【ゴルフ上達】レッスンプロに習うとどれだけ効果ある?

ゴルフをやっているからには上達したいですよね。

自己流で上達するには時間がかかりますし、何よりも基礎を固めるにはレッスンプロに教わるのが間違いないと考えます。

でもレッスンプロに教わったらどれだけ早く上達できるのでしょうか。

より効果的に短期間で上達するための方法をまとめてみました。

参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フライヤーはゴルフでは避けられないが起こるには条件が必要

ゴルフでフライヤー、つまりボールスピンが減り、想定飛距離よりも飛んでしまう現象は、発生するのにライ...

ゴルフスイング修正だけだとフック対策にはならない?

グリップの握り方や構え方、またゴルフスイングが間違っていることで、フックすると考えがちです。...

ゴルフグリーンの芝目の読み方を知るとパターが楽しくなる

毎日数時間パッティングの練習をし、正確なストロークとタッチができてもパター名人にはなれません。...

ゴルフで90切りを短い期間で実現するためのマネジメント

ゴルフは如何にスコアを少なくしてホールアウトできるかを競うスポーツです。一般的に上手いと言わ...

ゴルフスイングの練習しすぎがシャンクの原因?

ゴルフスイングの練習しすぎがシャンクの原因であると言う説があります。確かに上手くなる過程で起...

ゴルフ練習場で効果的な練習ができるのは1階?2階?右?左?

ゴルフ上達のためゴルフ練習場へ通っていない方はがほとんどいないでしょう。しかし、ただ行ってボ...

ヘッドスピード重視のアイアンの選び方は果たして正解か?

飛距離のバロメーターとなるヘッドスピードですが、アイアンの場合には飛距離よりも距離感が大事という声...

アプローチのシチュエーションごとの打ち分けを完全マスター

ゴルフのスコアの鍵を握るショートゲーム。その中でもアプローチは本当に皆さん苦労されていることでし...

ゴルフボールにピンク色を使う男性にメリットはあるの?

ゴルフはボールをカップに入れる競技ですから、ゴルフボールは重要なものです。競技に重要なボールで...

型破りゴルフ理論、片山晃の右手のスイングとは?面白い!

ゴルフを始めた時から現在まで、ほとんど全ての人はレッスンを受けた時やネットのゴルフレッスン記事などで...

ドライバーの長さを利用しないプロのスイングを真似できる?

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、スイングスピードを強化して、強いインパクトを与えるか、もしく...

正しいゴルフスイングとはグリップをv字スイングすること?

ゴルフスイングに迷いが出た時、色々と修正すると収拾がつかなくなることがあります。グリップをハ...

実践ゴルフを想定して傾斜をつけたパッティングマットを自作

自宅でゴルフの練習と言えばパッティングです。気軽にテレビを観ながらでも練習ができるので上達度も速...

30~70ヤードの距離のアプローチの精度UPでゴルフは変わる!

30~70ヤードの距離をフルショットで打つゴルファーはそういないでしょう。そのくらいの距離は...

【ゴルフ教えて!】競技に初めて出場する際の準備と注意点

ゴルフを長く続けて上達してくると、自分の腕前を試したくなってきますよね。そんな腕試しの場とし...

スポンサーリンク

ゴルフのレッスンプロはどんな人がいる?

ゴルフのレッスンプロでも人柄から教え方まで人それぞれです。

「プロ」と言うだけあってそれぞれのポリシーがあります。

レッスンプロなのでもちろんスイングを理論的に教えるのは当然でしょう。

しかしここぞとばかりに専門用語を羅列して難しく教えようとする人が割りと多いです。

教え方は初心者でも分かりやすいように端的なのが一番です。

専門用語を使い質問の答えがよく分からないようなレッスンプロは避けたほうが良いでしょう。

レッスンでは分かりやすく擬音で表現してくれる人もいます。

しかし擬音ばかりだと分かりやすいようでよく伝わらない場合もありますよね。

そこに具体的な説明を付け加えてくれるようなレッスンプロをおすすめします。

またレッスンだけでなく1人で練習するときでも役立つように技術的な指導だけでなく1人で努力するための練習方法を教えてくれる人もいます。

限られたレッスンの中だけでは上達も難しくなるので普段の練習の分まで気を使ってくれるレッスンプロはあなたにとって最高です!

レッスンと練習のダブル効果が得られることでしょう。

ゴルフのレッスンプロはマニュアルに沿って進めるの?

レッスンプロになるためには日本ゴルフ協会からPGAティーチングプロ資格認定を受ける必要があります。

PGA独自の指導方法とPGA発行の「基本ゴルフ教本」と言うものがあります。

マニュアルとまではいきませんがそれに基づいてゴルフ指導を行ないます。

その中にはレッスンを通して技術だけでなく、ルールやマナーを教えることも盛り込んであります。

しかし、もちろん教える人も教わる人もキャラクターやポリシーを持っていてそれぞれです。

ですから、一から百までマニュアル通りというわけではありません。

レッスンプロだってゴルフを初心者から始めて現在の位置にいるのです。

自分自身の教わってきた経験、そしてレッスンプロをやっていく中で見につけてきた教える技術をマニュアルに交えて、習う人にとってベストな方法でレッスンを進めていくでしょう。

そんな人に出会えたらあなたのゴルフ上達に大きな効果をもたらすでしょう!

もちろん中にはマニュアルにしか沿らないようなレッスンプロも居ます。

それが合う人もいれば合わない人もいます。

こればかりは自分で見極めるしかないです。

レッスンプロの指導はどれだけ効果的?

ゴルフレッスンには団体で指導を受けるタイプとマンツーマンで指導を受けるタイプの2種類があります。

レッスンプロに教われば誰でも上達するというわけではありません。

レッスンプロの指導で効果がでるには、本人のやる気や努力が大きく左右します。

自分自身が意欲旺盛で、レッスンプロの言ったことを100%吸収し、それを反復練習で更に身につる努力をすれば1ヶ月もすると1ラウンドで大きくスコアアップする人もいるでしょう。

しかしあまり意欲がない人は、レッスンプロの言ったことを10%くらいしか吸収せず、次回のレッスン待ち状態になってしまうと、習ったことを思い出すだけで毎回レッスンを終える結果になってしまいます。

しかしどんなにやる気旺盛であっても、団体指導では費用は安いのですが時間的な制約もでき思うようにレッスンプロにスイングを見てもらったり、質問をしたりできないので効果が出るのに時間を要するかもしれません。

真剣に早い上達を目指すならマンツーマンでのレッスンが理想です。

ゴルフ上達は徹底した基礎作り

レッスンプロ自身も大きく分けて2つのタイプがいます。

生徒がその日に良い球を打てて満足するようなレッスンをするタイプと基本を繰り返しレッスンするタイプです。

前者はその場しのぎのワンポイントレッスンみたいなものです。

ラウンドレッスンのときはこのタイプの教え方が効果的な場合もあります。

しかし残念ながらその日は上手く打てたとしても次のレッスンでは逆戻り!というパターンが多いでしょう。

後者のタイプは習う側からしてみるとあまり楽しくないし、その日一日では効果も見られないし、レッスンに通ってるメリット感を得られないと思うかもしれません。

安心して下さい!

ゴルフ上達に一番必要なのはしっかりとした「基礎」です。

そして何度も反復練習をすることで下半身の使い方と上半身の動きが身についてきます。

面白くないと感じるレッスンであっても続けることで確実に安定したスイング作りにつながっているのです。

基礎がしっかり作れれば、その日によって上手く打てたり、下手になったりなどしなくなります。

基礎をコツコツ繰り返し身体と頭に覚えさせることが上達への最短コースです!

レッスンプロのアドバイスは鵜呑みにしないこと

レッスンプロもそれぞれです。

自分に合うレッスンプロに出会うのはなかなか貴重とも言えるでしょう。

自分のレッスプロの持つスイング理論が自分と当てはまるかをまず判断しましょう。

また自分のスイング理論を押し付けるようなレッスンプロであればアドバイスを100%鵜呑みにするのは避けた方が良いです。

もちろん「基本」の部分はしっかりと聞き入れるべきです。

変な型を身体が覚えてしまうと取り除くのにものずごく時間がかかります。

ですので、基本というのは鵜呑みしてOKなのです。

しかしある程度のレベルまでいくといろいろな情報が入ってきたり、自分なりの理論というのが確立してきます。

そんな中、逆の情報を入れてしまうと混乱したりスイングが乱れたりしてせっかくのレッスンが逆効果になってしまいます。

ゴルフ初心者は基本や練習法をしっかり学び、ある程度のレベルになったら自分の必要と思う部分を上手にピックアップして取り入れていくようにしましょう!

もちろん運よく自分とピシャリと合うレッスンプロと出会った方はレッスンプロを信じてがんばるとよいでしょう。

レッスンプロとの相性次第で効果は変わります

レッスンに通うにあたって、上達云々は「レッスンプロとの相性」というのがとても大切です。

せっかくレッスンに通っても、説明をよく理解できなかったり、レッスン生が多くて直接指導してもらえる機会が少なかったりするとお金ばかりがかかってしまい、なかなか上達しない悲しい事態が起きてしまいます。

またレッスンと言えども、人と人との付き合いなのでレッスンプロを好きになれないかもしれません。

そうなると上手くなるどころかレッスンに行くのがストレスになってしまう可能性もあります。

”教え方”が気持ちよく受けられなければ上達スピードは遅くなるでしょう。

ですので、レッスンに通うのを決める前に単発で参加できる「ワンポイントレッスン」を活用することをオススメします。

そこで人間性や教え方、自分のスタイルなど合うレッスンプロと出会えたらレッスンに通うことを決めればいいのです。

そうやってじっくり厳選して自分と相性の良いレッスンプロに習うことでゴルフの楽しみ増え、練習法なども会得できてゴルフ上達へ抜群の効果を出すでしょう。

レッスンを受けても自分の努力がものを言う!

「レッスンプロに習えば大丈夫~」なんて他力本願でゴルフをしても上達への道は厳しいです。

レッスンプロに習っても自分の努力も必要になってきます。

ですので、その場しのぎのレッスンをするレッスンプロは避けましょう。

しっかりと基本を教えてくれて、なおかつ次のレッスンまでに行なう練習法なども伝授してくれるようなレッスンプロを探してください!

レッスンで基本を学び、次のレッスンまでに自分で練習を重ね努力する、そして次のレッスンではステップアップできているようにすると、より効果的に上達するでしょう。

またレッスンの中にラウンドレッスンが入っていることも重要です。

ラウンドでしか学べないこともあるので実践しながらラウンドで必要なことを学ぶことも大切です。