ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

アイアンでフックが出てしまう原因とは?知らずに過ごすな!

2018.4.13

大事なグリーンに乗せるアイアンでの一打でボールが左にフックしてしまい、難しいアプローチを残してしまったりしてやるせない思いをしていませんか?

せっかく順調に来ていても、肝心なところでミスショットをしてしまうと、致命的になります。

今回は、そんな多くの方が嫌なフックの原因について話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アプローチをやさしいパターグリップにして成功確率を上げる

アプローチが上手くいかないゴルファーの悩みは尽きないですよね。 ピンまであと少し、という所でミス...

2008年賞金女王古閑美保のスイングは実にゆっくりで理想的

2008年の最終戦リコーカップで奇跡の大逆転優勝を決め、初の賞金女王となった古閑美保プロ。 そのス...

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。 飛ばしたいのなら、もちろん高めにテ...

ドライバーの飛距離UPに欠かせないロフト角とスイング調整

飛距離アップするための三要素を満たすためには、ドライバーのロフト角を見直し、スイングを改造したほ...

ゴルフのスイングは男性と女性で果たして変わるものなのか?

よくプロゴルファーのスイングを真似するなら、男性プロよりも女性プロを参考にすべきだと書かれています。...

フックグリップでプッシュアウトするのは手元が浮くからだ!

本来ならボールをつかまえやすいはずのフックグリップ。 しかしなぜかボールは右に真っ直ぐ飛ぶ...

谷将貴が推奨するストロンググリップは本当に打ちやすい?

グリップとは、クラブと手を繋ぐ唯一の接点です。 ですからゴルフスイングにとって非常に大切な部分と言...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。 平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

マムシと呼ばれた男 今は亡き杉原輝雄のシンプルなスイング

杉原輝雄のスイングは当時であっても独特なフォームでしたが、身長160センチで70歳近くまで現役選手...

【ゴルフ上達】ドライバーのヘッド軌道をイメージすること

ゴルフにおいてドライバーを真っすぐ遠くへ飛ばすのは究極の理想です。 その理想の球筋を実現するに...

ゴルフスイングの迷いはグリップの軌道で見ていないから?

ゴルフスイングに迷いが生じた時は、グリップの軌道で再チェックしましょう。 スライスやフックの原...

オフシーズンにアイアンのミート率を高める考え方と練習方法

アイアンのミート率を上げるにはスクエアなインパクトが重要です。 スクエアなインパクトをするには、...

フルスイングしない方が飛距離の出ない女子に有利って本当?

ゴルフのショットでは、フルスイングのデメリットは意外と多いです。 なぜならフルスイングをすると...

古閑美保はどんな状況でもスイングのテンポを大事にする

引退してからしばらくはゴルフから離れていた古閑美保。 彼女がスイングで大事にしていることは、現役...

正しいゴルフスイング軌道であるインサイドインを作るドリル

スライスやフックを繰り返し、中々真っすぐなショットが打てずに悩んでいるゴルファーは多いでしょう。...

スポンサーリンク

止まらないフック

まず、フックについてですが、皆さんはご存知でしょうか?

一概にフックといっても、実は色々なタイプのフックがあるということです。

まず1つ目は、プルフックです。

プルフックというものは、インパクトをした直後の出球から左に飛んでいき、さらにそこから左にボールが曲がることをプルフックと言います。

左に出てさらに左に曲がるので、大怪我をしてしまうこと間違いなしですから、出したくないものですね。

続いて2つ目は、プッシュフックです。

プッシュということなので、出球が右に出ます。

そして、そこから左にボールが曲がります。

こちらは、場合によってはナイスショットとなり、ドローボールと呼ばれているものであります。

意図的に球筋をドローにしているので、一概にダメなショットは言いませんが、意図していない場合には、ミスショットと言えるでしょう。

そして最後3つ目は、フックです。

こちらは、出球が狙った目標方向に対して真っ直ぐ出たボールが、そこから左に曲がるボールのことを指します。

もしくは、プルとプッシュを含み、全部のことを総称してフックと言っている場合もあります。

アイアンは、シャフトのバランスも大抵中調子か、元調子のため、フックしにくいように作られていることが多いですが、性能よりも激しくクラブを動かしてしまうとフックの原因になったりしますので注意しましょう。

フック回転が出てしまう原因

前述で、3種類のフックがあるというお話をしましたが、それぞれ共通して同じことがフックの原因となっています。

・インパクト時にフェースが閉じて当たっている。
・フェースの真ん中よりも先でボールを捉えている。
・握り方がフックグリップになっている。
・フェースローテーションが強すぎる。

これらが原因となり、フックの要因を作っています。

逆に上記に当てはまっていないにも関わらず、フックポールが出る場合には、クラブの性能のせいだという可能性もあります。

アイアンに限らずですが、ゴルフでは右に飛ぶことが初心者は圧倒的に多く、その悩みを解決しようとするクラブが販売されています。

そのため初めからかぶせているフェースのクラブがあります。

上記当てはまらなくても、フックが強く出る場合には、自分のアイアンのフェース角を疑ってみてください。

アイアンでプルフックが出る原因

アイアンでプルフックが出る原因は、上記で記載されている理由+軌道になります。

まずインパクト時にフェースが左を向いてしまう原因は2つ考えられます。

1つ目は、フェースローテーションが強すぎるということです。

フェースローテーションが強いことにより、ダウンスイング~インパクトにかけてフェースがかぶってしまうのです。

しっかりとインパクトでフェースがスクエアになるタイミングを覚えるようにスイングするか、今時点よりも握り方をスクエアに戻したり、ウィークグリップにして調整するのが得策です。

また、オーバーラッピング法で握っている人は、インターロッキング法にしてみたりしながら、バランス的に強い右手の力を抑えるようにする工夫をすると良いでしょう。

そして、2つ目は軌道です。

アウトサイドインにクラブが下りてきて、そのままフェースがかぶっていると、プルフックになります。

アウトサイドインの人は、基本スライスになりやすいのですが、そのスライスを直そうとして、軌道ではなくフェースの向きで直そうとすると、アウトサイドインでもプルフックを生む原因となるのです。

軌道をオンプレーンやインサイドアウトにして調整すると、無理にローテーションしなくてもスライスが収まりますから、もっと球筋が安定しやすくなります。

アイアンでプッシュフックが出る原因

こちらは、出球が右に出て、左に曲がるので意図的に行っているのであれば、狙ったところに真っ直ぐ飛んだナイスショットとなります。

そんなプッシュフックになる原因としては、軌道がインサイドアウトになっていることです。

軌道がインサイドアウトになっていて、しっかりローテーションをしている形となります。

想定をしないでこのボールが出る際には、思ったよりも軌道がインサイドアウトだったりして、曲がり幅のコントロールが分からない場合もあり、ミスになってしまいます。

インサイドアウト軌道+ローテーションでプッシュフック又は、ドローボールを生むのです。

ただししっかりとローテーションができていないと、そのままプッシュアウトやプッシュスライスになるので、少なくともボールの回転が左の場合には、ローテーションの動きは入っていることになります。

意図していないと、思ったより曲がらなかったり、曲がりすぎたりして結果ミスショットとなるので気をつけましょう。

アイアンでは、よほど意図的に打つ必要がないかぎりは、あまり打たないことが多い球筋です。

真っ直ぐ打てる時は、真っ直ぐ打ちましょう。

アイアンでフックが出る原因

フックが出てしまう理由としては、ローテーションが強すぎることや、芯よりも先寄りのフェースでインパクトをしてしまったことが原因に挙げられます。

まずはローテーションですが、こちらはどのフックボールも必ず原因に入っており、ローテーション量が強すぎると、強く左回転がかかるので、ボールはフックします。

例えどんなにオンプレーンにスイングできていたとしてもローテーション比によって、回転が変わります。

そのため左右対称に振ること、ローテーションのタイミングが大事になります。

次はミートする位置ですが、スイートスポットよりも先側に当たるとボールは左回転がかかることがあります。

これは、ネック軸回転によるギア効果によるものです。

フェースが開く右回転と反対の左回転がボールに生じるものです。

ただしあまりに先過ぎると、当たり負けして、フェースが開き過ぎてはるか右に飛ぶこともあります。

せっかく良いスイングをしても、芯を外してしまえば、かかる回転が変わってしまうので、ハーフスイングで芯に当てる練習も大切になるでしょう。

ロフトの少ないドライバーではなく、アイアンでフックが出るということは、よっほどどれかの原因が強すぎるので気をつけてください。

フルスイングでフックが出てしまったら?

基本的に、アイアンのフルスイングでフックが出てしまう場合には、理由は2つあります。

1つ目は、力が入りすぎているということです。

力が入ってしまい、体と手がバラバラになってしまい、真っ直ぐ飛ばないということです。

基本的には、体と腕は同調して振るとブレが少なくなったり、ミート率が高くなったりするのですが、力むと手打ちになりやすくタイミングがずれてしまい、想定していないような回転のかかったボールが出てしまうこともあるのです。

2つ目は、シャフトが自身にとって柔らかすぎるということです。

自分にとってシャフトが柔らかすぎると、シャフトはしなりすぎてしまい、インパクトの際に、フェースがかぶりやすくなり、フックが出る原因となってしまいます。

飛距離のためにカーボンや軽めのシャフトを使うと、どうしても自分の力にシャフトが負けてしまいます。

自分の力やヘッドスピードに合ったシャフトの硬さや重さを選ぶことで、左右の回転を防げますから、適性なシャフトを選ぶことは非常に重要になります。

アイアンでフックが出たら考えること

アイアンでフックが出る原因は理解していただけましたでしょうか?

基本的には、主にローテーションが一番関わってくることが分かったかと思います。

フックが出たら、ゆっくりスイングしたり、ハーフスイングをしたりして、タイミングを合わせる練習をしてみてください。

 - スイング ポイント