アプローチは52度や58度などロフト角で使い分けるべきなの?

スコアメイクのポイントとなるアプローチ。

特にグリーン周りからのアプローチでは、パーオンしなくても十分パーを拾えますし、上手く行けばチップインバーディーをも狙えます。

それだけ重要なアプローチであなたはどのようにしていますか?

どんな状況でもウェッジ1本しか使っていないゴルファーは多いです。

または上げて寄せるには58度、転がして寄せるには52度と使い分けている人も多くいます。

一体どちらが正しいのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ練習場をネットで自宅の庭や職場の空いた所へdiy!

現在はなんでもかんでもdiyが流行ですよね。そんは流行りにど~んとついて行って、いつでも好き...

プロでも陥るゴルフの病気「イップス」の症状と克服方法

「イップス」と聞いて聞くに新しいのが、森田理香子選手が「アプローチイップス」であることを公表したこと...

ゴルフスイングバンカーショットでバックスピンをかける方法

バンカーショットから放ったボールが、グリーンのピン付近でキュキュっと止まる。こんなショットが...

パッティング練習を毎日家でもやれば早期上達間違いなし!

ゴルフ上達のために練習場に足しげく通っている方も多いと思います。確かに打ちっ放しでショットの...

坂田信弘プロが教える「確実に上達できるスイング」とは

坂田塾の塾長として有名な坂田信弘プロですが、ジュニアに始動する独特な指導法とスイング法によって古閑...

橋本大地プロの提唱するゴルフ理論。3bとはなに?教えて!

橋本大地プロは人気のレッスンプロです。フェード最強論をうたい文句にゴルフ番組もやっています。...

正確無比なアイアンの打ち方をスロースイングでチェック!

アイアンは正確性が求められるクラブです。そのため方向性と飛距離がぴったり合ったところにターゲット...

地味なアプローチの練習を楽しく習得できる上達法とは

地味なアプローチの練習は、必要度は分かっていても、長い時間を費やすことはできないものです。そ...

ゴルフ場の距離表示の正しい見方と使い方を知り情報活用を!

ラウンドをする際に、ゴルフ場にはプレーをする上で必要な様々な情報があります。その中でも大事なの...

アプローチの重要性と効果的な練習方法を知りゴルフ上達へ!

ティーショットで豪快にドライバーを振り抜きナイスショット!そして良い感じにグリーン周りまでボ...

パッティングラインの読み方が分かれば迷いなく打てる!

パッティングで迷いが生じるのは、正しいラインの読み方ができていないからかもしれません。芝目と...

アプローチは自宅でこそ上達!その練習方法と効果の大きさ

練習場ではボール代のことを考えると、アプローチの球数も限定されると思います。そこで数ヤードの...

ゴルフラウンドで確実にスコアアップする正しい考え方

ゴルフはメンタルのスポーツです。ゴルフをしていると100切り、90切り、80切り、70切りと常に...

フックの原因を究明してショートアイアンを確実にしよう!

ロングアイアンやミドルアイアンは問題なく打てるのに、なぜかショートアイアンやウェッジだとフックが...

パターに決まりはない。だから「目線」にも決まりはない!!

パターでは上体の前傾角度が深くなるので、視線を真っすぐ地面に落とす形になります。そうすると目標と...

スポンサーリンク

アプローチで使う52度と58度のウェッジとは

52度のウェッジとは、ロフト角から「AW(アプローチウェッジ)」になります。

ロフト角が2度変わると飛距離が5ヤードくらい変わるのですが、アプローチウェッジのロフト角は50~54度の間で選ぶのが一般的です。

今回はそのアプローチウェッジの中で中間にあたる52度のウェッジについてお話します。

打球が上がる癖などが無い人は、52度のウェッジを選ぶと良いでしょう。

アプローチウェッジを選ぶ場合、グリーンへ乗るように打球を上げて90ヤード程度飛ばすことが目的となります。

打球が上がり過ぎる癖のある人は距離が落ちてしまうので、それよりロフト角の大きなものを選ばなければなりません。

しかしそう言った癖のない人は、中間の52度が一番コントロールしやすいです。

ウェッジはロフト角が大きければ大きいほど打球が上がるので、52度を参考に自分の打球の癖に合わせて使えるウェッジを選びましょう。

アプローチウェッジに属していない58度のウェッジは、基本的に「SW(サンドウェッジ)」になります。

もちろんSWだからとバンカーでしか使用できないわけではありません。

58度も癖や状況に合わせて上手く使い分けてアプローチで使うこともできます。

初心者がアプローチで52度や58度と使い分けるのは難しい

プロゴルファーは、ラウンドするコースレイアウトによって、起こるべき状況などを想定した上でキャディバッグに入れるウェッジを選択し、52度や58度だけでなく47度~60度までのウェッジを使い分けします。

ただし、それは使い分けられるだけの技術があるからです。

ピッチングウェッジで毎回転がすアプローチをしている人が、中間で使いやすいからと52度のアプローチウェッジで上げようとすると、振り幅が大きくなる恐怖心が無意識に起き、ザックリしてしまう可能性があります。

逆に、毎回サンドウェッジで上げて寄せている人が、アプローチウェッジで低く転がすボールを打とうとすると、振り幅が小さくなり、インパクトが強く入ることでトップしやすくなります。

ウェッジは構造も見た目もあまり変わらない感じがします。

そんな同じようなクラブとしか見えない初心者ゴルファーが、違う球質のボールを打ち分けるのは、上手くイメージができないでしょう。

それぞれのウェッジの特徴や役割を知ったアベレージ以上のゴルファーであれば、多少の打ち分けは可能になるはずです。

52度や58度を使い分けるためにアプローチでの役割を知ろう

まずアプローチの種類から考えていきましょう。

「上げる」か「転がす」の基本となるアプローチショットのイメージをしっかりと持ってください。

上げて寄せるアプローチで56~58度を使うのならば、転がすアプローチでは44~46度のピッチングウェッジイメージを持ちます。

上げるアプローチで48~54度を使うのならば、転がすアプローチはウェッジではなく9番アイアンを使った方がはっきりと役割が分かれます。

上記したアプローチでのクラブの使い分けの意味が分かりましたか?

わかりやすく言うと、上げるアプローチと転がすアプローチではクラブは2番手以上は変えるとメリハリのあるイメージがつきます。

1番手くらいだと、それこそ構造上も見た目も変わらないので、ロフト角5度くらいで、ボールの位置もほとんど変わりません。

しかし2番手以上変われば、同じ距離でも振り幅が全く異なってきます。

そうなるとアプローチにおいて、「上げる」や「転がす」のイメージがはっきりとします。

先にも話したように、打球に癖のない人であれば、アプローチウェッジの52度を基本として2番手以上で他のウェッジを選ぶのも良いでしょう。

使い分けられるようになったら次は状況判断

アプローチを52度や58度と上手く使い分けられるようになったら、次なるステップは、「状況判断」です。

アプローチショットは、キャリーでグリーンに落とすことでラインが出しやすくなります。

しかし状況によっては直接グリーンに落としたらピンに寄せられないこともあります。

そのような場合はカラーなどグリーン手前に落とし、ボールの勢いを抑えて距離を合わせるしかありません。

しかしそんな時、テクニックがあればロブショットと言う選択肢もあります。

そのためボールをグリーンに落としたら、ピンに寄せられるか寄せられないのかをいつも判断する習慣を付けることが大事です。

キャリーでグリーンに乗せてしまっては、ピンに寄せることは不可能と判断したら、パターを選択することもできます。

状況判断で行うのは、上げるのか転がすのかです。

何も考えずに「ピンに寄ればいいや」くらいの感じでアプローチをしていては、あなたのスコアに変化は訪れることはありません。

得意なウェッジを1本作ろう!

ウェッジを使い分けできるに越したことはないのですが、その前に得意なクラブを1本作ることが大事です。

アプローチショットは繊細なタッチを求められる分、メンタル面も大きく影響します。

得意なウェッジが1本あれば、プレッシャーのかかる場面などでも安心してアプローチができます。

また自信の1本があると、それを基準にアプローチのバリエーションを増やすのも容易です。

そこで50~58度のウェッジでどれを得意クラブにするのが良いのでしょうか。

56度や58度のSWを得意クラブに選択する人が多いですが、実は50~54度のAWの方が簡単です。

SWはフェースが開いているのでボールの下をくぐりやすく、ダルマ落としのようになることがあります。

また距離感も掴みにくいです。

しかしAWでピッチエンドランのアプローチをマスターすれば、ぐっと寄せられる可能性が高まります。

その中でも52度がロフト角が中間になるやさしいAWになります。

しかしそんなAWでも難しいと感じる人はPWを得意クラブとしても良いでしょう。

一般的アマチュアゴルファーのウェッジの使い分けの例

アプローチは52度や58度などロフト角で使い分けるべきか否かの結論は、「YES」です。

ただし「初心者を除く」ではあります。

プロゴルファーは、それなりの技術を持っていますので、使い分け方のバリエーションも非常に多いです。

それでは一般的なアマチュアゴルファーはウェッジをどう使い分けているのでしょうか。

複雑に使い分けている、また使い分けられるアマチュアゴルファーはそういないでしょう。

使い分けるのに持っているウェッジの組合せで多いのが、①52度と58度、②50度と56度です。

基本的に4度刻みに持っているようです。

使い分け方は、50ヤードから80ヤードはAWで、そしてそれ以下の距離はSWとクラブで距離感を出して使う場合が1つ。

ラフからのアプローチではSW、比較的良いライの場合はAW、それ以外はPWと状況に合わせて使う場合が1つ。

後はアプローチを止めたいか、転がしたいかで使い分けています。

この3つの使い分けで最も多いのがクラブで距離感を出す方法です。

後の2つは技術的な面も関係してくるので、アマチュアでも中~上級者になります。

ゴルフほど「絶対」のないスポーツはない

アプローチでのウェッジの打ち分け等についてお話しましたが、あくまでも参考にしてください。

と言うのも、ウェッジ1本で上手にアプローチで寄せているプロゴルファーもいますし、数本のウェッジを巧みに使い分けている人もいます。

ゴルフの特徴でもあり、魅力なのは、自分でいろいろと研究したり、いろいろな意見を取り入れたりして、自分自身のゴルフを作り上げていくことです。

ですから基本を押さえた上で、自分に一番合うゴルフスタイルを築いていきましょう。