ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフに必要な筋肉腹筋、背筋、大胸筋を鍛えて飛距離アップ

2017.7.26

全てのゴルファーが望む事、それは飛距離アップですよね。

でもゴルフで飛距離アップをしようとすれば、体の筋力やバネを鍛えるしかありません。特に腹筋、背筋、大胸筋を鍛える事によりヘッドスピードをアップさせ飛距離を伸ばす事ができます。

では、それぞれの筋肉の役割と鍛え方について見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフラウンドで1日歩く距離を日常化させて変わることとは

1日のゴルフラウンドは約4時間ですし、あまりハードな運動のイメージがありません。 しかし平らな...

夏の日のゴルフのような運動が引き起こすつらい頭痛の原因

夏、暑い中でゴルフのラウンドをしていたら頭痛が・・・そんな経験、ありませんか? 実は、多くの人は...

ゴルフは体が硬いとダメなの?柔らかいほうが絶対有利なの?

ゴルフに限らず、スポーツは体が柔らかい、関節可動域が広い方が有利だと言われます。 可動域の広さ...

目でボールの位置を確認するとき間違うとどうなるか考察する

ゴルフを始めたころ目でしっかりボールの位置を確認しなさいと、格言のように教えられたと思いますが、実...

体が柔らかくなる食べ物があるって本当?ゴルフ上達の裏ワザ

体を柔らかくするにはストレッチが思い浮かぶと思いますが、その効果を上げるのも下げるのも食べ物次第なん...

ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標にする選手が多いです。 ここで疑問が浮か...

ゴルフに役立てるために筋トレとストレッチの違いを知ろう

ゴルフのために筋トレやストレッチをしている人は多いでしょう。 どのタイミングで、どう役立てるため...

体が硬いのが子供の頃からだとそれを改善するのは無理なの?

ゴルフにとって柔軟性は大事です。 そうはいっても子供の頃から体が硬いので、無理!と思っている人...

ゴルフは体が硬いと腰痛になる確率が上がってしまうので注意

ゴルフに限らずですが、スポーツ全般体が硬いと故障しやすくなります。 ゴルフでは体が硬いと腰痛にな...

175センチで体重80キロを4か月間で12キロのゴルフダイエット

男性の身長が175センチなのに体重が80キロもあれば、運動するときに若干体が重いと感じるはずです。 ...

肩甲骨の筋肉に痛みを感じて辛いゴルファー必見!理由解明!

肩甲骨が急に痛くなったことはありませんか? 肩甲骨が痛む原因はたくさんありますが、その原因は肩こ...

身長が小さい女性は果たしてゴルフに有利なのか不利なのか?

PGAツアートーナメントを見るとガタイの良い男性ゴルファーが”ブンブン”クラブを振って”バンバン”飛...

手首のヒビで完治するまで練習できない時が上達のチャンス!

手首にヒビが入ると完治するまでスイングすることはできません。 そこで怪我をしないために注意するポ...

スイングが変わる!40代後半の男性のゴルフスイングについて

一般的なアマチュアゴルファーにおいて、男性ならスイングで力任せにブンブン振り回せた20代、スイングを...

ゴルフが原因で腰痛?誰でもなりうる右腰が痛い原因と対策

ゴルフが原因で腰痛が起きるのは、ゴルファーにとっては宿命みたいなものと思っているかもしれませんが、...

スポンサーリンク

今や当たり前、腹筋や背筋、大胸筋を鍛える事はゴルフ界では普通の事

一昔前まで、ゴルフに筋力トレーニングが取り入れられる事はあまりありませんでした。
ゴルフは道具を使ってボールを飛ばすスポーツであり、過大な筋肉は不要だと考えられていたのです。

しかしゲーリープレーヤーの登場で、ゴルフ界にも筋力トレーニングが必要な事、勝つためには取り入れるべき物として認知されました。

そしてタイガーウッズの登場です。
プロデビュー前からタイガーのショットは他のプロを圧倒し、そのバランスの取れた筋力が話題となり、ゴルフ界にも筋力トレーニングが当たり前の物となり現在に至っています。

飛ばしやスイングバランスを保つ為に筋肉は必要で、腹筋、背筋そして大胸筋を鍛える事で体幹が太くなり毎回安定したショットを打つ事ができる様になると知られる様になりました。

いつの時代もスーパースターの登場で、その人が行っている事がスタンダードになっていきます。
ゲーリープレーヤーもタイガーウッズも他の選手があまり行っていない事を当たり前に毎日行う事により、その事が普通になったと言えます。

ゴルフスイングにおける腹筋、背筋、大胸筋の役割について

ゴルフスイングに適した筋肉というのは、当たり前ですがマッチョなボディビル選手の様な筋肉ではありません。

ゴルフスイングにはしなやかな柔らかい筋肉が必要で、硬く鍛え抜かれた筋肉ではスイングスピードを上げる事ができません。

腹筋は体幹に関わる筋肉で、スイングバランスに影響します。
それから背筋はスイングアークの大きさとダウンスイングでクラブを引っ張り下ろす為の筋肉と言えます。
そして大胸筋はクラブスピードを上げる為とスイングプレーンを安定させる為の筋肉です。

しかし、それぞれの筋肉がバラバラな役割という訳ではなく、ゴルフスイングでは有機的に筋肉が影響し合ってスイングを形作ります。

そこでまずは今よりももっと遠くに飛ばしたい、スイングスピードを上げたいなら、背筋を鍛える事をオススメします。
背筋の力が上がるとダウンスイングのスピードが確実に上がります。
背筋の力でスイングスピードを上げる事がそのまま飛距離アップにつながります。

注意したい事は、上半身だけ筋力アップを図っても、下半身とのバランスが悪ければ飛ぶけど曲がる、安定しないスイングとなります。
上半身の力を受け止める下半身の筋力も必要になるのです。

欧米のプロゴルフ選手は大胸筋と背筋の力が凄いので飛ぶ

元々体格差のある欧米人と日本人ですが、特に欧米人は大胸筋と背筋の力が凄いと言えます。
大きな胸板と背筋の力によって、スイングスピードが速いのはもちろんの事、ボールへのパワーの伝わり方が日本人のそれとは圧倒的に異なるのです。
身長も高い選手が多く、まさにボールを上から叩いてパワーで持っていくという表現がぴったりなスイングです。

もちろん、彼らも筋力アップの為のトレーニングを行っているからこそ、そういったスイングができるのでしょうが、同じ練習内容、時間でも日本人とは差が出る事は自明です。彼らの大胸筋と背筋が凄い事は、ウエアを通してみる体つきから分かりますよね。
ウエアの上に盛り上がった筋肉を見て取る事ができます。

しかも、速いスピードでクラブを振ってもビシッとフィニッシュまで決められているのを見ると、腹筋の力も相当強いと思われます。

こんな欧米人と伍して戦っている日本人プロゴルファーは凄いですし、同じ日本人として誇りに思いますね。

プロ野球選手が飛ぶのは腹筋や背筋、大胸筋の力が凄いから

バットを振るプロ野球選手がゴルフクラブを振るとかなり飛びますよね。
たまにシーズンオフ中のプロ野球選手のゴルフコンペがテレビ放送されますが、彼らのスイングと飛距離はプロゴルファーに負けていないと言えます。

さすがプロの選手、プロ野球選手も普段腹筋、背筋、大胸筋は必ず鍛えているでしょうし、走り込みを行っている為、ヘッドを速く振る事ができます。

バットやクラブを振る為の筋力は同じところを使うという事でしょう。
プロ野球選手の打った球は凄まじい勢いで飛んでいく様が見れます。
打者ならほとんどの選手が300ヤードを飛ばします。

しかしです。
そんな飛ぶプロ野球選手でも、飛距離以外の部分になると極端に素人感がでる方が沢山います。
300ヤード飛ばしても、50ヤードのアプローチが上手く寄せられない、なんてプロ野球選手はざらです。

ここがゴルフの面白い所なのですが、結局スコアになるのはショートゲームが上手い選手だけなのです。

ちなみにですが、プロ野球選手だからゴルフが上手いと思われている視聴者が多いと思いますが、違います。
ゴルフが上手いプロ野球選手は、ゴルフをそれだけ練習しているという事です。
運動神経の良さという部分を差し引いても、練習量が多いからゴルフも上手いのですよ。

飛距離アップとスコアアップに必要な腹筋、背筋、大胸筋の鍛え方について

ゴルフで飛距離アップとスコアアップに必要なそれぞれの筋力トレーニングについて見ていきましょう。

腹筋は言わずもがな、結構皆さん普段されるトレーニング方法である腹筋が効果的ですよね。
お腹回りがたるんできたので、腹筋しよう、と思われる事よくあると思います。

そして大胸筋は腕立て伏せが代表的ですよね。
ジムのトレーニングマシンならバーを前に押す事で大胸筋が鍛えられますし、ピンポイントで大胸筋を鍛えられる為効率的と言えます。

前の2つに比べて比較的鍛えにくいのが背筋です。
うつぶせ上体から体を上に反らす背筋を鍛える方法があるのですが、ゴルフスイングに必要な上の方の背筋はこの方法だと鍛えにくいと言えます。

ですからゴルフのための背筋を鍛えるにはジムのマシンを使う方が効率的と言えます。
バーを背中側に引っ張り下ろすマシンがあるのですが、この方法だとスイングスピードを上げる為の筋力を鍛える事ができますよ。
ただ、ジムはお金も時間も掛かるので、皆さん悩みどころと言えます。

カチカチの筋肉や過剰な状態にしてしまってはトレーニングも逆効果

飛距離アップに筋力トレーニングは効果的と言えますが、過剰にやりすぎると逆効果となるので注意が必要です。

ただ筋力アップをするのが目的ではなく、あくまでもスイングスピードを上げる為の筋力アップが目的ですので、やみくもに鍛えすぎるのもよくありません。

柔らかい筋肉づくりは比較的ゆっくりめにトレーニングを行った方が良いです。
短時間に筋力アップを行うボディビルの様な鍛え方は避けた方が良いと言えます。
なぜなら硬い筋肉ができ上がってしまうため、スイングバランスが悪くなるからです。

また、水泳も頑張りすぎると肩の周りの筋肉が発達し過ぎるので、バックスイングが回りにくくなるので注意が必要です。

この様に、筋力アップトレーニングも方法を間違うと逆効果になる事があるので、できればトレーナーについて教えてもらいながら筋力アップした方が良いです。
トレーナーは筋肉の事に熟知していますので、必要な腹筋、背筋、大胸筋のつけ方について適切にアドバイスしてくれると思います。

腹筋、背筋、大胸筋を効率的に鍛えて飛ばし屋になろう

飛ばしに必要な筋肉を効率的に鍛える事により、飛ばし屋に変身する事ができます。

しかし筋力はすぐに高める事ができないので、毎日少しずつ繰り返し行う事により徐々に飛距離アップしていくと思います。

また、トレーニングと併せてゴルフクラブを振っていく事によりスイングに必要な筋肉が自然についていくと思います。

ゴルフの練習と筋力トレーニングを併せて行い、飛距離アップにつなげましょう。

 - ゴルフの体