ゴルフ上達のためにネットを張りませんか。まずは作り方から

ゴルフが大好きな人、自分だけの練習設備を作りたいと思ったことはありませんか。

庭にゴルフネットを張っていつでも練習できると上達へも近づいていくと思います。

ゴルフネットは販売もされていますが、作り方から調べてみるのも面白いかもしれません。

思い切ってDIYで手作りのゴルフネットを作ってみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフボールを簡単にリフティングできるようになるコツ

ゴルフ上達法のひとつに、クラブコントロールが劇的に上手くなるボールリフティングの練習があります。...

アイアンの精度を高めて90切りを決める!おすすめの練習方法

ゴルフのラウンドで最も多用するのはアイアンです。90切りを目指すレベルのゴルファーにとって重...

ゴルフ上達にはミート率の高いアイアンショットが優先!

ゴルフではボールコントロールするためにミート率を重視しています。特にピンポイントを狙うアイアンの...

パッティングはボールの転がるラインを読み切ろう

パッティングで大切なのは距離感でしょうか?それともラインを読めることでしょうか?どんなに...

型破りゴルフ理論、片山晃の右手のスイングとは?面白い!

ゴルフを始めた時から現在まで、ほとんど全ての人はレッスンを受けた時やネットのゴルフレッスン記事などで...

韓国女子プロゴルファーのスイングは教科書のように綺麗

日本の女子ツアーだけでなく、アメリカ女子ツアーでも韓国女子プロゴルファーの活躍が目立ちます。国...

アプローチの中でも絶対に寄せたい30ヤード以内の短い距離

グリーン周りから30ヤード以内の短い距離のアプローチは、1ラウンドの中で必ず何度か訪れる状況です...

イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイングには一流選手としてこだわりがあるようで...

超簡単!アプローチはパターのように打てば失敗しない!

ゴルフでは結構重要なアプローチ。ここぞと言う場面でもあるので、緊張したり、失敗を恐れたりしてし...

自宅で仲間に黙って上達!アプローチ名人を使った練習法とは

アプローチは単調さと効果が実感できないことから、一生懸命練習に取り組むことができないものです。...

アプローチの基本の打ち方を覚えるなら30ヤードからが一番

アプローチの基本の打ち方を覚えたいなら、まずは30ヤードのアプローチから練習するのが良いです。...

ゴルフクラブのグリップは指1本分余らせる握り方がベスト!

ゴルフクラブのグリップを少し余らせる握り方をすると、飛距離が落ちると思っている人がいるようです。...

【ゴルフ上達】真っすぐ打てるパターのコツを掴もう!

ゴルフのスコアアップに欠かせないこと。それはパッティングですよね。パーオンしても3パ...

30~70ヤードの距離のアプローチの精度UPでゴルフは変わる!

30~70ヤードの距離をフルショットで打つゴルファーはそういないでしょう。そのくらいの距離は...

ゴルフ上達のために競技に参加すべき!その心得と準備まとめ

ゴルフの楽しみ方は人それぞれですが、ある程度上達してくるとマンネリしてくる場合があります。そ...

スポンサーリンク

ゴルフネットの作り方を考える前に

ゴルフ好きの方の中には、家に庭がありゴルフ用のネットを設置できる人や、自分の会社にゴルフネットを設置できるスペースを確保できる人もいると思います。

ゴルフネットを買ってしまえば作り方もマニュアル通りで簡単ですが、自分で作るから愛着も沸いて練習にも熱が入るかもしれません。

ですが、まずすでに箱型になっているゴルフネットを購入するとしたら、どれぐらいの費用が掛かるものか調べてみましょう。

楽天で練習用ネットを検索すると、20,000円台から販売されています。

庭に設置しているようなタイプの物です。

正面・左右・上にネットが張られていて、中心に的があります。

簡易的ですが、オーソドックスな練習用ネットだと思います。

もっと安価なものはないか調べてみると、横2m、高さ1.4m、奥行き1mサイズで4,000円ほどで売られているものを見つけました。

サイズとしては小さいので、アプローチの練習用としては良いかもしれません。

逆に本格的なものはいくらぐらいするのでしょう。

横・高さともに3m、奥行き6mのものだと、140,000円ぐらいのものが見つかりました。

庭が広い家だとこれぐらいの大きさの物を設置すればよい練習になりそうです。

ゴルフネットの作り方①

さて、手作りでゴルフネットを作るとなれば、購入するよりも安価で出来そうですよね。

また、作り方も自由で自分好みの仕様にもできるのではないでしょうか。

例えば、”家の1階が駐車場で丸ごと練習ネットを張ってみたい”という人などは、既存の箱型になったゴルフネットのセットを購入するよりも、自分仕様に作った方が良いかもしれません。

その時にまずチェックするのはガレージの高さがどれぐらい有るかです。

例えば、マンションのリビングですと、標準的な天井の高さは2.5mぐらいでしょうか。

この高さでドライバーを振ろうとすれば、天井に当たる可能性があります。

少なくとも2.7m、出来れば3mぐらいは高さがある方が良いですね。

アイアンだけの練習でしたら、自宅マンションの中でもスイング出来そうです。

次に音の問題です。

一般的なゴルフの的は、ショットするとかなり大きな音がします。

広い庭があり、近所への配慮も必要ないところだと問題ないのですが、そうでなければ音に気を遣う必要があります。

あるインドア練習場では、的は設置せずにウレタン素材を壁に貼ってボールの跳ね返りと音を抑えているところもありますね。

ゴルフネットの作り方②

さて、高さと音の問題をクリアしたら、今度はネットの設置について考えてみましょう。

ステンレスパイプで少し厚みのあるものを3m程購入するとなると、1,000円~2,000円ほどでしょうか。

箱型にしようと思えば支柱が11本は必要ですね。

それに強度を高めようと思うと、左右面の角に4本ずつ支えを付けることになります。

パイプとパイプをつなぐジョイントも必要ですね。

ざっくりですが、20,000円ぐらいでしょうか。

もっと安価な材料を探せ値段は安く抑えられると思います。

枠が出来たら、ネットを設置することになります。

ネットは、2×3mだと3,000円台で通販販売されているようです。

どれぐらいの幅を取るかで必要なネットサイズも変わってきます。

ネットを取り付けたら、中心に的を取り付けます。

安いものだと2,000円台からありますね。

最後にゴルフマットが必要ですね。

これも安いものから高いものまであります。

安いものだと1,000円台からありますが、安いものだとすぐに使い物にならなくなりますので、厚みと重量があるものを選んだ方が良いと思います。

これで材料が揃ったのであとは組み立てるだけです。

作り方は自由ですが、安全に十分配慮して作業してくださいね。

ゴルフネットだけでは物足りない

”ゴルフネットを作るのもよいけれど、ただボールを打つだけでは飽きてきてしまいそうだ”という方は、練習器具も追加してみてはいかがでしょうか。

例えば、アプローチ用にネットのカゴを用意すれば、アプローチの練習もやる気が出そうです。

鉢(プランター)スタンドはご存知ですか?

傘立てにも使えそうなもので、リングと支柱で出来ているものです。

100均でも売られているようです。

作り方は簡単でそれの周りに余ったネットをぐるっと巻くだけで、アプローチ練習器具の完成です。

鉢に合わせて、大小いくつもサイズがあるようですので、1つだけでなく、2つ3つ作ってみても良いかもしれませんね。

そのほかにも、フックを2つ付けたネットの袋を作って、ゴルフネットの的の上部ぐらいに取り付ければ、高いアプローチを打つ練習にもなりそうです。

その袋にボールを入れる練習で腕を磨けばアプローチ名人になれるかもしれません。

色々と工夫して、お手製の練習器具を作ってみると、面白いのではないでしょうか。

ゴルフネットは作れないけれど、家で出来ることを考えてみよう

なかなか庭付きの家なんて持っている人も多くないでしょう。

これだけ多くのマンションが建っているのですから、マンション住まいの人にとってはゴルフネットの作り方なんで興味ない内容だと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところがマンション住まいの方でも、家で練習できる方法はいくつもありそうですよ。

パターの練習は簡単に出来ますよね。

パターマットを敷くほどのスペースがない人は、パターヘッドが通るスペースを2冊のぶ厚めの雑誌(例えば少年ジャンプなどの厚さ)で作り、雑誌に当たらないようにストロークの練習をするだけでも良い練習になります。

アプローチが苦手な人は、手首の角度がキープできていない場合も多いので、SWでリフティング(ゴルフボールをクラブフェースでポンポンと上に跳ねさせる)を繰り返すとウェッジの扱いが上手くなると思います。

落下した時に階下へ響かないように布団や座布団を敷いた上で行えば問題ないと思います。

部屋の中でショットの練習はなかなかできませんが、スコアアップに繋がるパターやアプローチウェッジの扱いが上手くなれば、家での練習も十分上達につなげていくことが出来ると思いますよ。

ボールを打つだけが練習じゃない

住宅街を車で走っていると、中学生か高校生ぐらいの少年がバットで素振りの練習をしていました。

”ああ、学生時代はあのように素振りをしていたなあ”と思い起こす人もいるかもしれません。

素振りは、野球だけでなくゴルフにもオススメの練習ですね。

あなたは、練習場やゴルフ場以外で素振りをしたことはありますか。

毎日のように自宅で素振りをするのが日課、という人も中にはいるでしょうが、なかなかゴルフクラブを持って自宅前や集合住宅の空いたスペースで素振りをするのは抵抗があるかもしれません。

ですが、ゴルフクラブを使わなくても素振りをする練習器具が色々と発売されていますので、試してみても良いのではないでしょうか。

例えば、エリートグリップから発売されている「1SPEED」は、見た目もシンプルなので、使いやすいと思います。

また、とにかく飛距離を伸ばしたいと考えている人は、野球のバットで素振りをすると有効的だと思います。

ゴルフクラブより重いバットを振ることで、体の使い方も身に付きますし、筋力UPも出来ると思いますよ。

ゴルフネットがなくても上達しようという気持ちさえあれば、ゴルフはうまくなれるのです。

できることを色々と試してみるのもいいと思います

ゴルフ好きな方は沢山いらっしゃると思いますが、人それぞれ環境は違います。

練習ネットを設置するのも良いし、家の中で練習できることをやってみるのも良いと思います。

頻繁に練習場に行くことが出来ない人は、色々と工夫しながらゴルフが上達するように頑張ってみて下さいね。