ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

坂田信弘から学ぶゴルフスイングの基本、ショートスイング

      2017/03/31

坂田信弘から学ぶゴルフスイングの基本、ショートスイング

坂田信弘さんを知っていますか?

古閑美保、上田桃子、笠りつ子、原江里菜など多くのプロゴルファーを輩出した名指導者として知られている、レッスンプロゴルファーです。

彼がゴルフスイングの基本として推奨しているのが、ショートスイングです。
今回はそのショートスイングに注目して見てみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


名指導者、坂田信弘とは

現在69歳の坂田信弘プロ。

漫画原作者であり、プロゴルファーであり、ジュニアゴルファー育成組織である「坂田塾」の主宰者でもあります。

また自衛隊に入隊していた経歴も持つ、なんとも多種多才な人です。

自衛隊満了退職後に、プロゴルファーを目指し、研修生生活を経験しました。
28歳でプロテストに合格したものの、大きな活躍は見られませんでした。

しかし、レッスンプロゴルファーに転向してから、その才能が大きく開花したのです。
ゴルフが上手い人とゴルフを教えるのが上手い人とは全く別物なのです。

タイガー・ウッズの指導者が、彼よりもゴルフが上手かというとそうではありません。

それから自衛隊に入隊していたこともあり、スパルタ教育で大変厳しい指導をするこで有名です。
多くのプロゴルファーを輩出している上に、その選手たちが活躍していることから見ても、彼の指導力の高さが良く分かります。

ゴルフに関する多くの著書も出していて、テレビ番組で取り上げられることも良くあります。
またショートスイングを基本とする「ゴルフ進化論」と言うゴルフレッスンDVDも数多く出しています。

坂田信弘が提唱するショートスイングとは

坂田信弘プロは、ゴルフスイングの基礎を身に付けるために、ショートスイングの反復練習を提唱しています。
もちろん彼が主宰する「坂田塾」でもそれを取り入れています。

ショートスイングは、バックスイングで左腕が地面と平行の位置をトップとします。
そしてフォロースルーでは右腕が地面と平行の位置まで振りぬくのです。

「半円スイング」をイメージすると良いでしょう。
トップでグリップを緩めたときに、クラブが落とせる角度であればOKです。

坂田信弘プロは、この円弧をインパクトゾーンと位置づけていて、ショートスイングはインパクト作りの基本としています。
この反復練習が、全てのクラブに対応しうるスイングの基礎となります。

坂田塾では、このショートスイングを6番アイアンでティーアップして行ないます。
しかも坂田塾のジュニア選手たちは、これを1日500球行ないます。

もちろん一般の方で、1日にショートスイングだけで500球も打つのは、時間的にも体力的にも難しいでしょう。

ですから、慣れるまでは50球くらい、慣れてきたら100球くらいショートスイングでの練習をすることをオススメします。

これをひたすら続けるだけでも坂田塾門下生に少しは近づけるかもしれませんよ。

坂田信弘が考えるショートスイング

坂田信弘プロは、ショートスイングはスウィング作り、球筋作り、球質作り、飛距離作り、方向性作りの全ての基本だと話しています。

このショートスイング練習を実践している人はたくさんいます。

しかし長らく実践していて、彼らがぶつかる疑問が、

「いつまでこの基本の練習を続ければ良いのか」

です。

彼の答えは、

「ショートスイングの練習に終わりは無い」

です。

もちろん彼自身も坂田塾のように、一般の方へ1日500球のショートスイングの練習を推奨してはいません。
一般の方であれば、練習の3分の1をショートスイングに当てるので良いようです。
また、ショットに悩んだときもショートスイングの練習に戻るべきだと話しています。

スパルタ教育と言われる彼らしく、1,000球打って小さな小さな1つのイメージが湧けば良いと言っています。

地味な反復練習を続けるには、集中力も必要となってきます。
ショートスイングの練習をすることで、同時に集中の力も生んでくれるのです。

坂田信弘が教えるショートスイングのフォロー

坂田信弘プロは、ショートスイングでは両腕を地面と平行に基本の形を言っています。

しかしここで悩むのが、フォローではクラブヘッドを真っ直ぐ出すと良く言われますが、真っ直ぐ出そうとすると、両腕が体から離れてしまいます。
そうなってしまうと、フィニッシュがきれいに決まらないのです。

真っ直ぐ出すフォローとは、クラブヘッドの走る道が、飛球線と平行であれば良いということ。

ショートスイングでの練習であれば、フィニッシュもフルスイングの半分になるので、右腕は伸びます。
左腕を伸ばせば、右腕も伸び、右肩も回ります。
左腕の伸びたショートスイングのフィニッシュであれば、クラブヘッドは飛球線に平行に出るはずなのです。

注意するポイントとしては、右手首の外側に少しの角度を作ることです。
そうすることで、インサイドへの引っ張り込みは防げます。

ヘッドが走るべきところは飛球線と平行です。
しかしフルスイングであれば、ずっと平行というわけではなく、インサイドに戻るヘッド軌道になります。

ショートスイングで腰痛対策

坂田信弘プロ曰く、ショートスイングは健康スイングにもなるようです。

自分のスイングは、丈夫で長持ちするスイングなので、ジュニアの指導にも自信を持っていると自身満々です。

その丈夫で長持ちするスイングを作り出す過程にあるのがショートスイングの練習です。
ショートスイングの練習を続けると、首も肩も背中も強くなります。
ショートスイングで100球打つと、首筋が強くなったと自覚できます。

坂田塾の塾生たちは、このショートスイングの練習を毎日500球するので、首の太い子どもが多いです。

ショートスイングでつく筋肉は、腰背筋、僧帽筋と下から上についていきます。

最後に首の筋肉がつくので、首筋が強くなったと自覚できたときには、全身に筋肉が付いているということになります。

ショートスイングの練習は、継続してすることで、ゴルフ上達に繋がるだけでなく、筋力トレーニングも兼ねているので、強固な身体作りにもなるのです。

もちろん、合わせて筋トレやランニングなどをするとより効果的です。

坂田塾って本当にすごいのです!

ショートスイングの練習を基本として日々がんばっているジュニア選手がたくさんいるのが、坂田信弘プロが主宰している「坂田塾(坂田ジュニアゴルフ塾)」です。

坂田塾の詳しい内容を知りたい方は、

http://sakatajyuku.com/

を見て下さい。

もちろんジュニアゴルフ塾なので、大人の方は塾生になることはできません。

このゴルフ塾の信念は、”どんな子どもでもプロになれる素質は持ってる”です。
だから、入塾の募集対象ではゴルフ経験がなくてもOKとされています。

そして坂田塾が一番凄いのは、入会金や授業料の負担がないことです。
打球練習やラウンド練習は、提携先の練習場やゴルフ場で無料で使えます。

またゴルフ道具も協賛を受けているスポーツメーカーから貸与されるので、経済的な負担は軽減されるのです。

子どもにゴルフを習わせたいけど経済的に心配という方には嬉しいことばかりですよね。
ただ、試合に出る遠征日などは後援会から一部は貰えますが、ほとんどは自己負担になります。

地道な練習こそ続ければ身になる

坂田信弘プロが提唱するショートスイングについてお話しました。
この練習に効果があることは理解していただけたと思います。

しかしこの練習、想像以上に地味で、パッと効果が出るものではないのです。

坂田信弘プロにレッスン番組等で魅力を感じ、ショートスイングの練習をした人は大勢いると思います。
でも、続いた人は少ないのではないでしょうか。

プロ選手が口をそろえて言うのが、「ゴルフに近道はない」です。

効果を実感するまで地道にがんばってください!

 - シングル 近道