ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフスイングを変えなくてもスコアアップできるコツがある

2017.10.28

ゴルフスイングを修正するにはかなりの時間を要します。

しかし100切りを目指すのに、実はスイングを変えずにスコアアップできるコツがあるのです。

1つのコツでマイナス1打。

今回は5つのコツを紹介するので、実践したらマイナス5打です。
ゴルフスコアの5打はかなり大きいですよね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフ上達は年末の過ごし方。ゴルフ行く?テレビ観る?

年末年始は仕事休みという方も多いのではないでしょうか。 毎年どのようにお過ごしですか? ...

ゴルフ上達のためにネットを張りませんか。まずは作り方から

ゴルフが大好きな人、自分だけの練習設備を作りたいと思ったことはありませんか。 庭にゴルフネット...

ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われているのが、パターの練習です。 やろうと...

正確無比なアイアンの打ち方をスロースイングでチェック!

アイアンは正確性が求められるクラブです。 そのため方向性と飛距離がぴったり合ったところにターゲット...

【ゴルフ上達】70台シングルはどんな練習をしてる?

シングルゴルファーには一体どんな練習をすればなれるのでしょうか? 普通に練習場で真っすぐ打って...

庭に設置してみよう!ゴルフ練習用ネットと練習用ボール

練習場へ行く暇がない人。 しかたなく自宅で素振り。 でも自宅で素振りだけでは物足りない。 練習...

ゴルフは打ちっぱなしで目的を持って練習に取り組みましょう

ゴルフの練習で行くところと言えばやっぱり打ちっぱなしですよね。 打ちっぱなしにいって上達して自...

フライヤーはゴルフでは避けられないが起こるには条件が必要

ゴルフでフライヤー、つまりボールスピンが減り、想定飛距離よりも飛んでしまう現象は、発生するのにライ...

ゴルフが上手くなるためにはミート率の向上が第一優先事項!

ゴルフは道具を使うスポーツなので、その道具を自分の意思通りに扱えることが大事です。 そしてナイス...

一般ゴルファーがヘッドスピードアップできるトレーニング

ゴルフで飛距離が伸びないのはヘッドスピードだけが原因ではありません。 しかしヘッドスピードがあま...

坂田信弘から学ぶゴルフスイングの基本、ショートスイング

坂田信弘さんを知っていますか? 古閑美保、上田桃子、笠りつ子、原江里菜など多くのプロゴルファー...

ゴルフのスコアアップに確実に繋がる様々な練習法教えます!

完璧なスイングを目指したり、苦手なクラブを克服したり、メンタルを強化したりとゴルフはがんばることがた...

まむしと呼ばれた杉原輝雄のパターへの想いから人生を学ぶ

杉原輝雄のパターといえばマレット型、グリップは逆オーバーラッピングで握り、アドレスに入ると「入る」...

ゴルフのスコアアップに欠かせないと言われるメンタルを考察

ゴルフのスコアアップを目指すとき技術アップはもちろんですが、緊張を跳ね返すメンタルの強さも重要だと...

坂田信弘プロが教える「確実に上達できるスイング」とは

坂田塾の塾長として有名な坂田信弘プロですが、ジュニアに始動する独特な指導法とスイング法によって古閑...

スポンサーリンク

18ホールでいかに無駄なものを省くか

ゴルフでスコアアップするのに重要なことは、いかに無駄なものを省くかという事です。
ボギーでなんとか収まるところを、無理をしてダブルボギーにしてしまったと言う経験はありませんか?
この無駄な1打の積み重ねがスコアアップを妨げる根本原因なのです。

実はスイングを変えるよりもゴルフへの向き合い方や考え方を変えるだけで、これらの無駄を省くことができるのです。

例えば、林に入るトラブルになったらピンを狙わずにフェアウェイへ出すことに徹します。
無理に狙った結果ダブルボギーになるかもしれないところで、「ボギーならOK!」と言うことに切り替えるのです。
どうしてもショットが曲がってしまうのなら、クラブを変えて曲がらなくなればそれだけて無駄な1打を減らせます。

スイングを変えるよりも簡単なスコアアップのコツは、

マネジメント力
メンタル力
ギアの力
コース攻略の力
ミスへの対応力

です。

スコアアップのためにこれらを詳しく説明していきましょう。

ゴルフのスコアアップのコツはマネジメント力を磨くこと

ツアートーナメントを見ているとプロゴルファーがヤーデージブックを見ながら、どうやってピンを狙うかキャディと話し合う姿を良く目にするでしょう。
しかしアマチュアゴルファーでヤーデージブックを使うことはあまりないので、ピンまでの距離を感覚やGPS測定器で調べます。

これらは一見同じ作業のようですが、大きな違いがあります。
プロゴルファーは、ミスをした時のことも考えてピンまでのルートを考えています。
対してアマチュアは、距離を測るだけでミスのことまではほぼ考えません。

ミスの少ないプロゴルファーがミスショットを想定してマネジメントをするのですから、その何倍もミスショットするアマチュアはピンまでのルートをいくつも考えておく必要があると言えますよね。

スコアアップするためのコツとして、このマネジメント力が大事なのです。

難しく考えずに、ティーグラウンドに立った時に何となくフェアウェイを狙って打つのではなく、2打目3打目までを考えた上でターゲットを決めれば、ミスショットをしても最小限に収めることがてきるでしょう。

18ホール全てをしっかりとマネジメントすれば、確実に1打減らすことができます。

メンタルの安定がゴルフのスコアアップのコツ

プロゴルファーは、例え悪い流れでプレーをしてきても1つバーディーを獲ると流れを一気に変えることができます。
良い時は、連続バーディーにまでなる場合もあります。

しかしアマチュアはせっかくバーディーを獲っても、次のホールでボギーやダブルボギーを叩くことが結構ありませんか。
「あそこがパーなら100切り達成だったのに」と嘆くゴルファーも多いです。

他にも練習場ではナイスショットの連続だったのに、コースに出たら全然ダメだったり、朝一のショットがどうも苦手だったり、良いイメージはあるのだけれどその通りにいかなかったりするゴルファーは沢山います。

これらを解決することがスコアアップのコツです。
それにはメンタルを強くすることだと分かってはいるので、ポジティブに考えようとする人が多くいます。
しかしそれではスコアアップに繋がるメンタル力にはなりません。

まずは無理に細く考えず、プレッシャーを受け入れたり、自分の感情を素直に認めることです。
またそのためには各ショットの目標設定をしてください。
ラフでも良いから200ヤード飛ばすとか、ワンオンしなくてもグリーンの手前の安全地帯であればOKと言ったように、プレッシャーを和らげる目標設定をしましょう。

ゴルフギアの見直しがスコアアップのコツ

自分のイメージするショットが打てないからとスイング改造に勤しむ人が多いです。
しかしその原因は必ずしもスイングだとは限りません。
実はゴルフクラブを変えただけで理想の弾道を手に入れられることは珍しくありません。
ですからスコアアップのコツとしてギアを見直すのも大事です。

最近のドライバーで言うと、調節機能付きのカチャカチャドライバーでフェースアングルやロフト・ライ角を変更するだけで球筋を変えることができます。
またこの機能がなくても鉛を貼るだけで球筋が思い通りになることもあります。

もちろんレッスン等で正しいスイングを身につけることも重要ですが、ギアの力を借りてスコアアップできるのであれば、試す価値は大いにあるでしょう。

自分に合うクラブを選ぶことでイメージ通りの球筋が手に入れば、マイナス1打は確実です。
手っ取り早い感じもしますが、自分に合うギアを見つけるのも一苦労だと言うことは忘れないでください。

スコアアップのコツは逆算にあり

ご存じの通り、ゴルフとはティーグラウンドからカップに向かっていくスポーツです。
各ホールのトータル距離から1打ごとの距離を引き算しながらカップへと前進する人が多いですが、カップから足し算で逆にホールを攻略することがスコアアップのコツです。

なぜなら、そうすることでミスを防ぐことができるからです。

目標の決め方も、200ヤード先のフェアウェイにある旗を狙うよりも、1メートル先のスパットにしっかり狙いを定めてショットした方が、ボールを思ったところに打ち出せる確率は格段に上がります。
コース攻略のためには、一方通行の考え方ではなく、色んな方向での考え方でフレキシブルに攻めることが要求されるのです。

ティーグラウンドからカップ、カップからティーグラウンドと双方からの攻略ルートを見つければ、マイナス1打は意外と簡単なのです。
これは最初に設定したマネジメント力にも通じるところがありますね。

ゴルフにミスは付き物。だから同じミスを繰り返さない!

最後に紹介するスコアアップのコツが最も重要です。
それはミスへの対応力です。

ゴルフコースへ出ると、どうしても「飛ばしたい!」「寄せたい!」「入れたい!」と言う欲求にかられます。
するとヘッドアップしたり、ダフったり、トップしたりとミスショット祭りになってしまいます。
しかしそういったミスはちょっとした工夫で応急処置ができるのです。

例えば、フェースを開いたり閉じたりすることで、左右に暴れるボールを修正できたりします。
ミスショットをしたときに、そのミスをどうやって対応するのかという知識を1つでも多く持っていれば、次に訪れるかもしれない同じようなミスショットを防ぐことができるのです。

その日のプレーを楽しむために、そして18ホールの間で同じミスをしなければ、それだけでマイナス1打は達成できます。

ここで大事なのは、「ミスをしない」のではなく「ミスを減らす」も考えることです。
メンタルが弱い人にとっては特に大切なことなので、1つでも多くの知識を得ておきましょう。

スコアを無駄にしなければ悪くても納得のラウンドに

スコアアップにはミスショットを減らすことも大事ですが、それ以上にゲームプランをしっかりと組み立てることが重要です。

コースレイアウトを確認せずにボールを打つのは多くのスコアを無駄にしています。
知っているゴルフコースであっても毎ホールしっかりとホールの状況を確認し、コースを頭の中で攻略してからティーショットをしましょう。

これをルーティンにするだけであなたのスコアは確実にアップします。

 - シングル 近道