アイアンのアドレスはライ角に合わせてソールするべきか?

ゴルフは斜めにクラブを使ってボールを打つためにライ角の影響がありますよね。

ライ角といってもクラブライ角とインパクトライ角の2つの意味があります。

一番真っすぐ飛びやすいのがクラブのライ角通りに打つことです。

ではアイアンはアドレスの際、クラブライ角に合わせてソールした方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重要ポイント!ゴルフで左手の親指付け根を意識するスイング

ゴルフスイングにおいて、グリップの握り方には多くの方式があり、それぞれに特徴があります。ゴル...

ゴルフスイングでは左足を上げて左膝を曲げるほど踏み込む?

最新のゴルフスイングでは、左膝を曲げると飛距離がアップすると言われています。従来の捻転をして...

ゴルフ上達ポイント!右足の踏ん張りが飛距離を伸ばす!

ゴルフスイングは基本的な考え方はありますが、身長や体格によって違っていてもおかしくありませんよね。...

風の強い日のゴルフがなぜか楽しいと思える!打ち方を伝授!

風の強い日のゴルフは大変ですか?それとも楽しいですか? 風の影響を受けたボールはなぜか思いが...

賞金王、片山晋呉プロの素晴らしいスイングを後方から見る

狙った所へボールを運ぶ、ショットメーカー片山晋呉プロのスイングは流れる様なイメージです。スイング...

ダウンスイングで左肩を我慢できないのは良いスイングが原因 

ダウンスイングで左肩が流れるため、左肩を我慢しなければならないことがあります。ではこの左肩の流...

ゴルフスイングはしっかり左腕を伸ばすのが基本なのはなぜ?

ゴルフスイングの基本として、「左腕を伸ばす」というのがあります。左腕を伸ばすように意識してい...

テークバックを真っ直ぐ引き過ぎるとアウトサイドに上がる

ゴルフレッスンでよく言われる事に、テークバックはクラブヘッドを真っ直ぐ後ろに上げるというものがあり...

【ゴルフ上達】左腕の使い方を徹底解説!これで間違いなし!

右利きのゴルファーが上達するために欠かせないこと。それは左腕の使い方。普段から使い慣...

ゴルフのスイングで4拍子のリズムってどうやってとるの?

ゴルフのスイングがどうもギクシャクしていて、リズムが合わずに違和感があれば、4拍子のリズムを取り...

ゴルフスイング、右手と左手の違う動きを身体で理解しよう!

ゴルフスイングで右手と左手の違う動き、働き方を理解する事は非常に重要です。よく右手はエンジン...

ライ角がアップライトなドライバーはフックそれともスライス

スライスやフックの球筋に悩んでいる時は、スイングに原因があると思うのが普通ですが、実はライ角が合っ...

ボールが左に!ドライバーが意に反して飛ぶ理由と対策法

上級者だけではなく初心者の中にも、左方向にドライバーショットが飛ぶことで悩んでいる人がいるようです...

パッティングが不調に陥った時は親指の使い方をチェックする

パッティングに迷いが出ると徐々に悪化していき、ヘッドを引けなくなるなど苦労しているゴルファーが大...

飛距離アップはテークバックで真っ直ぐ引くよりコックを活用

ドライバーショットの目的は飛距離を稼ぎたいことです。同時に曲げたくないためにテークバックでは真...

スポンサーリンク

アドレスでアイアンのソールを綺麗に接地させるのがダメな理由

アドレスのときにアイアンのソール全体が地面にぴったりと付いた状態が正しいと誤解している人が多いです。

ゴルフスイングをすると遠心力がかかります。

遠心力がゴルフスイング中に働くと、アドレスをしたときよりヘッドのトゥ側は下がるという現象が起きます。

それをトゥダウン現象と言います。

トゥダウン現象が働くと、インパクトではアイアンのトゥ側が下がるので、アドレスでソールが地面にぴったりと付いていると、インパクトではヒール側が浮いてしまい、トゥ側が地面に付いてしまいます。

こうなってしまうと、地面の抵抗によってトゥ側にブレーキが掛かってしまい、インパクトでヒール側が前にでてフェースが開いてしまい、スライスが出やすくなったり、右に飛びやすくなるのです。

ですから、アイアンを構える際はトゥを少し浮かせるといいでしょう。

自分にとって正しい形でグリップしてアドレスした時にトゥ側が少し浮くアイアンのライ角を選ぶということも大切になります。

自分の正しいアドレスの見つけ方。アイアンのソールは二の次。

正しいアドレスは、正しいインパクトを迎え、真っ直ぐ飛ばすために欠かすことができません。

アドレス時にアイアンソールをするかどうかは正しいアドレスを身につけてから考えましょう。

正しいアドレスを身につけるポイントは、姿勢・腕の形・ボールの位置手順です。

アドレスが間違っているとインパクトの瞬間にクラブが正しい方向に向かないので、ボールが曲がったり、変な方向に飛ぶ原因になってしまいます。

姿勢は、両足の肩幅くらいか、肩幅よりやや狭いくらいに開いたら、膝を少し曲げて前傾姿勢になります。

このときに背筋はしっかりと伸ばしましょう。

体重を前後左右に均等にかけ、肩に力が入らないようにしてください。

腕の形は、正面から見た時に、左右の腕の長さがほぼ同じで、両腕と肩で三角形に見えるのが理想の形です。

練習場に全身鏡があるので、練習前に自分のアドレスの形をチェックするとよいでしょう。

またボールの位置は自分のインパクトの位置によって個々変わってくるので、自分に合ったボールの位置を見つけてください。

正しいアドレスをして初めてソールの位置などが関係してきます。

正しいアドレスでもアイアンソールの接地ズレが大きいならクラブを変えよう!

正しいアドレスをしたときにアイアンのソールの接地のズレが大きいということは、アイアンのライ角が正しくないということになります。

アイアンのライ角に無頓着な人が結構多いですが、アイアンのライ角というのはショットを大きく左右するくらい大事です。

ですから、多くの人は”クラブに合わせてスイングをしている”ということになります。

ライ角がフラットになっている場合は、ソールのヒール側が浮いてしまいます。

そのためにフェースが目標より右を向いてしまいます。

こうなると当然ボールは右へ飛び出します。

ライ角がアップライトの場合は、ソールのトゥ側が浮いてしまいます。

その為、先ほどと逆でフェースが目標より左を向きボールも左に飛び出します。

ライ角のズレによる方向性の狂いはウェッジやショートアイアンのようなロフトの大きいクラブ程影響がでます。

また、ライ角がズレたときにアイアンの重心位置が本来の位置よりもズレてしまいます。

それだけ芯で打つのが難しくなるのです。

芯で打てなければ飛距離も落ちます。

ライ角が合ってないアイアンは、方向性だけでなく飛距離にも大きな影響を与えるのです。

ソールの接地を確認して合っていなければ、クラブを変えましょう!

アイアンのライ角を調整する場合、どこで出来る?1本いくら?

アイアンのライ角が適正かは、自己診断できます。

ソールに紙テープを貼ったり、マジックで色付けして擦れ具合をチェックします。

そこまでしなくてもソールの傷をチェックしたり、ディボットが長方形になっているかチェックします。

それでも分からなかったらゴルフショップでチェックしてもらいましょう。

正しいアドレスをしてもソールの接地がズレていると分かったら、ライ角の調整をしなければなりません。

ライ角の調整はゴルフショップでできます。

調整は1本500円~600円くらいが相場です。

ライ角の調整には技術が必要になるので、調整したことがある人に相談して腕が高く信頼のおけるゴルフショップに依頼することをオススメします。

もし周りに知っている人がいなければ、ネットなどで評価の高いショップを探すといいでしょう。

技術の低いゴルフショップでライ角の調整をしてもらって失敗してしまったという人も少なくないようです。

そうした人の中には、違和感があり過ぎる!や打ち心地が悪すぎる!などと言って結果新しいクラブに買い替えたという人もいます。

それだけライ角というのはスイングに大きく影響するものなのです。

ゴルフショップ選びには注意してください。

女性でもライ角は合わせるべき。ライ角別注できるモデルはあるの?

ライ角の調整に男性も女性もありません。

ゴルフがある程度上達してきたら、男女関係なくもっと道具にこだわりを持つべきです。

ライ角を選ぶ基本的なポイントは、身長が高い人ならアップライトなアイアンが必要です。

身長が低い人なら一般的なライ角で大丈夫です。

場合によってはフラットなアイアンを選んでもいいかもしれません。

女性の方で身長が高い方は男性用で軽めのアイアンを試してみるといいでしょう。

たとえば身長が170cmの女性がレディース用のアイアンを使用した場合、アイアンのライ角がフラットすぎてスライスが出てしまいます。

しかし男性用クラブではシャフトや重さ等がどうしても合わないという女性の方もいるでしょう。

そのような人はライ角を別注できるモデルがあります。

代表的なのはミズノのクラブです。

ミズノでは100万通り以上の中から選んでオリジナルクラブを別注することができます。

ライ角では、±2度までできます。

また番手ごとにライ角の変更ができます。

しかもライ角の変更は基本無料です。

ミズノの中には変更できないモデルもあるのでショップや公式ホームページで確認してください。

クラブライ角の違いは試さなければ分からない!試打・中古改造など

ライ角を意識し始めたらライ角の調整や新しいクラブの購入を考えるでしょう。

自分に合ったライ角をチェックしてもらってカタログのライ角の数値を確認します。

しかしクラブのカタログ上の数値のままでしっかりと自分に合うライ角だというゴルファーは少数です。

実は市販のアイアンでカタログの数値通りのライ角なものは少ないのです。

ショップ等でライ角調整をして適正なライ角で試打を行ったら、打感の良さに感銘するはずです。

手ごたえは軟らかで、しっかりしたボールを打つ感触があります。

ソールを薄く接地して軽やかに抜けていきます。

これに1~2度若干の違いが出たら味わえないのです。

それだけショットの質を左右するということです。

ライ角が適正でないと地面を強く打ったり、つっかかったりしてしまうので、感触は悪く飛距離も出ません。

ライ角の微妙な違いはアドレスしただけではほとんど分かりません。

試打してみないと絶対に分かりません。

表示されたライ角の数値だけでクラブを購入するのはお間違いです。

自分に合うライ角のクラブだと思っても、何度か試打すべきです。

きちんと芯に当たっているのに意外と距離がでない、あまり打感が良くないといった自覚症状のある人はまずライ角を疑いましょう!

クラブ”に”合わせず、クラブ”を”合わせよう!

市販のクラブを何気に使っている人は多いと思います。

しかしある程度打てるようになって、伸びないのはなぜかと考えたときにはライ角を意識してみましょう。

適正なライ角でのショットは本当に打感が良くオススメです。

大げさに思うかもしれませんが、今までの自分のショットが嘘みたいだと感じるでしょう。

ライ角まで考えるなんてこだわりすぎだろう!と思われるかもしれませんが、ライ角を考えないとそれ以上ゴルフは上達しません。

一度ショップへ行って自分に合ったライ角を調べてもらってください。

あなたのゴルフは何倍もステップアップするでしょう。