パッティングによって構え方や打ち方を変えても大丈夫?

どんなパッティングがもっとも入りやすいのでしょう?

2つのパッティング法を元に、その構え方と打ち方を考えていいます。

その上で、どちらのパッティングが良いのか、また必要なパターの形状なども紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフラウンドで確実にスコアアップする正しい考え方

ゴルフはメンタルのスポーツです。ゴルフをしていると100切り、90切り、80切り、70切りと常に...

地味なアプローチの練習を楽しく習得できる上達法とは

地味なアプローチの練習は、必要度は分かっていても、長い時間を費やすことはできないものです。そ...

ゴルフクラブを左手一本で握って素振りしたら劇的に変身!

綺麗なゴルフスイングができているのに飛距離が伸びない、方向性が安定しないというときは左手一本で素...

ゴルフは様々な本から知識を得ることで本当に上達するの?

ゴルフ人気が低迷していると良く耳にしますが、本屋に並ぶゴルフの本の数の多さを見るとそれを疑ってしま...

ゴルフが上手くなるためにはミート率の向上が第一優先事項!

ゴルフは道具を使うスポーツなので、その道具を自分の意思通りに扱えることが大事です。そしてナイス...

フライヤーはゴルフでは避けられないが起こるには条件が必要

ゴルフでフライヤー、つまりボールスピンが減り、想定飛距離よりも飛んでしまう現象は、発生するのにライ...

正直ゴルフが下手くそな人はアイデアと練習量が足りていない

長年ゴルフが上達しない人、100を何年も切れない下手くそなゴルファーは練習量もアイデアも足りていな...

ゴルフの片手打ち練習ドリルのコツと効果を知って挑戦しよう

知っての通りゴルフは両手を使ってスイングします。しかしゴルフの練習ドリルの中には片手打ちがあ...

ゴルフスイングを変えなくてもスコアアップできるコツがある

ゴルフスイングを修正するにはかなりの時間を要します。しかし100切りを目指すのに、実はスイング...

ゴルフコースで芝目の読み方が分かればパットが上手くなる

ゴルフには「パット・イズ・マネー」という言葉があります。これはパッティングを制することの重要...

アプローチの基本の打ち方を覚えるなら30ヤードからが一番

アプローチの基本の打ち方を覚えたいなら、まずは30ヤードのアプローチから練習するのが良いです。...

ゴルフのスコアカードのデータ整理法と記念品としての保存法

ゴルフのスコアを書き記したスコアカードをラウンド後に整理すると、自分のためのデータとして活用する...

ゴルフ上達の鍵となるアドレスは足の位置を決めることが大事

ゴルフで大事なのはアドレスに入るときのスタンスのとり方です。足の位置を飛球線と平行にするスク...

フックの原因を究明してショートアイアンを確実にしよう!

ロングアイアンやミドルアイアンは問題なく打てるのに、なぜかショートアイアンやウェッジだとフックが...

ゴルフが上達するには練習頻度にプラスアルファが必要

ゴルフが上達したいと、練習頻度を上げる計画を持っているのであれば、まずは自分の技量や体力、もしく...

スポンサーリンク

方向性の悪いパッティングは構え方に原因がある

ゴルフスイングには色々な打ち方があって、それぞれにセオリーのようなものが確立されています。

それだけにスイングには自由度がなく、1~10までセオリー通りにスイングすることが求められ、独自性を出すと「間違っている」と言われることがあるほどです。

そんなゴルフの理論性の中で、唯一自由なのがパッティングです。

自由と言ってもフェース面がラインと合っていないと話になりません。

もちろんカップに狙いを定めることができないほど変則的な構え方もアウトです。

ヘッドを動かす時の姿勢やパターの持ち方、もしくはストロークの仕方に自由度があるわけです。

そこで自由度の高いパッティングの構え方の良し悪しについて考えていきます。

まずは目測の失敗による間違った構え方です。

ターゲット(カップ)とボールを結ぶライン上にパターヘッドを置いた時、フェースがスクエアならボールを打ち出す方向はターゲットです。

でもターゲットに向けているフェースが間違っていると、ボールは左右にブレることになります。

それは目測を誤ったことが間違いの原因です。

アドレスに入る前にボールの後方からラインを確かめ、そのライン上にヘッドを置き、フェース面に正対する形でスタンス(つま先)を揃えれば、方向性のミスはなくなります。

振り子を意識したパッティングの構え方と打ち方

パッティングの構え方はたくさんありますが、その原因となっているのはストローク型とヒッティング型があるからです。

まずはストローク型を確認しましょう。

振り子のようにヘッドを動かして、その振り幅で距離を出していくストローク型は、余計な力を必要としないのでミスの少ないパッティングができます。

振り子を意識するためには、首の後ろを支点にした両肩・両肘・両手で作る五角形の構え方が推奨されています。

ストローク型のパッティングは、テークバックとフォロースルーが同じ幅になるようにすることが大切です。

もちろんパッティングフォームは自由度が高いので、違う構え方もあります。

例えば両肘を曲げずに両肩とグリップで三角形を作る構え方や、左肩に支点を置いて左腕を振り子の軸にする構え方など、振り子の支点や軸を独自に解釈しながら趣旨を活かしている場合があります。

ただボールに触れただけでも転がり出すような高速化されたグリーンや、傾斜のきつい下りパットの場面では、距離感を掴むのが難しいとも考えられているので、多くのプレイヤーにヒッティング型のパットが人気となっています。

打つことよりも引くことが重要なパッティングの構え方

ヒッティング型はテークバックの幅が狭く、インパクトする力でボールを転がすパッティング法です。

ストローク型と比べると構え方も違ってきます。

左足に体重を乗せる構え方や、左6右4の左体重の構え方、さらには5対5で左右均等に配分する構え方があります。

どちらにしてもヘッドが引きやすく、フェース面を合わせやすいような構え方は、個々の体型や好みよるものが大きいようです。

またボールの位置も構え方によって、身体の中央・左寄り・若干右寄りと変わってきますが、これはヘッドの引きやすさとインパクトでのフェース面を重視して独自に設定しています。

ヒッティング型はテークバックの幅が狭いため、パターヘッドの動きが少ないことから、正確なパッティングができるというメリットがあります。

一方でヘッドの動きが少ない分だけ、真っ直ぐにヘッドを引かなければ、打ち出す方向が狂います。

フェースの向きを安定させるためには、打つことよりも「引く」ことが重視される傾向が強く、イップスの原因のひとつと言う考えもあるようです。

2つのパッティング方法とその構え方の特徴とは

元々ストローク型やヒッティング型と言うパッティングの「型」はありません。

ここでは分かりやすいネーミングとしてつけましたが、本来はストローク型が「ペンデュラムストローク」で、ヒッティング型は「スライドストローク」と言います。

どちらもヘッドの動きを表したネーミングで、ペンデュラムとは「振り子」ですし、スライドは「滑らせる」ことです。

ペンデュラムは時計の振り子と同義なので、まさにあの動きを模してパッティングをすれば成功するはずです。

対してスライドは芝面の上を滑らせることなので、ヘッドを浮かせないパッティングをすれば成功するはずです。

ロングパットの時にペンデュラムの場合は、極端にいえば時計の針が0時から12時まで弧を描いてボールを打つことができますが、スライドの場合はグリップを握っている左手を右側に伸ばすことに限界があります。

このグリップを右側に動かすことで、アドレスの時の構え方が崩れて、スライドが上手くできずにパッティングのミスに繋がることがあるようです。

そこでグリップの稼動範囲を把握しておけば、上体の揺れを防ぐことができます。

パッティングの型を決めてから構え方を決める

パッティングの構え方を変えようとする場合、パッティングの型を決める必要があります。

その上で、パッティングの型に合ったパターを持つことが大切です。

パターはヘッドの形状で選ぶことが多いですが、実はシャフトの形状で選んだほう良い場合があります。

ヘッドの形状はストローク型でもヒッティング型でも使えますが、シャフトの形には「向き」というものがあるからです。

プロがトーナメントで使用して注目されているパターに、センターシャフトがありますよね。

巷では「上級者用」と言われていますが、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打ち出すスライド型のパッティングに向いている形状です。

パターヘッドとシャフトに前後の傾きがないので重心距離はありません。

重心距離がないパターの特徴は、ターゲットに対してピタッと構えることができることです。

また打感が確かめやすいので、しっかりしたインパクトはできますし、繊細なタッチでボールを打ち出すことができます。

一方でフェースコントロールが難しいために、パターの構え方には細心の注意が必要です。

いわゆる基本の構え方で、平常心でパッティングに入ることができれば、好結果が期待できるパターとなるはずです。

パッティングでは状況に合わせた構え方が大切

パッティングの型、パター選びは重要ですが、同じように構え方に合わせたグリップの握りも重要です。

ノーマルと違う逆ハンドに代表されるように、ヘッドを真っ直ぐ打ち出すためにはグリップの握り方も自己流にしたほうが良い場合があります。

ただ自己流の場合でも、パッティングの基本から外れないようにすることが大切です。

スライド型のパッティングでは、左手甲をターゲット側に移動させるイメージを持つと、右側に上体が揺れたり、フェースがかぶったりすることはなくなります。

そのためには左手主導のパッティングを心掛け、ヘッドの動きと左手甲の動きが一致するようにしてください。

スライド型のパッティングのコツを掴む時には、左足のつま先の前にボールを置き、右足はヘッドを引く分だけ開きます。

スライドさせるヘッドは、決してつま先よりも左側に出ないようにしてください。

この練習でヘッドを送ることなく、ボール打つことを学習できます。

また、無駄な引き幅がなくなり、距離によって引く幅を変えることができるようになります。

パッティングは同じ構え方で同じリズムで打つことも正解ですが、正しい構え方とは状況に合わせて変えることができる構え方だと言えます。

いつも通りのパッティングできる構え方が重要

パッティングの構え方は自由ですが、自己流にするのであれば、ヘッドの動きが抑制されないように考えておく必要があります。

実際のグリーン面はアンジュレーションによって、前上がりや前下がりの場面もあります。

そんな時でも、いつも通りのパッティングをできることが、自己流の構え方の条件となるでしょう。