ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ドライバーショットが貧弱!スライス矯正動画で遠くに飛ばす

      2017/07/01

ドライバーショットが貧弱!スライス矯正動画で遠くに飛ばす

ドライバーショットが”どスライス”。
これではゴルフの面白さも半減ですよね。

ドライバーショットがスライスする原因はカット軌道だからです。
その理由は多くのゴルフ雑誌やゴルフ動画でも紹介されており、スライサーの多くが分かってはいるけど直らない状態なのではないでしょうか。

もちろんレッスンに通うのが一番なのでしょうが、お金と時間の調整が難しいですよね。
では、週末の練習場で効率的にスライスを直す方法をスライス矯正動画も使って行っていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000910-1.jpg
★ゴルフ上達★ヘッドを加速させるにはインパクトで止める

ゴルフスイングは極論すると振り子の動きになります。 糸の先...

glb0000909-1.jpg
コンパクトカーでゴルフバッグの積み方のコツ!教えます!

車を買うときに、ゴルフを始めるなんて夢にも思ってなかった。...

glb0000908
ロングセラー品、キャロウェイビックバーサの気になる評価は

キャロウェイクラブの代名詞とも言えるビックバーサですが、長年...

glb0000907-1.jpg
アイアンでダウンブローが出来ている良いスイングは音が違う

ゴルファーの皆さん、アイアンショットでボールを打った際の音...

glb0000906-1.jpg
タイトリストap2 714アイアンは見た目もギア的に難しいか?

タイトリストアイアンの中でも、比較的幅広いゴルファーに対応...

glb0000905-1.jpg
芸能人ゴルフ大会、18回を数える叙々苑カップは人気恒例行事

テレビで芸能人がゴルフの腕前を披露する場面はよくありますよ...

glb0000904-1.jpg
ゴルフに必要な筋肉腹筋、背筋、大胸筋を鍛えて飛距離アップ

全てのゴルファーが望む事、それは飛距離アップですよね。 ...

glb0000903-1.jpg
片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のア...

glb0000902-1.jpg
女子プロのヘッドスピードは振るリズムが一番遅いと有利!?

女子プロゴルファーの中には、ゆったりとしたリズムでスイング...

glb0000901-1.jpg
ゴルフは体が硬いと腰痛になる確率が上がってしまうので注意

ゴルフに限らずですが、スポーツ全般体が硬いと故障しやすくな...

glb0000900-1.jpg
ホールインワン達成後の記念品の相場とは。保険は必須か!?

一生に一度あるかないかのホールインワン。 喜びも束の間、そ...

glb0000899-1.jpg
ゴルフで一番大事なパターの練習方法をイボミから学ぼう!

ゴルフでスコアを左右する一番大事なのはパターです。 そん...

glb0000898-1.jpg
ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとター...

glb0000897-1.jpg
ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパ...

glb0000896-1.jpg
ショートアイアンはトップブレードで合せるとスクエアになる

アイアンを構えるとき、ボールにフェースを合わせると思います...

glb0000895-1.jpg
プロのスイングを真似る、ゴルフを上達する為に必要な事とは

ゴルフを上手くなりたい! 全てのアマチュアゴルファーがそう...

glb0000894-1.jpg
パターグリップは人それぞれ。右手の人差し指の感覚について

パターのグリップの仕方は千差万別、その人の持つ感覚でグリッ...

glb0000893-1.jpg
ドライバーの飛距離アップには動画を撮って自己分析しよう

ゴルファーであれば老若男女を問わずドライバーをもっと飛ばし...

glb0000892-1.jpg
ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュ...

glb0000891-1.jpg
良くなるからとクラブをシャフトカット。あれ調子悪いぞ!?

クラブのシャフトをカットするとミート率が上がり、ミスショッ...

スポンサーリンク


初心者のほとんどがドライバーはスライスする

ゴルフスイングという物、実はそれまでゴルフをした事ない人にとっては、特殊な打ち方となります。
野球やテニス、卓球など学校の体育の授業で習う様な一般的な道具を使った球技で打つ方法とは異なるからです。

一般的にボールを打つ球技というのは、体の正面でバットやラケットを処理できますよね。
対してゴルフはバックスイングからトップにかけて体の後ろにクラブが動きます。
こんな形で打つ球技、一般的に見ると他にはほとんどないと言えます。
ですので、初心者がゴルフスイングをすると、最初ほとんどが野球打ちになります。

野球やソフトボールは一般的なスポーツですので、打ち方がそうなるのは当たり前ですよね。
人間の脳と体はそれまで経験した方法でしか判断と動作をしない為です。

この様な野球打ちだとヘッドは外側からしか下りてこない為、カット軌道となりボールはスライスします。
また、右肩がつっこみ、極端に上からヘッドが入ってくる為、テンプラやダフリも誘発します。

ですので、初心者はスライスする事が当たり前という前提であり、スライス矯正動画に出てくるような方法を試し続ける事で、カット軌道が直ってくるという事を理解しましょう。

ドライバーのスライス矯正動画に出てくる方法で悩む

ドライバーのスライス矯正動画も方法が沢山あり悩みますよね。
特に、スイングの一部分だけを変える様な矯正動画が多く、実際その通りにやってみてもスライスが直らないゴルファーも多いのではないでしょうか。

スライスする理由は、先にも触れた通りそもそもカット軌道が原因な訳ですから、ダウンスイング時クラブが通る所さえ変えられればスライスは止められると言えます。

ただし、スライスを止めるという事と正確に狙った所に飛ばすという事は別です。
言い換えてみれば、スライスでも毎回狙った所に正確に打てるのなら、ゴルフの完成度は高いと言えるのです。
過去、そういったプロもいた位ですから。

ただ、先ずはスライスを止める方にフォーカスして、捕まったボールを打つにはどの様にしたらよいのか考えましょう。

まずスライス矯正動画に出てくる方法として、どスライサーに効果的と言えるのが、極端な体重移動です。

そもそもスライスの度合いがきついゴルファーは、体重移動が正確に出来ていない事が多いですので、スウェーしても良いので、バックスイングで右足にダウンスイングで左足に思いっきり体重移動してみてください。

特に、ダウンスイングで左足に体重移動する事によって、手が前に出にくくなるため、スライスの矯正には効果があると思われます。

ドライバーのスライスを矯正動画で直さないとコースで悲惨な目に遭う

ドライバーが捕まらない、スライスしてしまうゴルファーは、ボールをコントロールする事ができない為、コースでのティーショットが結構OBになります。

スライスする事を前提に左を向いて打っても、いつも左に出て右に戻ってくるショットが打てればよいのですが、そうはいかないのではないでしょうか。
いわゆる引っ掛けてしまうショットだと、スライスボールの右OBではなく左OBになってしまいます。

そうして左OBが出ると、次も左を向く事が怖くなり、真っ直ぐ向いてしまうゴルファーが多いのではないでしょうか。
こうなると今度は右OBが出ます。

その結果左右にOBが出るとゴルフのスコアはまとまりません。

こうした左右へのOBを防ぐ為に、スライスの矯正動画を使って右へ曲がるOBだけを防ぐ練習を行えば、OBが出たとしてもその数と右OBというのは減らす事ができますよね。
全体でみればスコアが良くなる事は間違いありません。

コースに出て左右のOBを出し続けている様ではゴルフは上達しませんので、少なくとも右OBを防ぐ様な練習を行ってください。

うそ!?ドライバーのスライス矯正動画が当てにならないケース

数あるドライバーのスライス矯正動画ですが、中にはスライススイングの矯正にならない様な”?”な物もあります。
その1つが、極端なフックグリップにしてクラブを無理やり内側から持ってくるという方法です。

確かにフックグリップにするとダウンスイングで手が前に出づらくなるのかもしれませんが、そもそもスライサーは手打ちがほとんどですので、フックグリップにしようがダウンスイングでは手でクラブを下ろしてしまいます。
そして体重移動も正しく行われていない為、右肩が前に出やすいスイングの為、カット軌道は直りません。

しかも極端なフックグリップで練習し続けると、正しくダウンスイングが出来る様になった際、今度はクラブが寝やすくなります。
すると、ボールを上から打ちづらくなる為、あおり打ちのフックボールを打つ事につながる可能性が出てくるでしょう。

たまに年配ゴルファーでこうした打ち方をする方がおられますよね。
本人はフックボールで満足しておられるのでしょうが、このスイングが困難とするライがあり、バンカーショットやライの悪い所からのショットがそれに当たります。

基本的に上からボールを捉える事が出来ない為、ボールの下にフェースが入るスペースがない状況を苦手とします。

この様に長い目で見るとスライス矯正動画も当てにならない物がある為、注意が必要です。

有名レッスンプロの行うスライス矯正動画は非常によい

人気のある、有名なレッスンプロが紹介するドライバーのスライス矯正動画は良い物が多いですね。
そういったプロが教えるスライスの矯正方法は、長期的な視点にたった物が多く、スイングの一点だけを論じてスライスする事に触れていないケースが多いものです。

例えば、手打ちのゴルファーはカット軌道になりやすい為、先ずはバックスイングで手の意識を無くす方法から入り、ダウンスイングを左足の踏み込みで行う方法、これならほぼスライスは直ると言えます。

また、スライサーはアドレスで右を向きやすい、スライサーに限らず初心者に多いのですが、アドレスで右を向くとボールを右に押し出しやすくなる為、正しいアドレスから入り、グリップも左右の手に一体感のある方法をレクチャーされます。

スライスを直すには、実はスイングよりもこうした基本的な動作の部分が非常に重要ですので、正しいスライス矯正動画には長期的な視点という要素が入っています。

実はレッスンを受ける場合も同じ事が言え、数回しか習わない人と数か月に亘って習う人への教え方は異なるものなのです。

ゴルフを上達させるには、それなりの時間とお金が必要になります。

ドライバーのスライスが直りインサイドからクラブを入れられれば楽しい

プロの様にドライバーショットで真っ直ぐかドローボールでボールを遠くに飛ばせるようになりたいですよね。
スライスしか打てないゴルファーには憧れです。

ドライバーショットに限らず、ダウンスイングでヘッドを正しくインサイドに入れる事ができれば、インパクト時の感触が変わり、ゴルフがさらに楽しくなります。

スライサーはボールのフェースへの当たりが薄めですので、感触よくインパクトができない事が多いのですが、インサイドからヘッドを入れた場合、フェースの芯でボールを捉える事が多くなり、手に伝わる感触も非常に良くなります。
ドライバーショットでもドローボールを打てるようになり、つかまったボールで遠くまで飛ばす事ができます。

ダウンスイングでクラブが立って、ボールを上から捉える事ができる様になると、アイアンショットではインパクト後にターフが取れる様になります。
また、スピンも効いたボールとなり、グリーンにピタリとボールを止められます。

今までのゴルフは何だったのかと思うような感触とボールになるのは間違いないでしょうね。

スライスするゴルファーは、矯正動画も有効活用し、スライサーを早く卒業して楽しいゴルフライフを目指しましょう。

ドライバーがスライスするゴルファーはスイングが間違っている

ドライバーがスライスしかしない、または引っ掛けしか出ないゴルファーのスイングは間違っています。

恐らく、ほとんどのスライサーが手打ちで、飛んでいくボールも弱々しくボールを捕まえる事ができないと思われます。

初心者が超えなければならないポイントとして、ゴルフスイングで一番難しいと言われるトップからダウンスイングの切り返し方、クラブの下ろし方なのですが、ここでインサイドに下ろせる様に矯正動画などを参考にして早く身につけてください。
きっとスライスが止められるはずです。

 - 動画活用法