ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ヘッドスピードにおける飛距離やキャリーへの影響力は?

2017.1.27

飛距離アップはほとんどのゴルファーの目標や憧れだと思います。
飛ばすために、まずヘッドスピードを増やしたり、弾道を変化させてランやキャリーを増やしたりといったことを考えるのではないでしょうか。

そこで今回は、ヘッドスピードが飛距離にどれほどの影響力があるのか、飛距離にキャリーの差も関係してくるのかといった点を説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドライバーの重心距離を比較すると不思議な現象に行き着く!

ドライバーの重心距離は、ヘッドの操作性に影響があると言われています。 ボールの捕まりが良いとか...

ドライバーで260ヤード飛ばすために必要なヘッドスピード

ドライバーの飛距離を260ヤードにするためには、スイングを固めてぶれないショットをしなければなりま...

飛距離アップを期待!ヘッドスピード40m/sのドライバー選び

皆さんはドライバーを選ぶ時、自分のヘッドスピードを気にされますか? もしかしたら中にはご自分のヘッ...

ドライバーのロフト角、選ぶなら9.5度?それとも10.5度?

ドライバーのロフト角で悩むことが多いのが、9.5度にするか、10.5度にするかです。 一般的に...

uspga tourとjgtoの年金を含む様々な格差とは一体なに!?

uspga tourの人気は世界的に凄いのはこれを読まれているゴルファーの皆さんもご存知でしょう。...

レッスンプロとツアープロがゴルフ界で有名になるとどう?

「プロゴルファー」と言ってもレッスンプロとツアープロの2つがあります。 その違いはみなさんご存知か...

SとRシャフト、ヘッドスピード42m/sならオススメはどっち?

クラブでのシャフト選びは非常に重要な課程です。 自分のスイングに合わないシャフトを選ぶとショッ...

ドライバーのロフト角8.5にしたら飛ばなくなったのは何故?

ドライバーのロフト角が立っているほうが飛距離アップしそうと、8.5度を選んで「飛ばない!」と悩んで...

ドライバーで250ヤード出すためのヘッドスピードの役割とは

ドライバーで250ヤードの飛距離を狙うとしたら、ヘッドスピードの速さが必要です。 またヘッドスピ...

【ゴルフ豆知識】驚愕のドラコンの記録を知っていますか?

ゴルフにはいろいろなプレースタイルがあって、ほとんどの人は打数を数えるストロークプレーがゴルフだと思...

もはやゴルフではない!?ドラコンの世界記録とにかく凄い!

ドラコンと呼ばれるゴルフボールをとことん遠くへ飛ばす競技があります。 ゴルフをやっている方なら...

トーナメントのようなグリーンの速さと硬さが最良のコース?

良いコースでプレーがしたい、トーナメントのような高速グリーンでパッティングがしたいと思うゴルファー...

ゴルフ業界のプロ選手、費用、収入、経費etc、お金のお話

華やかなプロゴルファーの世界、トーナメントで優勝した選手がトロフィーを抱え、優勝賞金の金額が書かれた...

丸山茂樹のスイング解説は的確?トーク力は抜群に上手い!

アマチュア時代に37勝、プロ転向後国内10勝、PGAツアー3勝の実績を誇るプロゴルファー、丸山茂樹...

ローリーマキロイのスイングを正面で見たらもっと勝てるはず

メジャートーナメント優勝者であるローリーマキロイですが、そのダイナミックなスイングは正面から見ても...

スポンサーリンク

平均ヘッドスピードや飛距離ってどれくらい?

目標にする飛距離もありますが、現在自分のヘッドスピードや飛距離ってどのくらいの位置なのか気になりますよね。

飛距離もキャリーがあるゴルファーやランが多いゴルファー等様々です。

では、平均ヘッドスピードや飛距離はどれくらいなのでしょうか。

アマチュアゴルファーの一般的なヘッドスピードは30後半~40前半m/s程度で、飛距離が180~220ヤードくらいとされています。

ゴルフ場でもフェアウェイにある目印(IPフラッグ等)が220ヤードくらいで設定してあるのも、一般ゴルファーの平均飛距離を想定しているのです。

アマチュアゴルファーにも性別や年齢的な違いも出てきます。

シニアゴルファーとなると30前半~30後半m/sで150~180ヤード、女性ゴルファーでは30前半m/s未満で150ヤード前後といった数値が平均的といえるでしょう。

トップアマや飛ばし屋の中には男性でヘッドスピードが45m/s以上で250ヤード以上、女性で40m/s以上で200ヤード以上といった数値を出すゴルファーもいます。

皆さんはどのあたりに位置しているでしょうか。

 

プロはどのくらいのヘッドスピード?キャリーは?

先ほどは一般アマチュアゴルファーの平均を説明しました。

ではプロゴルファーの場合はどれほどの数値となるのでしょうか。

まず男性プロゴルファー、ヘッドスピードの平均は40後半~50前半m/sで飛距離が270~300ヤードといわれています。

女性プロゴルファーの場合は30後半~40前半m/sで飛距離が220~250ヤードが平均数値です。
アマチュアに比べ、非常に高い数値です。

しかし、プロの飛距離の平均値は少し低めだと考えておいたほうが良いでしょう。
飛距離で1番参考になるのがキャリーの数値です。

キャリーとはボールがフェアウェイに着弾した飛距離のことです。
そこからランが加わってトータルとなります。

プロはドライバーでも飛距離をコントロールします。
目一杯飛距離を出したいホールでは、ランが多めになるスイングをします。

中継等で330ヤード等の数値が出ているのもこの影響です。
ピンポイントにショットしたい場合はランを最小限にしたスイングをしているのです。

キャリーを注目してみてみると、男性プロは270ヤード、女性プロは230ヤードほどの数値です。

 

ヘッドスピードをアップさせるには?

プロのヘッドスピードを見てみると、アマチュアに比べて非常に高い数値であることが分かります。
そこに近い数値を出すためにヘッドスピードを上げたいといった気持ちになるはずです。
では、どうすればヘッドスピードを上げることができるでしょうか。

ヘッドスピードを上げるには、技術的な点とクラブの点の2つの方法があります。

まず技術的な点ですが、筋力アップと柔軟性アップです。
筋力があることでスイングスピードに負けることなく、しっかり溜めたパワーをインパクトで放出できます。

柔軟性をあげることは、可動域を広くすることができ、大きなスイングが可能です。
スイングが小さくなるとスピードが出なく、インパクトにばらつきが発生し、キャリーが出ない、ランが出ないといった結果となります。

大きなスイングができるように、トレーニングに関節の柔軟も加えましょう。

次はクラブの点です。

まずはクラブを長くします。
クラブが長くなれば、スイング自体が大きくなり、遠心力が上がるため、スピードアップが期待できます。

また、クラブを軽くすることも方法です。
軽くなることで、振りやすくなるので、いつもより速くスイングすることができるでしょう。

 

キャリーの差で飛距離は変わる?

プロの数値で注目する点といったキャリー、これは飛距離と関係があるのでしょうか。

逆に低い弾道で、ランをたくさん稼いだほうが飛ぶといった考えをもたれているゴルファーもいると思います。

実際キャリーが出ていてもスピンが効いてしまい、ランが出ないといったこともあります。
なので、必ずしもキャリーがあれば飛距離は出るとはいえませんが、やはりキャリーが飛んでいる方が飛距離は出る可能性があがります。

ヘッドスピードが低いと、どうしても高い弾道を出しにくくなります。
結果、飛距離があまり伸びないといった悩みを持っているゴルファーも多いでしょう。

ロフト角が少なかったり、シャフトが硬かったりといったことで、本来出るはずのヘッドスピードや弾道、飛距離を出せていない可能性があるのです。

理想は高い弾道でキャリーを稼ぎ、適度なランで飛距離を伸ばすといった方法です。

プロはこのキャリーが出ているからこそ、スピンコントロールでピンポイントにショットしたり、ビックドライブを実現しているのです。

現在の弾道は適正なのか、もっとキャリーを伸ばせるのかといった点も考えてみてください。

 

飛距離やキャリーを増やすのはヘッドスピードだけではない!

ヘッドスピードを増やすことができれば、必ず飛距離やキャリーがあがるということではありません。
これ以外にも、様々な数値が関係しています。

まずはミート率です。
ミート率はボールの初速をヘッドスピードで割った数値ですが、一般アマチュアゴルファーは1.3~1.35であるのに対し、プロゴルファーは1.4~1.5といった数値となっています。
女性プロとヘッドスピードは変わらないのに、飛距離に差が出てくるのはこのミート率が関係しているのです。

それからスピン量も飛距離に影響してきます。
スピン量が多いとボールが吹き上がってしまい、前へ飛んでいかず、飛距離をロスしてしまいます。
またキャリーが出てもランが出てくれないので、スピン量を少なくすることも飛距離アップには必要です。

そして弾道の高さも影響してきます。
弾道が高すぎると風の影響を受けやすかったり、キャリーはでるもののランが出ないといった結果になります。
逆に低すぎても、ランは出ますが芝の抵抗を受けてあまり飛ばなかったり、コースコンディションによって大きく左右されてしまいます。

このように飛距離には様々なものが関係しているのです。

 

ショップ等で自分のスイングを細かく知ろう!

ミート率やスピン量といっても自分では把握することができない数値ばかりです。

ここで活用できるのが、ショップの試打やフィッティングです。

そこではコンピューターでの診断機が設置されていることが多く、ヘッドスピードはもちろん、キャリー飛距離やミート率、スピン量など、自分のショットにおいて様々なものを数値化してくれます。

スイング軌道やボール軌道も確認することができ、現在の自分のスイングがどういった状態であるのかが、一目でわかってしまうのです。

ゴルフ場や練習場でミスショットが出る原因は何なのかも確認することもできますし、スイング改造前と後の比較などもできてしまうわけです。

フィッティングサービスにおいては、現在のスイングで1番合っているシャフトやクラブを紹介してくれたりしますので、レベルアップに応じて数値のチェック、クラブ変更等に活用できます。

現在の数値をここでしっかり把握して、自分に何が必要なのかをしっかり学んだ上で、今後の練習に生かしましょう。

 

飛距離アップのためには、まず自分のスイング把握から!

ヘッドスピード、ミート率、スピン量、キャリー等、様々な数値が飛距離アップに関係していることを説明してきました。

ヘッドスピードを上げることも非常に大切なことですが、その結果ミート率などが落ちてしまっては逆に飛距離が落ちてしまうといったことになりかねません。

そのため、まず自分が飛距離アップのためにまず何をすべきかを把握することが重要です。

把握するために、フィッティングサービス等の活用で、自分のスイングの詳細を理解しておきましょう。
効率的な練習をするために、様々なことを活用していきましょう。

 - データ 記録