ゴルフが難しい、女性のバンカーショットに見る体力の違い

女性ゴルファーは、バンカーショットが苦手な方が多いのではないでしょうか。

砂の上から打つボールは体力がないと出ないと思っている方も多いでしょう。

しかし、バンカーショットはパワーがなくても大丈夫です。

もちろん、ボールのライや傾斜によってはピンに寄せる為に体力が必要となるバンカーショットもあります。

ただ、そんなライからのショットは稀で、普通は体力のない女性ゴルファーでもコツさえつかんでしまえば簡単に出す事ができます。

では、女性でバンカーショットが上手くなる為の方法について今回見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフに必要な筋肉腹筋、背筋、大胸筋を鍛えて飛距離アップ

全てのゴルファーが望む事、それは飛距離アップですよね。でもゴルフで飛距離アップをしようとすれば...

夏のゴルフはしっかり熱中症対策。頭痛は危険なサイン!

真夏の暑い日にゴルフをしたことありますよね。ラウンド中に頭痛を感じて集中力がなくなってしまっ...

ゴルフスイングが原因で肩甲骨が痛い場合の対策とは?

ゴルフの練習やプレーによって、肩甲骨の周辺が痛いと感じることがあり、日が経つほどに悪化して激痛に...

ゴルフに役立てるために筋トレとストレッチの違いを知ろう

ゴルフのために筋トレやストレッチをしている人は多いでしょう。どのタイミングで、どう役立てるため...

ゴルフのためになる効果的な筋トレをするにはダンベル使用

ゴルフには激しいスポーツと言うイメージがあまりないので、筋力はさほど必要ないと思っている人が多い...

ゴルフで腰痛になるのはスイングでの左腰の高さに問題がある

ゴルフのスイングが腰痛の原因であれば、そのスイングは修正しなくてはいけません。腰の中でも左のほ...

膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はありますか?あると言う人はだいたい一過...

ゴルフ上達には背中のストレッチが必要!さあやってみよう!

ゴルフは体全体を大きく使います。背中が硬いと捻転も浅くなったり、アドレスが不安定にもなります。...

左手の薬指がしびれる理由とゴルフとの因果関係を確認する

左手の薬指がしびれるのはゴルフの練習をしすぎたため、もしくは身体に変調が起きているため、その他にも...

175センチで体重80キロを4か月間で12キロのゴルフダイエット

男性の身長が175センチなのに体重が80キロもあれば、運動するときに若干体が重いと感じるはずです。...

指が痛い!特に第二関節が患部であればグリップ修正が必要?

ゴルフをしていて手の指が痛いと感じたとき、じっくり箇所を調べると第二関節辺りが患部であれば、グリッ...

ゴルフで指の第二関節が反る?「ばね指」だと疑ってみよう!

ゴルフの後に指が痛い!?更に、第二関節が反ると危険です。これは、ゴルフを長く続けていると、な...

体が硬いゴルファーは病気になる可能性がある?その対策は?

ゴルフには柔軟性が必要だと良く言われます。また必要なだけでなくスポーツにおいて体が硬いと病気にな...

腰痛と背骨の歪みの因果関係。背骨を整えてゴルフの軸安定。

腰痛の原因は事故などの外傷を除けば、ほぼ姿勢の崩れから発症します。姿勢の崩れとは、私達の身体を...

ゴルフ上達のための筋トレが肝臓に負担をかけているかも!?

PGAツアーのプロたちを見ると強靭な肉体でビュンビュンクラブを振り回しています。ゴルフ上達に...

スポンサーリンク

バンカーからボールを出す為のゴルフスイングとは

ゴルフ雑誌やレッスンビデオで登場するバンカーショットの打ち方は、砂を爆発させて打つエクスプロージョンショットが基本です。

これは、砂の上からボールをクリーンに打つ事が難しい為、砂ごと打つやり方の方が確率的には良い事が理由です。

もちろん、いつもボールをクリーンに打つ事ができるゴルファーならそちらでも良いのでしょうが、そんなゴルファーはプロでもなかなかいません。

ゴルフでは、毎回のショットをいかにやさしく打つ事ができるのかが重要です。

女性でもバンカーショットはエクスプロージョンさせて打つ事ができれば、ボールは簡単に脱出できます。

フェースを開いてバンスを効かせて打つのですが、このショットをするにはアドレスの時点でちょっとしたコツが必要です。

フェースを開いた分、オープンスタンスで構えて、クラブのバンスをボールよりも先に砂に接地させることです。

これがエクスプロージョンショットの基本になります。

バンカーショットが苦手な女性は、さっそく試してみましょう。

女性のゴルフスイングを効率的にするには

男性と比べて非力な分、女性のゴルフスイングは効果的に行いたいものです。

特に、腕力が無い分、体全体を使ってスイングしたいものです。

ただ、そういったスイングの方が打点が安定する分、バンカーショットに限らずスイングが安定します。

男性はとにかく腕力に頼りがちになりますが、女性なら体幹を使ってスイングしやすいと言えます。

ダウンスイング時にクラブを腕を使って降ろすのではなく、体の左サイドで引っ張る様にしてクラブを振ってください。

そうする事でクラブが立って降りてくるはずです。

するとボールがつかまりやすくなり、ボールは安定した飛球線を描くはずです。

こうしたスイングは、特にバンカーショットなど打点を安定させて打つショットに効果的と言えます。

ただし打点が少しズレただけで飛距離が大きく変わってくるコントロールショットですので、いつも打点が安定するスイングというのは、ゴルフが上達する、スコアが上がる要諦となります。

軸が安定した綺麗なスイングを目指しましょう。

距離を出しにくい女性のバンカーショットについて

男性と比べて女性は力がない分、女性がエクスプロージョンするバンカーショットで距離を出すには工夫が必要となります。

特に、グリーンから距離のあるガードバンカーにボールが捕まった場合、距離を出すバンカーショットは重要です。

こういった距離のあるバンカーショットでは、サンドウェッジよりも大きな番手のクラブ使うのがオススメです。

サンドウェッジよりもロフトが立っている分、距離を稼ぐ事ができるからです。

ゴルフは14本のクラブを効果的に使って行うスポーツでもあります。

打ちたい距離にもよりますが、30ヤード以上飛ばさなければいけないバンカーショットなら、9番アイアンを使っても良いのです。

この場合、あまりフェースを開かずにボールを打ちます。

注意したい点としては、決して砂を多く、厚く取らない事です。

クラブヘッドが深く入ってしまうとボールは飛ばなくなります。

ですので、ダフリすぎず薄く砂を取る様にしてください。

これだけで、30ヤード先のピンを狙えるバンカーショットを打つ事ができます。

女性のゴルフ初心者に見られるバンカーショット時のソールについて

ゴルフは男性と比べて女性の方が、初心者の時にルールを知らない方が多いような気がします。

男性は先輩からゴルフを教えられるケースが多いからでしょうか。

女性の初心者にありがちなケースとして、バンカー内でのソールに関わるルールがあります。

当たり前なのですが、バンカーショットは打つ時まで砂にクラブが触れてはいけません。

しかし、ルールを知らない女性ゴルファーに見られるのが、アドレス時にソールを砂に付けてしまう事です。

同伴競技者に言われて初めて気づかれるのですが、直したとしても普段ボールの後ろにソールせず、クラブを浮かせてスイングする事に慣れていない女性ゴルファーは大概ミスショットとなります。

感覚が異なるからなのでしょうね。

しかし、ルールは守る必要がありますので、ソールせずに打つ必要があります。

ちなみに、バンカーショット以外でもハザード内にあるボールを打つ時は、ハザード内の物にクラブが触れてはいけません。

そのため、普段練習場でもソールせずに打つ練習を取り入れることをオススメします。

女性に限らずバンカーショットは得意な人に教えてもらったほうが良い

女性に限らずバンカーショットが苦手なゴルファーは多いですよね。

距離を合わせるのは多くの練習が必要になりますが、出すだけならちょっとしたコツをつかめれば簡単に出す事ができます。

ただ、打ち方を知らないゴルファーが多く、ラウンド時バンカーから何回もボールを打つ事が多いのを見かけます。

アゴの高いバンカーショットは、打ち方を知らないと1回で出す事は非常に難しく、結果何回も何回もバンカーショットを打つゴルファーがいます。

ゴルファーなら普段、ゴルフ雑誌を見る事も多いでしょうし、その中にバンカーショットの打ち方が載っていることがあるでしょう。

しかし、実際のラウンドではそれができないのですね。

こうしたゴルファーにオススメなのが、バンカーショットが上手いゴルファーに素直に聞き、教えてもらう事です。

バンカーショットは簡単なコツさえつかめば出す事は容易ですが、打ち方が他のショットと違う為にアドレスやフェースの開き方に工夫が必要になります。

バンカーショットが上手いゴルファーは、こうした技術を持っているから上手いのです。

ですので、バンカーショットが上手くなりたければそうした人に教えてもらうのが一番良い方法なのです。

ショートゲームで女性のゴルフスイングは緩みやすい

バンカーショットでもそうなのですが、女性のゴルフスイングは緩みやすい方が多いように見られます。

アプローチなど、ピンとボールが近い時、スイングが緩んでミスショットになります。

こうしたスイングの大きな特徴としては、バックスイングが大きすぎる事が挙げられます。

大きすぎるバックスイングからダウンスイングに入ると、瞬間的に脳が飛びすぎると判断してグリップが緩むのです。

こうなるとダフりやトップを誘発します。

ゴルフスイングはバックスイングで上げた分だけフォロースルーを取る必要があります。

または、バックスイングよりもフォロースルーを大きく取る必要があります。

こうする事でフェースにボールが乗って、ボールが上に上がって適度なスピンがかかります。

女性は関節が柔らかく、バックスイングを大きめに取ってしまう傾向があるので、結果インパクトでスイングが緩むことにつながります。

バンカーショットでもアプローチでも距離に応じたスイングをする様にしてください。

バンカーショットを成功させるコツは意外に簡単

バンカーから1回でボールを出すコツは、フェースを開いてオープンスタンスで打つ事です。

手や腕でボールを飛ばそうとしなければ、たったこれだけでボールはバンカーから脱出できます。

もちろん、目玉や距離のあるバンカーショットには経験が必要になりますが、そうでない普通のバンカーショットなら簡単に出す事ができます。

このようにバンカーショットは普通のショット構えが異なりますので、やり方は上手い人に聞くのが一番です。

いつまでも悩むよりはその方が近道となるはずです。