ゴルフスイングの軌道をインサイドアウトにするためのコツ

ゴルフスイングの軌道には「インサイドイン」「インサイドアウト」「アウトサイドイン」とあります。

正しいスイング軌道は「インサイドイン」なのですが、他の軌道にすることでボールの飛び方を変化させることができます。

もちろんそれは高度な技術となりますが、スライスやフックに悩んでいる人の悩みを解消することにもなります。

今回は「インサイドアウト」のスイング軌道にするコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スイングプレーンを意識したアイアンショットで上達する?

レッスン書で良く目にする「スイングプレーン」ですが、すべてのスイングが対象になるものなのでしょう...

ゴルフで必須な傾斜対策!つま先下がりとつま先上がりの違い

練習場ではナイスショットが打てるのに、本番のゴルフ場になるとトップやダフリなどミスショットばかり。...

スライスとプッシュアウトは表裏一体の関係にある?

スライスの原因を確かめてスイングを修正すると、今度はプッシュアウトが出始めることがあります。...

賞金王、片山晋呉プロの素晴らしいスイングを後方から見る

狙った所へボールを運ぶ、ショットメーカー片山晋呉プロのスイングは流れる様なイメージです。スイング...

アプローチでは右手主導のスイングが良い理由と練習方法

スイングはどちらの手を主導にすべきかといった論争は定期的に起こります。スイング自体は両手で行...

丸山茂樹プロのスイング、ドライバーのヘッド使い方が上手い

小柄な丸山茂樹プロがアメリカツアーで戦う為に、ドライバーの飛距離アップは必須でした。そんな丸山茂...

アプローチでシャンクする原因と簡単に直す方法を知りたい

アプローチでシャンクするのにはそれなりの原因があるものです。グリーンを目前に、突然右側にシュ...

アイアンのトップブレードの合わせ方と合わせる時の注意点

アイアンショットでのアドレスでは、フェースのリーディングエッジをボールの向きに対して直角に合わせる...

7番アイアンで飛距離160ヤード飛ばす為のスイングを考える

7番アイアンの飛距離は普通の男性ゴルファーが振って、通常150~160ヤードですよね。では1...

ミスが多いアプローチショット、50ヤード前後の打ち方とは

ドライバーやアイアンショットよりミスが多いのが、アプローチショットです。グリーン周辺からカッ...

ゴルフ上達のためベタ足スイングの元祖「Z打法」を学べ

韓国女子プロゴルファーの活躍から火が付いたベタ足スイング。飛距離だけでなく方向性、そしてショ...

【ゴルフ上達】自分のスイングとプロのスイングを比較して!

ゴルフの上達にはスイングの安定が必須です。毎回同じテンポで同じプレーンを通して振ることができ...

アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がいきがちです。しかしアイアンは、番手通...

ドローで飛距離アップ!スライスをドローに変える打ち方

ゴルファーには持ち球があり、それはドローやフェードになります。ドローボールは着地後も20~3...

2008年賞金女王古閑美保のスイングは実にゆっくりで理想的

2008年の最終戦リコーカップで奇跡の大逆転優勝を決め、初の賞金女王となった古閑美保プロ。そのス...

スポンサーリンク

ゴルフスイングの軌道とは

ゴルフスイングの軌道には「インサイドイン」「インサイドアウト」「アウトサイドイン」と基本的な3つのスイング軌道があります。

基本となる正しいスイング軌道とされているのは「インサイドイン」です。

インサイドインのスイング軌道で振ると真っ直ぐに飛ぶ球が打てます。

またアウトサイドインのスイング軌道で振るとフェードやスライスに飛ぶ球が打てます。

そしてインサイドアウトのスイング軌道で振るとドローやフックに飛ぶ球が打てるのです。

スライスやフックはミスショットとなることが多いですが、上級者が障害物を避けるためにあえてそのように打つ場合があります。

しっかりとコツを押さえておかないと、ただのミスショットとなりOBなどになり大叩きをする結果となります。

また個々のスイング軌道を上手くコントロールすることでフェードやドローを打つことができ、状況によって上手く打ち分けられるようになります。

多くのゴルファーがランが良く出るドローを打つためにインサイドアウトのスイング軌道の練習に励んでいます。

ゴルフスイング軌道のインサイドアウトについて

ゴルフスイング軌道のインサイドアウトとは、ダウンスイングで体の内側からヘッドが入り、インパクト後に体の外側へ逃げていく軌道となります。

当然真っ直ぐに飛ぶはずのないスイング軌道です。

スイングの癖としてこのようなスイング軌道になっている場合は、フックのミスショットが出るでしょう。

しかしスライスのミスに悩んでいるゴルファーは、敢えてインサイドアウトの軌道を意識することでスライスが直ることが期待できます。

インサイドアウトになるのは、バックスイングで肩が回転しすぎることで軸が右へ傾いてしまっているからです。

またインパクトで右足に重心が残った状態になっている人も体の回転が止まってしまっているのでインサイドアウト軌道になります。

インサイドアウト軌道でプッシュアウト・ダフリ・シャンク・フックの球筋が出てしまう人は早急にスイング軌道を見直す必要があると言えます。

そうでない人はちょっとしたコツを知ることで、ランの出るドローの球筋のショットを打てるようになります。

しかし上級者でない限りインサイドアウト軌道はスライスに悩む人に有効と考えてください。

ゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするコツ①

それではゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするためのコツを紹介します。

まずはテークバックです。

スライスに悩んでいる人の多くがアウトサイドインのスイング軌道になっています。

そこからインサイドアウトに矯正しようと意識すると、今度はテークバックをインに引きすぎてしまいます。

極端にインサイドに上げるとトップの位置がかなりインになってしまい、トップの高さが低くなりすぎてしまいます。

その結果せっかく意識してインサイドに引いたのに、ダウンスイングの時点でヘッドがアウトサイドへ流れてしまいます。

ですからテークバックでは30cmくらいヘッドを真っ直ぐ引く気持ちで、少しアウト気味にトップを持っていくくらいでOKです。

ヘッドはアウト側に一旦上がるのですが落ちてくるときはインになるので、インサイドアウトになります。

少しアウトやインが混合するので少し混乱するかもしれませんが、インサイドアウト軌道と言うのはダウンスイングからインパクト、そしてフォローに掛けての軌道のことになるので、トップがアウト気味に上がるのは問題ないのです。

ゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするコツ②

次に紹介するゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするためのコツは、ダウンスイングでのイメージです。

目標のボールを打とうと意識してダウンスイングでヘッドをボールに叩きつけようとしてしまう人がいます。

これはゴルフスイングで最も行ってはダメな動きです。

何故かと言うと、ボールを打とうとする意識により体が先に回転してしまい、クラブが外側から振られる形になってしまうからです。

そうなるとアウトからヘッドが落ちてしまうのでアウトサイドイン軌道になり、結果スライスのミスが出てしまいます。

そうならないためのコツは、ボールを打ちにいこうとするのではなく、手でクラブをそのまま真下に落とす気持ちでスイングするのです。

そうすると自然とヘッドはインサイドアウト軌道で振られることとなります。

打ちにいこうとしたり、叩きつけようしてしまうとアウトサイドイン軌道になるだけでなく、体が前に突っ込んでダフリのミスが出ることもあります。

一度ゆっくりスイングで手でクラブをそのまま真下へ落とす動きでヘッドの動きを確認してみましょう。

ゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするコツ③

最後に紹介するゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするためのコツは、下半身始動にすることです。

アウトサイドイン軌道によりスライスになってしまっている人のほとんどは、手打ちスイングになっています。

手打ちになるとアウトサイドイン軌道な上にその軌道の動きも安定しません。

トップまで持ってきたら、ダウンスイングでは意識して左足をしっかりと踏み込み、それに合わせて手や腕が動くようにしましょう。

左足を踏み込むことで回転がしやすくなり、ヘッドが先に走ってアウトからダウンスイングしてしまうことを防ぎます。

またこの動作によって②で紹介したクラブをそのまま真下へ落とすと言う動作もしやすくなります。

左足の踏み込みから始動することはインサイドアウト軌道を身につけるだけでなく、下半身始動になることに繋がります。

その結果、飛距離を出すためのゴルフスイングに必要な捻転差を上手く活用することができます。

しかし踏み込みが足りず、スエーしてしまい体が左へ流れてしまうととスライスのミスが出てしまうので気をつけましょう。

練習場では様々なスイング軌道を挑戦しよう

ドローボールを理想としているゴルファーは少なくありません。

しかし状況によってはドローボールよりもフェードボールが良い場合もあります。

それぞれにメリットもあればデメリットもあります。

また個々の持ち球と言うのもあり、スイングによっての相性もあります。

本当の理想はどちらも打てることです。

もちろん球筋を打ち分けられると言うのは上級者やプロのレベルです。

しかし普段の練習で日頃からドローやフェード両方の打ち方を練習しておくことは、ゴルフレベルに関わらず大切です。

自分の狙い通りに球筋を打ち分けるには相当な練習が必要になりますが、コツを知り練習を重ねることでちょっとしたトラブルに対応できるくらいにはなるでしょう。

まずは基本となるインサイドイン軌道、そしてそこからインサイドアウトやアウトサイドイン軌道を敢えて練習してみましょう。

思い通りに打てるようになったらあなたのゴルフの楽しみは何倍、何十倍も増すでしょう。

インサイドアウト軌道を理想とするのは望ましくない

インサイドアウト軌道を身につけるコツ等を紹介しましたが、やはり正しいスイング軌道を身につけたいのであれば、インサイドイン軌道を身につけることの方がオススメです。

スライスに長年悩まされている人にとっては良い選択になるかもしれません。

しかしやはり基本を身につけた上で、ステップアップとして他のスイング軌道を身につけていくのが一番の理想になるでしょう。