ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフ場で2ラウンド分を楽しむのに必要なのは何時間?

2018.10.4

ゴルフ場で2ラウンドのゴルフを楽しむためには、スタート時間が重要になります。

また2ラウンド目のスタート時間も重要で、遅れると日没時間にかかる場合もあります。

そこで2ラウンドをするための条件と、対応してくれるゴルフ場の見分け方などを紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ヘッドスピードが45であれば飛距離はどれくらいになる?

男性アマのヘッドスピードの平均は40と言われていますが、中には45をマークするゴルファーもいます。...

ゴルフの名勝負の場面が蘇る!日本オープンの開催地へ!

プロアマ問わず誰もが憧れる舞台、それが日本オープンゴルフです。 正式名を日本オープンゴルフ選手...

ゴルフで重要と言われるミート率の平均を知りそれを超えよう

ゴルフ雑誌やゴルフレッスンで良く見たり聞いたりする「ミート率」。 それだけミート率が重要なのは理解...

ゴルフ1ラウンド。一日で歩く距離は?歩き・乗用カート

ゴルフは1ラウンドすると結構な距離を歩きます。 フラットなところもありますが、勾配がある丘陵コ...

ドライバーはミート率が平均値アップしないと飛ばない?

ドライバーは飛距離を求めるクラブで、もしもコントロールショットをしたければ3番ウッドやアイアンのほ...

ゴルフを始めて90を切ることができる割合って何パーセント?

ゴルフを始めてしばらく経っても、なかなか90を切ることができないと悩んでいるゴルファーがいるよう...

ゴルフの道具には良く知られる一般名称と正しい用語がある

ゴルフに使われている道具には、それぞれにユニークな名称が付けられています。 1番ウッドがねじ回...

ドライバーのロフト角、選ぶなら9.5度?それとも10.5度?

ドライバーのロフト角で悩むことが多いのが、9.5度にするか、10.5度にするかです。 一般的に...

ドライバーが飛ばない悩める女性ゴルファー達へ向けてのお話

「パコーン」とドライバーで凄まじく飛ばす女性に憧れますよね。 ドライバーが飛ばないことで悩んで...

ゴルフ場で急勾配の打ち下ろしでも距離を割り出す方法

アップダウンのゴルフコースでは、高低差の打ち分けができないとスコアをまとめることができません。 ...

ゴルフで飛距離に目覚めた!ドラコンで日本記録を目指そう!

ゴルフをやっていて飛距離が他の人より飛ぶと自慢できますよね。 とくに若くて何かスポーツをやっていた...

ドライバーで260ヤード飛ばすために必要なヘッドスピード

ドライバーの飛距離を260ヤードにするためには、スイングを固めてぶれないショットをしなければなりま...

ゴルフに関する飛距離やスコアなど多数存在するギネス記録

皆さん、ギネス記録という言葉は良く耳にするので知っているでしょう。 そのギネス記録にはゴルフに...

男子ゴルフワールドランキング歴代トップの選手たちの今と昔

ワールドランキングに登録されている選手の数は、約7,000人です。 そこのトップに立つのはプロゴル...

ゴルフカートが左ハンドルなのはゴルフ場が要望したから?

ゴルフカートは海外から入ってきたから左ハンドルだと、まことしやかに噂されていますが、どうもそれは...

スポンサーリンク

ゴルフ場での2ラウンドは1ラウンド目のプレー時間が重要

ゴルフ場で2ラウンドするためには、やる気だけではできないものです。

ゴルフ場が設定するプレー時間は、1ラウンドで4時間~5時間です。

アウト・インの回り込みで休憩しなくても、計算上2ラウンドするには8時間~10時間もかかることになります。

仮に8時にスタートしたとして、しかも先行組が詰まっていないことを前提にして、1ラウンドは4時間です。

最初のハーフをいくら早く回っても、回り込みで他の組が予約したスタート時間枠があれば、待たなくてはいけません。

これは2ラウンド目でも同じことが言えます。

2ラウンド目の最終組でスタートすることになりますが、ゴルフ場でプレーをしている全組の進行状況によっては、2ラウンド目のスタートが間に合わない場合もあります。

分かりやすいように18ホールスループレーとして、8時からのトップスタートにします。

アウトスタートでインに回り込むのは10時です。

1ラウンド目がホールアウトするのは、早くて12時、一般的な進行状況を考えると12時30分にホールアウトします。

ここで一旦休憩して2ラウンド目のスタートです。

2ラウンド目のゴルフの時間は他のゴルファーにかかっている

1ラウンドを終えてから30分間休憩して、13時から2ラウンド目のスタートです。

順調に進めば15時にアウトスタートが終了し、インに回り込んでこちらも順調に進めば17時にはホールアウトできます。

ただし、これはゴルフ場がガラガラの状態で、しかも他のプレーヤーがボール間を小走りで移動しているようなプレースタイルの時です。

つまりコースの中にいる全員が、競技用のゴルフをしているような状況でなければ、全組が4時間で回ることはできません。

一般的には1ラウンド5時間以内が、ゴルフ場の設定タイムです。

そのパターンであれば、2ラウンド合計のプレー時間は10時間、それに休憩時間を30分入れば、10時間30分もかかる計算です。

これを8時のスタートで考えると、1ラウンド目は10時30分に回り込み、13時に1ラウンド目が終了し、13時30分に2ラウンド目がスタートになります。

16時にインに回り込み、ホールアウトは18時30分です。

これは時季的には日没かもしれない、ギリギリの時間帯です。

2ラウンドのときはゴルフ場と綿密な時間の打ち合わせが必要

通常の予約でトップスタートをして1ラウンド目を終え、2ラウンド目も順調にプレーができたとしたら、終了時間は18時30分です。

もしも途中で詰まるようなことがあれば、日没で全ホールを回り切ることはできないかもしれません。

そのため2ラウンドをするときは、予約の段階でトップのスタート枠、回り込みの時間調整、2ラウンド目のスタート時間枠を確保、そして2ラウンド目の回り込みの時間を確認する必要があります。

もちろん18ホールスループレーが前提になるので、そのすべてに協力がないと1ラウンドとハーフが限界になります。

しかし実際に1組のためだけに18ホールスルーのためにキャディを確保したり、ハーフ休憩での新規に挟み込むスタート枠を止めるのは面倒なものです。

予約時はもちろんこと、スタート室でも再確認しないと、回り込みでスタート待ちになる恐れがあります。

もしも、このスタート枠が上手く取れないようなら、沖縄や北海道のゴルフ場に予約をしてみてください。

18ホールスループレーができます。

ゴルフ場で2ラウンドが10時間以上かかると日没が心配

2ラウンドとはいえ本州のゴルファーなら、沖縄や北海道でのプレーは現実的ではないと思います。

そんなときは乗用カートのセルフプレースタイルのゴルフ場をオススメします。

キャディ付きのゴルフ場なら1ラウンド5時間、2ラウンドするのに最低限10時間30分がかかります。

ところが乗用カートでコース内に乗り入れできるセルフプレーコースなら、ハーフのラウンド時間は遅くて1時間30分、1ラウンドにかかる時間は3時間です。

さらに急いでプレーをすれば2時間30分で1ラウンドができるので、2ラウンドが5時間でも可能なのです。

乗用カートを使用する場合は、カートの中でサンドイッチやおにぎりなどの軽食が摂れますし、ドリンクも途中の茶店や販売機で購入することができます。

これならば、2ラウンドで日没の不安を感じることはないですし、もしかするとキャディ付き1ラウンド分の時間で、2ラウンド分を回ることができるかもしれません。

ゴルフ場が2ラウンド目で時間を融通してくれない理由

ゴルファーの観点かすると、1日で2ラウンドできればゴルフを堪能できると思いますが、ゴルフ場からすると2ラウンド目は単なるサービスの一環でしかなく、実入りはほぼ0円の利用者です。

一般的に2ラウンド目の料金は1ラウンドプレー料金の2倍ではありません。

1ラウンド目の料金には、グリーンフィ、キャディフィ、諸費用や協力金、利用税や消費税の合計金額で算出されています。

ところが2ラウンド目はキャディフィのみ、もしくはグリーンフィとキャディフィの合計のみが基本です。

利用税は1ラウンド目で支払っていますし、諸費用はハウスの利用料みたいな位置づけですから、こちらも1ラウンド目に支払っています。

ですから余程のことがなければ、新規のスタート時間を押しのけてまで、2ラウンド目のプレーヤーを優先することはないわけです。

ところが時勢は変化していて、2ラウンドは1ラウンド料金の2倍、またがそれに順ずる金額が設定されています。

特にセルフコースでは1ラウンドを2回利用するといった設定が多いようです。

プレー時間によっては2つのゴルフ場で合計2ラウンドできる

もしも2ラウンドのゴルフを希望するのであれば、コース内に乗り入れできる乗用カートのセルフコースを選び、できればトップスタートの時間で予約します。

料金は1ラウンドの2倍の明朗会計ですし、雷などのアクシデントがなければ、確実にホールアウトできます。

毎回のゴルフで2ラウンドは体力的にもキツイところはありますが、ゴルフパックで遠方地に行ったときは、限られた日数で多くのコースを回りたいと思うこともあるはずです。

そんなときは、1ラウンド目と2ラウンド目が隣接する違うコースということも検討してみてください。

中には2ラウンド目のコースが送迎してくれることもあるので、問い合わせしてみると良いかもしれません。

また乗用カートを使用するときは、飲食物を持ち込ませてもらうと、ラウンド中に食事を摂ることができますが、包み紙などのゴミ類は持ち帰る心配が必要です。

さらに2ラウンド目を続けてスタートするときは、スペアのソックスやグローブを用意しておくと、スッキリした感覚で再スタートしていくことができるでしょう。

2ラウンドなら乗用カートのゴルフ場を選んで時間短縮

ゴルフ場で2ラウンドしたいときは、スタート時間がトップにしてもらった方が安心できます。

また日没の時間にかかる恐れがあれば、予約時に確約をもらっておいた方が良いかもしれません。

なによりも確実に2ラウンドするのであれば、乗用カートのセルフコースを選ぶと良いと思います。

 - データ 記録