ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフスイングで左手をまっすぐにすると良いことはあるの?

2018.10.27

テレビでゴルフ中継をみると プロのスイングは左手をまっすぐにしています。

そえっを参考に同じようにしようとしても、なかなか上手くいかないことがあります。

身体の柔軟性が足りないことや動かし方が違っている場合があるからです。

そこで左手をまっすぐにしたスイングの仕方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

正しいゴルフのスイング、フックグリップの右手の形を考える

ゴルフのグリップの形は大きく分けて3つあります。 クラブフェースの向きを起点として、ウィークグ...

アドレスの姿勢やゴルフスイングがフック原因の対処法とは

アドレスの姿勢かゴルフスイングがフック原因ではないかと疑いがあれば、まずは動画撮影で客観的にチェ...

丸山茂樹プロのスイング、ドライバーのヘッド使い方が上手い

小柄な丸山茂樹プロがアメリカツアーで戦う為に、ドライバーの飛距離アップは必須でした。 そんな丸山茂...

迷わずにパッティングができるボールの位置と打ち方

いろいろと迷いが生じるパターですが、パッティングのスタイルを変えるとボールの位置も変わることにな...

スイングプレーンを意識したアイアンショットで上達する?

レッスン書で良く目にする「スイングプレーン」ですが、すべてのスイングが対象になるものなのでしょう...

【ゴルフ上達のカギ】正しいフォローで方向性と飛距離が!?

ゴルフ上達のため日々の練習でスイングの形を意識している人は多いでしょう。 その際にバックスイン...

ゴルフにおいての正しいラフからの打ち方とはこんなにあった

ゴルフをプレーする上でラフに入ってしまうことは必ずありますし、いかにラフから綺麗に打てるかどうかが...

ゴルフの要!ドライバーのミート率を上げる練習方法を紹介

女子プロゴルファーのヘッドスピードは平均で40m/sくらいです。 しかし彼女たちのドライバーの飛距...

ゴルフを理解するにはバックスイング時のスライス原因を知る

ゴルフスイングには多少のムラはあるものですが、そんな時でもバックスイングはほぼ一定のはずです。 ...

飛距離の出るドライバーの打ち方とは?悩んでる人必読!

皆さんはドライバーの飛距離で悩んでいませんか? アマチュア男性は平均230ヤード、アマチュア女性...

ゴルフでバックスイングをシャットに上げるメリットを考える

巷あふれるゴルフスイング理論の中の1つに、バックスイング時にフェースをシャット目に上げる事がありま...

155センチ、体重が重くなくても平均飛距離はここまで伸びる

女性のアマチュアゴルファーの方だとドライバーの平均飛距離は175ヤードほどだと言われます。 もちろ...

アイアンでダウンブローが出来ている良いスイングは音が違う

ゴルファーの皆さん、アイアンショットでボールを打った際の音、どんな感じでしょうか。 アイアンショ...

7番アイアンで飛距離160ヤード飛ばす為のスイングを考える

7番アイアンの飛距離は普通の男性ゴルファーが振って、通常150~160ヤードですよね。 では1...

【ゴルフ上達】理想の右足の使い方と回転の仕方を考えよう

ゴルフのダウンスイング以降ですが下半身の動きはどのようになっていますか? あなたの場合はどうで...

スポンサーリンク

憧れのゴルフ選手は左手まっすぐのテークバックをしている

憧れるトッププロのゴルフスイングを見て気がつくのは、トップの高さと異様なほど捻れるテークバックとフィニッシュでの肩の位置ではないでしょうか。

トップの位置では左手がまっすぐに伸びているのに、身体は歪むことなく軸を中心に回転しています。

綺麗なフォームであることは間違いありませんが、同じフォームをしようとすると、左肩が沈んだり右肩が沈んだり、また上半身が傾いてしまうでしょう。

同じような道具を振る野球の場合は、肘を曲げて身体の近くでグリップを振り下ろしながらスイングしています。

しかし野球のバットとゴルフのクラブの特性はまったく違うものなで、スイングも違ったものにはなりますが、それでも肘を曲げたスイングのほうが、理に適う円の軌道でヘッドを動かすことができそうな気がします。

左手をまっすぐにしてテークバックするのは、ダウンスイングで同じ形で左手を伸ばしているからと言われています。

つまり再現性を求めた結果が、あの左手の形だったわけです。

左手をまっすぐするゴルフスイングには柔軟性が必要

ゴルフクラブを構えて、テークバックをスタートするときは、グリップを握る左手も右手も肩からまっすぐに下がっています。

両肩とグリップでできる二等辺三角形は、なるべくテークバックで崩さないようにします。

それでもグリップが右腿を通過するころには、右肘を折り始めて右手を右耳の横に持ち上げようと動くでしょう。

グリップを握るもう一方の左手も、連動して右耳の横にくるのが一般的なトップの形です。

ところがトップクラスのプロゴルファーは、グリップが右耳の横と言うよりも、少し離れたところでトップを固めます。

右手首から肘までを垂直に立てて、右肘で地面を指すような姿勢をとると、左手はまっすぐのほうが都合は良くなっていきます。

グリップを離した状態でトップの姿勢をとれるのは、左肩が十分に回転をしているからです。

しかしこの姿勢は外見的なものであって、身体の内部では左肩甲骨が外側に開き、右肩甲骨は背骨を上から覆いかぶさった状態です。

左手まっすぐのゴルフスイングが方向性と飛距離を生む

トップの位置を身体から離す理由は、野球のバットではなく、ゴルフクラブを振るからです。

野球のスイングでも、およそ右耳の横にグリップを引き上げて、そこからダウンスイング気味に振り下ろします。

プロ野球の速球投手が投げるボールは、手を離れてからホームベースを通過するまで0.4秒程度だそうです。

しなることのない野球のバットでは、グリップが回転軸に近いほど速く振れます。

ところが先端のヘッドでボールをとらえるゴルフは、しなるシャフトの特性を活かして振ることでヘッドスピードが速くなります。

そのためには左手をまっすぐ伸ばして円のスイングをしたときに、身体からグリップをより離して、ヘッドが円の外側を移動できるようにします。

この理想的なスイング軌道を可能にできるのが、左手をまっすぐにするテークバックであり、ダウンスイングになるわけです。

そしてインパクトゾーンで右手の甲を返せるようになれば、振り遅れもなくなりヘッドスピードに加速が生まれるようになります。

左手を曲げずにまっすぐにするゴルフスイングは難しい

左手を曲げずにまっすぐにしたままテークバックをして、トップの位置でもその姿勢を維持します。

しかしプロ並みの柔軟性がないと、トップで左肩が沈むか上半身が右方向に傾くでしょう。

自分では背骨を軸に捻転しているつもりですが、実際には捻転不足になっています。

それでも左の肩は90度回転させて、アゴの下まで動かしたいと思っています。

そこで捻転不足を補うために左肩を沈めるのです。

トップで左肩を沈めると首が左に傾き、アゴの位置が左肩に近づき、形だけは左肩がアゴの下まで到達したような気になれます。

上半身が右側に傾くのも同じことで、左肩が回転すれば右肩も同じだけ回転していなくてはいけないのに、右肩の位置はアドレスの時とあまり変わっていない場合があります。

背中を丸めた姿勢は捻転ではありませんし、軸を中心に回転することもできません。

ヤジロベイのように上半身が右から左に移動するだけなので、アウトサイド・インのゴルフスイングで手打ちになる可能性が高くなっていきます。

左手まっすぐのゴルフスイングに必要なライオンポーズ

一般のアマチュアゴルファーは、左手まっすぐのテークバックはできないのでしょうか?

左手まっすぐだからこそ、プロ選手のボールは曲がらないと言われています。

肘を曲げたゴルフスイングでも、タイミングが合えばターゲットに向けて打ち出すことはできます。

しかし軸を中心とする回転のスイングをするのであれば、手と身体が別々に動くとテークバックをしている意味がなくなります。

一方で軸の回転とヘッドの軌道が一致して、身体の正面でボールを捉えることができれば、方向性と飛距離を兼ね備えたボールを打ち出すことができるはずです。

そのためには、ある程度のストレッチとリズムのあるスムーズなスイングが必要になります。

左肩甲骨を横に動かす範囲は、背骨の上に重なるところから、もっとも左側に離れるまでです。

同時に縦の動きは、三角形の肩甲骨の下の頂点が左側を向くところまで開くことです。

床に両手と膝をついてライオンのポーズをとれば、肩甲骨は浮いて、固まった筋肉から剥がれて自由になっていきます。

可動範囲を広げるのには時間がかかりますので、焦らずに毎日取り組むことが大切です。

左手をまっすぐにするゴルフスイングの仕方

ゴルフクラブを構えた状態では、左手をまっすぐにするスイングを習得することが難しいので、一旦クラブを置きましょう。

まずは上半身を前傾して両肩からダラリと腕を下げます。

両手を合わせることなく、振り子のようにブラブラと左右に動かすと、両腕ともにまっすぐな状態になっているはずです。

そうした肩から伸びた腕は垂直な状態だと肘を曲げずに動かすことはできます。

次に両腕を前に突き出して、左右に動かしてみましょう。

この場合も肘を曲げることなく、右にも左にも動かすことはできるはずです。

ところが両手を合わせて同じ動きをすると、肘を曲げないと動かすことができません。

右側に動かすときに右肘が下を向くようすると、左手はまっすぐにすることができるはずです。

テークバックでは右手首から右肘までをまっすぐに立てるようにすれば、左手もまっすぐな形になるはずです。

あとは左肩を十分に回せば、綺麗なトップの形を作ることができるはずです。

左手がまっすぐなのかで正しいゴルフスイングが分かる

左手をまっすぐにすることで、正しいフォームとゴルフスイングが身につきます。

しかし身体が硬かったり右肘の角度を維持していなかったりすると、左手がまっすぐ伸びることはありません。

正しいスイングをチェックする役目も担う左手の形は重要なものとなります。

 - スイング ポイント