ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

上田桃子のスイングをスローで見るとクラブの引きつけが凄い

2017.7.21

日本女子プロ界のトッププロであり、賞金女王にもなった事のある上田桃子選手ですが、そのスイングはクラブが体の近くを通り、正確性に富んでいると言えます。

通常、ゴルフスイングでのクラブは遠心力が働き体から離れようとしますが、上田桃子選手のスイングからはクラブをできるだけ体の近くで振ろうとする意識かスロー動画から感じられます。

では、上田桃子選手の正確なスイングについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ダウンスイングのコツ。股関節の位置を戻すイメージで体移動

ゴルフスイングは上半身よりも、下半身の方へ意識を持つ方がスイングが安定すると言えます。 ダウンス...

ミスが多いアプローチショット、50ヤード前後の打ち方とは

ドライバーやアイアンショットよりミスが多いのが、アプローチショットです。 グリーン周辺からカッ...

テークバックでヘッドを真っ直ぐ引いてはいけない3つの理由

テークバックでクラブヘッドを真っ直ぐ引いてはいけない理由は3つありますが、その理由よりも大事なことは...

2008年賞金女王古閑美保のスイングは実にゆっくりで理想的

2008年の最終戦リコーカップで奇跡の大逆転優勝を決め、初の賞金女王となった古閑美保プロ。 そのス...

★ゴルフ上達★ヘッドを加速させるにはインパクトで止める

ゴルフスイングは極論すると振り子の動きになります。 糸の先に重りを付けてこの重りを速く動かすイメー...

テークバックを真っ直ぐ引き過ぎるとアウトサイドに上がる

ゴルフレッスンでよく言われる事に、テークバックはクラブヘッドを真っ直ぐ後ろに上げるというものがあり...

片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のアイアンスイングは正確無比と言えます。 ...

パッティングでボールをひっかける理由とその対策を知ろう

パッティングでひっかけると癖になり、ストロークすること自体が怖くなるものです。 パターでひっか...

ショットメーカー、藤田寛之のスイングを分析して生かすには

賞金王にもなった事のある藤田寛之プロですが、そのスイングの正確さには定評があります。 ただ、スイ...

最近のトッププロのスイング分析をして自分に合わせてみよう

ゴルファーなら誰しも憧れるトッププロがいますよね。 憧れのプロのスイング分析をして、自分のスイ...

知っているようで知らないテークバックの左肩甲骨の働き

効果的なテークバックをするためには左肩甲骨の可動域を広げることが大切です。 肩を回すためにと背骨...

腰の位置が高いか低いかは日本人的なゴルフ理論かもしれない

腰の位置が高いか低いかをチェックするのは、スイングの安定性に必要からだと思います。 でも本当に高...

ダウンスイングで左肩を我慢できないのは良いスイングが原因 

ダウンスイングで左肩が流れるため、左肩を我慢しなければならないことがあります。 ではこの左肩の流...

ゴルフスイング、フックグリップにしたほうがよいのか考える

ゴルフスイングの基本、グリップについて考える時、フックグリップがよいのか、またはスクエアグリップがよ...

ゴルフは左手の薬指を正しく握ることが成功へのカギとなる!

ゴルフスイングを正しく行う上で絶対必要な事は、グリップです。 クラブと身体を接続し、正しくスイン...

スポンサーリンク

上田桃子選手のダウンスイングをスローで見るとクラブの下ろし方が分かる

上田桃子選手のスイングを後方から撮影した物で、ダウンスイングをスローで見ると、トップからの切り返しでインサイドにクラブを下ろすやり方が分かります。

上田桃子選手はトップからの切り返し時、ぐっと左足を踏み込む動作が見られます。
これはクラブをインサイドに下ろす動作としては絶対に必要な動きで、この動きによってクラブは体の横側インサイドへと動きます。
そして、この動作をする事により、クラブが立って下りてきます。

クラブが立つとは、ダウンスイングで左脇が締まった状態で、グリップエンドがボールかそれよりも手前の地面を差す方向でクラブが下りてくる事です。
よく、ボディーターンを意識し過ぎて、腕の動きが少ないゴルファーはクラブが寝て、ボールよりも外側をグリップエンドが差す事が多いのですが、上田桃子選手のスイングからは全くこうした動きがありません。

ダウンスイング途中をスロー動画で見てもしっかりとクラブが立った状態で下りてきています。

上田桃子選手の様に、クラブの運動量と体の運動量が合ったスイングを身につけましょう。
そうすれば、左右への曲がりの少ないボールを打つ事ができる様になります。

上田桃子選手のスイングは左サイドが一直線に動いている事がスローから分かる

上田桃子選手のスイングの特徴は、アドレスの構えから分かります。

アドレスの形を見ると、左腕とクラブが一直線になっている事が分かります。
上田桃子選手はこの左腕の形を崩さない様に、バックスイングを上げています。
体の柔軟性もあり、左肘が曲がることなく、トップでは左手が頭の後方まできています。
体が硬いと左肘を伸ばした状態ではなかなかここまで上げる事はできない為、上田桃子選手は体の柔軟性を生かし、上手くパワーを最大化させています。
また、体の右サイドの力を使うタイミングがインパクト以降の為、終始左サイドのリードを保っています。

上田桃子選手のスイング動画で正面のスローの物を見ると、ダウンスイングからインパクトまで右肘が曲がっている事が分かります。
そして、クラブフェースにボールが当たってから右腕が伸び、大きなフォロースルーへと向かって行く事が良く分かります。

右手の力を使ってスイングしてしまうアマチュアゴルファーは、上田桃子選手の様にインパクトまで右肘が伸びない様に注意してみてください。

上田桃子選手のスイング、下半身がどっしりとしているから安定する

女性には失礼な言い方になるかもしれませんが、上田桃子選手の下半身はどっしりとしてスイング中安定しています。
スロー動画の際、下半身の筋肉の張りが凄い事が分かります。

太ももの太さも他の女子プロよりも太く、下半身を強化するトレーニングを行っている事が現れていますよね。

そもそもゴルフスイングの土台となる下半身が安定していなければ、ボールは絶対曲がります。
しかも、プロは年間を通して試合を行い、1試合を3日間、4日間戦います。

この様な状況下において、細い下半身で年間を通して上位にいられる程、プロスポーツと言うのは甘くありません。

女子プロゴルファーの衣装が変わり、下半身に目が行きやすくなった事もあるのですが、上田桃子選手を始め、トッププロの下半身は本当にしっかりしています。
逆に、細身の選手が活躍し続ける姿を見た事がありません。
それだけ、ゴルフで賞金を稼ぐ、活躍するという事は大変なのだという事をトッププロの下半身が物語っていると言えます。

上田桃子選手はスイングで球筋を左右に打ち分けられる数少ない選手

上田桃子選手のスイングを見ると、通常はドローヒッターという事が分かります。
ダウンスイングではクラブを体に引きつけ、どちらかと言うとインサイドからアウトサイドへクラブを運んでいる事がスロー動画から分かります。

しかし、上田桃子選手は公式戦の最中に、使えるフェードボールも打つ事ができ、ボールを左右に打ち分ける事のできる数少ない女子プロゴルファーです。
ドライバーショットではどちらかというと得意なドローボールを打つのですが、アイアンショット、特にショートアイアンの左から右に攻めたい場合はフェードボールを打ちます。

上田桃子選手、フェードボールの場合はドローボールを打つ時に比べフェースの返りを遅らせています。
スローで見るとよく分かるのですが、クラブをあまり引きつけずに、フェースがアウトサイドから入りやすい様にスイングを変えているのです。

これはクラブコントロールの上手い選手の特徴と言えるのですが、日本の女子プロの中では珍しいスイングタイプと言えるでしょう。

通常は、スタンスの仕方やボールの位置でナチュラルなボールの打ち分けをする選手が多い中で、上田桃子選手のボールを打ち分ける方法は半ば強制的にスイングを変えています。

上田桃子選手、ボールを捕まえるスイングをスローで見る

日本女子プロの中で上田桃子選手はボールを捕まえる事が上手い選手の1人です。

上田桃子選手のスイングでインパクトゾーンをスローで見てみると、上手くフェースターンを行っている事が分かります。

フェースターンは開いたフェースを戻してくる動きで、インパクトゾーンでは閉じ過ぎず開いていないフェース角度でボールを打っています。
この事から、上田桃子選手はフェースターンの上手いスイングであると言えます。

ただ、調子が悪い時は体の回転が少し止まる傾向があり、この事がフェースターンを早めてしまい、結果引っ掛かったボールにつながる事があります。

また上田桃子選手は他の女子プロと同じ様にインパクトで多少ジャンプの力を使ってヘッドスピードを上げている為、腰の回転が余計止まりやすいスイングです。
ジャンプ自体は悪い動きではなく多くのプロが取り入れている動作なのですが、時にジャンプは回転の動きを妨げる為、フェースがかぶり気味に入ると必ず引っ掛かります。

上田桃子選手も身長差を埋める為のスイングをしていますが、時にタイミングの取り方が難しいスイングと言える為、日々の練習は欠かせない物となっているのでしょう。

自らを桃尻という上田桃子選手のお尻の動きをスローで見てみる

少しいやらしい言い回しとなりましたが、上田桃子選手自身が桃尻と言っているお尻の動きについて、スイング中のお尻の位置について見てみましょう。

上田桃子選手のスイング中のお尻の動きについては、アドレスからインパクトまで見事に位置が安定している事がスロー動画で分かります。

ゴルフスイングはお尻の位置も重要で、特に下半身が弱いアマチュアゴルファーのスイング中のお尻の位置は前に行きがちです。
お尻が前に出るという事は、スイング軸がズレている事を表します。
しかし上田桃子選手はスイング中この桃尻がズレる事なく、しっかり位置がキープされています。

これは単にお尻が大きいという事ではなく、軸がぶれない様に下半身の動きを保っているからなのです。

このお尻の位置について確認する方法は、アドレスで壁にお尻を付けインパクト時までお尻が壁についている事で確認できます。
壁でなくとも椅子などを利用しても確認できますね。

スイング軸がズレてしまうゴルファーは、上田桃子選手の桃尻の様にスイング中お尻の位置を保つイメージで練習してみてください。

もっと勝てる!上田桃子選手の安定したスイング

上田桃子選手のスイングを見れば、日本女子ツアーでもっと勝てるスイングであると言えます。

特にどっしりとした下半身からはミスヒットする事が少ないと思えるスイングを生み出し、実際下半身が安定したスイングをしています。
持前の体の柔軟性を生かしたスイングは他の女子プロとは一段違うスイングと言えます。
これから先、恋愛に溺れる事がなければもっと勝てる選手である事は間違いなさそうです。

 - スイング ポイント