ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

肋骨が痛いときのゴルフなど運動をする判断基準を知るべき。

      2017/05/22

肋骨が痛いときのゴルフなど運動をする判断基準を知るべき。

肋骨が痛いと感じたときってどんなときでしょうか?

ゴルフのスイング中に肋骨が痛いと感じる場合なのか、それともラウンド後に肋骨の痛いと感じるのか?
このように痛いと感じるのは様々です。

又、痛いと感じたときに外的な痛みなのか、それとも内側からの痛みなのか、様々です。
痛い状態で運動をどこまでできるかの判断って難しいですよね?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000823-1.jpg
ドライバーの練習方法。打球が上がらない5つの理由と改善点

ドライバーショットの球が上がらないという悩みを持っているゴ...

glb0000822-1.jpg
意外と多いスイングでのコックの方向。では正しい方向とは?

スイングのコックの仕方や方向で、「左手親指」について書いて...

glb0000821-1.jpg
飛ばすゴルフスイングとはドライバーショットをスローで確認

多くのゴルファーが、ドライバーショットを今よりも飛ばしたい...

glb0000820-1.jpg
ゴルフコンペ徹底マニュアル。ショットガンスタートetc…

ゴルフをしていると、いづれコンペの幹事を任される日が訪れる...

glb0000010-1.jpg
オノマトペをスポーツに使おう!ゴルフ上達に悩んだらコレ!

スポーツ選手はオノマトペを使うことでパフォーマンスアップの効...

glb0000819-1.jpg
アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がい...

glb0000818-1.jpg
ドライバーの練習風景を動画で撮影するといろいろ見えてくる

ドライバーを練習することは大事なことです。 ただ、練習の...

glb0000814-1.jpg
9番アイアンでも飛距離が150ヤードになる打ち方とは

ゴルファーにとって「飛距離アップ」は魅力的なキーワードです...

glb0000816-1.jpg
いろいろな楽しみ方ができる!ゴルフのハンディキャップとは

「あの人のゴルフはシングルの腕前だよ!」なんてことを聞いた...

glb0000815-1.jpg
インパクトで左肩が動く原因と知って得する止める方法!

インパクトで左肩を止めることができないのはなぜでしょうか。...

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

スポンサーリンク


筋肉が原因の場合に肋骨が痛いのはどんな状態?

肋骨が痛いと感じたときって実際のところ、どのような状態なのでしょうか?

筋肉の影響で痛みが起きているのか、骨自体の影響なのか、又は神経の影響なのか?

人の肋骨は合計で24本の骨があります。
肋骨の内側には心臓や肝臓、肺といった臓器が中にあります。
骨の外側には筋肉や神経があります。

肋骨は決して頑丈な骨ではないので折れやすい骨と言われています。

まずは、筋肉に影響がある場合だと、どういった状態なのかお話ししましょう。

肋骨の周りで支えられている筋肉の中で前鋸筋(ぜんきょきん)という筋肉があります。
この筋肉は内側のインナーマッスルと言われている筋肉です。
前鋸筋は肋骨のまわりから肩甲骨の部分についている筋肉なので、例えば息を吸うときなどに使います。

もし有酸素運動だったり、ゴルフのようなスポーツといった運動をして肋骨付近に痛みがある場合、この前鋸筋がうまく使うことができなくて肋骨が痛いと感じることがあります。
または肩甲骨周りの筋肉の硬さのせいでこの前据筋がうまく使えていない場合があります。

なのでここの部分を正しく使えるようにしていく必要があります。
この部分の柔軟性を上げると肋骨が痛いと感じることが減るでしょう。
筋肉の影響で筋肉痛の痛みであれば動いても問題はないと思います。

肋骨自体が痛いときはどんな状態?

骨に直接衝撃が加わった覚えがあり、肋骨が痛いと感じたときは骨が折れている可能性が高いです。

そんな骨折にも色々なケースがあります。
紹介いたします。

・外から衝撃を受けた骨折の場合
胸の部分の肋骨には左右それぞれ12本の骨があります。
胸の部分に外部的な圧迫や圧力が加わると、肋骨は骨折を起こすことがあります。
このケースは外傷性の肋骨骨折になります。

肋骨の骨折は胸部の外傷の中でも多く見られる骨折です。
もし広い範囲に渡って強い衝撃が加わった場合には、1回の衝撃で複数の肋骨が折れている可能性があります。

・疲労からくる骨折の場合
肋骨の骨折は外側の力の衝撃だけではなく、同じ動作を繰り返しおこなうことで疲労の蓄積が起きます。
その影響で肋骨を骨折することもあります。
これが疲労骨折です。

特にスポーツ動作で疲労骨折が起きるケースが多いです。

原因としては繰り返し運動で骨に負担を加えることが原因です。

肋骨に負担がかかる動作であれば、例えばゴルフスイング、野球のバッティング、ボクシングのストレートパンチを打つときなどの体を捻る動作、曲線的な動作を繰り返しおこなう動作は肋骨に負担がかかる為、疲労骨折になるケースが多い傾向があります。
ですのでこの症状になってしまったときは無理な運動は控えましょう。

肋骨が痛いのは神経に原因があるかも?

肋骨が痛いと感じたときにもしかしたら、神経の部分の影響で起きている場合があります。
その場合は肋間神経痛という症状の可能性があります。

肋間神経痛の症状としては左右のどちらかだけに起こる胸の痛みになります。
急激に肋骨の伸びる方向に沿って突き刺さるような強い痛みが生じます。

痛みは長くても数分で痛みが治まりますが、人によっては背中に張りを感じる、心臓や肺などが痛いと感じたりすることもあるようです。
又は呼吸をすると心臓に刺さるような痛み、肋骨に何か挟まった感じといった痛みです。さらに肋骨の下の面を押すと痛みを感じ、胸を広げる、開くようなイメージで伸びの体勢、深い呼吸、咳などをすると強い痛みがあります。

そんな肋間神経痛になりやすい人は激しい運動をしている人、座ってパソコン業務をする人、ゲームやスマートフォンを操作する作業を長い時間する人などです。

なぜなら、下を見ながらの動作によって肋間筋という筋肉が凝って固まってしまうことが原因です。

またストレスを溜めてしまうと自律神経のバランスが崩れてしまい、交感神経が有利になることで身体の緊張状態が続いてしまうのも良くないです。

肋間神経痛と診断をされてしまうと2週間~1か月はかかります。

この症状になってしまったときはゴルフはもちろん痛みを感じるような運動は控えましょう。

肋骨が痛いときの対処法

肋間神経痛は息を吸うときに胸をとりまく肋骨で覆われた胸郭を広げるために働く外肋間筋と、息を吐くときに胸郭を小さく縮めるために働く内肋間筋がうまく使えていないことか、もしくはそこの部分の硬さが原因としても考えられます。

ですので普段から胸を大きく広げる動作、正しい姿勢で生活をすることで肋間神経痛の予防に繋がります。

また冷房の当たり過ぎや冷たい飲み物などを摂り過ぎなど身体を冷やしてしまうと自律神経が乱れてしまい、身体が緊張状態になり肋間神経痛を起こし痛い思いをするのです。
なので身体は冷やさないようにしましょう。

それから食事ではビタミンDやビタミンB12、カルシウムが含まれている食べ物を一緒に摂取することで予防に繋がります。

カルシウムであれば干しえび、ビタミンDであればきのこ類を、ビタミンB12であればじじみや肉類であればレバーを摂取するといいですよ。

カルシウムは骨を丈夫にする作用があり、ビタミンDはカルシウムの収集率を上げる働き、免疫力を高める効果があり、ビタミンB12は血液の流れを良くして貧血などの防止に繋がるので、肋間神経痛の予防にはオススメです。
後は好きな物を買ってストレスを解消するよりかは、旅行へ行ったり、ゴルフラウンド後の温泉などで身体の疲れをとる、もしくは軽い運動をする方がストレス解消にはいいでしょう。

肋骨が痛いときのストレッチ

肋骨付近が痛いときにストレッチをオススメします。
ストレッチのような軽い運動をすることで身体が疲れにくくなったり、病気や怪我の予防に繋がるからです。
そこで肋骨の痛みを感じないようにする為のストレッチを紹介します。

①アルファベットのエックスの形で仰向けで寝てください。
②腹式呼吸をしましょう。
(風船のようにお腹を膨らませて、スポンジをつぶすイメージをしながら息を細く長く吐き出しましょう)

③エックスの形はキープしたまま、両腕を突き出し、かかとを遠くに突き出してみましょう。

④②の息を吐き出す動作のときに、両腕を突き出し、かかとを遠ざけてください。
※もう息が吐ききれなくなるまで伸び続けます。

☆ポイント☆
・アルファベットのエックスは崩さないようにしてください。
・背骨を身体の中に埋め込むイメージです。
・息を吐ききるまでしっかり伸び続けましょう。
・かかとは遠くに突き出すこと。
・背骨を身体の中に埋めていくことで姿勢の改善にもつながり全身の筋肉や神経、骨が正しい位置に戻る働きがあります。
・回数5~10回を1セット目安にやりましょう。
※特に腹式呼吸は横隔膜という部分を活性化する効果があるので、しっかり呼吸の意識もしてください。

ゴルフスイングの反復は肋骨に負担がかかる!

ゴルフスイングは体幹のひねり動作の反復のため、ゴルファーの体調や疲労度合いによっては、肋骨付近を痛める可能性が高いのです。

もし痛みを感じたなら、無理をせず一旦ゴルフをするのを控えましょう。
そして必ず一度病院で診察を受け、どう過ごしたら回復できるのか診断してもらい、必ず指示に従ってください。

自己判断で大好きなゴルフを再開したら、悪化してもっとゴルフから遠ざかる羽目になるかもしれません。
お気を付けください。

 - ゴルフの体