ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

アイアンでのアドレスはハンドファーストの度合いがポイント

2017.5.18

ハンドファーストとは、アドレスで構える際にクラブを右斜めにセットして、グリップがボールより先に突き出ている状態です。

基本的にアイアンでの構え方であり、ドライバーなどで採用している人はあまりいません。

ハンドファーストがゴルフスイングに良いと言っても、その度合いによってはミスショットに繋がる可能性もあります。

ハンドファーストについてと、その度合いについてお話していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【ゴルフの悩み】バンカーの柔らかい砂と硬い砂の打ち方

バンカーショットと言えば、バウンスのあるウェッジのフェースを開き、砂のエクスプロージョンで打つの...

ゴルフの謎!インサイドインVSインサイドアウト!ドロー打ち

ゴルフをする上で、誰もが一度は憧れるドローボール。 気持ち良くドローボールで飛ばそうと練習に励...

自由度の高いパッティングでも基本のアドレスは押さえよう!

パッティングでは力が必要ないので、いかにスムーズに身体を動かし、再現性の高い動きができるかの方が...

ゴルフスイングでフィニッシュがよろける原因とその対策方法

ゴルフスイングの締めとなるフィニッシュがよろけるようなら、スイングの仕方が間違っているかもしれま...

ゴルフルールでのパター2本の是非とその効果について

ゴルフのルールでパター2本を携帯していても、ペナルティはないのでしょうか? 2本持てるとしたら...

ドライバーバックスピン量の減らし方。多いと飛距離ロスする

ドライバーショットはボールにバックスピンが掛かります。 このスピン量、多すぎても少なすぎても飛距離...

藤田寛之の軸がぶれないスイングとアイアンの精度の関係性

小柄な藤田寛之選手がトーナメントの一線で活躍できているのは、中心軸がぶれないスイングに徹しているか...

【ゴルフ教えて!】スイング中に左足が動くのは良くない?

ゴルフでは様々なスイングや考え方があります。 今回考えたいのはスイング時の左足についてです。 ...

理想的なインパクトを迎えるために左肩甲骨の動きをよくする

スイングでもっとも大事なことはインパクトでしっかりボールを捉えることです。 スタンスやグリップ...

【ゴルフ上達】左腕のリードの重要性の解説と2つの練習法

ゴルフにおいて左腕の役割は何なのでしょうか? 良く車のハンドルに例えられ、左腕を使いこなさない...

ボールが左に!ドライバーが意に反して飛ぶ理由と対策法

上級者だけではなく初心者の中にも、左方向にドライバーショットが飛ぶことで悩んでいる人がいるようです...

人気プロゴルファー藤田寛之の全てを徹底分析してみよう!

ゴルフ界一の卓越した理論を持つことで有名な藤田寛之選手。 それはスイングだけでなく、トレーニン...

ゴルフで左手人差し指にマメができるのは間違っている証拠!

ゴルフ練習をしていると手にマメができることがあるでしょう。 そのマメのできる位置でゴルフの上手...

ゴルフコースのバンカーショットが苦手な人のスイングドリル

ゴルフ場で苦手意識の強いバンカーですが、誰でも簡単に脱出できるバンカーショットを覚えると、少なく...

ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボールが出やすくなります。 そのためなるべく早...

スポンサーリンク

アイアンで欠かせないハンドファーストとは

ハンドファーストとは、ボールよりグリップを左側にして構えることを言います。

ハンドファーストで構えると、フェースが適正な角度で目標方向に向いていることが確認できると思います。
このように、アイアンのロフト角を最大限に生かすためにも、ハンドファーストは必要なのです。

また、ハンドファーストのアドレスはボールを上から打つことで、スピンを効かせることができます。

このときの体重の掛け方は、左体重で構えることが前提であることを覚えておきましょう。
そしてグリップは左足太ももの内側で、ボールはアイアンの番手が小さくなると右側に寄っていきます。

もちろん、ボールの位置にも個人差があるので、自分に合った度合いを確認してください。
アイアンは、短いシャフトほど早く下りてくると言うことを考慮しましょう。

ドライバーはどちらかというと払い打ちなので、体の中心より左側にボールをセットします。
しかしアイアンは、ダウンブローで打つためにボールは右側に置くことが多いのです。

良い度合いでアイアンをハンドファーストで構えると

アイアンをハンドファーストに構えると、スイングが易しくなり、ボールを捉えやすくなります。

真っ直ぐな状態に構えると、トップの位置までにコック量が90度になりますが、ハンドファーストで構えるとその角度が狭くなります。

最初から斜めに構えておけば、ボール位置とグリップ位置で既に角度ができ、テークバックからトップまでの角度が狭くなるのは当然ですよね。

その角度が狭くなれば手首による動作が真っ直ぐな構えに比べ、最小限で済むのです。

実はスイングで、このコックのタイミングは難しいため、それを軽減できるとよりスムーズなスイングを行えると言うことになります。

またアドレスでハンドファーストになるだけでなく、もちろんインパクト時もハンドファーストにならなければなりません。

アドレス同様、クラブが斜めの状態でインパクトすることで、より力強いショットができます。
それは真っ直ぐな状態でインパクトするより、斜めにインパクトしたほうが、体重を乗せやすいからです。
ハンドファーストはグリップがボールより先に位置するため、自然とそれに合わせて体もグリップ側に寄せられ、自然と体重移動を行うことができるのです。

しかしこれらの利点は、適度な度合いのハンドファーストをした時に限り!です。

アイアンのハンドファーストの度合いが強過ぎる場合

アイアンをハンドファーストで構えることでたくさんのメリットがあるのですが、その度合いが過ぎてしまうといったいどうなるのでしょうか。

あまりにハンドファーストインパクトにこだわりすぎると、引っかけのミスが出やすくなるという問題が出てきます。

ハンドファーストを意識すればするほど、アドレスでボールをスタンスの中央よりも右足寄りに置くようになり、クラブフェースは目標に向けるためにかぶせて構えるようになるでしょう。
この状態からバックスイングを行うと、ヘッドの重みを感じることができずに手だけを使ってクラブを上げやすくなります。
そして下ろすときも体を使うことなく手でクラブを操作しがちになります。

手打ちになるとインパクトでは左腰が後ろに引けやすく、ヘッドを鋭角に下ろすしかなくなり、ボールを上からつぶすような打ち方になります。
こうなるとインパクトでさらにフェースが被り、左へ低く打ち出されてから左へ曲がるというとんでもない引っかけが出るのです。

これを防ぐには、アドレスで少しハンドファーストの度合いを小さくするしかありません。
もしくはハンドレイトにするぐらいでもいいかもしれません。
ボールはスタンス中央よりも少し左足寄り、アイアンヘッドと両手の位置が一直線になるように構えにしてみてもいいでしょう。

ハンドファーストの度合いをチェック!

良い度合いであればアイアンショットの精度を上げるけど、度を過ぎると精度を下げてしまうハンドファーストの構え。

では、一体ベストなハンドファーストの度合いとはどのくらいなのでしょう。

まずハンドファーストの構えであっても、グリップとシャフトが真っ直ぐになるのが基本です。

ハンドファーストになるという事は、ボールが右足寄りにおいている事からハンドファーストになるという事です。
あえてハンドファーストを意識する必要はなく、ボールに合わせて構えると言う感覚が良いのです。

そこで、ハンドファーストでスイングする上で注意して欲しいことがあります。
決して右手首の角度は、インパクト後も変わらないという事です。

そこでハンドファーストを身につける簡単なドリルを紹介します。

右手だけでクラブを持ち、右手首の角度を変えないままスイングする方法です。

アナログ時計の7時から5時の振り幅で行います。
右手の角度を変えないで押し込む事をイメージを持つことが大事です。

慣れてきたら、両手でグリップしてビジネスゾーンの振り幅で練習しましょう。

下半身もしっかりと使い、ここでも右手の角度は決して崩さないようにしてください。

ドライバーをハンドファーストで構えたら

ドライバーのアドレスは、アイアンと違いハンドファーストで構えてはいけません。

先に述べたように、ハンドファーストはボールをダウンブローで打つためです。
しかしドライバーは基本的にアッパーブローで打ちます。
芝の上にあるボールはハンドファーストで構えますが、ティアップするときはアッパーブローで打ちましょう。

ドライバーのスイングでは、最下点を通過した直後にヘッドスピードがマックスになるのが理想です。
しかしハンドファーストで構えるとリストターンが遅れてしまい、ヘッドスピードが上がりません。

ドライバーのアドレスは、

・体重はやや右足体重
・ボールは左側
・グリップの位置は体の中心

です。

右足体重のアドレスにすると、ハンドファーストには構えられません。
また右足体重になると、ダウンスイングは右腰で打つ感覚が出てくるでしょう。

補足ですが、フェアウェイウッドやユーティリティがダフると言う人は、改善策として、同じウッド系であっても、左足体重にして若干ハンドファースト気味に構えると良いです。

この若干と言う度合いを見つけるのは難しいかもしれませんが、練習場で自身に合うダフらないグリップの位置を確認してみましょう。

ボールをあえて曲げるとき

アイアンでハンドファーストに構えるのは、ダウンブローのための基本的なものだけではありません。

意図的にフックやスライスを打ちたい時は、フェースが意図した方向を向くように構えます。
つまり、フックボールを打ちたいのであればハンドファーストに構え、スライスボールを打ちたいのであればハンドレイトに構えるのです。

その際に重要なことは、まずは体の重心とボールの正しい位置関係を確保することです。正しい位置関係=正しいハンドファーストやハンドレートの度合いです。

またスイングを通して、クラブフェースがボールとターゲットに対してスクエアになるよう維持できるクラブの握り方と構え方です。

スイングを通じて体の回転の中心がどこにあるのか、クラブフェースの位置と向きがどのようになっているのかということが正しく感じられるようになれば、良いショットが出来るようになります。

ですから、それが出来るようなセットアップの仕方を身に付けるのは非常に大切なことなのです。

スイング向上の有無は基本が全て

アイアンのアドレスでハンドファーストが正しく出来るようになると、その他のスイングの要素も自動的の向上します。

グリップエンドの延長線が体の中央の場合、どうしてもバックスイングの軌道がアウトサイドに上がってしまいます。
しかしハンドファーストのアドレスからバックスイングをすると、嫌でもインサイド方向にクラブは上がるはずです。

ハンドファーストはゴルフスイングの中でも基本中の基本なので、スイングで最も重要な部分です。
しっかり身につけられるようにがんばってください。

 - スイング ポイント