ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフスイングの軌道をインサイドアウトにするためのコツ

2018.10.17

ゴルフスイングの軌道には「インサイドイン」「インサイドアウト」「アウトサイドイン」とあります。

正しいスイング軌道は「インサイドイン」なのですが、他の軌道にすることでボールの飛び方を変化させることができます。

もちろんそれは高度な技術となりますが、スライスやフックに悩んでいる人の悩みを解消することにもなります。

今回は「インサイドアウト」のスイング軌道にするコツを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アプローチでトップする原因は姿勢とスイングとクラブにあり

アプローチでトップすると次のショットが怖くなり、手が縮んでミスショットを繰り返してしまうことがあ...

手本にしたい!引退した古閑美保のゴルフスイングはきれい!

若い人には古閑美保=プロゴルファーと言うイメージを持つ人は少ないかもしれません。 今は恋愛事情や...

賞金王、片山晋呉プロの素晴らしいスイングを後方から見る

狙った所へボールを運ぶ、ショットメーカー片山晋呉プロのスイングは流れる様なイメージです。 スイング...

アプローチでバンスを滑らせる打ち方をして球を上げよう

プロの試合などを見ると、アプローチがキュキュっと止まるような打ち方をしているのを良く見ますよね。...

【ゴルフ上達】スイング中右足を固定するイメージは適切か。

ゴルフでは一昔前は右足で蹴ることでさらに飛距離が伸ばせるなどと言われていました。 しかし現在の...

ライ角がアップライトなドライバーはフックそれともスライス

スライスやフックの球筋に悩んでいる時は、スイングに原因があると思うのが普通ですが、実はライ角が合っ...

ドライバーバックスピン量の減らし方。多いと飛距離ロスする

ドライバーショットはボールにバックスピンが掛かります。 このスピン量、多すぎても少なすぎても飛距離...

ゴルフスイングで飛距離を伸ばすために重要な左脇の締め方

ゴルフスイングで良く脇を締めると良いとされています。 右脇を締めることも大切ですが、それ以上に...

アプローチでは右手主導のスイングが良い理由と練習方法

スイングはどちらの手を主導にすべきかといった論争は定期的に起こります。 スイング自体は両手で行...

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。 飛ばしたいのなら、もちろん高めにテ...

ドライバーで球が上がらない!フックが止まらず狙えない!

ドライバーはとにかく遠くへ飛ばしたい願望がありますが、アマチュアで一日一回そんな当たりが出ればOKと...

ゴルフのグリップ、オーバーラッピングの利点について考える

ゴルファーの皆さんはグリップについて深く考えているでしょうか。 実は、グリップの形、強さは非常...

★ゴルフ上達★ヘッドを加速させるにはインパクトで止める

ゴルフスイングは極論すると振り子の動きになります。 糸の先に重りを付けてこの重りを速く動かすイメー...

ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標方向よりも左を向いた状態になります。 ...

インパクトで左手を止めるだけ!飛距離アップが期待できる?

インパクトのときに左手を止める練習をすると結果的に飛距離アップにつながります。 インパクトはゴル...

スポンサーリンク

ゴルフスイングの軌道とは

ゴルフスイングの軌道には「インサイドイン」「インサイドアウト」「アウトサイドイン」と基本的な3つのスイング軌道があります。

基本となる正しいスイング軌道とされているのは「インサイドイン」です。

インサイドインのスイング軌道で振ると真っ直ぐに飛ぶ球が打てます。

またアウトサイドインのスイング軌道で振るとフェードやスライスに飛ぶ球が打てます。

そしてインサイドアウトのスイング軌道で振るとドローやフックに飛ぶ球が打てるのです。

スライスやフックはミスショットとなることが多いですが、上級者が障害物を避けるためにあえてそのように打つ場合があります。

しっかりとコツを押さえておかないと、ただのミスショットとなりOBなどになり大叩きをする結果となります。

また個々のスイング軌道を上手くコントロールすることでフェードやドローを打つことができ、状況によって上手く打ち分けられるようになります。

多くのゴルファーがランが良く出るドローを打つためにインサイドアウトのスイング軌道の練習に励んでいます。

ゴルフスイング軌道のインサイドアウトについて

ゴルフスイング軌道のインサイドアウトとは、ダウンスイングで体の内側からヘッドが入り、インパクト後に体の外側へ逃げていく軌道となります。

当然真っ直ぐに飛ぶはずのないスイング軌道です。

スイングの癖としてこのようなスイング軌道になっている場合は、フックのミスショットが出るでしょう。

しかしスライスのミスに悩んでいるゴルファーは、敢えてインサイドアウトの軌道を意識することでスライスが直ることが期待できます。

インサイドアウトになるのは、バックスイングで肩が回転しすぎることで軸が右へ傾いてしまっているからです。

またインパクトで右足に重心が残った状態になっている人も体の回転が止まってしまっているのでインサイドアウト軌道になります。

インサイドアウト軌道でプッシュアウト・ダフリ・シャンク・フックの球筋が出てしまう人は早急にスイング軌道を見直す必要があると言えます。

そうでない人はちょっとしたコツを知ることで、ランの出るドローの球筋のショットを打てるようになります。

しかし上級者でない限りインサイドアウト軌道はスライスに悩む人に有効と考えてください。

ゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするコツ①

それではゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするためのコツを紹介します。

まずはテークバックです。

スライスに悩んでいる人の多くがアウトサイドインのスイング軌道になっています。

そこからインサイドアウトに矯正しようと意識すると、今度はテークバックをインに引きすぎてしまいます。

極端にインサイドに上げるとトップの位置がかなりインになってしまい、トップの高さが低くなりすぎてしまいます。

その結果せっかく意識してインサイドに引いたのに、ダウンスイングの時点でヘッドがアウトサイドへ流れてしまいます。

ですからテークバックでは30cmくらいヘッドを真っ直ぐ引く気持ちで、少しアウト気味にトップを持っていくくらいでOKです。

ヘッドはアウト側に一旦上がるのですが落ちてくるときはインになるので、インサイドアウトになります。

少しアウトやインが混合するので少し混乱するかもしれませんが、インサイドアウト軌道と言うのはダウンスイングからインパクト、そしてフォローに掛けての軌道のことになるので、トップがアウト気味に上がるのは問題ないのです。

ゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするコツ②

次に紹介するゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするためのコツは、ダウンスイングでのイメージです。

目標のボールを打とうと意識してダウンスイングでヘッドをボールに叩きつけようとしてしまう人がいます。

これはゴルフスイングで最も行ってはダメな動きです。

何故かと言うと、ボールを打とうとする意識により体が先に回転してしまい、クラブが外側から振られる形になってしまうからです。

そうなるとアウトからヘッドが落ちてしまうのでアウトサイドイン軌道になり、結果スライスのミスが出てしまいます。

そうならないためのコツは、ボールを打ちにいこうとするのではなく、手でクラブをそのまま真下に落とす気持ちでスイングするのです。

そうすると自然とヘッドはインサイドアウト軌道で振られることとなります。

打ちにいこうとしたり、叩きつけようしてしまうとアウトサイドイン軌道になるだけでなく、体が前に突っ込んでダフリのミスが出ることもあります。

一度ゆっくりスイングで手でクラブをそのまま真下へ落とす動きでヘッドの動きを確認してみましょう。

ゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするコツ③

最後に紹介するゴルフのスイング軌道をインサイドアウトにするためのコツは、下半身始動にすることです。

アウトサイドイン軌道によりスライスになってしまっている人のほとんどは、手打ちスイングになっています。

手打ちになるとアウトサイドイン軌道な上にその軌道の動きも安定しません。

トップまで持ってきたら、ダウンスイングでは意識して左足をしっかりと踏み込み、それに合わせて手や腕が動くようにしましょう。

左足を踏み込むことで回転がしやすくなり、ヘッドが先に走ってアウトからダウンスイングしてしまうことを防ぎます。

またこの動作によって②で紹介したクラブをそのまま真下へ落とすと言う動作もしやすくなります。

左足の踏み込みから始動することはインサイドアウト軌道を身につけるだけでなく、下半身始動になることに繋がります。

その結果、飛距離を出すためのゴルフスイングに必要な捻転差を上手く活用することができます。

しかし踏み込みが足りず、スエーしてしまい体が左へ流れてしまうととスライスのミスが出てしまうので気をつけましょう。

練習場では様々なスイング軌道を挑戦しよう

ドローボールを理想としているゴルファーは少なくありません。

しかし状況によってはドローボールよりもフェードボールが良い場合もあります。

それぞれにメリットもあればデメリットもあります。

また個々の持ち球と言うのもあり、スイングによっての相性もあります。

本当の理想はどちらも打てることです。

もちろん球筋を打ち分けられると言うのは上級者やプロのレベルです。

しかし普段の練習で日頃からドローやフェード両方の打ち方を練習しておくことは、ゴルフレベルに関わらず大切です。

自分の狙い通りに球筋を打ち分けるには相当な練習が必要になりますが、コツを知り練習を重ねることでちょっとしたトラブルに対応できるくらいにはなるでしょう。

まずは基本となるインサイドイン軌道、そしてそこからインサイドアウトやアウトサイドイン軌道を敢えて練習してみましょう。

思い通りに打てるようになったらあなたのゴルフの楽しみは何倍、何十倍も増すでしょう。

インサイドアウト軌道を理想とするのは望ましくない

インサイドアウト軌道を身につけるコツ等を紹介しましたが、やはり正しいスイング軌道を身につけたいのであれば、インサイドイン軌道を身につけることの方がオススメです。

スライスに長年悩まされている人にとっては良い選択になるかもしれません。

しかしやはり基本を身につけた上で、ステップアップとして他のスイング軌道を身につけていくのが一番の理想になるでしょう。

 - スイング ポイント