ゴルフウェアは男子プロのファッションを参考にしてみよう!

ゴルフウェアは昔と違いアパレルメーカーが参入してきたこともあり、年々お洒落なデザインが増えてきています。

最近は女子プロばかりに話題をさらわれていますが、男子プロも負けていません。

若手の男子プロもゴルフウェアのファッションセンスに磨きが掛かっていると感じませんか。

そこで今回は、ゴルフウェアのブランドとその契約プロを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

森田理香子選手の使用クラブやシャフトの変化が齎したこと

森田理香子選手と言えば2013年に賞金女王に輝いた華やかなイメージ。そして2016年にシード権を...

日本のゴルフ界を発展させた漢字表記のゴルフ用語の役割とは

近代ゴルフの発祥はスコットランドなので、一般的にゴルフ用語は英語でできています。でも英語を得意と...

いろいろなゴルフクラブを試打したら試打日誌を付けてみよう

ゴルフショップや練習場、様々なところで試打会が行なわれています。もちろん自身がクラブ購入を考...

ゴルフが熱い!社会人女子ゴルファー急増中のワケは一体!?

近年ゴルフ人口減少が問題とされています。しかしそんな中、社会人女子ゴルファーが急増しています...

塾長坂田信弘が徹底的にしごいたと言う本多弥麗との師弟愛

全国でジュニアゴルフの火付け役となった坂田信弘は、私財を投げうち坂田塾を開塾します。そんな塾の...

女子ゴルフ元会長樋口久子と男子ゴルフ元会長松井功の関係

日本ゴルフ界のレジェンド樋口久子プロ、日本女子ゴルフ創世記から牽引してきた、まさにパイオニアです。...

参加者から喜ばれるゴルフコンペの段取りと注意点

初めてゴルフコンペの幹事をする時、何から手をつけて良いのか多くの方は分からないものです。何年...

オリンピックのゴルフ競技、プロは出れるけどアマチュアは?

オリンピックでのゴルフ競技。記憶に新しいのはリオオリンピックですよね。不参加も多かったの...

週末も会社帰りでも、都内のゴルフ練習場で腕磨きに励む!

ゴルフの腕を上げたいアマチュアゴルファーにとって、練習場で過ごす時間は大切なもの。だから設備の良...

タイのゴルフ場では何と一人ずつキャディが付くのです!

タイがどれだけゴルフが盛んがご存知ですか?タイの富裕層や駐在の日本人たちは毎週末ゴルフに行く...

【ゴルフ教えて!】ワクワクドキドキのゴルフ競技に初参加!

ゴルフを長年やっていても、ゴルフ競技と言うと少し敷居が高いと思っている人や、ゴルフを始めたばかりでゴ...

オリンピックのゴルフ競技でプロは参加資格があるの??

オリンピックと言えば「参加する栄誉が一番の報酬だ」という考えから、スポーツをしてお金を稼いでいる人は...

芸能人ゴルフ大会、18回を数える叙々苑カップは人気恒例行事

テレビで芸能人がゴルフの腕前を披露する場面はよくありますよね。特に年末年始はプロもシーズンオフに...

ゴルフ場の予約アプリを使うだけでお得な特典がいっぱい!

携帯電話のスマホが主流になった今、ゴルフに関するたくさんのことをスマホで便利にできるようになりました...

女子ゴルフ界を隆盛に導いた宮里藍と横峯さくらの不思議な仲

宮里藍と横峯さくらは同学年で、ジュニア時代はお互いが切磋琢磨して活躍していました。先にプロの世...

スポンサーリンク

真似したい男子プロゴルフウェアファッション【石川遼】

日本の男子プロではゴルフウェアのファッションに注目を初めて集めさせた第一人者と言っても良いのが、『石川遼』です。

石川遼が現在ウェア契約をしているのは『キャロウェイ』です。

キャロウェイは「ゴルフを愛するすべてのゴルファーをファッショナブルにサポートする、着る人、見る人も魅了するゴルフウェアブランド」と謳っています。

紺・赤・白を基調とするシックなデザインのイメージのあるゴルフウェアですが、最近はカラフルなデザインも多く手がけています。

海外で愛用されているゴルフウェアは基本的に単色原色です。

ですから彼がアメリカツアーに参戦している時は、ちょくちょくギャラリーが彼のゴルフウェアをSNS上で話題にしていました。

石川遼はトップスに派手な柄を持ってきて、同色無地のパンツを着るのが定番です。

特に夏場は派手目のトップスが多いです。

しかし冬になると上下無地でシックな感じで着こなしたり、チェック柄のパンツに無地のニットを合わせたりしています。

真似したい男子プロゴルフウェアファッション【リッキー・ファウラー】

アメリカの男子プロでゴルフウェアのファッションで良く注目されるのが、『リッキー
・ファウラー』です。

リッキー・ファウラーが現在ウェア契約をしているのは『プーマ』です。

いち早くキャップのツバがフラットの物をゴルフに取り入れたのは彼ではないでしょうか。

上下派手な原色のウェアを着ることが多いですが、白のパンツに原色無地のトップスを合わせることもあります。

彼の勝負カラーはオレンジと公言しており、最終日にオレンジ色のゴルフウェアを着ます。

彼のファッションを真似ればゴルフ場で目立つこと間違いなしです。

上下とも同色原色無地と言うこともありますが、それは彼だからこそ着こなせるのかもしれません。

彼を真似て上下、キャップともに無地のオレンジを着るにはなかなか勇気が入ります。

しかし白のパンツにパステルカラーのトップス、同色のキャップを合わせるファッションは取り入れやすいのではないでしょうか。

また彼はトップスのカラーとキャップのロゴカラーを合わせることもあります。

そのキャップをフラットキャップにすれば、リッキー・ファウラーファッションの完コピ完了です。

真似したい男子プロゴルフウェアファッション【イアン・ポールター】

アメリカの男子プロでゴルフウェアのファッションで絶対真似したいのが、『イアン・ポールター』です。

彼はゴルフ界のファッショニスタと呼ばれているくらいのお洒落ゴルファーです。

お洒落すぎて彼がデザインしたゴルフウェア『イアン・ポールターデザイン』まで登場しています。

彼のファッションの魅力的なところはカラーを取り入れるバランスです。

淡いグリーンのポロシャツでカラーがボケてしまいがちですが、同色の入ったチェックのパンツにアクセントでパープルが入っているものを選んでいます。

またスタンダードな紺と白の組み合わせでも、紺のパンツに体のセンター、袖の際、ボタンと襟部分に白ラインが入り、それ以外が紺なので重くなりがちなカラーを爽やかに着こなしています。

かなりファッションの上級テクニックを持っていますが、参考にし易いカラー選びをしている時もあるので参考にしてみると良いでしょう。

リッキー・ファウラーも良くしているのですが、ポロシャツのボタンをあえて一番上まで留めるのもゴルフウェアとしては斬新なお洒落感になります。

真似したい男子プロゴルフウェアファッション【松山英樹】

日本の男子プロの中でゴルフウェアのファッションは石川遼ばかりが注目されがちなのですが、『松山英樹』のゴルフウェアもお洒落です。

そんな松山英樹が現在ウェア契約をしているのは『スリクソン』です。

彼のゴルフウェアは基本的に白のパンツに、無地もしくは一部ボーダーの原色のトップスです。

シンプルで取り入れやすく、白のパンツをベースにトップスを変えるだけで良いので、プロのように数え切れないほどのウェアがなくても十分着まわし可能です。

そして一見シンプルなだけに見えるのですが、トップスのボタンの色をパンツの白に合わせたり、キャップのロゴをトップスの色に合わせたりと、細かい拘りがお洒落に見せる大きなポイントとなっています。

シューズやキャップ、グローブと言った小物は全てパンツと同じ白でまとめているので、トップスのカラーがしっかりと映えます。

また彼のファッションで一番驚いたのが全身白のコーディネートでした。

素材違いとロゴ等の黒でしっかりと締めているので、お洒落感満載の着こなしです。

しかし白のゴルフウェアは雨の日は避けたいのがアマチュアゴルファーの本音ですよね。

真似したい男子プロゴルフウェアファッション【小平智】

日本の男子プロでクールなゴルフウェアのファッションで真似たいのが『小平智』です。

小平智が現在ウェア契約しているのは『オークリー』です。

紺や黒、グレーといったシックな色が多いのですが、それをシルエットでお洒落に見せています。

トップスは体にフィットしたデザインで、パンツもシャープなラインのテーパードで、同系色の上下を着ていても、アクセントカラーのベルトでしっかりと締めています。

また襟を立てたら襟の裏がベルトと同じカラーになるなど、ファッションへの細かい配慮が感じられます。

そしてキャップのカラーもシックな色に統一させ、ロゴをアクセントカラーと同色にします。

そうしたアクセントカラーを統一することで地味になりがちな色でもかなりスタイリッシュに見せます。

しかし彼のファッションで困るのが体型です。

鍛えられた肉体美だからこそフィットしたゴルフウェアを着ることでお洒落になります。

残念ながら彼のような体型でなければ彼のお洒落術を真似することはできません。

基本はピコロール配色、後はテクニック

真似したいお洒落なファッションの男子プロを紹介しました。

彼らの着こなしはとてもお洒落ですが、全員基本はピコロール配色になっています。

石川遼が派手目のウェアを着る時は除きます。

ピコロール配色とはコントラストのはっきりした配色のことです。

白やグレーのパンツをベースにカラフルなトップスを持ってくる、その逆もありです。

紹介した男子プロたちのウェアを見てみると全員その配色になっているのではないでしょうか。

しかし、ただそうすれば彼らのようにお洒落になるのかと言うとそうではありません。

そこから小物のカラーを上手く合わせて配分したり、ラインやロゴの位置やデザイン、カラーをこだわったりしなければなりません。

またお洒落に見せるにはゴルフウェアの形も大切です。

膝下から狭くなっていることで、フィット感のあるウェアではないのに細身に見えます。

小平智のように体に自信があるのであれば、全体的にフィットしたウェアを着ればスタイリッシュに見えます。

配色が上手くできるようになったら、そのような細かな所にもこだわってお洒落を楽しむと良いでしょう。

選択肢が多いのは幸せだけど難しくなる

近年アパレルメーカーがゴルフ業界に参入してきたこともあり、昔と違いデザイン性のあるものや派手目の柄物などゴルフウェアのバリエーションが増えています。

代わり映えしないゴルフウェアばかりだった時はウェアを楽しむこともなかったでしょう。

しかし種類が増えたことでコーディネートが若干難しくなっているのも事実です。

自分で選ぶのが難しい人は、プロゴルファーのウェアの着こなしを真似する所から始めてみてはいかがでしょうか。