ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

2017.7.26

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のアイアンスイングは正確無比と言えます。

スイング中両膝の高さが変わらず、いつも同じ位置、タイミングでインパクトしています。
これだけ正確なショットを毎回行えるプロと言うのはそういません。

では、片山晋呉プロのスイング、どこが素晴らしいのか、アマチュアゴルファーが真似すべき点はどこなのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

オフシーズンにアイアンのミート率を高める考え方と練習方法

アイアンのミート率を上げるにはスクエアなインパクトが重要です。 スクエアなインパクトをするには、...

【ゴルフ上達】ダウンスイングのときに右足粘りを意識しよう

ゴルフにおいてダウンスイング時の右足粘り=右足かかとを浮かさない方が良いという理論があります。 ...

アイアンのアドレスはライ角に合わせてソールするべきか?

ゴルフは斜めにクラブを使ってボールを打つためにライ角の影響がありますよね。 ライ角といってもク...

凝視は駄目!?ではアイアンはボールのどこを見るのが正解?

ゴルフ初心者にとってボールのどこを見ると良いスイングができるのかは興味があるテーマですよね。 ア...

プロゴルファーのようにスイングのフォローで左手を伸ばす

プロゴルファーのスイングを見ていると、スイングのフォローで目標方向に左手がきれいに伸びています。 ...

タイガーウッズのキレキレだったアイアンのスイングに学ぶ

伝統を重んじるゴルフ界に新しい風を送ったタイガーウッズですが、近年は公私にわたる不調で苦しんでいる...

柔らかいスインガー、ビジェイシンの右手の使い方について

ビジェイシンのスイングを見ると、インパクトの後すぐに右手がグリップから離れている様に見えます。 ...

ゴルフ練習場でラフの打ち方が上達できる練習方法とは

ゴルフ場の中で難しいにも関わらず、練習ができずに経験値でしか上達できないのがラフからのショットです...

ダウンスイングでの左肩甲骨の動きが左肩の外転の元になる

スイングでもっと大事なことはインパクトの瞬間です。 その良いインパクトを迎えるために重要なのはダ...

引退を迎える宮里藍プロのスイングを連続写真で分析

小柄な宮里藍選手はゆったりとしたスイングですが飛距離は男性並み、250ヤードと言えばもしかするとそ...

スイングプレーンを意識したアイアンショットで上達する?

レッスン書で良く目にする「スイングプレーン」ですが、すべてのスイングが対象になるものなのでしょう...

スライスの原因はアプローチショットが間違っているから?

ボールに右回転がかかるとスライスします。 通常アプローチショットは、ボールに逆回転が多くかかる...

帝王ジャックニクラウスが教える実に簡単なスイング法とは?

「帝王」と呼ばれたジャックニクラウスと言えば、マスターズで前人未到の6回優勝を成し遂げたゴルフ界の...

シャフトを立てるスイングでスライスが直るのはなぜ?

フォロースルーでシャフトを立てるとスライスを防ぐことができます。 ここではスライスの原因はイン...

テークバックでヘッドを真っ直ぐ引いてはいけない3つの理由

テークバックでクラブヘッドを真っ直ぐ引いてはいけない理由は3つありますが、その理由よりも大事なことは...

スポンサーリンク

片山晋呉プロのスイング、ウッドもアイアンもリズムが良い

片山晋呉プロのスイングの素晴らしい点を挙げるなら、まずはそのスイングリズムと言えます。

飛ばし屋にありがちなダウンスイングでの動きに急激な部分がなく、ゆったりと大きく振る事によってボールを飛ばしています。
片山晋呉プロはこのリズムがドライバーでもアイアンでも変わりません。
他のプロよりも飛距離は落ちるのですが、飛ばそうと思ったら飛ぶだろうけど敢えてそうしない様にゴルフを作っていると言えます。

今は昔と違いクラブとボールが進化しており、飛ばす事はそれらに任せてしまっている感のするスイングとコースマネジメントです。
他のプロよりもウッドの本数が多い事もこういった事を物語っていますよね。

今はウッドやユーティリティで打ったボールでもグリーンに止まります。

片山晋呉プロの強さの秘訣は、スイング方法やある種ゴルフの考え方の割り切りによって成されている所であると言えます。
自分の持つ力以上の事を求めるのではなく、いつも安定して繰り返し行える事を愚直なまでに行う事にこそ、片山晋呉プロの強さの秘訣と言えます。

片山晋呉プロのスイング、腕が体の前から外れない為安定している

片山晋呉プロのアイアンスイングの仕方を見ると、スイング中腕が体の正面から絶対に外れない事が分かります。
体が先行したり、腕が遅れてきたりといった事がまずありません。

これは、いつも体の正面でボールを打つ事につながり、結果ボールを狙った所に打つ事ができます。
この動作はアマチュアゴルファーも大いに参考とする部分です。

腕が体の正面から外れないというのは、実はトッププロでも理想とする事であり、裏を返せばゴルフスイングの難しい所でもあると言えます。

ゴルフスイングはタイミングが重要で、緊張感や飛ばしの力みなどで簡単に腕が体の正面から外れてしまいます。
プロでも、優勝を争う様な大事な場面でミスショットをするのは、この体の正面から腕が外れてミスヒットにつながる為なのです。

片山晋呉プロのスイングはこうした腕が外れる事が無い為、いつも安定してボールを飛ばす事ができると言えます。

トッププロがその練習方法とスイングを見習うのにはこうした理由があるからなのです。

片山晋呉プロのアイアンショットはキレキレ!

決して強振しない片山晋呉プロのスイングですが、アイアンショットのキレは素晴らしい物があります。
ボールを高く上げてグリーンの上から落として狙うショットや、グリーンの手前から転がしてピンに寄せるショットなど、ショットの技術が多彩です。

これは色々なクラブを使って練習している為、その分ショットの引き出しが多い為ですが、それにしても多彩なショットの持ち主です。
ショートホールのティーショットでも、風の向きによってその風に乗せてピンを狙うのか、はたまた風にぶつけて距離を落としてピンを狙うのかを使い分けていたりします。
当然、風にぶつけるショットはスピンが効きやすくなる為、グリーンに落ちてからのランまで計算に入れています。

こうした精密機械の様なショットは片山晋呉プロならではと言え、ボールを自然にどちらにも曲げられる技術あってこそと言えます。

スイング軸がぶれない為、こうした高度な技術を必要とするショットにも対応できるスイングは正にトッププロと言えます。
永久シードを獲得した事が納得できる片山晋呉プロのスイングです。

片山晋呉プロはカーボンシャフトのアイアンを使ってやさしく飛ばす

片山晋呉プロのアイアンはカーボンシャフトです。
多くの男子プロゴルファーがスチールシャフトのアイアンを使うのに意外ですよね。

一般的にスチールはハードヒッター向け、カーボンは非力なスインガー向けと言われていますが、片山晋呉プロはスイングをやさしくする為にカーボンシャフトのアイアンを使用しています。

プロはインパクトの感覚として粘りがほしいのですが、一般的にカーボンシャフトだと感じにくいとも言われています。
カーボンシャフトだとボールを押すイメージに近くなってしまうからなのですね。

しかし、カーボンシャフトはスチールシャフトに比べて軽量の為、力がないゴルファーでも楽に飛ばす事ができます。
また、カーボンシャフトの方がスイング中取り回しがし易いという事も挙げられます。

片山晋呉プロはこうしたカーボンシャフトの特性を生かしスイングを易しくして、正確に飛ばすタイプと言えます。
カーボンシャフトの特性から、スイングのタメを深くしなくても飛ばす事が出来る為、軽く振って距離を合わせたい場合のショットにも向いていると言えます。

片山晋呉プロのゴルフ感はこういった所にも出ているでしょう。

片山晋呉プロが徹底している両膝の高さを変えずにスイングする重要性

片山晋呉プロは、スイングの練習方法として、両膝の高さを絶対変えない様にしています。
本人は極論するとスイングの安定はこれだけやれば十分とも語っています。

アイアンを使っての両手のスイングはもちろん、左右片手でスイングする時も両膝の高さを変えない様に注意しながら練習されます。
これは、スイング中わずかな上下動でもミスヒットにつながる為、打点をずらさない練習方法、意識としては最高と言えます。

特に、スイングは上半身の力が強く、その上半身の方に強く意識が向きがちになるのですが、片山晋呉プロの行うこの練習なら下半身へ意識をもっていく事ができますよね。
また、アプローチでも膝の高さを変えないという事は非常に重要で、片山晋呉プロの距離感には圧倒されます。

片山晋呉プロの強さの秘訣は、こうした地味な練習の積み重ねだという事が分かります。豪快なショットを打つために先ずは小さなショットを安定させる、こうした努力がトッププロでいられる理由と言えます。

片山晋呉選手が持つプロゴルファーの永久シードとはどんな資格か?

現在、男子の日本ゴルフツアー参加選手で永久シードを持つ選手は6名で、その中の1人が片山晋呉プロです。
(1名は亡くなられています)。

永久シードとは現在のツアー制度になってから25勝を達成した選手に与えられる物で、生きている限り一生ツアーに出られる権利を与えられる物となります。

長いプロゴルフツアーの歴史の中でたった7人しかその資格を持っていないという事を鑑みるといかに凄い資格で、かつ取るのが難しいという事が分かるのではないでしょうか。
確かに、ツアー勝利数が25なんて数字、プロからしても果てしない数字に感じるのではないでしょうか。
何年にもわたりトッププロであり続け、かつ年間に何勝も挙げなければならないのですから、これはもう想像を絶する努力が必要だと思われます。

永久シードを持つゴルファーは、ストイックなまでにゴルフをし続けた人、努力し続けた人ですので、片山晋呉プロも来る日も来る日もスイングをし続け、アイアンの精度を磨き続けたのだと思います。

1勝するだけでもすごい事なのに、25勝かそれ以上勝利を重ねる事なんで普通の人ができる事ではないでしょう。
ですから片山晋呉プロはトップを越えたさらに上のプロゴルファーだと言えます。

片山晋呉プロのシンプルなスイングを真似るとよい

片山晋呉プロのスイングは飛ばし屋にありがちな体の筋肉やバネを極端に使ったスイングではありません。

両膝の高さを変えない様にスイング練習する事や、アドレスからバックスイングまでの動作を安定させる事など、アマチュアゴルファーでも参考にできる部分が沢山あります。

こうしたシンプルであまり無理のないスイングは真似できるゴルファーも多いと思いますので、片山晋呉プロのスイング動画などを見て練習に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 - スイング ポイント