ゴルフのコースに出ると必ずあるバンカーが存在する意味

ゴルフ場の各ホールにはバンカーが必ずありますよね。

このバンカー、そもそもどういう意味なのかご存知ですか。

それに、そもそもどういう経緯でバンカーがホール毎に造られているのでしょうか。

またバンカーにもいくつかの種類があるようですが、どんな種類のバンカーが、どんな目的で設けられているのか、疑問が尽きません。

そしてバンカーにつかまった場合、どうすれば上手く脱出できるか教えて欲しいものです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ場倒産の危機!ゴルフ人口が減少している理由とは

近年ゴルフ人口の減少がゴルフ業界でも問題視されています。これが理由で倒産するゴルフ場が多く出...

【ゴルフ教えて!】52度のウェッジの飛距離はどれくらい?

最近のアイアンは飛距離重視のストロングロフト設計が増えてきましたね!そんな中、AW(アプロー...

youtubeでゴルフの弾道がprotracerで見れる!いつか自分も。

ゴルファーの皆さんは、一度はプロゴルフのツアーでショット後の弾道を見られた事があると思います。...

ゴルフをする上でレフティのパターは不利なの?右打ち有利?

通常ゴルフのコースは右利きを想定して造られています。レフティのゴルファーにとっては有利と不利の...

グリーンの速さ測定。それは速度を確認しているわけではない

グリーンの速さ測定をする機械をスティンプメーターと言いますが、ゴルフ場ではグリーンの速さを芝の刈高...

ドライバーのロフト角、選ぶなら9.5度?それとも10.5度?

ドライバーのロフト角で悩むことが多いのが、9.5度にするか、10.5度にするかです。一般的に...

スイング分析に大活躍!ヘッドスピードの計測器のおすすめは

昔はスイング分析をしてもらうために、足しげくゴルフショップに通っていたゴルファーもいたのではないでし...

ゴルフ1ラウンド。一日で歩く距離は?歩き・乗用カート

ゴルフは1ラウンドすると結構な距離を歩きます。フラットなところもありますが、勾配がある丘陵コ...

丸山茂樹のスイング解説は的確?トーク力は抜群に上手い!

アマチュア時代に37勝、プロ転向後国内10勝、PGAツアー3勝の実績を誇るプロゴルファー、丸山茂樹...

タイガーウッズを抜いたビジェイシンが受けた追放処分とは?

「ビジェイシン」と言うプロゴルファーを知っていますか?タイガーウッズを抜いて世界一にも君臨したこ...

女子プロゴルファーの世界で最も過酷と言われているQTとは

毎年のように、シーズン終盤に掛かると女子プロゴルファーの賞金女王争いに注目が集まります。また...

ゴルフの道具には良く知られる一般名称と正しい用語がある

ゴルフに使われている道具には、それぞれにユニークな名称が付けられています。1番ウッドがねじ回...

想像を絶するヘッドスピードなど様々なPGAプロのランキング

世界中のゴルフファンを魅了するPGAツアー。誰しもが憧れるPGAプロの凄まじい飛距離や力強いシ...

ドライバーの重心距離を比較すると不思議な現象に行き着く!

ドライバーの重心距離は、ヘッドの操作性に影響があると言われています。ボールの捕まりが良いとか...

ドライバーはミート率が平均値アップしないと飛ばない?

ドライバーは飛距離を求めるクラブで、もしもコントロールショットをしたければ3番ウッドやアイアンのほ...

スポンサーリンク

ゴルフ場のホール毎にバンカーが設けられている意味を考える

ゴルフ場のコースに出ると、ホールのあちこちに白い砂を入れた窪地を目にします。

これがバンカーであり、コースの攻略にそれなりの意味を持たせている存在です。

つまりバンカーとは、芝と土を取り去り、代わりに砂もしくは砂のようなものを入れて造ったハザード(障害区域)のことです。

このハザード内では、ボールに触れたり動かしたりすることは禁じられています。

このようにバンカーはフェアウェイやグリーン周りに設けられ、コースの攻略をより難しくしているのです。

この「バンカー(Bunker)」という言葉は、現代ゴルフの発祥の地であるイギリスから広まったものですが、アメリカでは「サンドトラップ(Sand Trap:砂の罠)」と、一般的には呼ばれているようです。

この呼称の方が意味をより表しているように思えますね。

さて、見渡す限り一面美しい緑のところどころに配置された真っ白なバンカーは、ゴルファーにとって実に嫌な存在ですが、それでもゴルフ場の景観という意味では美しいコントラストを与えてくれています。

ゴルフコースにあるバンカーが造られた由来(その1)

どこのゴルフコースに行っても、バンカーというのは必ずありますよね。

そして、どちらかというと悪い思い出はあっても、良い思い出などまったくないのがバンカーなのに、どうしてこんなハザードをわざわざ造ったのでしょうか。

ここではバンカーができた背景やその意味、そして由来などについて触れてみましょう。

ではその前に、ゴルフ発祥の地といわれる16~17世紀のスコットランド地方に一緒にタイムスリップしてみましょう。

イギリス北部のスコットランドの北海に面したリンクスランド地方は、広大な草地が広がる自然の牧場のようなところでした。

この地方は北海からの強風がいつも吹き荒れるところです。

この風は人間だけでなく動物たちにとっても厄介な存在でした。

そのひとつが野ウサギたちでしたが、彼らは地面に穴を掘って強風から身を守っていました。

こうした穴や窪地は放牧している羊たちにとっても、格好の退避場所であった訳です。

やがてそんな窪地に、浜辺から飛ばされた砂が堆積して自然のバンカーができたとされています。

ゴルフコースに必ずあるバンカーが造られた由来(その2)

ゴルフの4大メジャー大会のひとつである全英オープン選手権は、いつもこのスコットランド地方で開催されます。

テレビ画面の向こうに広がるゴルフ場の景観は、普段我々が目にするゴルフ場のそれとは明らかに異なります。

つまりどこまでも草地ばかりで、木々が生えていない殺伐とした光景なのです。

かつては羊たちが放牧され、野ウサギが走り回っていた牧草地です。

野ウサギたちは北海からの容赦のない風を避けるように、窪地に穴を掘ってそこに隠れていました。

そんなときは、羊たちもその窪地に身を隠していたようです。

そんなこの地方の各家庭は、必ず戸外にある物を蓄えるための穴蔵を掘って寒さに備えていました。

それは燃料の石炭です。

彼らはその穴蔵のことをバンカーと呼んでいました。

やがて彼らが暮らしていたこの地はゴルフ場となり、そしてコースの中に砂が積もって自然にできた窪地のことを当時の人たちは穴蔵と同じバンカーと呼び、これが砂地のハザードを意味する言葉として、今でも使われているとのことです。

ゴルフコースには各種のバンカーがある。その名と意味は?

ゴルフコースにバンカーがある意味とその由来は前項で触れた通りですが、実はバンカーにはいくつかの種類があります。

そのひとつがグリーン周りに配置されているバンカーで、容易に攻められないようにガードしていることからガードバンカーと呼ばれています。

その深さはそのホールの地形によって大きく異なるものです。

フラットなコースでは浅いものが一般的ですが、起伏のある地形だと身長より深いバンカーもあります。

この他にフェアウェイの中間地点にあるのがフェアウェイバンカーで、ドライバーショットの到達地点におけるアクセントの役目をしています。

このフェアウェイバンカーの中には、コースを横切るようにせり出しているものもありますが、これはクロスバンカーと呼ばれます。

またバンカーという名がついていているものの砂はなく、ラフのように芝で覆われた窪地がありますが、これはグラスバンカーと呼んでいます。

ここは普通のバンカーとは違ってハザードではないため、クラブをソールすることも可能です。

けれども窪地の深いラフになっているところですから、容易に脱出することはできません。

ゴルフコースのバンカーの意味とそこからの脱出方法

ゴルフコースにバンカーが必ず配置されている意味は、より競技にアクセントを付け加え、様々なドラマを演出するためでもあると言えます。

バンカーはウォーターハザードとは異なり救済措置はありません。

とにかく自力での脱出が求められるのです。

ガードバンカーからの脱出には通常サンドウェッジ(SW)というクラブを使います。

このクラブは飛距離は出ないものの、ボールとの接触面積が広く、またバンスと呼ばれるクラブ背面の高さが砂を爆発的に排除するのに都合の良い形状をしているのです。

ガードバンカーからのショットはボールを直接打つのではなく、少し手前を、つまりダブるようにして打つことで飛距離をあえて抑えます。

これに対してフェアウェイバンカーからのショットは100ヤード以上の距離を残していることが多く、ある程度飛ばすことを求められます。

従って自分の飛距離に応じたクラブを選択して、今度はダブるのではなくクリーンに、むしろトップ気味の感覚で打つことが必要なのです。

ゴルフコースにあるバンカーでのマナーとその意味を考える

ゴルフコースにおけるバンカーは時に競技の行方を左右する勝負の綾を演出します。

このためバンカーは様々なルールが設けられているところでもあります。

中でも「バンカーにおいてプレーヤーはショットを終えるまで手やクラブで砂に触れてはいけない」という部分がルールの最も肝となるところであり、意味のあるところなのです。

これにより例え人の足跡がたくさん残っていても、自分のボールを打って外に出すまでは砂をならすことができません。

つまり自らのショットのためにバンカーをならすことはできないのです。

このためバンカーから出る前に、プレーヤーは自分が作った穴や足跡はもちろん、他のプレーヤーが残していった跡もすべて平らにならすことが大切です。

このバンカーの砂をならすには、レーキと呼ばれる熊手のような道具を使います。

スタンスを取った跡や、ショットの跡そして歩いた足跡を、後ろ向きでレーキでならしながら、入ったところまで戻っていくのが正しい方法です。

ゴルフの醍醐味が詰まっているバンカーの意味と厳しいルール

ゴルフ場の美しい景色を醸し出す白いバンカーには、かつてのスコットランドから続くゴルフの歴史の中にその意味と由来が散りばめられています。

バンカーでのルールの基本はクラブのソールをすることも、砂の上にあるあらゆるものにも触れることできないというものです。

バンカーではこの厳格なルールとともに、ショットを終えた後は、後続のプレーヤーのために砂をならしておくというモラルも同時に求められるのです。