ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

夏の日のゴルフのような運動が引き起こすつらい頭痛の原因

2017.5.22

夏、暑い中でゴルフのラウンドをしていたら頭痛が・・・そんな経験、ありませんか?

実は、多くの人はこの経験があるみたいです。

夏の暑い時期に頭痛が起こるのはなぜでしょう。
そんな頭痛を抑える方法はないのでしょうか。

ここでは、夏の日のゴルフに限らずすべての運動が引き起こす頭痛の原因と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフ特有の症状?右手の薬指がしびれる原因とは

右手の薬指がしびれたときゴルフが原因なのか、それとも体調に異変が生じたのか心配になることがあります...

ゴルフで指の第二関節が反る?「ばね指」だと疑ってみよう!

ゴルフの後に指が痛い!? 更に、第二関節が反ると危険です。 これは、ゴルフを長く続けていると、な...

ゴルフのためになる効果的な筋トレをするにはダンベル使用

ゴルフには激しいスポーツと言うイメージがあまりないので、筋力はさほど必要ないと思っている人が多い...

170センチで体重が平均のゴルファーが有利なゴルフ事情とは

以前は170センチ前後で体重も平均的であれば、大型ゴルファーよりも有利と考えられていました。 ...

ゴルフレベルアップ最前線!自宅でヨガdvd見てバランス強化

最近はヨガの教室も探せば沢山あるようですね。 そして教室に通わないで自宅でdvdを見ながらヨガを実...

目の距離が近いと感じたときはスイングに異常があるサイン

目とボールの距離をつかむことは、自分が行えるスイングチェック法の1つになります。 近いときは前傾...

健康増進を兼ねてゴルフ場のラウンドするときの歩数は何歩?

ゴルフ場で1ラウンドしたときにどのくらい歩くかは、プレーヤーの技量と大いに関係があります。 歩...

ゴルフスイングが原因で肩甲骨が痛い場合の対策とは?

ゴルフの練習やプレーによって、肩甲骨の周辺が痛いと感じることがあり、日が経つほどに悪化して激痛に...

夏のゴルフはしっかり熱中症対策。頭痛は危険なサイン!

真夏の暑い日にゴルフをしたことありますよね。 ラウンド中に頭痛を感じて集中力がなくなってしまっ...

ゴルフに効果的な飛距離を伸ばす筋トレを紹介!要チェック!

ゴルフはスコアを競うスポーツですが、スコアを伸ばすための有効な手段として飛距離を伸ばすことが挙げられ...

ゴルフラウンドで1日歩く距離を日常化させて変わることとは

1日のゴルフラウンドは約4時間ですし、あまりハードな運動のイメージがありません。 しかし平らな...

ゴルフでよく捻挫するショパール関節を構成する骨の覚え方

「ショパール関節」ってあまり聞き覚えがないでしょう。 しかしゴルフをするときによく捻挫する場所...

効果抜群!!太もものストレッチで肉離れを予防・改善しよう

スポーツ選手に怪我はつき物ですが、運動前後のストレッチやケアのやり方次第で怪我を予防することができま...

ゴルフ後に背中の張りを解消するにはマッサージが効果的?

ゴルフの練習やラウンド後に背中が張っていると感じ、誰かにマッサージしてほしい、もしくは自分で何かマ...

ゴルフにおける手首の痛みを侮るなかれ、ヒビや骨折の疑い

ゴルフにおける手首の痛みと言うのはよくある話です。 プロやアスリートだけでなく、アマチュアゴル...

スポンサーリンク

夏の暑い中で運動すると頭痛が起こる理由

夏に運動をすると頭痛がする場合があります。

温度が高くなると頭痛を感じやすくなるのは、私たちに備わっている痛みセンサーである痛み受容体が暑さで活性化するためです。

脳の三叉神経や皮膚にある痛み受容体は、温度が高くなると活性化するので、そのために同じ運動でも夏は頭痛がしやすくなるのです。

また同じ頭痛でも、夏の方が痛みを強く感じます。

ストレスなどが原因となり三叉神経から痛み物質が放出されることがあります。
これが血管の拡張と炎症を引き起こして、頭痛が起こるとも言われているからです。

夏の暑さ以外にも、運動による水分不足から頭痛が起こる場合もあります。
水分が不足すると血液がドロドロになり、血流が悪くなります。
その結果、脳に流れる血液の循環が悪くなり、脳を冷やすことができなくなるので、脳血管の拡張を起こし頭痛がする、というわけです。

夏の暑い日にゴルフのような運動ではなく、農作業やウィンドウショッピングなどでも屋外に長時間いると、頭痛がする場合があります。
水分不足からくる熱中症の初期症状の可能性もあるので、気をつけましょう。

夏バテや睡眠不足も頭痛の原因になる

夏に運動をすると頭痛がするのはなぜでしょう。

急激な温度変化によって自律神経のバランスが悪くなり、夏バテを起こす場合がありますよね。

自律神経とは、人間が生きていくうえで大切な機能をコントロールしている神経です。
これは交感神経と副交感神経の2つで成り立っています。
このバランスが崩れると、調子が悪くなるのです。

夏バテを起してしまったら、スポーツドリンクやビタミンを補給しましょう。
もちろん夏場の炎天下の中でのゴルフのようなスポーツ場面では、水分補給は欠かせませんよね。
また暑い時期ですが冷たいものばかり食べずに、ラーメンなど温かい食事をするように気をつけましょう。

夜になっても温度が下がらず寝苦しい夏は、睡眠不足で頭痛がする場合もあります。
節電のためと寝る前にエアコンを消してしまうと、夜中に暑さで熟睡できないこともあります。

それでは夏バテかどうかのチェックをしましょう。

□ 食欲が不振気味。

□ 全身の倦怠感があり、やる気がでない。

□ 思考力が低下し、うっかりミスが多い。

□ 下痢になった。

□ 便秘になった。

□ 頭痛がする。

□ 熱がある。

□ めまいがする。

チェックが多かった人は要注意です。

夏でなくても運動をして頭痛が起きる?

もちろん夏でなくても運動した後、頭痛がする人もいます。

慢性的に頭痛がする人もいますし、一時的に頭痛がする人もいます。
特定の運動や動きをしたときにだけ頭痛が起こる人もいるでしょう。

これは専門用語で、労作性頭痛(一時労作性頭痛)といいます。
難しい名前ですが、ようは運動後の頭痛のことです。

一般的には走った後や激しい運動の後に起こる頭痛のことを指しますが、まれにゴルフのようなほとんど走らない程よい運動でも頭痛がする人がいます。

休憩を取らずに4時間以上継続して運動をした場合に起こることもあります。
ゴルフはこちらに属するかもしれませんね。

労作性頭痛(一時労作性頭痛)は運動後しばらく安静にしておくと治りますが、まれに長引く人、運動後ではなく翌日など時間をおいてから頭痛になる人もいるようです。

頭痛の原因となる運動を2~3か月続けていると、体が慣れて頭痛がしなくなることが多いのも特徴です。

個人差がありますので予防法を取り入れていても頭痛が治らない場合は、念の為、脳の病気がないかどうか病院で診察してもらう方がいいでしょう。

運動が引き起こす労作性頭痛の原因

夏の運動で頭痛がする、労作性頭痛とはなんでしょうか。

身体が慣れないうちに激しい運動をすると、動脈が拡張し脳の血管も拡張します。
この拡張した脳の血管が周りの神経を刺激して炎症が起こり、頭痛になると言われています。

脳が酸素を必要とするために血管が拡張するのですが、酸素が足りなくても頭痛は起こります。

血管拡張のための頭痛か、酸素不足の頭痛か、痛みの原因は1つとは限りません。

1年以上運動を続けていても頭痛がする人もいます。
体が慣れれば頭痛は絶対しなくなる、といった単純なものではないのです。

運動に熱中するあまり、呼吸を忘れたり、呼吸が浅くなることもありますよね。
酸素不足、脱水症状、低血糖、など頭痛の原因は複数あるのです。

頭痛が起ったときには運動を一旦やめて、少し高濃度の酸素を吸う、深呼吸して酸素を体内に摂り入れる、安静にする、などの対策を取りましょう。

ゴルフの上達のためにと筋トレを行っていても、運動の負荷が強すぎて体がついていかないのでは残念ですよね。

運動が引き起こす労作性頭痛の予防法

暑い夏の運動でなくても頭痛がする時はどうしたらいいのでしょうか。

特定の運動をすると頭痛がする、と分かっている人は、その運動を避けるのが一番の解決です。

しかし接待ゴルフといった理由で、そうもいかない場合もあるはずです。

ですからゴルフラウンド中などは喉が渇いたと感じる前に水分を補給しましょう。

喉が渇いたと感じたときにはすでに軽い脱水症状を起こしている場合もあるからです。
5~10分に一度は水分を摂り、1時間で500mlは飲むようにしましょう。

そして45分運動したら、15~60分はしっかりと休憩を取りましょう。
ゴルフの場合はプレーファーストの考え方がありますから、しっかり休憩を取るのは難しいかもしれませんが、各ホールの移動のタイミングは休憩だと思って過ごしてください。
休憩中にはエネルギー補給をして胃に炭水化物や糖を入れることが大切です。
食べ物を摂らないままに運動を続けると、低血糖になり、頭痛も引き起こします。

運動後は特に低血糖になりやすいので、運動後1時間以内に食事を摂りましょう。
その方が疲労回復も早くなります。

また重い荷物を持つと頭痛がする人もいます。
その場合は荷物を小分けにして、重すぎないようにしてください。

まれに咳やくしゃみで頭痛が起る人もいます。
薬もあるので、病院で相談しましょう。

知っておきたい夏頭痛の対処法

では夏の運動で頭痛を抑えるためにまだ出来ることはあるでしょうか。

まず家では設定温度を少し上げて、直接冷風が当らないようにエアコンを上手に使いましょう。

また外出するときは、サングラスがオススメです。
目から強い光が入ると、脳が刺激されて頭痛が起こることがあるからです。
プロゴルファーのようなスポーツサングラスは、おしゃれのためではなく、強い光を遮断することが目的です。
もちろん光によるストレスを減らすことだけでなく、グリーンのラインが見やすくなるからオススメです。

何度も言ってきているように水分補給も忘れないようにしましょう。
それでも頭痛がする時には、血管を収縮させるために、痛みを感じる部分を冷やしましょう。
カフェインも血管を収縮させる効果があるので、適量の紅茶やコーヒーも効果があります。

たかが頭痛と思わないでください。
頭痛が長引く人は病院でしっかりと検査してもらいましょう。
重大な病気が隠れている可能性があります。

運動以外にも、肩こりから頭痛がする場合もあります。
血液の流れが悪くなり、頭痛が起っている可能性があるのです。
その時は温かいタオルで顔や首の周りを温めてみましょう。
血行が良くなり和らぐ可能性があります。

それからテレビやパソコンをよく使う人は、視神経や聴神経が疲れている場合があります。
しばらく体を休めましょう。
酸素ポンプや酸素水などで自律神経を整えることも大切です。
薬局などで扱っていますので、試してみるのもいいでしょう。

体調管理に気を付け、頭痛を引き起こさない工夫を

いかがでしたか?

夏は、頭痛が起こらないよう予防をしっかりした上で思い切り運動を楽しみたいですね。
また運動をしていなくても夏は頭痛を引き起こしやすいので、日頃から体調管理や水分補給をしっかりと行いましょう。

つらい頭痛がした場合はゴルフラウンド中でもすぐに休むなどして身体に負担をかけないようにし、アイシングをしたりマッサージをしたりするなどして緩和させることも大事です。

 - ゴルフのための体つくり