バランスディスクを使ったゴルフトレーニング法を厳選紹介!

ゴルフ技術上達のためのトレーニング法としてふわふわしたバランスディスクを使ったものがあります。

バランスディスクを使ったことありますか?

その上に立つだけでも不安定なのに、その上でスイングをするのです。

効果ありそうですよね!

それでは、そんな優れた方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パッティングが簡単に上達できる自宅レッスン法がココにある

1ラウンドパー72の規定パター数は36打です。スコアの半分がパッティングなのに、「これが絶対...

谷将貴のスイングレッスンはドライバーショットもシンプル!

レッスンプロ谷将貴のスイングは一言でシンプルと言えます。上げて下ろす、素直なスイング理論のコーチ...

【ゴルフ上達】左手一本と右手一本ドリルでスイングを極める

プロやゴルフ上級者の練習を見ていると、左手一本や右手一本ドリルをしていることが良くあります。...

アプローチが得意な女性ゴルファーは強い!男性にも勝てる!

飛距離がなかなかでない女性ゴルファーの方でも、アプローチとなれば男性と同じ条件です。パワーは要り...

アプローチは52度や58度などロフト角で使い分けるべきなの?

スコアメイクのポイントとなるアプローチ。特にグリーン周りからのアプローチでは、パーオンし...

都内のオススメゴルフ場「打ちっ放し」で抜け駆け練習を!

ゴルフとは、1に練習、2に練習、3・4がなくても5に練習!です。練習に励みたいけど仕事でなかな...

ゴルフ上達!スイング軌道「8の字」でフェアウェイキープ!

ドライバーは全てOBというプレイング4の常連。ゴルフのスコアをまとめるために、「ドライバーは...

バウンスを使うゴルフスイングでバンカーを攻略する!

サンドウェッジがイマイチ不安であれば、バウンスを使ったゴルフスイングができていないかもしれません...

フックショットの原理を知れば意図的にボールを曲げられる

フックショットやスライスショットをミスショットと捉えている人は多いでしょう。しかしフックとス...

ゴルフスイングを矯正するためのハーフスイングの練習のコツ

正しいゴルフスイングをしているつもりなのに、上手くボールを捉えることができないときは、ハーフスイ...

アプローチの練習をするなら練習場?それともコースの芝生?

アプローチの練習をする場所には、練習場の人工芝マットの上とゴルフ場の天然の芝生の上があります。...

ゴルフ上達のために競技に参加すべき!その心得と準備まとめ

ゴルフの楽しみ方は人それぞれですが、ある程度上達してくるとマンネリしてくる場合があります。そ...

ゴルフ上達は年末の過ごし方。ゴルフ行く?テレビ観る?

年末年始は仕事休みという方も多いのではないでしょうか。毎年どのようにお過ごしですか?...

アプローチの基本の打ち方を覚えるなら30ヤードからが一番

アプローチの基本の打ち方を覚えたいなら、まずは30ヤードのアプローチから練習するのが良いです。...

ゴルフで苦手なパターはボール位置を変えるだけで上手くなる

ゴルフプレーの中でもパターに苦労しているようなら、パッティングの構えとボール位置があなたのプレー...

スポンサーリンク

バランスディスク使用ゴルフトレーニング『素振り』

バランスディスクと言えば、宮里藍選手が練習に取り入れていることが有名です。

練習場へ行くとジュニアの練習でよく使用されているのを目にします。

使い方はいたって簡単です。

2枚のバランスディスクを用意して、その上に左右の足を置いてスイングをするだけです。

最初はバランスを取るのに精一杯でなかなか上手く打てないかもしれません。

しかし慣れてくると上手く打てるようになります。

慣れるまでは、片足だけをバランスディスクに乗せて、もう片方は地面に着けて練習するとよいでしょう。

これを両方交互に練習すると両足をバランスディスクに乗せて打てるようになります。

宮里藍選手は片足だけでバランスディスクに乗りスイングするトレーニングを行なっているといいます。

あとでトレーニング方法は説明致しますね。

バランスディスクを使うトレーニングは、足の裏や足首だけではなく足腰や体幹が鍛えられ、体の軸がブレにくくなります。

体の軸が安定すると傾斜のあるライでもスムーズで正確なショットを打てるようなります。

バランスディスク使用ゴルフトレーニング『ショートスイングで打つ』

ショートクラブを使い、バランスディスクに乗りボールを小さいスイングで打つトレーニングをしてみましょう。

ボールと身体の距離や、バランスの悪いスイングをするときちんと打てません。

バランスディスクに乗って練習すると感覚が研ぎ澄まされ、正しい体重移動の伝達ができます。

打ちにいって上体がつんのめったり、腰が引けるとバランスを崩して落ちてしまいます。

上手く打つポイントは、ダウンスイングで前傾姿勢と重心バランスを崩さずに、両膝を平行移動させて振り抜きます。

バランスディスクの上で両膝を柔らかく押し込めるようになると、フォローでフェースにボールが長く乗るようになるので、コントロールの効いた柔らかいボールが打てるようになります。

アプローチに定評があるイ・ボミ選手はフェースにボールが乗る時間が誰よりも長いと言われています。

ショートクラブでコントロールできる球が打てるようになるとかなり強みになります!

また高度な練習になりますが、目をつぶって練習スイングをするとバランス感覚が更に研ぎ澄まされるので是非挑戦してみてください!

バランスディスク使用ゴルフトレーニング『疑似傾斜スイング』

練習場シングルという言葉をたまに耳にしませんか?

練習場ではいつもパーフェクトなショットを炸裂するけど、いざラウンドすると散々だという方のことです。

その一番の原因は傾斜に弱いことです。

練習場は常にフラットな状態でのショットになります。

しかしラウンドではフェアウェイにボールを上手く運んでも傾斜があるところがほとんどです。

そこで、バランスディスクを使って擬似傾斜を作ってトレーニングをしましょう。

片足だけをバランスディスクに乗せてスイングをすると、右足上がりや左足上がりの傾斜を作れます。

また爪先に体重をかければ爪先下がりになり、踵に体重をかければ爪先上がりになります。

自分の苦手な傾斜って必ずありますよね。

その苦手な傾斜をバランスディスクで作った擬似傾斜でたくさん練習しましょう!

ラウンドでしか出合わない傾斜ですが、バランスディスクを使うことで様々な傾斜を想定することができます。

もちろん傾斜がある場合はフルショットはできないので、ゴルフ練習に必須のハーフやスリークウォーターのショットの練習もできて一石二鳥です。

宮里藍選手はバランスディスクに片足立ちで打てる!

バランスディスクの代名詞と言えるのはプロゴルファー宮里藍選手です。

バランスディスクに左足だけで乗り、アイアンを右手一本で持ってショット4球打ちます。

次に右足だけで乗り、アイアンを左手一本で持ってショット4球打ちます。

このトレーニングの狙いは、下半身に力が入り上体の力が抜けることです。

ディスク上で片足で打つためには、バランスをうまくキープしないといけません。

この練習を続けると下半身が安定し、コースの小さい傾斜にも対応できるようになります。

またインパクトで体が開いたり体重が動いたりせず、ボールを体の正面でとらえられるようになるのです。

簡単なように思えるかもしれませんが、宮里藍選手のようにバランスディスクに片足立ちをしてスイングするのはとても難しいです。

しかし根気強く続けることで、バランス感覚を養い、下半身を安定させ、身体意識を高めることができます。

誰だって最初は上手くいきません。

根気強く練習を続けることで上記のことは必ず身に付いてきます。

そしてゴルフにおいてとても重要な体幹も同時にしっかりと鍛えられます!

バランスディスクは家でも練習場でも大活躍します!

バランスディスクはゴルフ練習場での擬似傾斜練習に使えます。

でも練習場で使うのはちょっと恥ずかしいという方はもちろん家でも使えます。

バランスディスクは元々は体幹を鍛えるためのトレーニング用や脊柱と骨盤を安定させるためのリハビリ用のグッズです。

上に乗るとぐらぐらするのでバランスを取ろうとして、インナーマッスルを使います。

ですから現在はダイエットや様々なエクササイズに使われています。

バランスディスクはただ乗るだけでもバランス感覚を養うトレーニングになります。

それに慣れきたら片足立ちや膝立ちといったように応用していくといいでしょう。

また、バランスディスクに座って、V字バランスの形を取り、両手で身体の後ろを支えながら足を伸ばしていくと、腹筋のトレーニングになります。

高度で少しハードなものだとバランスディスクの上でのスクワットです。

これは体幹だけでなく足腰まで鍛えられます。

どれもハード過ぎて無理!という方は、椅子の上にバランスディスクを乗せて座ってみてください。

これもまたバランスを取ろうとするのでインナーマッスルが鍛えられます。

バランスディスクはどんな種類がある?相場は?

バランスディスクには厚みのあるものと薄いものがあります。

厚みのあるものは不安定さが増すのでバランスを取るのが難しく、トレーニングの難易度が上がります。

はじめて使う場合は薄い物から使用することをオススメします。

また空気を調整するものがあります。

空気をたくさん入れると固くなるので難易度が下がります。

逆に空気が少ないと柔くなりバランスを取りづらくなるので難易度は上がります。

自分のレベルに合わせることができるので空気を調整できるものを選ぶといいでしょう。

また、素材も硬いものと柔らかいものがあります。

硬いものは安定感があるので運動しやすいですが、難易度は下がります。

柔いものは不安定さが増すので難易度はあがりますが、柔らかい分フィット感は良いです。

素材の硬さは個人の好みがあるので一概にどちらがよいとは言えません。

また、凹凸があるものとないものがありますが、凹凸があるものにはマッサージにも使えるので1台2役になります。

特にゴルフ専用というものはありません。

価格は1,000円から10,000円まであります。

2個セットで2,000円前後が相場になります。

バランスディスクで効率よく、そしてリーズナブルに!

様々なトレーニングに役立つバランスディスクを是非活用してみてください。

ゴルフのスイング上達だけでなく、ラウンドさながらの傾斜練習に使えるのはかなりのスコアアップにつながります。

またゴルフ練習だけでなく、体幹や筋力トレーニングにも役立ちます。

レッスン料やジムに通うお金を考えたらバランスディスクを買ってお手頃価格でゴルフ練習と筋トレをがんばりましょう。

また、疲れた体を癒すためにボコボコを腰にあててマッサージもできます。

これでマッサージ代まで節約できます。

浮いたお金でラウンドの回数を増やすのもいいかもしれません!