雨の日でも滑らないゴルフ手袋と滑らないための工夫

雨の日のゴルフでグリップが滑りそうになると、その後フルスイングで躊躇してしまうものです。

そんな思いっきりの悪さは、プレーに悪影響が出て、せっかくのラウンドが台無しになってしまいます。

そこでグリップの滑りを止める手袋の活用と、滑らないための工夫について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフのコーチになればどれぐらいの年収を稼げるのだろうか

身近な練習場にはレッスンしてくれるコーチが所属している練習場も多いと思います。また、プロを教...

面接で「趣味はゴルフです」は採用に有利?答え方次第です!

就職活動で最大の関門、面接。その面接をいかに採用に結びつけるかが勝敗を分けるともいえます。...

個人事業でも仕事に生かせるゴルフ。経費も損金算入可能です

ゴルフを仕事に生かす社長さんって多いですよね。ゴルフは基本1組4人で行うスポーツであり、取引...

ゴルフの目からウロコ話し、よく聞きます?そんなにあるか?

「えっ、そうだったのか?目からウロコが落ちたよ」という会話、たまにに聞きますよね、ゴルフ場のレ...

コンパクトカーでゴルフバッグの積み方のコツ!教えます!

車を買うときに、ゴルフを始めるなんて夢にも思ってなかった。だから燃費が良くて、運転しやすいコンパ...

ゴルフ練習場を経営したいけれど年収はどれくらいになる?

ボールを打ってもらうだけで日銭が入るゴルフ練習場の経営は、ゴルフ好きにとっては魅力的に見えるもの...

ゴルフが雨の時女性ゴルファーが準備していくと便利な事とは

楽しみにしていたゴルフの日が生憎の雨だとしたら、女性にとっては外出時に必須の化粧が落ちる心配があ...

ゴルフコンペで使うスコアカードで作った旗はあり?

ゴルフコースのスタートホールで、コンペでなくてもゴルフ仲間が集まると、ドライビングやニアピンのコ...

ゴルフの練習代やラウンド代、道具代は経費になるのか!?

経営者であれば「経費」に関して気になることはたくさんあるでしょう。その中でも、自身で楽しむゴルフ...

ゴルフ会員権の売却損で法人の節税対策はできるのか?

ゴルフ会員権の著しい下落で、これ以上保有していても値上がりする見込みはない場合は、売却損を承知で...

日本のゴルフ界を発展させた漢字表記のゴルフ用語の役割とは

近代ゴルフの発祥はスコットランドなので、一般的にゴルフ用語は英語でできています。でも英語を得意と...

都内にたくさんあるゴルフショップで格安のところって?

ゴルフを始めると揃えなければならないものが意外とたくさんあります。自分に合ったゴルフクラブが欲...

大人顔負けのジュニアゴルファーたちの未来に繋がるブログ

幼い頃からゴルフを始めるのが当たり前になった現代。現在活躍しているプロゴルファーたちもジュニ...

安心してください!アプローチイップスは必ず克服できます!

アプローチイップスに悩んでいませんか?アプローチイップスとはプロゴルファーを引退にまで追いや...

ゴルフが熱い!社会人女子ゴルファー急増中のワケは一体!?

近年ゴルフ人口減少が問題とされています。しかしそんな中、社会人女子ゴルファーが急増しています...

スポンサーリンク

雨の日のゴルフでグリップが滑るのは手袋が原因?

雨の日のゴルフでは、グリップが滑りそうな気がして、フルスイングができないことが良くあります。

本来左手に手袋をはめているので、多少の雨であれば滑ることはないはずです。

ところが、雨が強くなりグリップや手袋がズブ濡れになると、滑りを止めてくれるはずの手袋が滑る原因になっていることがあります。

元々ゴルフ用の手袋は、手のひらの汗などで滑ることを防止するためのものです。

ルール上でプレーの援助になるものは認められない中、グリップの滑りを止めるための手袋や滑り止め用の粉(ロージンバック)などは、特例的に認められています。

しかし手袋に関しては、手のひらの汗でグリップが滑らないようにするものであって、大雨の中でのプレーを想定したものではなかったはずです。

近代ゴルフの創世期のゴルフクラブは木製のヒッコリーでしたし、ボールも羽毛や皮革製でしたから、雨が降る日はゴルフができなかったでしょう。

しかし現在では雨の日のゴルフが一般化したこともあり、ゴルフ用の手袋も雨に強い合成皮革タイプが出てきています。

雨の日のゴルフの後は手袋のメンテナンスが大事

強い雨の日にゴルフクラブを振ると、スポっと抜けそうな気がしたり、実際にグリップが回転して打ち出す方向が変わってしまうこともあります。

グリップとゴルフ用手袋の相性が悪いと、しっかり握ることができず、手のひらの中でズルっと滑ることがあります。

特に本皮製の手袋は、雨水を含むと生地が厚くなります。

インパクトの時に滑らないようにと強く握ることで、膨れた皮革から水は滲み出し、結果的に滑る原因を作ることになります。

そんな時はバックスキンの手袋が便利です。

本来はなめしてツルツルしたほうが表側ですが、逆の裏側を表面にすると、荒目のバックスキンとグリップの間に多少の水が入っても気にならずにフルスイングすることができます。

ただし本革の手袋を使ってプレーをして、その後メンテナンスをせずにキャディバッグのポケットにしまっておくと、カビが生えたり異臭がしたりと、再度使える状態ではなくなります。

しかも水分を含んだ皮は、乾燥すると縮んで硬く締まって、強く開くとひび割れることもあるため、雨の日のゴルフには向いているとは言い難いです。

雨の中でプレーした時のゴルフ手袋のメンテナンス方法

本皮製の手袋をつけて雨の中でゴルフをすると、次回から使い物にならないことがあります。

そのため雨で濡れた本革の手袋は、そのままの状態で石鹸をつけて手洗いましょう。

手袋をはめたまま手を洗えば、すぐに汚れは落ちるので、石鹸が残らないように濯いでタオルの上に置きます。

5本指を伸ばして形を整えたら、上からもう1枚タオルをかぶせて押して水分を抜きます。

その後、皮製のクリームを塗ると、乾燥しても硬くなりません。

後は風通しの良い場所で陰干しして、完全に乾いて硬いようならハンドクリームを少量塗ると柔らかくなります。

ちなみに雨の日の本革の手袋は白色を使いましょう。

黒や紺は色落ちするので、水洗いすると色抜けする可能性があります。

また乾燥して硬くなるのは、皮革が持つ油分が雨水や洗い水で流れてしまったからです。

手袋をはめていれば、手の脂が浸透して柔らかくなりますが、野球グローブなどに使うメンテナンス専用の脂(グローブオイル)を使ったほうが良いでしょう。

雨の日のゴルフ手袋は合皮タイプがオススメ!

雨で濡れることが分かっていれば、ゴルフ用の手袋は人工皮革のものを使ったほうが良いです。

皮の伸びを考えると本物の皮は、まさに「ぴったり」する感覚があります。

一方で濡れた後のメンテナンスが大変なので、洗濯機で洗える人工皮革のほうが便利だと言えます。

人工皮革の手袋は、一般的に合皮製として販売されていて、価格面や丈夫さから練習用グローブとして使われてきた歴史があります。

本番と練習を比較すると、本革のほうが上位にあり、合皮は「安かろう、悪かろう」のイメージが湧くかもしれませんが、実際には合皮に高性能タイプが多くなっています。

特に雨用の手袋で考えると、圧倒的に合皮が勝っています。

合皮手袋は本皮と違って、雨で濡れても硬くなることはありません。

また油膜を作る必要もないので、メンテナンス用のクリームなどをつける必要もありません。

乾燥についても、手洗いか洗濯で綺麗にして、そのまま干すだけです。

臭いが気になるようであれば、柔軟仕上げ剤などを使えば、洗い立ての香りが移るはずです。

雨の日用の高性能タイプのゴルフ手袋がある!

メンテナンスが楽なこともあり、雨の日のゴルフは合皮手袋が便利です。

ただ合皮手袋が良いのは、メンテナンスばかりではありません。

雨が降って濡れても滑りにくいのではなく、濡れたことで滑らないタイプもあるからです。

表面にラテックスなどの滑らない素材が貼られていて、雨が気にならないという優れものです。

雨で滑りが気になる人は、左手だけではなく両手用の手袋にすると、さらにグリップをしっかりホールドすることができるのではないでしょうか。

メーカーによっては「ハイブリッドグローブ」とか「ウェザーグローブ」と、技術や雨天対応を前面にした打ち出し方をしているので、すぐに分かるはずです。

何よりも、本革の手袋よりも安価であることから、雨の日用として1つ余分に持っていても無駄にはならないでしょう。

雨の日にグリップが滑るのはゴルフ手袋が原因ではなかった!

雨の日のゴルフ用の手袋についてみてきましたが、実はグリップの滑る原因は手袋にあるのではなく、グリップそのものに問題があるかもしれません。

グリップを握る時、手のひらから汗が分泌して滑るために、ゴルフ用の手袋をつけます。

長く使っていくと、グリップは知らず知らずに手汗や手垢などがついて、表面が汚れています。

その汚れの上に雨水がついて手袋で擦ることが、滑る元となっているわけです。

日常のメンテナンスはもちろんのこと、予約したゴルフ日に雨の予報があれば、グリップを洗いましょう。

中性洗剤とスポンジで擦り洗いすれば、新品同様に綺麗になります。

さらに乾いたタオルでしっかり水分を拭き取れば、滑る心配はなくなるはずです。

グリップが滑らないのであれば、手袋は必要ないかもしれません。

そこで、あえて雨用の手袋を用意するよりも、練習場で手袋をはめない練習をしてみたほうが良いかもしれません。

手袋をはめたスイングで馴染んでいると、急に外しただけで不安になることもあるので、事前に雨を想定した練習をした上で実践してみましょう。

雨の日専用のゴルフ手袋を用意する前に準備すること

グリップが滑りそうに感じると、雨の日専用のゴルフ手袋を用意するのも1つの手段です。

しかし滑る原因はグリップの汚れにありますから、まずはクリーニングして、それでも滑るような気がすれば、高性能な手袋を使ってみてはいかがでしょうか。