腰痛を軽減させるゴルフ用のベルトやサポーターの数々

ゴルフスイングでは捻転動作を繰り返すため、腰への負担が大きいと考えられています。そのため腰痛で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

現在腰痛に悩んでいる人やプレーや練習後の疲れが抜けにくい人は、ゴルフ専用のベルトやサポーターを着用した方が良い可能性が高いです。
腰への負担も軽減しますし、身体の安定感も得られます。

腰痛持ち、腰痛予備軍の人へオススメのベルトやサポーターを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフで左手首の痛みはインパクト時の衝撃が原因の事が多い

ゴルフで左手首の痛みを抱えているゴルファーは多いですよね。なぜ、ゴルフをすると左手首が痛くなる...

ゴルフに効果的な飛距離を伸ばす筋トレを紹介!要チェック!

ゴルフはスコアを競うスポーツですが、スコアを伸ばすための有効な手段として飛距離を伸ばすことが挙げられ...

ゴルフが原因の腰痛解消にマッサージは効果があるの?

ゴルフで腰痛になったときはマッサージでゴリゴリ揉むと、もっと酷くなることがあります。筋肉や腱を...

ゴルフスイングが原因で肩甲骨が痛い場合の対策とは?

ゴルフの練習やプレーによって、肩甲骨の周辺が痛いと感じることがあり、日が経つほどに悪化して激痛に...

ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標にする選手が多いです。ここで疑問が浮か...

ゴルフ場で骨にヒビが入る程の怪我や患部が腫れた時の対応策

楽しみにしていたゴルフ場での負傷、骨にヒビが入るほどの大怪我だけでなく、患部が腫れただけでも同伴者...

ゴルフは体が硬いと腰痛になる確率が上がってしまうので注意

ゴルフに限らずですが、スポーツ全般体が硬いと故障しやすくなります。ゴルフでは体が硬いと腰痛にな...

ゴルフは体が硬いとダメなの?柔らかいほうが絶対有利なの?

ゴルフに限らず、スポーツは体が柔らかい、関節可動域が広い方が有利だと言われます。可動域の広さ...

身長155センチで体重は60キロ未満なのに飛ぶ理由ってなに?

女子プロ業界を牽引してきた宮里藍選手や横峯さくら選手は、身長が155センチで体重も60キロ未満と軽い...

175センチのプロの体重が増加するほど筋トレした功罪を確認

身長が175センチで体重が68キロだった石川遼選手が、米国ツアーでパワー不足を実感して筋トレに取り...

ゴルフラウンド中に目の距離感がおかしいときの原因と対策

ラウンド中に「目の距離感がおかしい」と感じたときには、日頃の疲れから身体に不調があるかもしれません...

ストレッチ体操で背中スッキリ!たった2つのストレッチ方法

背中が重いと感じる方は、普段どんな姿勢をしていますか?デスクワークでパソコンとずっと同じ姿勢で向...

ゴルフのスコアを伸ばすために筋トレをする女性に贈る鍛錬法

ゴルフで飛距離アップを望む場合、スイングの練習と平行して筋トレをすると、早く効果が現われると言わ...

ゴルフ特有の症状?右手の薬指がしびれる原因とは

右手の薬指がしびれたときゴルフが原因なのか、それとも体調に異変が生じたのか心配になることがあります...

体が硬いのが子供の頃からだとそれを改善するのは無理なの?

ゴルフにとって柔軟性は大事です。そうはいっても子供の頃から体が硬いので、無理!と思っている人...

スポンサーリンク

ゴルフで腰痛を起こす原因とは

ゴルフで腰痛を起こしてしまう原因は、左右どちらかに偏った筋肉の使い方にあります。ゴルフスイング自体どうしてもそのような使い方になってしまうものです。

そんな中、プロの練習風景やツアー中のプロの動きで良く見かけるのが逆側スイングです。
スイングで左右に偏った筋肉の使い方をするのが分かっているので、バランス感覚を向上させるためだけでなく筋肉を偏って使うことを防ぐためにも逆素振りを行っている証拠です。

またスイングでは腰に過度の負担が掛かっていることも腰痛を起こしてしまう原因です。ダウンスイングで身体が伸び上がったり、止まってしまうような人は、手振りになっているので、腕と下半身の間に無理な力が生じてしまいます。
その衝撃を全て吸収するのが「腰」なので、ボディーターンのスイングよりも腰への負担が大きくなります。

このような人は下半身が安定していないので、スイング改善もそうですが、腰痛予防を兼ねた筋トレやストレッチを行うことをオススメします。
この後紹介するベルトやサポーターも一度試すべきでしょう。

ゴルフ専用のベルトやサポーターで腰痛を守る

腰痛にはギックリ腰のような急性的なものと慢性的なものがあります。

その慢性的な腰痛の場合は、完治させるまでには相当な時間を要します。
また完治するまではなるべく腰を守るようにすることも大切です。
軽く見ているとスイングをした時に急性的なものと重なり更に悪化し、手遅れになってしまいます。

そのような人はゴルフをする際は、ゴルフ専用のベルトやサポーターを使ってみてください。
痛みが薄れ、だいぶ腰が楽になるでしょう。
またプレー中に楽になるだけでなく、プレー後の疲れが残らないのも実感するはずです。それだけ腰をサポートすることで無駄な力が抜け、腰への負担が減るのです。

でもゴルフ専用のベルトやサポーターだけでなく、専用でないものもたくさん出ています。
もちろんゴルフ専用に越したことは無いのですが、たくさん並ぶものから選ぶのは悩みます。

そこでオススメのベルトやサポーターを紹介します。
補足ですが、急性的な腰痛を起こした場合はベルトやサポーターではどうにもならないので、ゴルフをすること自体をお休みして完治するまで安静にしてください。

腰痛を守るゴルフ専用ベルト①

まず紹介するのが、バイオギアミズノMIZUNOゴルフ専用の腰サポーター・スパッツ付(52JJ5A90)です。

ミズノと言えばスポーツ用品の中でもゴルフ用品が有名です。
有名プロもミズノのクラブの愛用者が多いことでも知られています。
そんなミズノが考え抜いて、ゴルフのためだけに開発した専用腰サポーターがあります。それがタイツ一体型のゴルフ専用の腰サポーターです。

腰全体を包み込む形のスリップベルトと、下半身に心地良くフィットするスパッツとの一体型なので、サポーターのズレ上がりも防ぎます。
左右に偏った動きを避けられないスイング時にも、スイングの基点となる股関節をしっかりと抑えることで腰への負担を軽減させています。

このサポーターの凄いところは、腰をサポートするだけでなく、スイングナビ機能で正しいアドレスに導いてくれるのです。

またサポーターを着用すると動きが制限されてしまうイメージがありますが、腰と下半身が安定するので、腰痛の心配なく身体が自然に回転するようなスイングができるようになります。

サポーターをつけるのに気になるのが暑い夏ですよね。
しかしこのサポーターは自宅で洗濯できるのはもちろん、汗の臭い対策の消臭機能もある優れものです。

腰痛を守るゴルフ専用ベルト①

まず紹介するのが、バイオギアミズノMIZUNOゴルフ専用の腰サポーター・スパッツ付(52JJ5A90)です。

ミズノと言えばスポーツ用品の中でもゴルフ用品が有名です。
有名プロもミズノのクラブの愛用者が多いことでも知られています。
そんなミズノが考え抜いて、ゴルフのためだけに開発した専用腰サポーターがあります。それがタイツ一体型のゴルフ専用の腰サポーターです。

腰全体を包み込む形のスリップベルトと、下半身に心地良くフィットするスパッツとの一体型なので、サポーターのズレ上がりも防ぎます。
左右に偏った動きを避けられないスイング時にも、スイングの基点となる股関節をしっかりと抑えることで腰への負担を軽減させています。

このサポーターの凄いところは、腰をサポートするだけでなく、スイングナビ機能で正しいアドレスに導いてくれるのです。

またサポーターを着用すると動きが制限されてしまうイメージがありますが、腰と下半身が安定するので、腰痛の心配なく身体が自然に回転するようなスイングができるようになります。

サポーターをつけるのに気になるのが暑い夏ですよね。
しかしこのサポーターは自宅で洗濯できるのはもちろん、汗の臭い対策の消臭機能もある優れものです。

$$$腰痛を守るゴルフ専用ベルト①$$$
次に紹介するのもミズノMIZUNOの商品になります。

先ほどのものと違って、腰をサポートするベルト部分だけのものになります。
ミズノMIZUNOゴルフサポーターバイオギア腰用(52JJ4A91)です。

腰をサポートするベルト部分だけのものだと、市販されている一般的な腰痛防止のサポーターと違いがないように思えます。
しかしもちろん「ゴルフ専用」と言う大きな違いがあります。
左右6本ずつに分かれたスリットベルトがその特徴です。
6本ずつ分かれていることで身体のラインに合わせやすく、スイング時のズレを防ぎます。

また先に紹介したスパッツ付きと違ってサッと腰に巻くだけなので、練習用のサブサポーターとしても活躍します。
体を捻ったり、屈んだりしてもズレにくく、締め付けもきつくないので、ゴルフ用としてだけでなく普段の生活で使ってもOKです。
慢性的な腰痛持ちの人や、腰が痛くなりそうだなと感じたときなどに使うのが良いでしょう。

また6本ずつに分かれていることで通気性も良くなり、夏や湿気のある日などの蒸れもなくスポーツをするのに適しています。

ゴルフ専用ではなく腰痛用のコルセットは

腰痛で病院に行くと腰痛用のコルセットを購入することができます。

ゴルフ専用のベルトやサポーターはお値段も張るので、痛いときだけに使用するだけのために購入するのはちょっと…と思っている人もいるのではないでしょうか。

確かに病院で購入できるコルセットであれば安価で、しっかりした作りなので良さそうな感じはします。
しかし腰痛防止にコルセットを使うのは危険です。

コルセットはゴルフ専用のベルトやサポーターのようにサポートするのではなく「固定」するものだからです。
ですからまともなスイングはできませんし、腰周りの筋肉が衰えてしまいます。

コルセットは腰痛防止ではなく、腰痛の治療目的で使うのなのだと認識してください。
腰痛の治療としてコルセットを着用するのは正解ですが、その時はゴルフの練習やプレーは諦めて安静にするようにしてください。
そして痛みがだいぶ和らいで来たら、コルセットから先に紹介したようなゴルフ専用のベルトやサポーターへ移行して、アプローチ程度から練習を始めると良いでしょう。

何よりも予防するに越したことはない

ゴルフは腰痛を起こしやすいスポーツなのは確かです。

予防としてゴルフ専用のベルトやサポーターを着用するのも良いですが、それだけでなくトレーニングやストレッチで根本的に予防することも大切です。

トレーニングは場所や時間を取ってしまうので頻繁に行うのは難しいかもしれませんが、ストレッチは空いた時間等でも簡単に行えるものが多いので、常に意識して行うようにしましょう。

ストレッチを必ずして欲しいのが、練習やラウンドの前後です。
このストレッチは腰痛予防にとても重要です。

ゴルフは激しいスポーツのイメージはないですが、肩甲骨や股関節、腰の柔軟性を必要とするスポーツです。
練習やラウンド前にしっかりと伸ばしておくと負担を軽減することができます。

また疲労した筋肉等をクールダウンさせる為に、後のストレッチも必ず行うようにしましょう。

自分では酷使していないつもりでも、腰だけでなく体全体が疲労しているのは間違いありません。
それでも腰痛になるようでしたら、一からスイングを見直すべきです。

体のケアを怠らないプロでも起こる腰痛

プロゴルファーは専属のトレーナーやマッサージ師をつけるほど体のケアを怠りません。ゴルフで生計立てているので、体が資本だから当然のことでしょう。

練習の量の違いももちろんありますが、そこまでケアしていても腰痛や怪我などをすることもあります。
ケアをしている上に、あんなにきれいなスイングをしていてもそうなるのですから、アマチュアが腰痛や怪我になる可能性は非常に高いと言えます。

アマチュアこそ十分なケアをしなければならないのは間違いありません。