ゴルフ場が気温5度でも楽しめる寒さを感じない服装とは

冬のゴルフ場は想像以上に寒いものです。

気温5度のコース内では体寒温度がマイナス5度になることもあり、それなりの服装を準備しなければなりません。

ポイントはスイングしやすく疲れない服装で、しかも最後まで温かくゴルフが楽しめるものです。

そんな服装を紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雨の日のゴルフでもプレーが楽しめる服装の選び方

雨の日のゴルフは誰でも嫌なものです。雨除けの服装を用意してもずぶ濡れになり、しかも蒸れたレイ...

ニューバランスジャパンが有村智恵とウェアとシューズ契約

有村智恵選手と言えば、長年VIVA HEARTとウェア契約をしていました。VIVA HEAR...

関西にあるゴルフ場で名門と言われる歴史あるコースを紹介

日本には歴史があり名門と言われるゴルフ場が各地にあります。名門と言われる理由はやはり長い歴史...

ゴルフ専門雑誌でファッションを中心にしているところは何?

ゴルフ専門の雑誌は週刊誌や月刊誌、季刊誌など様々なものがあります。しかし、ほとんどがスイング...

意外と多い勘違いしがちなゴルフ好きな人へのプレゼントとは

ゴルフ好きな両親、上司や部下や同僚、彼氏彼女やお友達。結構はまってるし、プレゼントはゴルフに関す...

No Image

一世を風靡したハニカミ王子とハンカチ王子のその後の真実

高校生プロゴルファーとしてデビューしたハニカミ王子こと石川遼選手。甲子園を沸かせ東京六大学では「...

ゴルフ旅行なら手ぶらで行けるゴルフバッグ宅急便が便利

1泊2日2プレーのゴルフ旅行。2日分のゴルフウェアと2日分のゴルフ以外の荷物。それに加えてゴ...

雨の日のゴルフで濡れない対策と濡れても大丈夫な準備とは

予約した日が生憎の雨であれば、ゴルフプレーのための対策が必要です。レインウェアだけではなく、...

ゴルフレッスンでコーチとの恋愛に発展するケースは多いか?

ゴルフ練習場、いわゆる打ちっぱなしでのコーチによるレッスンや、シュミレーターによる個別レッスンなどゴ...

ゴルフコンペに誘われたけれど行きたくない場合の断わり方

休みなのに業務命令でゴルフコンペに参加して欲しいと言われたら、会社勤めの身であれば簡単に断わるこ...

ゴルフ場の評価の対象となるコース管理はきつい上に責任重大

ラウンド中にゴルフ場コース内で作業をしている人たちを見かけることは良くありませんか。その人た...

都内のゴルフ練習場で200ヤード以上あるオススメ場所を紹介!

どうせお金を払って練習するならコースのように思い切りクラブを振りたいですよね。距離の短いゴルフ...

キャディ不足って本当!?あの仕事はそんなに大変なの?

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていますが、それと同じくらいキャディ不足も問題になっています。...

【ゴルフ教えて!】コンペをするときのハンデの決め方は?

ゴルフにおいてハンデは重要ですが、決め方にルールはあるのでしょうか?公認ハンディキャップから...

ゴルフを熟知しているキャディさんのブログはかなり熱い!!

最近はセルフプレーが主流になってきているので、キャディ付きでプレーしたことのある人は少ないかもしれま...

スポンサーリンク

気温5度の冬のゴルフ場に合った服装を準備しよう

ゴルフは野外のスポーツなので、天候や気温は気になるところです。

近年の夏は危険を感じるほどの暑さですが、ゴルフでは寒い冬のほうが厳しいラウンドと感じることがあります。

寒さで手が氷のように冷たくなって、グリップをしっかり握れなくなったり、重ね着しすぎて体が回らなくなったりと、ゴルフをしにくい状況になっていることがあるからです。

特に雪が降ってきてもおかしくない気温5度以下の寒さだと、山岳コースでは平地で分からないこともあるものです。

まず寒いと感じる時季は、それなりの服装を準備しなければいけません。

暖かい服装でスタートしていき、徐々に脱いでいけるような着こなしをしていると、ウォームアップするまでの寒さに対応することができます。

また手先や足元は1度寒さを感じてしまうと、温めないと感覚が復活することはありません。

手を冷やさないための手袋や使い捨てカイロなども、準備しておくようにしましょう。

気温5度のゴルフ場はマイナス5度に合わせた服装が必要

ゴルフ場の温度計が5度であっても、コースの中はさらに寒く感じるものです。

一般的に気温5度のコースで風速1メートルの風が吹くと、体寒温度は2度以下になります。

つまり風速5メートルだと、なんと体寒温度はマイナス5度以下です。

マイナス5度は氷ができる温度ですから、少しでも汗をかいた状態で風に当たると、一気に寒さが伝わってきます。

羽毛のダウンジャケットなどは、保温性や通気性にも優れているので、寒さ対策の服装としては最高ですが、ゴルフスイングには「邪魔!」と感じる人も多いのではないでしょうか。

対してカシミヤなど保温性の高いのセーターに風除けのウィンドブレーカーだと、スイングの制限が少なくなります。

少し高価になりますが、通気性の良いタイプを選ぶと蒸れずに風をシャットアウトしてくれます。

またウィンドブレーカーはフードつきのタイプを選ぶと、顔や首筋などを冷やさずに体温流出を防ぐこともできます。

気温5度での上半身の服装は考えやすい

寒いとは言え我慢ができそうな気温5度ですが、、ゴルフコースでの体寒温度はマイナス5度以下になることがあり、とても普通の服装で18ホールを過ごすことはできません。

良くある服装をみると上半身はアンダーシャツ、ゴルフウェア、セーター、ウェインドブレーカーと万全な状態です。

これ以上の重ね着はプレーの妨げになるので、もしも寒いと感じるのであれば保温の質を高めるしかありません。

安価に揃えることができるのは、アンダーシャツをヒートテック素材の変えることです。

発汗した湿りを利用して体温以上に温かく感じるのもので、薄くて動きやすいのが特徴です。

またセーターの裏地に同じような素材がついているものもあり、自分にとって使いやすいものを選ぶと、体寒気温マイナス5度のゴルフでも楽しむことができるはずです。

ゴルファーの多くの寒さ対策は、上半身にかける情熱が高い割に、下半身はお決まりのインナータイツとスラックス程度です。

それでも寒ければレインウェアの下を重ね着して対応しています。

しかし下半身の防寒対策に重ね着すると、プレー中に疲れが出てきませんか?

気温5度のゴルフ場でも下の服装は身軽に!

ゴルフ場の寒さ対策で、上半身は薄地タイプを重ね着すると、スイングに影響は少なくなります。

一方で下半身もタイツにスラックス、そして風除けのレインウェアで重ね着しますが、しばらくすると疲れを感じることがあるものです。

膝を曲げて腿を上げる歩く動作は、重ね着による摩擦抵抗で疲労が蓄積していきます。

ゴルフは歩くスポーツなので、1枚のスラックスでラウンドしたほうが疲労を防ぐことができるのです。

ゴルフ用でもさまざまな防寒素材のスラックスが販売されていますが、寒さに対してはゴルフ用品よりも信頼性の高い登山用のスラックスがおすすめです。

気温5度のラウンドは多くは年間1~2回程度でしょうから、ネット通販の2000~3000円の品で十分です。

裏地は起毛で歩くたびに温かさを感じ、表面は全天候型、もしくは防水・透水型のものであれば、強い風や蒸れにも対応できるでしょう。

あえてインナータイツをはかなくても、マイナス体寒温度の中、ゴルフを楽しむことができるはずです。

ただし作業服タイプの服装は、ドレスコードでNGというところもあるので、ラウンドできるデザインのものを選びましょう。

ゴルフ場の気温が5度のときは首回りの服装に気をつける

体寒気温がマナイス5度のゴルフ場でも対応できる上下の服装が整ったら、あとは露出部分です。

首から上で外気が冷たいと感じるのは、頬や鼻などの顔の部分ですが、体温を下げるのは太い血管が密集している首回りです。

マフラーやスカーフなどで首周りを守ると、ある程度の寒さ対策になりますが、プレー中には邪魔なアイテムになってしまいます。

またタートルネックやハイネックなど、首周りを守るゴルフウェアは最適ですが、首の開口部に通気性がないため蒸れるのが気になる人も多いようです。

そこでお正月恒例の駅伝選手なども使用している、ネックウォーマーがおすすめです。

マジックテープで脱着できるものや、スポッとかぶって裾をウィンドブレーカーの中にしまうタイプもあります。

長めのタイプはアゴや耳元まで引き上げることができて、熱ければ簡単にとることができます。

ネックウォーマーをつければ、背中を丸めて首をすくめることなく、堂々とした姿勢でゴルフを楽しむことができるでしょう。

気温5度に対応する服装はゴルフの受付を済ませてから!

自宅を出発するときに、ゴルフ場の予想気温が5度であれば、向かう車内から気合が入っていることでしょう。

どんな寒さにも負けない服装で運転してたら、エアコンでもかけないと、暑くて堪りません。

少なくてもゴルフ場のロッカー室までは、普段通りの服装でいましょう。

特にドレスコードを気にするゴルフ場では、ウィンドブレーカー着用での受付を嫌がります。

またニット帽やイヤーウォーマー(耳かけ)なども、ロッカー室以降で着用するようにして、寒い中のゴルフですがマナーを守ることも大切なことです。

マナーは周囲への気配りですから、他の利用者に不快な思いをさせる、首にタオルを巻いた防寒対策や顔をすべて覆うフェイスマスクはゴルフ場には向きません。

もちろん誰もが寒いと感じている中で、「寒い、寒い」を連発して口に出すのもマナー違反ですし、明らかにゴルフには不向きなスキーウェアのような服装も控えたほうが良いでしょう。

いまは低価格でも良い品が簡単に手に入る時代ですから、寒い時季でもゴルフと言うスポーツに合った服装を心がけるようにしてください。

ゴルフ場の気温が5度のときに最も大事な服装のポイント

ゴルフ場の気温が5度でも、風速3メートルでの体寒気温はマイナス3度、風速5メートルならマイナス5度です。

寒いときほど防風対策のできる服装が寒さを感じさせないことになりますので、まずは風除けを着ること、次に保温できるものを着て、さらに動きやすい服装を選ぶことが大切です。