ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

多岐に渡るアプローチの練習方法は動画を見て覚える方が早い

      2017/04/25

多岐に渡るアプローチの練習方法は動画を見て覚える方が早い

ゴルフで最も重要といえるショートゲーム、アプローチですが、その練習方法は多くのやり方があります。

アプローチはボールの置かれた状況によって様々な打ち方があり、この引き出しをいくつ持っているかでゴルフというゲームが決まると言っても過言ではありません。

では、アプローチにはどんなやり方があるのか、動画も使って確認していきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000823-1.jpg
ドライバーの練習方法。打球が上がらない5つの理由と改善点

ドライバーショットの球が上がらないという悩みを持っているゴ...

glb0000822-1.jpg
意外と多いスイングでのコックの方向。では正しい方向とは?

スイングのコックの仕方や方向で、「左手親指」について書いて...

glb0000821-1.jpg
飛ばすゴルフスイングとはドライバーショットをスローで確認

多くのゴルファーが、ドライバーショットを今よりも飛ばしたい...

glb0000820-1.jpg
ゴルフコンペ徹底マニュアル。ショットガンスタートetc…

ゴルフをしていると、いづれコンペの幹事を任される日が訪れる...

glb0000010-1.jpg
オノマトペをスポーツに使おう!ゴルフ上達に悩んだらコレ!

スポーツ選手はオノマトペを使うことでパフォーマンスアップの効...

glb0000819-1.jpg
アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がい...

glb0000818-1.jpg
ドライバーの練習風景を動画で撮影するといろいろ見えてくる

ドライバーを練習することは大事なことです。 ただ、練習の...

glb0000814-1.jpg
9番アイアンでも飛距離が150ヤードになる打ち方とは

ゴルファーにとって「飛距離アップ」は魅力的なキーワードです...

glb0000816-1.jpg
いろいろな楽しみ方ができる!ゴルフのハンディキャップとは

「あの人のゴルフはシングルの腕前だよ!」なんてことを聞いた...

glb0000815-1.jpg
インパクトで左肩が動く原因と知って得する止める方法!

インパクトで左肩を止めることができないのはなぜでしょうか。...

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

スポンサーリンク


アプローチの練習方法は動画を使うとよい

アプローチには様々方法があり、その分練習方法も多くなります。

まず、ボールのライによって構え方、打ち方などが異なります。
基本的に距離を出すスイングではない為、構えた形でクラブヘッドが戻ってインパクトを迎える必要があります。

多くのアプローチの練習方法が動画でも紹介されていますが、先ずはこういった目で見て確認する方法で、アプローチのインプットを増やすと良いですね。

基本的にインプットがなければアウトプットできない為、動画など多くの情報に触れる事が重要になります。
こういったアプローチの引き出しを増やすための動画が多く見れるのはyoutubeですね。アプローチで検索してみると実に様々な方法を紹介した動画を見る事ができます。

実際の芝生の上やベアグランドから打つ方法、中にはバンカーからアプローチショットでボールだけをクリーンに打つ動画もあります。
これはかなり高度なテクニックと言えるでしょう。

もちろん、コースで実際に打つ練習が一番な事は言うまでもないですが、確率性の高いアプローチショットを行う為に練習場でも様々なライを想定した打ち方を行ってください。アプローチの巧者になれば、スコアが安定しますよ。

練習方法に合わせて動画で撮影する

ゴルファーの皆さんは、練習場で一度は自分のスイングを動画で撮影された事があると思いますが、アプローチも動画撮影すれば、技術の向上に生かせるのではないでしょうか。
アプローチショットは、出来るだけアドレス時の形を再現したいショットとなる為、動画撮影する事によって自分のスイングやインパクトが非常によく分かります。

また、アプローチの練習方法も様々な事を行う必要がある為、そのショットを動画で撮影する事によって、後で何をやったか確認できます。

動画のよい点は、ボールの上がり方やフェースの動きが確認出来る事ですね。
アプローチの基本、上げて転がして寄せるピッチ&ランを行う際のフェースの動きを確認出来れば、アプローチの基本を身に付ける事ができます。

動画は静止画と違い、ミスショットした時の理由、その過程が分かります。
ナイスショット時のスイング軌道や、身体の動きとどこが違っているのかを動画で確認する事は、非常に意味のある練習方法と言えるでしょう。

アプローチ練習はピンまでの距離によって違う方法が必要です

初心者やアベレージゴルファーに多いのが、アプローチショットでピンまでの距離が違う時でも、すべて同じようにショットをする事です。
アプローチショットはピンまでの距離が違えば、当然構え方と打ち方が異なります。

フルショットする時と同じ様な構えでアプローチショットをするゴルファーは多いですね。
これでは、いつも正確なアプローチショットを打つ事はほぼ不可能と言えます。

ピンまでの距離が近く、転がして寄せられるのであれば、ボールの近くに立ち、パターの要領で打ちます。
逆に、ピンまでの距離が遠く上げて止めたい場合は、やや離れて構えボールを上げやすいスイングの準備をアドレスで作ります。

また、ボール下のライが悪ければ、ダフリを防止するためにボールの近くに立ち、上からボールを捉えやすい構えをアドレスで作っておきます。

この様に、アプローチショットは様々なやり方がありますので、練習方法の動画などを使って出来るだけ引き出しを多く持ってください。
経験が物を言う、アプローチショットです。

アプローチで難しい距離感を動画で養うには

アプローチの練習方法で難しいのは、距離感を出す事ではないでしょうか。

ピンまでそれほど距離がないにも関わらず、なかなか寄せられないゴルファーは多いですよね。

これは、元々距離感を持たずにアプローチを行う為なのですが、距離感はスイングする幅やフェースの開き具合、インパクト時の形などが影響します。
スイング幅で距離感を養う練習方法は、自分では気づきにくい振り幅を動画で確認する方法がオススメです。
動画を使う事によって、自分のスイング幅が客観的に見れますよね。

その他の要素、インパクト時の形も動画を使う事によって確認できます。
特に右打ちでの右足の送り方などは、送った時とそうでない時にボールの高さや転がり具合が異なる事が動画で見て取れると思います。

フェースの開き具合は、これはもう実際に練習方法で開いたり閉じたりして確認するしか手がないと思います。

動画で確認出来るものは極力動画を利用したほうが、上達の度合いが早まると思います。積極的に動画を活用しましょう。

シングルになる為のアプローチ練習方法が存在する

ゴルフはいかに失敗を減らすかというスポーツの為、グリーンを外す事は当たり前だという意識が必要です。
その意識を持つ事によって、練習する内容と番手ごとの練習量が変わるはずです。

一般的なアマチュアゴルファーは、毎日ボールを打てる訳では無いと思われる為、グリーンを外してもパーで上がる為の練習方法が必要です。

グリーン周りで発生する様々なアプローチショットの精度を高める事によって、距離が出なくてもパーオンしなくてもシングルになれるのです。
また、アプローチの精度を高められると、グリーン上で次パッティングで入りやすいラインを選んでボールを運ぶ事ができます。

下りの難しいパットより、上りの真っ直ぐなパットの方が優しいのは言うまでもありませんよね?
ハンデが少ない上級者はこうした意識をもってアプローチを行っています。
動画でも次打を考えてアプローチする事の必要性をうたっている物もあります。

何となくではなく、こうしたコースマネジメントをしっかり行ってラウンド出来る腕と頭脳があれば、シングル入り間違いなしです。

アプローチの上手い選手は攻撃的に攻める事が出来る様になります

アプローチが上手いと、次打が怖くなくなり積極的に攻められる様になります。

スコアを上げる為に、18ホールの中でどうしても攻めなければならないホールが存在するものです。
ピンをデットに狙うと、外した時に次打が難しくなるホールはざらにです。

しかし、日々アプローチの練習方法を考え、リカバリー出来る技術を持てると次が怖くなくなります。
すると心に余裕が生まれ、きわどいショットも臆する事無く打てる様になるでしょう。

ゴルフをティーショットの積み上げではなく、ホールアウトの結果から考えられる様になると、ゴルフの腕前は格段に向上します。
しかし、逆にここは絶対に攻めてはいけないホールというのも存在しますので、ピンが立っている位置から外した時のリスクを、アプローチするロケーションからも判断出来る様になる必要があります。

それだけゴルフは奥の深いスポーツなのです。
こういったことも動画から学べるといいですね。

アプローチの技術を高める事でゴルフのレベルが向上します

アプローチは飛ばすショットではない為、多くのアマチュアゴルファーが練習方法を考えて行っていないケースがあるのですが、アプローチの練習時間を上げる事によって確実にゴルフは上手くなります。

アプローチの練習法用は多岐に渡る為、その中でゴルフクラブの特性や打ち方によるボールの変化なども、アプローチの練習方法でつかむ事が出来る様になります。
アプローチの練習時間をどんどん増やしましょう。

 - 動画活用法