ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標にする選手が多いです。

ここで疑問が浮かびます。
子供とは基本的に痩せ型が多いですが、ゴルフをするには子供であっても体重を増やすべきなのでしょうか。

それではゴルフにとって体重がどう関係してくるのか一緒に考えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

飛距離を伸ばすには筋トレと新しいスイング法を取り入れよう

飛距離を伸ばすには、まずは鈍った身体を鍛え直すことが大事です。しかし子供の頃の絵日記と同...

整骨院で健康保険は寝違えもOK?ゴルフをやりすぎてなった?

朝起きたら『痛いっ!寝違えてしまった!』と感じることはありませんか?寝違えは、向きたい方向に向...

ゴルフで左手首の痛みはインパクト時の衝撃が原因の事が多い

ゴルフで左手首の痛みを抱えているゴルファーは多いですよね。なぜ、ゴルフをすると左手首が痛くなる...

ゴルフでよく捻挫するショパール関節を構成する骨の覚え方

「ショパール関節」ってあまり聞き覚えがないでしょう。しかしゴルフをするときによく捻挫する場所...

体が柔らかい人たちの特徴を知ってゴルフのために役立てよう

ゴルフの雑誌等を読んでいると柔軟性が高いほど有利だと良く書かれています。それだけでなく体が柔らか...

ゴルフの足作り!ゴルフボールを使った足つぼマッサージ法!

足は第二の心臓と呼ばれているのをご存知ですか?足の裏には数多くの足つぼ(反射区)があります。...

腰痛を軽減させるゴルフ用のベルトやサポーターの数々

ゴルフスイングでは捻転動作を繰り返すため、腰への負担が大きいと考えられています。そのため腰痛で悩ん...

辛い背中の痛み・病院にかかる前に知っておきたい痛みの原因

「背中が痛い」というのは、日常生活で感じやすい体の痛みのひとつではないでしょうか?しかし背中の痛...

ゴルフレベルアップ最前線!自宅でヨガdvd見てバランス強化

最近はヨガの教室も探せば沢山あるようですね。そして教室に通わないで自宅でdvdを見ながらヨガを実...

ゴルフラウンドや素振りでのカロリー消費量ってどのくらい?

ゴルフは他のスポーツに比べると飛んだり走ったりと言うような動きが無いので、運動量も少なくカロリー...

膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はありますか?あると言う人はだいたい一過...

寒い冬に運動しても汗でないのは有酸素運動にならないの?

ゴルフを趣味としている人の中には、健康のためと言う人も多いのではないでしょうか?夏のゴルフは汗も...

ジョギングとウォーキング。簡単にカロリー消費できるのは?

ジョギングの方が走っているからカロリー消費は良さそう。でもウォーキングの方が毎日続けられそう。...

タイガーウッズの病気と錦織圭の悩みは精神的支柱にある?

タイガーウッズは腰、錦織圭は腕、それぞれが故障を理由に戦線離脱していますが、外面的な病気以外に内面...

腰が曲がるのは日本人女性に多い?ゴルフスイングが崩れる?

日本人のお年寄りでよく腰が曲がっている人を見かけます。ですが欧米人のお年寄りってあまり腰が曲がっ...

スポンサーリンク

子供でもゴルフをするなら体重を増やすべき?

ゴルフにとって体重は大きく影響します。
18ホールラウンドする体力的な面と、飛距離を出すために必要だからです。

ではそのことは子供でも同じことが言えるのでしょうか。

答えは、「YES」です。

同じ年代の子供でもガリガリタイプ、ムキムキタイプ、ぽっちゃりタイプといます。

子供でも18ホール回るのは同じですし、ある程度の飛距離は求められます。
そうなるとガリガリタイプの子供だと限界が来たり、怪我に繋がったりします。
そのため平均値よりも体重はあった方がゴルフには向いていると言えるでしょう。

しかし安に体重を増やすだけではゴルフに悪影響を及ぼす可能性があります。
子供にとって正しい体重の増やし方をさせないとゴルフだけでなく、子供の成長にも悪影響を及ぼすからです。

摂取カロリーを増やすだけ、筋力を増やすだけなど偏った形で体重を増やすようなやり方は子供のためにも決してしないでください。

そこで子供ゴルファーのための正しい体重の増やし方を知っておきましょう。

子供はバランスの良い食事で体重を増やすこと

成長期の子供にとって栄養バランスの取れた食事は必須です。
ゴルフなどのスポーツをしているなら尚更です。

1日3食、主食・主菜・副菜・乳製品・果物で必要な栄養を万遍無く摂るのが基本です。

食事の前に飲み物を飲んだり、食事の最初にお味噌汁などの汁物をたくさん飲んでしまうと、それだけでお腹いっぱいになりおかずから必要な栄養素が摂れなくなってしまいます。
食の細い子供だと特に気をつけなければいけません。
なるべくご飯やおかずから食べ始めるように声をかけるようにしましょう。

スポーツをしている子供の年齢別の1日の必要カロリーは、

6~7歳→1,700kcal
8~11歳→2,050~2,600kcal
12歳以上→2,750~3,100kcal

です。

30~40代女性の必要カロリーは2,000kcalと言われているので、8歳以上になると同等かそれ以上のカロリーが必要だと言うことです。
成長期の子供は消費カロリーも大きいので、体重を増やすとなるとかなりのカロリーが必要なのです。

おやつにはスナック菓子などではなく、乳製品や果物といったものを食べさせるようにしましょう。

子供に何を食べさせれば良いのか?

では子供が健康的に体重を増やすための栄養バランスの取れた食事とは、具体的にどのようなものなのでしょう。

まず子供に大切なのは、成長に欠かせないたんぱく質です。
卵や肉、魚、豆腐、乳製品に多く含まれています。

子供はお肉が大好きですが、たんぱく質だからと肉ばかりの偏食をさせては、脂肪分やカロリーの摂り過ぎになるので注意してください。
スポーツをした後30分以内にたんぱく質を摂ると、筋繊維を太くすることにも役立ちます。

消費カロリーの多い成長期の子供には、炭水化物もとても重要です。
ご飯やパン、麺、芋などに多く含まれています。

最近はご飯が苦手な子供が多いのですが、ふりかけや炊き込みご飯など工夫してしっかり食べさせるようにしましょう。
また玄米や雑穀ご飯を取り入れるとビタミンなどの栄養も摂れます。

効率良くエネルギーを作り出す手助けをするのが、ビタミンやミネラルです。
特にビタミンB群はエネルギー代謝を促進するので、スポーツをする子供には重要です。
野菜や果物、きのこ、海草などに多く含まれるので、食事やおやつでも積極的に摂取するようにしてください。

子供が筋肉をつけて体重を増やすには

子供の体重を増やすからと食事にばかり頼っていてはダメです。

健康的に体重を増やすためには、体を鍛えていかなくてはいけません。
子供でもできる範囲の腕立て伏せや腹筋などを行うようにしましょう。

もちろん程よい負荷をかけて筋肉を鍛え、その後は十分に筋肉を休ませることで筋肉が付きやすくなります。
筋肉痛の後しばらく休めると、「超回復」と言う筋肉が一番強くなる時期が来ます。
そのサイクルをしっかりと見極めて、効率良く筋力トレーニングをするようにすると良いでしょう。

また筋肉をつけるために必要なのがたんぱく質です。
先に話したように、たんぱく質は肉や魚、卵、乳製品、大豆に多く含まれています。
本格的にトレーニングしている人は良くササミの茹でたものを食べたりしますが、あれは脂質を抑えて、たんぱく質を効率良く摂取するための食事です。

子供の場合は食が細かったり太りにくかったり消費カロリーも多いので、脂質も必要ですからササミだけの食事など偏った摂り方は避けてください。

プロテインで体重を増やすサポート

子供の体を作るのは、大人よりも必要なたんぱく質の量は多いです。
また運動をする子供となると更にその量は増えます。
ですから食事だけで必要なたんぱく質を摂取するのは難しい人もいるでしょう。

そういった人は、食事の他にもプロテインなどを間食などに取り入れてたんぱく質を摂ると良いです。

プロテインは体に必要なたんぱく質が豊富で、主に大豆と牛乳から作られています。
もちろんあくまでもサポート飲料なので頼り過ぎは良くありません。
また大人用のプロテインも子供には合いません。
子供向けに開発されたジュニアプロテインにすると安心です。

またジュニアプロテインには、成長期の子供に必要な栄養素であるたんぱく質のほかにカルシウムや各種ビタミンが含まれています。
食事やプロテインでたんぱく質を摂り、筋肉をつけましょう。

食が進まなくとも、プロテインでたんぱく質を補い、身体を作っていく上で健康的な身体になり、基礎代謝が上がり、自然とお腹が空くようになります。

この流れができてきたら、健康的に体重を増やすことのできる身体が出来上がった証拠です。

ジュニアゴルファーの問題点

最近はジュニアと言っても幼少期からゴルフを始めている子供が多いので、小学生や中学生になると、経験年数も長く、ゴルフの腕前は大人も負けるほどと言う子供も少なくはありません。
またゴルフが上手なだけでなく、コース戦略も良く考えています。

そんな将来有望なジュニアゴルファーがたくさんいるのですが、そこに問題点があります。
基礎体力が他のスポーツ競技のジュニア選手よりも劣っていることです。
下手すると同世代の一般の子供たちより劣ることもあるようです。

その理由は、スイングやショット、パッティングの練習は欠かしませんが、その分他の運動やスポーツを全くしないからです。
幼いゴルファーを見ると細身の子供たちが多いです。

子供の頃は多種のスポーツを経験した方がバランスの取れた体に成長します。
早くゴルフを上達させるために子供にたくさんの練習をさせているかもしれませんが、体力や筋力をバランス良くつけるには、他のスポーツにもチャレンジさせた方が良いのです。

活躍しているプロゴルファーのプロフィールを見ると、ジュニア時代に他のスポーツをやっていた人が結構いるのが分かります。

子供のうちは食も運動も偏ってはダメと言うことです。
バランスと取れた食事や運動で健康的に体重を増やすことを一番に考えましょう。

ゴルフも食事も運動も子供が楽しめるように

体重を増やすための、バランスと取れた食事や運動についてお話してきました。

もちろんこれらを厳しく管理することは大人の役目でもあります。
しかしあまりにゴルフのためにとガチガチに固めてしまい、子供にストレスが掛かってしまっては何の意味もありません。

あれはダメ!これはダメ!ではなく、程よく緩めることも大事です。
そのために工夫をするもの親の役目ではないでしょうか。