ゴルフが原因で左手親指の付け根が痛いなら治療第一を徹底!

ゴルフが原因で左手親指の付け根周辺に痛いと感じることがあります。

徐々に痛みは強くなり、やがてグリップを握っただけで激痛に見舞われる事態へとなっていくこともあるものです。

やがて痛みが消えて練習を再開しても、また同じことが繰り返されるかもしれません。

そこで今回は、グリップの握り方とスイングを変えることで再発させない方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

骨のヒビは完治するまで安静に!そして再発防止対策が重要!

ゴルフをしていて骨にヒビが入ることがあります。そこで受傷した原因と再発防止のための対策を立てて...

ゴルフ上達のための筋トレが肝臓に負担をかけているかも!?

PGAツアーのプロたちを見ると強靭な肉体でビュンビュンクラブを振り回しています。ゴルフ上達に...

ゴルフの素振りで効率良く筋トレをしていこう!ベスト更新!

ゴルフにおいて素振りはスイングの練習になるのはもちろん、ゴルフに必要な筋力をつける筋トレにもなり...

息苦しい原因は何?深呼吸がつらい。解決策・予防法まとめ

深呼吸をした時に息苦しい・・と感じる原因は何が考えられるのでしょうか?考えられる病気は色々あり...

背中が筋肉痛にならないようにする効果的なストレッチ法は?

過度なゴルフの練習やトレーニング、崩れた悪姿勢や長時間同じ姿勢をすると、背中や首など酷使したところ...

手首を柔らかくすることはゴルフにとって必要?不必要!?

ゴルフスイングでは身体の柔軟性が大切です。それはスイングのためでもあり、身体の故障を避けるた...

ゴルフにおける手首の痛みを侮るなかれ、ヒビや骨折の疑い

ゴルフにおける手首の痛みと言うのはよくある話です。プロやアスリートだけでなく、アマチュアゴル...

ゴルフの身体作り。腰痛を防ぐための腹筋・背筋の全身運動

文明の進化によって、様々な便利な産物が生まれています。自動車・新幹線・飛行機・パソコン・スマホ...

ゴルフスイングにおける体幹運動と腰痛の関係を詳しく紹介

ゴルファーの多くが腰痛を経験しており、某有名PGAツアー選手も腰痛によりプレーを継続できない状態に追...

ゴルフで指が故障?骨にヒビが入るほどの原因と対策を考える

手の指に故障があるとゴルフのスイングはできません。まして骨にヒビが入ると完治するまでは、クラブを...

左手薬指の痛みを感じるのはゴルフが原因?防ぐためには?

左手薬指の痛みを感じ出したのをゴルフの練習をがんばった証!なんて大きな勘違いです。ゴ...

飛距離を伸ばすには筋トレと新しいスイング法を取り入れよう

飛距離を伸ばすには、まずは鈍った身体を鍛え直すことが大事です。しかし子供の頃の絵日記と同...

ゴルフラウンド中に目の距離感がおかしいときの原因と対策

ラウンド中に「目の距離感がおかしい」と感じたときには、日頃の疲れから身体に不調があるかもしれません...

口が乾く!カラカラになるのは緊張のせい?原因と予防法は?

皆さんは人前に出て話をするのは得意ですか!?全然大丈夫という人と、緊張で口がカラカラに乾くか...

力を入れてないのに足の筋肉が硬いのはダメ!その理由は?

学生時代、足の筋肉は硬い方が良いと思っていた方も多いのではないでしょうか?そして現在も・・・...

スポンサーリンク

ゴルフで左手親指の周辺が痛い時の対処法

ゴルフをしていて左手親指の周辺が痛いと感じることがあります。

痛いと感じた時期はハッキリしませんが、痛みは徐々に大きくなり、グリップを握るだけでも激痛になることもあります。

湿布や痛み止めの内服薬を飲んで応急手当をしても、その場限りの対処法なので、やはりゴルフクラブを握ると痛みが現われてくるはずです。

もしその痛みの周辺を触って熱っぽく感じるようなら、炎症している可能性があります。

炎症している時はアイシングで熱を取り除くことから始めます。

ビニール袋に氷と水を入れて口を止め、しばらく患部に当てていると、熱がなくなり手全体が冷たくなってきます。

ここで親指を動かすと、また痛みと炎症が復活してしまうので、「伸び縮みしない包帯」か「テーピング」で親指全体を固定します。

もしも内熱があるようなら、1日から2日間程度は定期的なアイシングでで熱を取ってから、固定するようにしましょう。

痛みがなくなったら、傷ついている腱や筋の組織がなるべく早く復活できるように、今度は患部を温めるようにします。

痛いと感じたら、まずは冷湿布で熱を取り、次に温湿布で回復を促進させます。

痛い左手親指は動かさずにゴルフの練習も厳禁!

左手親指の周辺が痛いと感じている間は、ゴルフクラブを握ることはできません。

特に熱っぽく感じるようなら、炎症が起きている可能性が高いので、「絶対安静」にしていましょう。

病院で診てもらうと腱鞘炎もしくは亜脱臼と診断されることが多く、整骨院なら挫傷の可能性が高いと思います。

キーボードを打つ仕事をしていると、腱鞘炎に悩まされることがありますが、これは酷使してることが原因です。

ゴルフによる左手親指の痛みも、スイングによって何らかのダメージを受けたことが原因なので、まずは安静にして回復することに徹しましょう。

期間は症状によって違いますが、およそ2~3か月と言ったところです。

日常生活でも不便を感じるかもしれませんが、テーピングなどでしっかり固定して、なるべく動かさないようにすることが回復を早めることに繋がるはずです。

痛みが緩和したと感じたら、少しずつ左手親指を動かしていきましょう。

最初は慣れさせる程度で、痛みが取れて不安がなくなったら、柔らかいゴムボールなどを握って負荷をかける運動も行うようにします。

痛い左手親指が回復してからゴルフの練習を再開!

痛い左手親指は「もう大丈夫!」と自分で感じたら、いよいよゴルフクラブを握っての練習を再開します。

ここで大事なことは、痛める前と同じグリップの握り方やスイングをすると、再発する可能性があると言うことです。

ただし痛みの原因は分からないので、試しながらのスイング改造ですから、決して無理はしないようにしましょう。

まずは久しぶりのゴルフスイングのはずですから、左手親指に負担がかからない握り方で身体慣らしをします。

そこでベースボールグリップで握ってみてください。

野球のバットを握るように、最初に左手を握りその先で右手を握ります。

右手が強くなることでフックになると言われていますが、日本人ゴルファーの約7割がスライスに悩んでいます。

このスライス防止のために、強く打ち込むスイングをしたり右手をかぶせたりと、左手親指に負担をかけることになっています。

左手親指に負荷のかからない握り方で、練習を再開しましょう。

左手親指が痛いのはゴルフスイングに原因がある!

ベースボールグリップで左手親指の負荷は解放されていますが、普通の力でグリップを握っているだけなら、オーバーラッピンググリップでも左手親指の周辺が痛いと感じることはないはずです。

ところがゴルフスイングは、インパクト前で左手甲は上を向いて、インパクト後は左手甲が下を向くようにするものです。

インターロッキングやオーバーラッピングで握ると、左手甲がローテーションする時に、左手親指の付け根に負荷がかかり、それが痛みに変わる可能性はあるかもしれません。

また過度な力で握っていることが原因で痛いと感じるのであれば、左手親指以外にも痛みがあっても不思議はないはずです。

ところがゴルファーの多くは、この左手親指の付け根のあたりが痛いわけですから、その原因がグリップの握り方やスイングにあると考えます。

つまり左手親指が痛い原因は、ゴルフクラブを強く打ち込むスイングによるものと考えることができます。

そのアイアンを強く打ち込み痛める原因は、ラウンド中よりも練習場の人工芝マットでのダメージが多いようです。

グリップを握る左手の上に右手をかぶせて、「ダン!」とソールを打ちつけるダウンブロー気味のスイングを繰り返すと、右手で左手親指の付け根を強く押しつけることになります。

数回の打ち込みでは痛いと感じることはないでしょうが、長い期間こうした練習を繰り返していると、蓄積したダメージでグリップを握っただけでも激痛になる場合があるのです。

左手親指の痛い原因であるゴルフスイングを変える!

いわゆる練習のしすぎで、ダメージが身体に蓄積した状態ですから、左手親指が痛いと感じなくなるまで安静にして回復に努めます。

ただし痛みが完全にとれたとしても、同じゴルフスイングを繰り返すと再発する可能性が高くなるのは間違いありません。

そこで最初にグリップの握り方を変えて、左手親指の周辺にダメージを受けないようにベースボールグリップで練習を再開します。

グリップの最頂部に左手親指を置かないので、ゴルフスイングに原因があっても痛いと感じることはないはずです。

その上で新たなゴルフスイングは、「ダン!」と打ち込むのではなく、「シュッ」と払い打つようにしましょう。

つまり打ち込むダウンブロー気味のゴルフスイングを止めて、レベルブローのスイングに変えるわけです。

レベルブローのゴルフスイングで痛い左手親指の症状は消える

ベースボールグリップにしただけで、左手親指にかかる負荷はかなり取り除けるはずです。

さらにレベルブローのゴルフスイングに変えれば、今後は左手親指の周辺が痛いと感じることはなくなるはずです。

そんなレベルブローの練習方法は2つあります。

1つ目は、ショートティーの高さでティーアップしたボールを打つことです。

ティーアップしたボールを真横から払い打つようにスイングして、人工芝にソールが触れないようにするだけです。

2つ目は、ボールを置かずに人工芝の上を擦るように素振りをします。

人工芝から「シュッ」と擦る音がでるようにスイングを繰り返して、その擦る箇所の左側にボールを置くとレベルブローのスイングになります。

自動アップティーの練習場では、身体の中央でボールポジションを取ることができない場合があるので、その場合は2つ目の方法が便利です。

このクリーンなショットを身につければ、左手親指周辺の痛みが再発することはないはずです。

痛い左手親指の解消法はゴルフスイングの改造で!

ゴルフの練習をしすぎたために、左手親指の周辺が痛いのであれば、一旦休止して回復するまでクラブを握らないようにしましょう。

完全に痛みが消えたら、ベースボールグリップでレベルブローにスイング改造すれば、痛みが再発することもないはずです。