だからゴルフは難しい!ラフとフェアウェイでは打ち方が違う

あんなに上手なプロゴルファーでさえ、「ゴルフ上達に近道はない!」と言うほどゴルフは難しいスポーツです。

何が一番難しいかと言うとプレーする上で自然との戦いも含まれてきますし、ゴルフ場によってプレーする環境が変わってくるからです。

練習場では上手くいくのに、ラウンドになると上手くいかない人はさぞ多いことでしょう。
それはラフとフェアウェイでは打ち方が違うなど、ラウンドだからこそのテクニックも必要となるからなのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイアンのトップブレードの合わせ方と合わせる時の注意点

アイアンショットでのアドレスでは、フェースのリーディングエッジをボールの向きに対して直角に合わせる...

ゴルフスイングで右膝が前に出るとシャンク病になってしまう

ゴルフラウンド中にシャンクが出てしまうと、OBになってしまうこともあり本当に落ち込みますよね。...

ドライバーが飛ばないゴルファーは150ヤード確実に打つこと

ドライバーで300ヤード飛ばす人を見ると憧れますよね。しかし300ヤード左右に大きく曲がったら...

ゴルフにおいての正しいラフからの打ち方とはこんなにあった

ゴルフをプレーする上でラフに入ってしまうことは必ずありますし、いかにラフから綺麗に打てるかどうかが...

ドライバーのバックスピンが飛距離減の原因というのは間違い

最近はドライバーの球筋を安定させるために、バックスピンを活用すると良いと言われています。以前...

ドライバーの引っ掛けはシャフトの前に確認することがある

ドライバーで頻繁に引っ掛けが出ると思い切りの良いティーショットが打てず、リズムも悪くなりがちです...

ゴルフスイングで左腕のたたみが出来る人と出来ない人の違い

プロのフィニッシュは綺麗に左腕のたたみが出来ていてかっこいいですね。どのようにしたらあのよう...

片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のアイアンスイングは正確無比と言えます。...

欧米人のゴルフスイングで、アイアンショットの違いを感じる

日本人を含むアジア人と欧米人のゴルフスイングは、高さとパワーが異なりますよね。アイアンショッ...

ゴルフスイングが突然わからなくなった時の対処法とは!?

ゴルフの練習に一生懸命取り組めば取り組むほど、これまでしていたゴルフスイングがわからなくなったと...

ゴルフで左手人差し指にマメができるのは間違っている証拠!

ゴルフ練習をしていると手にマメができることがあるでしょう。そのマメのできる位置でゴルフの上手...

ゴルフスイングが綺麗に見えるスイングプレーンの練習法

綺麗に見えるゴルフスイングの大半は、スイングプレーンが整っているスイングです。ゴルフ用語で頻...

タイガーウッズのスイングを見てアイアンの打ち方を探る

ゴルフ界の歴史を変えた男と言われるタイガーウッズですが、近年は腰や膝の故障が原因で不調に喘いでいる...

知らなかった!ゴルフで手打ちはフックの根本を招いている!

ゴルフをやっている中で、必ず一度手打ちはダメと注意されたことはありませんか?「手打ちが良いの...

スイングプレーンとシャフトプレーンと第3のプレーン

正しいスイングをチェックする時、スイングプレーンという言葉を使うことがあります。この言葉が生...

スポンサーリンク

ラフからのショットが難しいのは

ゴルフスコアアプリ等を使っている人なら見たことはあるでしょうが、データ分析の中に「フェアウェイキープ率」と言う数値があります。

フェアウェイにボールを運べているデータ分析をするくらいなので、ここからもフェアウェイからのショットがラフよりもいかに有利なのかと言うことが分かります。
またそれだけラフからのショットが難しいと言うことにもなります。

フェアウェイは芝が短く刈られているのに比べ、ゴルフ場によって長さに差はありますが、ラフの芝はそれ以上に長く生えています。
そのためラフからのショットはボールやクラブに芝の抵抗が掛かるので、練習場で行っているような普段のショットができず、ラフからボールを出すのが難しくなるのです。

それだけでなくクラブフェースに芝か噛む場合は、フェースの向きが変わってしまい、方向性を持たせたショットをすることが難しくなります。
バックスピン量にも影響し、イメージした放物線にならないことが多々あります。

芝が長いだけでショットの難易度はフェアウェイの倍くらいになります。
そしてラフと言っても芝の長さやボールの沈み方、傾斜などの状況判断をしっかりとしてクラブを選ばないと、1打だけなら良いですが、数打無駄にしてしまうこともあります。
その打ち方の判断は正直「経験と学びから」としか言えません。

ラフからの打ち方①【ゴルフクラブは大きめの番手で】

先ほどもお話しましたが、ラフは芝が長いのでボールやクラブに芝が絡みます。
芝が絡んでしまうとそれだけ飛距離が落ちてしまいます。
ですから、飛ばしたい飛距離の番手よりも1~2番手くらい大きめの番手でゴルフクラブを選ぶと良いでしょう。

ここでラフだからと「フライヤー」を想定して控えめな番手を持つ人がいます。

このフライヤーとはクラブヘッドとボールの間に草などが入ってしまったために、ボールにしっかりとスピンが掛からない為に発生し、番手以上の飛距離が出ることを言います。
しかしフライヤーはアマチュアゴルファーにとっては偶発的に起きることはありますが、あまりその危険性はありません。
ですからアマチュアゴルファーならフライヤーになるリスクは低いので、そんな心配は捨てて、大きめのゴルフクラブで余裕を持って打ちましょう。

ラフから大きめの番手で打ち方のポイントは、インパクトで止めるように打たず、しっかりと振り抜く意識を強く持ってスイングすることです。

ただし、ラフの芝の長さによってクラブ選びは大きく変わってくるので、どんなラフでも大き目の番手と言うわけにはいかないので注意してください。

ラフからの打ち方②【強く短めに握るグリップで】

グリップを短めに握るとヘッドスピードが緩むことなくスムーズに振り抜くことができます。

ラフからの打ち方で重要なのは、何よりも無理をしないことです。
グリップを短めに握ることで無理なく振り抜くことができます。

振り幅が大きくなると芝の抵抗も大きくなってしまいます。
そのため飛距離を稼ぐようなゴルフスイングは、ラフでは厳禁だと覚えておいてください。

ラフでは芝が絡むことでフェースに抵抗が生まれるとお話ししました。
ですから少しでもその抵抗に負けないようにグリップを強めに握るようにしてください。
しかし強めに握ることばかり意識すると、益々ヘッドスピードが落ちてしまうことがあります。
ですからグリップを強く短く握ることで飛距離は落ちるものなのです。

そう言ったこともあり、先ほど説明したように大きめの番手を持つことにも繋がるのです。

ラフにボールが行ったのはティーショットをミスしたことが原因なので、そこから「飛ばす」と言う欲はなるべく捨てて、多少飛距離が落ちることも計算に入れ、確実にフェアウェイに戻すようにしましょう。

ラフからの打ち方③【ヘッドの入射角を考える】

フェアウェイとラフで打ち方が変わるのは、ゴルフスイングの入射角の違いによるものです。

フェアウェイから打つときは、横から払い打つか、緩やかなダウンブローで打ちます。
しかしラフからこの打ち方をするとフェースとボールの間に芝がたくさん入ってしまいます。
そうなるもボールに力を伝えることが困難になるのです。

すると当然飛距離は落ちます。
ですからラフから打つときはスイング軌道と入射角を変える必要があるのです。

緩やかなダウンブローではなく、上からクラブヘッドを落として行く感じの気持ち強めのダウンブローにしてください。
そうするとフェースとボールの間に入る芝の量はぐんと減らせます。
この打ち方で抵抗を最小限に抑えることができるでしょう。

またフェードボールを打つと言うのも1つの手段です。
逆にドローボールは横から払い打つような打ち方になるのでラフに向いていません。
持ち球がドローの方はラフでは苦労するのではないでしょうか。

もちろんこういった打ち方もラフの種類や状況によって変わるので一概には言えません。

ゴルフボールの状況が比較的優しい場面

それではラフの種類や状況についてお話しします。

自分の打ったボールがラフでどのような状況なのかをまずはしっかりと判断しましょう。そしてそこから打ち方をどうするかを決めるのです。
この判断が「ゴルフは経験」と言われているところかもしれません。

①ボールが浮いている
②ボールが少し沈んでいる
③ボールが深く沈んでいる
④ボールが見えないくらい沈んでいる
以上の4パターンが基本です。

①はラフの中でも比較的簡単なショットになります。
芝の抵抗もほとんどないので、フェアウェイウッドを持つなどフェアウェイと何も変わらない打ち方で問題ありません。

②では少し大きめの番手を選びましょう。
素振りをしてみてボールへの抵抗が少ないようであれば、フライヤーが出る場合があるので逆に短めの番手を選びましょう。
抵抗が大きいようであれば、大きめの番手と言っても使えるのは7番アイアンまでと覚えておいてください。
それ以上のものはロフトが立っている分、芝の抵抗も大きくなるので要注意です。

ゴルフボールの状況がかなり厄介な場面

ラフの状況によっての打ち方を更に説明していきます。

③からは厄介になります。
こういった場合はラフから出すことが最優先になります。
迷うことなくショートアイアンかウェッジを選択してください。

ボールが深く沈んでいる状況と言うのは、ボールが半分隠れているくらいからのことを指します。

50ヤード、飛ばして100ヤードくらいまで飛ばしてフェアウェイに出すことだけに徹しましょう。
飛ばしたくて大きな番手を持っても30ヤードくらいしか飛ばないのは確実です。
アプローチするような感覚でナイスアウトです。

④は上級者編になります。
プロゴルファーでも頭を悩ませる状況になります。
「出しやすいところに出す!」しか手はありません。
残念ですがそこにボールを運んでしまった自分に反省してください。

また芝目の確認も忘れないようにしましょう。
どんなに浅いラフであっても逆目の場合は出すことが困難になります。
逆目の場合はできるだけロフト角の大きいクラブでラフから脱出させることを優先してください。

ラフからのショットが上手くなるとスコアは伸びる

フェアウェイキープ率を上げることが一番ではありますが、プロゴルファーでもボールがラフへ行くことが少なくはありません。
そこからどうリカバリーできるかが上級者と中級者の大きな違いとなってスコアに表れます。

ラフから上手く脱出できるようになれば、良くてパー、悪くてボギーとスコアメイクできるようになります。

ゴルフはミスをしないではなく、如何にミスを減らすかが一番重要なのです。