ゴルフで重要なのは上半身より下半身。どうしてか分かる!?

ゴルフのためのトレーニングでどこを鍛えれば良いのかを検索すると、一番多いのは下半身強化ですよね。

スイングでは、クラブを持つし、捻転が大事なので上半身を鍛えることの方が必要だと思いませんか?

ゴルフで鍛えるべきなのは上半身より下半身とは何故なのでしょう。
ここで一緒に考えてみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

硬い股関節とお別れ!ストレッチは短い時間でも効果アリ!!

股関節が硬いと、体全体に色々な弊害が出てきます。肩こり、腰痛、ねこ背、膝痛などなど・・・。そし...

整体は効果ある?ゴルフ腰痛がなかなか改善しない方必見!

腰痛でお悩みのゴルファーはとても多いです。私たち人間は二足歩行になった宿命ともいうべく、ほとんど...

夏の日のゴルフのような運動が引き起こすつらい頭痛の原因

夏、暑い中でゴルフのラウンドをしていたら頭痛が・・・そんな経験、ありませんか?実は、多くの人は...

骨のヒビは完治するまで安静に!そして再発防止対策が重要!

ゴルフをしていて骨にヒビが入ることがあります。そこで受傷した原因と再発防止のための対策を立てて...

日本全国のゴルフ場での3月末の時季に適した服装とは?

縦に長い日本列島ですから、ゴルフウェアも3月末と言っても「これだ!」というものはありません。...

手首を柔らかくするにはストレッチを効果的に実践しましょう

数あるゴルフスイング理論のなかで、ほぼ異論なく唱えられているのが「手首の返し」の重要性です。...

辛い背中の痛み・病院にかかる前に知っておきたい痛みの原因

「背中が痛い」というのは、日常生活で感じやすい体の痛みのひとつではないでしょうか?しかし背中の痛...

ゴルフのための筋トレは上半身のストレッチを兼ねよう!

ゴルフのための筋トレをすれば、今よりも飛距離が伸びるような気はしませんか。そこで上半身の中で...

身長170センチで体重80キロはゴルフにとって有利?それとも

ゴルフにとって身長と体重は非常に大切です。身長は遺伝的なものもあるので望んで手に入れられるも...

ゴルフで腰痛が心配なときは「ながら体操」で解消しよう!

ゴルフをしすぎて腰痛になってしまった。もしくは腰痛が心配というゴルファーは、腰痛防止のための体操...

175センチのプロの体重が増加するほど筋トレした功罪を確認

身長が175センチで体重が68キロだった石川遼選手が、米国ツアーでパワー不足を実感して筋トレに取り...

ゴルフ界ではレフティのほうが有利!?プロの観点で考察

世界中では左利きの人口が約10%だそうですが、ゴルフの世界ではレフティのトッププロは1%にも満たない...

利き目でボールの位置が変わる!あなたの利き目は左右どっち?

人間には、利き手、利き足、そして利き目があります。この利き目とは手や足と同じように、よく使う側...

軸崩れの原因!脚の長さが違う!骨盤矯正や整体で効果ある?

何気なく脚の長さを見比べてみたら、左右の長さが違う!O脚X脚は骨盤矯正で良くなるって聞いたけど本...

膝の痛みはどこ?内側の場合の対処方法~湿布やその他の方法

あなたはある日突然、内側の膝の痛みが出たらどうしますか?日常生活はもとより大好きなゴルフも出来...

スポンサーリンク

ゴルフにとって上半身よりも下半身とは

CMやプロゴルファーの密着番組などを見ていると、選手が汗を流しながら上半身や下半身を鍛えている様子が流れたりします。

プロゴルファーはそれが仕事なので、ゴルフのために全身をバランス良く鍛えているのです。

ボールを遠くへ飛ばすには、上半身の筋肉(特に上腕二頭筋などの腕の筋肉)を鍛えることが重要だというイメージがあります。
しかし実際は、飛距離が出やすいクラブを振る際のヘッドスピードを上げるためには、腕の力をなるべく抜いて肩周りをリラックスした状態にさせることが重要です。

腕に力を入れた状態でスイングをすると棒のように引っ張ってしまい、体幹部分が思うように動かず、ヘッドスピードを上げることができません。

そこでヘッドスピードを上げるために必要な筋肉が下半身の筋肉となってきます。

下半身とは筋力を安定させることで、バランスのとれたゴルフスイングを可能にし、1ラウンドで4~5時間という長い時間動くためにも、ゴルフおいて大変重要なのです。

またショットの正確性を安定させるためにも下半身の強化は意識して取り組んでいきましょう。

上半身とバランスの取れた下半身の基礎作り

プロゴルファーは専属トレーナーのもと、バランスの取れた、それでいてとてもハードなトレーニングをします。

彼らは、下半身ばかり鍛えるのではなく、同じくらい上半身も鍛えています。
しかし突然彼らのようなトレーニングを始めてしまうと、怪我をしたり、仕事などのに支障を来たしてしまいます。
ですから、私たちアマチュアは日々の生活に無理のないトレーニングから開始するようにしましょう。

下半身を強くするにはまず歩くこと。
最初は、トレーニングとして時間を取ってまでする必要はなく、日ごろの生活の中で、バスやタクシーを使ってたところを歩くようにするとか、階段を積極的に使うなどするだけでも十分です。

このような意識で下半身を使う頻度を増やすことで基礎体力は大幅に変わります。
まずは歩くことからはじめ、慣れてきたら走るようにしましょう。

歩く、走ると言った運動は、下半身強化になるだけでなく、持久力や体力も同時に付くので、一石二鳥、三鳥の効果が望めます。

ゴルフに必要な下半身とは、決してボディビルダーのような盛り上がったカチカチな筋肉質なものではないのです。

無理なくバランスの取れた下半身の筋力アップ

歩いたり、走ったりすることで、持久力のある基礎筋力が出来たら、次は筋力強化です。
単純運動で体力を消耗するイメージがありますが、継続することで短時間での効果を期待できるのが「スクワット」です。

スクワットで下半身を鍛えると、筋力アップだけでなく股関節の可動域アップにもなり、ゴルフに必要なことを同時に鍛えることができるオススメトレーニングなのです。

★太ももとお尻を鍛えるスクワット★

①肩幅よりやや広めに足を開きまっすぐに立ちます。

②両腕をクロスさせ、両手を両肩に置き、上半身を動かさないように腰を下ろます。
(お尻を後ろのほうに突き出すイメージ)

③適切な高さまで下ろした腰をあげて立った状態に戻します。

スクワットは、無理をしたり、間違った姿勢だと腰や膝を痛めてしまいます。
ですからしゃがみこむほど腰を下ろさず、背筋を伸ばした状態で維持できる姿勢を保ち、時間をかけて行うようにしましょう。

10回程度を2~3セット行うのが理想ですが、慣れるまでは自分のペースで問題ありません。

柔軟性の高い下半身とは

ゴルフのための下半身のトレーニングでは、筋力トレーニングだけでなく、柔軟性を高めるストレッチも必要です。

その中でも重要な下半身とは、実は足首です。

先に紹介したトレーニングと違い、簡単にどこでもできるので是非空いた時間を上手に使って行って欲しいです。

これは、足首の柔軟性を高めながら、足首を強化することもできます。

★足首ぐるぐるストレッチ★

①まず足首を左右にぐるぐると回転させましょう。
座りながら、片方の足を上げて、ぐるぐると左右に足首を動かすだけです。

②片方の足首を20回ほどぐるぐる回したら、もう片方の足も同じようにやってください。
簡単すぎて拍子抜けしませんでしたか?
仕事の空き時間にデスクで、寝る前のリラックスした時に布団の中でと場所も時間も選びません。

ツアートーナメントの解説等で活躍している森口祐子プロも、自身の著書でオススメしているトレーニングです。

ゴルフで使う所は、日ごろ頻繁に使わない部分が多いので、ストレッチをしておかないと怪我に繋がってしまいます。
ゴルフでは、上半身でも下半身でも細かなところまでストレッチすることが大事です。

上半身の筋力もある程度は必要

ゴルフに必要な鍛える下半身とは、太ももや脹脛、足首と分かりやすいです。

では上半身となるとどの部分になるのでしょうか。

ゴルフに必要だと考えると、「腕」をイメージする人が多いでしょう。
確かに腕の筋力や握力もゴルフに多少は必要です。

しかし一番必要なのは「体幹」です。
体幹を鍛えるのは、ゴルフに限らず一般的なスポーツにおいて必要なのです。
ゴルフでは、可動性を最大にするために体幹の強化が重要なのです。

可動性とは、関節や筋肉などの運動機構が働くことと、それらがどれくらい自在に動くかと言うことです。

そして可動性を得るだけでなく、それを自由に操らなければいけません。
優れた可動性を上手に操ることで、動きをコントロールし、安全・効果的・連続的なゴルフスイングができるようになるのです。

ゴルフスイングのように複雑で反復性のある動きでは、コントロールできないと、負荷に耐えるための関節や筋肉の能力に限界がきてしまいやすいのです。
ですから可動性を高めると、そんな怪我のリスクを最小限にできます。

どんなにゴルフが上手でも怪我をしてしまったらどうしようもないですからね!

素振りでも十分なトレーニングになる

ゴルフのための下半身や上半身の重要性、そのためのトレーニングについてお話してきました。

しかしトレーニングで鍛えるばかりでは、実際ゴルフに使う筋肉を鍛えきれてない可能性もあります。
ですから実際にクラブを使って素振りをしながら下半身を鍛える方法も取り入れるようにしましょう。

クラブは8番か7番アイアンを使います。
あくまでも素振りなので、ボールは打ちません。

いつも通りの素振りをするのですが、トレーニング素振りの際は、膝をいつもより深く曲げてください。
5cmくらい深く沈みこむような形で膝を曲げ、上体を起こさずに、前傾姿勢は保ったままです。
つま先下がりのライから打つのをイメージすとすると分かりやすいかもしれません。

スイングはどちらかと言うと水平に振る意識で、ゆっくり5回くらい振ります。

簡単なようですが、数回でも意外と下半身にきます。
腰が悪い方は、しないほうが良いでしょう。

下半身強化だけでなく、つま先下がりのライが苦手だったり、不安定だったりするゴルファーには、それを克服する練習にもなるでしょう。

素振りで鍛える下半身とは、筋力だけでなく実践でも使えるのです!

地味な努力こそ大きな結果が出る

上半身を鍛えようが、下半身を鍛えようが、何よりも大切なのはそれを続けること。
短期間に必死に鍛えてムキムキになっても続けなければ何の意味もありません。

ゴルフ上達に近道はないと良く言われますが、体を鍛えるのにも同じことが言えます。
ですから無理をせずに、自分が続けられるペースで行うようにしましょう!