ゴルフの目からウロコ話し、よく聞きます?そんなにあるか?

「えっ、そうだったのか?目からウロコが落ちたよ」
という会話、たまにに聞きますよね、
ゴルフ場のレストランや居酒屋の後ろの席で部下と上司らしき人が言っているとか・・・。
でも本当にそんな話は沢山あるのでしょうか?

そんな目からウロコ話しについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

本場のPGAゴルフツアーで聞く英語の掛け声は日本と違う!?

ゴルフでは掛け声からゴルフ用語まで結構英語を使用します。しかし、自分たちが使っている英語と実...

高橋勝成ゴルフレッスンが人気の理由って一体!?教え上手?

高橋勝成ゴルフレッスンと言えば、「Expert GOLF」という番組が人気です。現在もシニアツア...

ゴルフのコンペで発行する領収書に意味はあるの?

ゴルフコンペの幹事役が回ってきたら、もしかするとコンペの領収書の発行人になるかもしれません。...

ゴルフ会員権の売却損で法人の節税対策はできるのか?

ゴルフ会員権の著しい下落で、これ以上保有していても値上がりする見込みはない場合は、売却損を承知で...

ゴルフバッグはゆうパック等で自宅から手ぶらで楽々ゴルフ!

ゴルフラウンドへ行くのは楽しみですが、ネックになるのはゴルフバッグの運搬です。大きなゴルフバ...

ゴルフでは希少!?レフティはクラブもない?練習場も隅か?

ゴルフでは野球やその他スポーツと違い、レフティ(左打ち)にアドバンテージはなくゴルフ競技人口も少ない...

子供にゴルフをさせる場合の教え方。親の立場から考える。

子供にもゴルフを教えたいと思う親御さんはいらっしゃいますか。ゴルフ好きのお父さんは、子供にも...

女子ゴルフ界を隆盛に導いた宮里藍と横峯さくらの不思議な仲

宮里藍と横峯さくらは同学年で、ジュニア時代はお互いが切磋琢磨して活躍していました。先にプロの世...

日本女子OP堀琴音選手のレイアップ”ゴルフの難しさを痛感!”

ゴルフはやっぱり難しいですよね。”たら””れば”を言い出したら切りがありません。今年...

オリンピックのゴルフ競技でプロは参加資格があるの??

オリンピックと言えば「参加する栄誉が一番の報酬だ」という考えから、スポーツをしてお金を稼いでいる人は...

No Image

一世を風靡したハニカミ王子とハンカチ王子のその後の真実

高校生プロゴルファーとしてデビューしたハニカミ王子こと石川遼選手。甲子園を沸かせ東京六大学では「...

ゴルフの天才と言われたゴルファーたちの昔と今、残した実績

「○○の天才」と言う言葉は昔から良く聞きますよね。ゴルフ界においても「ゴルフの天才」と言われ...

ゴルフだけグローブを利き手にしない理由が意外すぎる

ゴルフ用のグローブは利き手と反対側の手にしかつけないのが普通です。中には両手グローブと言う人...

ゴルフのキャディは若いほうがいいに決まっている?いない?

ゴルフの競技人口の減少に歯止めがかからず、「カジュアルなスポーツとしてのゴルフ」を浸透させたいゴルフ...

ゴルフ界の英雄タイガーウッズの近況と実力者の凋落

史上最年少でマスターズ・トーナメントを制するなど、史上最高のゴルフプレーヤーとの声もあるタイガーウ...

スポンサーリンク

「目からウロコが落ちる」の語源はなんだろう

「目からウロコが落ちる」。

これは「ある事をきっかけに今まで分からなかった物事の実態(真相や本質)などが理解できるようになる」という例えとして使われていますよね。
語源は聖書から来ている様です。

私は聖書を読んだことはありませんが、なんだかキリスト教徒を目の敵にし、迫害していたサウロさんという人が、キリストによって目を見えなくされてしまったそうです。お仕置きみたいな事でしょうね。

しかしキリストに遣わされたアナニヤさんという人がサウロさんに祈りを捧げると、目からウロコの様な物が落ちてきて元通り目が見えるようになったそうです。
その後サウロさんは洗礼を受け、聖人の1人となり大活躍をしたそうです。

つまり・・・キリスト教に出会い、これまでの生き方を改め、新しい生き方を選んだという事から、「誤りを悟り、迷いから目覚める」という意味であったものが現在の様に使われるようになったそうです。

これこそ目からウロコ話しですよね!
でもレベルアップを目指すゴルファーには全く興味のないことでしょう。

目からウロコ話しとは「ことわざ」かと思っていたという話

最近では小学生の子達も「目からウロコだよね」なんて言っているようですが、本当に意味が分かっているのでしょうか。

私も前分に書いた聖書の中のお話しの意味は知りませんでしたよ・・・。
ことわざかと思っていましたから。

「サルも木から落ちる」とか「秋の日は釣瓶落とし」とか「語るに落ちる」みたいな、でも「木登り上手なサルでも油断してると木から落ちてしまう、だから物事は慎重にね」なら分かるのですが、「目からウロコ話し」はサウロさんの目から落ちた「ウロコの様な物」ですからね。

実際目にウロコは無いし、魚にだって無いです・・・。

あっ私はありました!
透明で薄くて丸~いウロコが・・・。

分かりますよね、そうですコンタクトレンズでした。

様々なカラーコンタクトがあるのだから「ウロコ模様のコンタクト」も発売すればいいかもしれません。
そうしたら「目からウロコ」をギャグで出来るようになりますから、ゴルフコンペなどで笑いを誘い盛り上がること間違いなしです。

よくあるゴルフレッスンでの目からウロコ話し

ここでやっとゴルフのお話しになりますが、インターネットを見ているとゴルフレッスンでの「目からウロコ話し」は結構あるのですよね。

そこで色々と見てみますと、なんて事はない、よくある当たり前のお話しばっかりですね。

例えば
「スイング中にクラブのポジションを考える事は最悪だ、技術面をシンプルにする事がベストなプレーに繋がる」とはどうやったらシンプルに出来るのですか?
といった感じで全く目から何も落ちません。。。

例えば
「ミスショットしたら技術的な問題か、メンタルな問題か考えよう。
アマチュアの場合ほとんどがメンタルだ、ショットと自分の能力だけを考えよう」。
ではどうやったらメンタルが強くなるのですか?
それを教えてよ!

この様にほとんどが目からウロコ話しではなく、よく分からないというのが本音ででしょうね。
「目からウロコ」と書くだけで、読者の皆さんが「おっ!!」という感じで食いつくのではないでしょうか。

一流プロゴルファーやコーチの「目からウロコのテクニック」の話

前で書いた様に一流のプロゴルファーやコーチの方々が言ってる事はもしかしたら本当の事で、というか事実そういう事なのでしょう。

聞く人が聞けば「なるほど。やっぱり一流プロゴルファーは考え方が違う!」と目からウロコが落ちる想いで、感激しながら拝聴しているのかもしれないですね。

でもプロやコーチからその名言を目からウロコで聞いたにもかかわらず、いざ実践となると「ん?どういう事なんだろう??」といった具合でよく分かってないのが本音ではないでしょうか。

難しい言葉でもっともらしい事が目からウロコ話しなのではなく、「あ、そういう事ね、気が付かなかったよ」とか「えっ、そうだったんだ!」みたいな事です。
言ってみれば簡単な事ですが、ふと気が付かされたよ・・・。
みたいなのが目からウロコですよね。

たまにそういう話を聞くのだけれども、ちっとも覚えていないのは私の記憶力低下のせいでしょうか。

そういえば私の目からウロコが落ちたことはあっただろうか

そこで数字の4の話です。

ホテルとかゴルフ場のロッカーとかに4の数字は使われませんよね。
やっぱりホテルに泊まって4号室だと なんか出てくるのではないか・・・みたいな感じがあります。

ゴルフ場のロッカーが4番だったりすると、もうラウンドする前からティーショットが曲がってOBになるのではないか・・・とか不吉な予感の様な物がありますね。

でも飛行機はどうでしょう。
自分のシートを探していて1番、2番、3番、・・5番とやっぱり4番は抜けているのですよね。

しかし、例えば4番があったとして自分がその席だったとします。
そして不吉な予感と共に飛行機が墜落。
でも墜落するのはみんな一緒ですよね。
4番の自分だけがストーンと落ちる訳ではないのです。

だったら4番あってもいいのでは!?
あっ、でも4番の人だけスチュワーデス・・もといCAの人がジュースをこぼすとか、機内食に当たってお腹を壊すとか・・・そんな事があるのかもしれないですね。

でもこの「4番話」少し目からウロコ話しではないですか。

結構探してみると面白いですよ。
駐車場番号だったり、ゴルフ場の電動カート番号だったり。

探すと数字は結構見つかりますが、4が無いということもあるのです。

最後に初心者ゴルファーによくある目からウロコ話し

ゴルフの目からウロコ話しをしっかりお話しします。

さすがに最近は無いのですが、あれはまだゴルフを始めたばかりの頃です。

ティーショットがチョロ、2打目ゴロゴロ、3打目、4打目、5打目でやっとグリーンにオン。

さぁやっとパットだよ。
でも1パット目が10メートルオーバー、2パット目が5メートルショート、3パット目が2メートルオーバー、4パット目が20センチ手前。
こういう光景、初心者あるあるですよね。

ここで周りの同伴ゴルファーの「オーケー」の声。
「どうも」とボールを拾い上げホールアウト。

「○○さん何回でしたか?」
「え~っと5オン4パットの9回です。」
「えっ!?5パットだから10回でしょ!」
「えっ!4パットですよ。だってオーケーだと言ってもらいましたし。」

しかしそのオーケーとは、「5パット目は20センチで、間違いなく入るでしょうから打たなくても入った事にします」という事だったのですね。

私は4パット目があと20センチだったので「惜しいから入った事にしましょう」かと思っていました。

ゴルフを始めてからその時までずっと、その数え方でゴルフをやっていました。

教えてくださった方、「ありがとうございます!」。
「えっ!?という感じで目からウロコが落ちました」。

皆さんもゴルフでの目からウロコ話しありますか?

ゴルフは結構ルールやマナーが細かいですよね。

ですから、結構長くやっていても初体験して驚くことも多いと思います。

でもそうやってたくさん経験を重ねてゴルフを覚えていくのが普通ですよね。

それは練習も同じこと。
経験値は何事にも変えられません。