ゴルフではスタンスが広いと飛距離アップするって本当? 

ゴルフクラブを構えて迷いや不安があるときは、スタンスの広いアドレスにすると、下半身が安定してそれらの問題を払拭することができるそうです。

また飛距離アップと方向性が共に良くなるとも言われていますが、本当のところはどうなのでしょう?

スタンス幅でスイングの安定が図れるかを考えてみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフスイングを安定させる左足の使い方。飛距離アップへ。

ゴルフスイングを美しく作るために、左足は重要な構成要素の1つです。左足がなければ踏み込みがで...

正しいゴルフスイングを練習するときはゴムホースを使おう

ゴルフで球筋が安定しないときは、スイングに問題があるのかもしれません。スイング改造は大きなリ...

ゴルフスイングで腰がスウェーするのはカット打ちが原因

ゴルフスイングで腰がスウェーすると、打ち出すボールはスライスします。テークバックでのスウェー...

米国ツアーで身につけた上田桃子のスイングとアイアンの切れ

上田桃子プロは米国ツアー用にスイング改造して、強い風にも負けない「球質の強い」アイアンショットを打...

ゴルフにおいての正しいラフからの打ち方とはこんなにあった

ゴルフをプレーする上でラフに入ってしまうことは必ずありますし、いかにラフから綺麗に打てるかどうかが...

古閑美保はどんな状況でもスイングのテンポを大事にする

引退してからしばらくはゴルフから離れていた古閑美保。彼女がスイングで大事にしていることは、現役...

このスイング理論で練習すればゴルフの手打ちを解消できる!

ゴルフのスイングについては数多くの理論があります。その中でいわゆる「手打ち」と言われるスイン...

腰の位置を低い状態で保つと安定したスイングが可能になる

腰の位置を低い状態で保つことができると、安定したスイングができるようになります。特にテークバックや...

スライスを改善する際はまずドライバーのグリップに注目!

真っ直ぐに打ち出しているつもりが、ショットしたボールは右側にスライスしていくのがゴルフの大きな悩...

アイアン、ソールの傷のつき方で分かるその人のゴルフの腕前

ゴルフクラブも使い続けると、アイアンのソールに沢山の傷がつきますよね。特にショートアイアンはター...

ドライバーを構えたときの手首の角度は再現できる?

ドライバーを構ええたときの手首の角度が正しければ、スムーズなスイングができます。一方手首の角...

ドライバーの引っ掛けはシャフトの前に確認することがある

ドライバーで頻繁に引っ掛けが出ると思い切りの良いティーショットが打てず、リズムも悪くなりがちです...

ドライバーバックスピン量の減らし方。多いと飛距離ロスする

ドライバーショットはボールにバックスピンが掛かります。このスピン量、多すぎても少なすぎても飛距離...

正しいゴルフスイングはグリップエンドの向きで決まる!

ゴルフのスイングにバラつきがあると、スライスしたりフックしたりと球筋が安定しません。原因はそ...

ゴルフスイングはしっかり左腕を伸ばすのが基本なのはなぜ?

ゴルフスイングの基本として、「左腕を伸ばす」というのがあります。左腕を伸ばすように意識してい...

スポンサーリンク

ゴルフのスタンスの「広い」の基準はどこにある?

ゴルフスイングにとって「スタンスを決める」 ことはとても重要なことです。

グリーン周りのアプローチショットでは、正確な距離感と方向性が重視されるので、スタンスを狭くさせて確実なミートをします。

同じグリーン周りでもガードバンカーの中からのショットでは、体の動きを最小限にして下半身を安定させる広いスタンスをとります。

これから行うスイングによって、スタンスの幅を変えるとしても、基本のスタンス幅は必要です。

一般的には「丁度良い」スタンスは肩幅と言われていますが、実は身体を尺度にしたこの表現法は、とり方によって同じ肩幅の人でもスタンスが変わってしまうものなのです。

実際肩幅とはどこのことを言いますか?

肩の外側を基点にしたとして、足の外側を合わせたときと、内側を合わせたときでは、1足分の違いが出てしまいます。

両足だと15センチ程度の差が出てくるのですが、50センチ程度の肩幅での15センチはかなりの違いと言って良いのではないでしょうか。

つまり身体を尺度にしたものは感覚的な部分が大きく、基準が曖昧な場合が多いということになります。

ゴルフのアドレスで広いスタンスを取るときのコツ

ゴルフのスタンスの基本は「肩幅」ですが、その肩は基準が不明確なので、身体の箇所を指定して表現した方が良いと思います。

肩の外側のラインを垂直に下ろして、足裏の中心線と一致したところを肩幅のスタンスとした場合、狭いスタンスは足裏の外側で一致したところ、広いスタンスは足裏の内側で一致したところとなります。

つまり普段のスタンスよりも、7~8センチ程度広いか、狭いかの違いということになるでしょう。

一方で肩の外側のラインと足裏の内側が、基本のスタンスという考え方もあります。

この場合は1足分ずつ幅を変えることになるので、肩幅のスタンスが50センチで広いスタンスは65センチ、狭いスタンスは35センチということになります。

数字で表すと分かり難いようですが、足幅で計測するとしたら、両足を揃えて足2足分左右に開くとざっと広いスタンス、1足分ずつ開くと狭いスタンスとなります。

あとは自分の足のサイズと感覚の微調整で、程良いスタンスを見つけましょう。

自分に合ったゴルフの広いスタンスは安定感がある

自分にとっての基本のスタンス幅が決まったら、今度は使用するゴルフクラブにスタンスを合わせなければなりません。

一般的にはドライバーなどの長めのクラブは、身体を安定させるために広いスタンスをとります。

一方でショートアイアンなどクラブが小さくなるほど、狭いスタンスにして柔らかいショットを打ちやすくします。

ただしバンカーショットやロブショットのように、ある意味特殊な打ち方が求められる場合は、クラブか小さくても広いスタンスをとることがあります。

またグリーンエッジから転がして寄せるショットでは、足を揃えるくらい狭いスタンスをとることもあります。

ボールの置かれた状況や芝の状況、またターゲットまでの距離などを考慮して、ショットに合わせたスタンスをとらなくてはなりません。

その上で自分にとって最も安心感あるスタンスの幅を基準にすれば、状況に合わせて変更するときに迷うことはなくなるはずです。

強いゴルフに不可欠の広いスタンスは正しいの?

では実際に基準よりも広いスタンスの幅で考えてみましょう。

ドライバーなどの長めのクラブを振るときには、方向性と同時に飛距離を求めています。

ハーフスイングなどの中途半端なスイングであれば、ミドルアイアンで十分に用を足すことができるわけですから、長いクラブを使うときにはフルショットに近いスイングをするはずです。

そうしたフルスイングで大事なことは、定めたターゲットまでの飛距離と方向性です。

そのためには、フルスイングをしても身体の中心軸が歪まない、安定感のある下半身が必要になります。

通常のスタンスでも問題はありませんが、より強いゴルフスイングをしようと思うのであれば、広いスタンスにしたほうが安定感は増すはずです。

一方で広いスタンスにすると、腰の回転が制限されて捻転が不足する懸念が出てきます。

捻転不足はスイングスピードの低下に繋がり、さらにアウトサイドインのスイングでスライス気味の球筋になる可能性が高くなるのです。

飛距離と方向性を安定するために広いスタンスにしたにも関わらず、それが原因で「飛ばない・曲がる」ことになってしまいます。

広いスタンスでも飛ぶゴルフスイングができる理由

広いスタンスをとると下半身は安定しますが、捻転が不足して飛距離や方向性が低下してしまいます。

しかしスイングをわずかに変えるだけで、この捻転不足を補い方向性も是正することができるのです。

広いスタンスの特徴は安定感です。

これは下半身を安定させる役割だけではなく、骨盤が地面と平行な状態を保ち続けることができることから、回転軸である背骨の台座の傾き防止にもなっています。

また左右の動きに対しても、広いスタンスのおかげでスエーをしない姿勢を保つことができます。

その利点を活かして、あえて体重移動をするのです。

テークバックで右足の上に体重を乗せて、インパクトで中央に戻し、フィニッシュで左足に体重を移動させます。

こうした「身体を使ったゴルフスイング」をするためには、右壁から逃げない広いスタンスの方が有利です。

この横に移動するスイングによって捻転不足を補強することができ、インパクトゾーンが広がることからスクエアなフェースでインパクトが可能になります。

ゴルフクラブを構えるときの広いスタンスの尺度は自分にある

野球選手はピッチャーが投げたときに左足を上げて、インパクトの直前に左足を踏み込んで打ち込みます。

このとき多くの選手は、最初のスタンスより踏み込むときの足幅の方が広きなっています。

つまり強く打ち込むときには広いスタンスの方が飛ぶということになります。

一方でゴルフのスタンスは、両足で立って、自分の基準となる肩幅で下半身を安定させて、その形を変えないようにしてインパクトを迎えようとします。

そうであれば、強いインパクトを望むときは、最初から広いスタンスをとった方が理に適うはずです。

広いスタンスのときは腰を落とせば、右足に体重を移動させても、上半身が右に流れることがありません。

逆に左側(中心)で残ろうとしますが、回転軸をまっすぐにするイメージを持っていれば、スイングフォームに歪みはなくなるはずです。

ただ広いスタンスが、すべて良いというわけではありません。

お腹が出ていて身体のねじりがイマイチな人や、そもそもスイングスピードが遅い人にとっては、ゴルフスイングのデメリットになることもあると考えられるからです。

自分にあったスタンスを見つけることが、もっとも大切なことと言えるでしょう。

ゴルフにおいては広いスタンスが良いとは限らない?

勢いのあるゴルフスイングするためには、いつもよりも広いスタンスをとったほうが良いとされています。

ゴルフに限らず野球などのほかのスポーツでも、遠くに飛ばすためにはスタンスを広くとります。

ただしスタンスの幅には個人差があるので、自分に合った形や安心できるものにすることが、結果的には良いスタンスになるでしょう。