握り方です。
両手でグリップを包み込むような握り方になります。
最初はこの握り方を試してみるのがオススメです。

次に多いのがインターロッキングという握り方で、左手の人指し指と中指の間に右手の小指を絡める握り方です。
パワーヒッタータイプのプレイヤーが多く採用しています。
ヘッドスピードの速い人や手が小さい女性にもグリップが安定するのでオススメの握り方です。

最後に比較的採用している人は少ないのですが、全く両方の手が重ならないグリップとしてベースボールという握り方があります。
10本の指が重ならない握り方で野球のバットの握りと同じという意味で、ベースボールグリップと呼ばれています。
あまり筋力のないプレイヤーにも向いています。
手首のコックを使って飛距離が出しやすいともいわれています。

ベースボール以外は左手の薬指を意識して中指と小指の3本でクラブを支えるように握るのが基本です。

 

スイング中に力を入れる中心は左手の薬指

グリップ1つで力の入り方やクラブのスイング軌道が変わってくるので、普段何気なく握っている人も今一度グリップを見直してみましょう。

グリップで大切なのは左手の3本です。
右手は親指と人差し指で支えて添えるだけの感覚で、そのほかの指はあまりきつく握らないようにしてスイングしましょう。
力は入れませんが5本の指をしっかり締めて振るように心がけてください。

右利きで右打ちの人は、左手の3本の締めつけが甘くなりがちですので左の薬指を中心にしっかりと握りましょう。

インパクトで体とクラブの距離を保つにはこの3本が大切です。
フィニッシュまでグリップを意識しながらしっかりと振り切ってください。

ゴルフ以外で普段の生活で薬指に力を入れるという動作は多くは無いので、知らず知らずのうちにこの指が緩みやすくなります。

効果的な練習法としては、左手の3本と右手の2本の指だけでクラブを握り後の指はクラブから離します。
そしてそのままで素振りを繰り返し慣れて感覚がつかめて来たら、実際にその状態でボールを打ってみましょう。
力を入れる指と抜く指のフィーリングが掴めます。

 

手のマメの位置でスイングの間違いが分かる

ゴルフで手に出来るマメは打ち方のバロメーターです。
初心者の頃は一生懸命練習するとマメだらけになったりしますが、とくに右手にマメが出来ることが多くあります。

いかに右手に無駄な力が入っているのかが分かります。
上級者になるほど力を入れていないので手のひらはキレイです。
それだけ、脱力してスイングができているという証拠です。

右手の薬指に出来るのは良くないマメです。
インパクト時に右手でボールを押しに行っています。
右手の中指のマメもダメです。
ボールを叩きに行っているのでスライスやプッシュアウトが多く距離も稼げません。

右手の人差し指と親指に出来るマメも強く握りすぎで良くありません。

ここで気をつけなくてはいけないのが、ゴルフでは強く握るのとしっかり握るのとは違うと言うことです。
力を入れて強く握るのではなく適度な力で隙間無くピッタリと握り手とクラブをフィットさせるのがしっかり握るということです。

どちらにせよ右手に出来るマメはダメなマメです。
左手の中指、薬指、小指の付け根あたりに出来るマメは良いマメです。
きっちりとグリップして左手のリードでスイングが出来ています。

 

女性にはパームグリップもオススメです

左手の薬指に意識を持ってしっかり3本の指を中心に握るグリップの基本をチェックしてきましたが、手の小さい女性にはパームグリップもオススメです。

女子プロゴルファーでも手のひらで握るパームグリップを採用しているプロが多くいます。
イ・ボミプロはややストロングのパームグリップですし、テレサ・ループロは手のひらの真ん中辺りでがっしりと握っています。

それぞれの特徴としては指の付け根で握るフィンガーグリップは指でしっかり握りやすく、手のひらの真ん中で握るパームグリップはソフトに握って腕とクラブを一体に使いやすいことです。

インパクト時に当たり負けしてグリップがずれる様な感覚がある女性はパームグリップを試してみてはどうでしょう。

ヘッドスピードが速いレディースもインパクト時の衝撃は大きいので、握力の弱い女性だけでなく力がありヘッドスピードが速いレディースにもオススメです。

いずれのグリップにせよ女子プロのグリップ画像を見ると無駄な隙間が無くピッタリと詰まっていて綺麗です。

たかがグリップでもスイングや球筋に大きな影響がでるので、一度基本に帰ってじっくりチェックしてみましょう。

 

スイングアークも左手の薬指を意識しよう

大きなスイングアークを取ると飛距離も伸びますが、無理の無いスイングアークも左手のグリップが大きく関係してきます。

左手の親指の方に力が入るようなグリップをしてしまうと、左腕の外側の大きな筋肉に力が伝わり硬い動きになり、腕が伸び伸びと動かせません。
そのようになると大きなスイングアークを描くことは難しくなってきます。

大きなスイングアークを取る為に意識して欲しいのが左手の薬指と小指です。

テイクバックの時に、左手の薬指と小指をなるべく体の遠くへ離すイメージでクラブを上げていきます。
この時、大きくアークを取ることを気にしすぎて脇が開かないように注意して下さい。
無理の無い範囲で大きく取るのがミスショットを減らす為には大切です。

ここまで左手の3本の指を意識してしっかりとしたグリップを確認してきましたが、グリップにはストロングやウィークそしてニュートラルと呼ばれるポジションがあります。

一般にはストロングはフックやドローが出やすくウィークはスライスやフェードになりやすいのですが、これにはグリップはもちろんの事、スタンスやスイングプレーンも関係して来ます。
どれが正しいとかの定義はありませんが、極端なグリップはゴルフを余計に難しいものにしてしまいます。

 

一番難しい切り返しの脱力のコツは左手の薬指

ここからはショットとしては少し難しいトップからダウンスイングにかけての脱力したスイングの方法です。
脱力することにより無駄な力を使うことなくヘッドが走ります。

人間の筋肉は力を入れたり緊張したりすると強張ったり硬くなったりしがちです。

ゴルフではトップからインパクトにかけてが最も力が入りやすくなります。
ショットを打とうという意識が力みを生むのです。

そこで、一度グッと力を入れた筋肉を意識してフッと緩めるとうまく脱力しやすいようです。

この脱力のコツにもやはり左手の薬指の意識が大切になります。

トップでしっかりと握った左手のグリップを切り返しで緩めるとは、切り返しでダウンスイングに入った時に左手の小指、薬指、中指の3本の指の力を緩めるということです。
ダウンスイングの最中では左手は薬指をとくに意識して力を抜き緩めましょう。

そして、その緩んでいる左手のグリップをインパクトの時に再びしっかりと握るのです。トップでしっかり握った左手を緩めて、インパクトで再び握ることでクラブヘッドが走るのです。

 

自分のスイングに合ったグリップを見つけよう

グリップの種類は少ないですが握り方は人それぞれ何通りもあります。

スタンス、スイングプレーン、打ちたい球筋、振り抜きやすさ等を考慮して自身のスイングとフィーリングに合うグリップを見つけましょう。

そして左手の薬指を意識した3本の指でしっかり握る基本を忘れずに常に心がけましょう。

左手のポジションが決まれば、右手は親指と人差し指の2本でVの字を作るように添えて、人差し指は握ってしまわずにトリガーを引くような形にすると右手が暴れすぎるのを防げます。

ゴルフの基本はグリップからです。

 - その他