ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

世界でトップのリディア・コ選手のスイング動画を見てみよう

      2017/02/26

世界でトップのリディア・コ選手のスイング動画を見てみよう

わずか19歳で世界のトップに立ったリディア・コ選手。

アラレちゃん眼鏡がトレードマークだった2014年から、眼鏡を外し、コンタクトで大人になった2015年に見事最年少で世界ランキング1位なりました。

そんな強豪揃いの米ツアーで敵を寄せ付けない彼女のスイング動画を是非見てみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


スイング動画を見る前に、リディア・コ選手を知ろう

リディア・コ選手は、韓国のソウル生まれですが、5歳でゴルフを始め、なんと翌年にはニュージーランドへ移住しました。

現在はニュージーランド国籍です。

そんな幼いころからゴルフをしていた彼女は、アマチュア時代から突出した存在でした。
世界アマチュアゴルフランキングでは、なんと130週連続1位、全米アマチュア選手権で優勝するなどタイトル総なめで、アマチュア時代から敵を寄せ付けない不動の強さを見せつけていました。

2012年にオーストラリアツアー「ニューサウス・ウェール女子オープン」を14歳9ヶ月5日で制し、プロ大会最年少優勝を飾りました。

また同年8月には「CNカナディアン女子オープン」を制し、米ツアー史上最年少優勝記録を塗り替えました。

驚くことに、この2つの優勝を記録した時はまだ”アマチュア”だったのです。

2013年に16歳でようやくプロ転向。
それからわずか2年で世界のトップに立つなんて、驚きしかないですよね。

そんな若いけど凄まじい記録を残し続ける、リディア・コ選手のスイング動画を見て何が違うのかを探ってみましょう!

 

リディア・コ選手のドライバースイング動画

リディア・コ選手は、身長165cmとニュージーランド国籍ですが、韓国系なので米ツアーの中では小柄です。

そして世界を制すくらいですから、驚くほどの飛距離の持ち主かと思いきや、ドライバーの平均飛距離は250ヤードでランキング64位です。

使用クラブは契約プロというのもあって、全てキャロウェイです。

ドライバーのロフト角が8.5度と低い弾道での飛距離を狙った、飛距離へのコンプレックスを感じます。

しかし、彼女が身をもって「ゴルフは飛距離ではない」ということを証明してくれています。

そんな彼女のドライバーのスパースロースイング動画があります。
コンパクトでシンプルな完璧なスイングです。

スーパースローなので分かりづらいかもしれませんが、彼女のスイングはゆったりとしたリズムとテンポで流れるようなスイングです。
飛距離よりも正確性を重視したスイングだということがこれを見てよく分かるはずです。
また身体とゴルフクラブの動きが一体化しています。
そうすることで、バックスイングでクラブヘッドにかかった遠心力を逃しにくくします。
そしてインパクトの安定性も増します。

飛距離は爆発的ではないですが、フェアウェイキープ率が高い理由はそこなのです。

 

リディア・コ選手のアイアンスイング動画

続いて、リディア・コ選手のアイアンショットのスイング動画を探してみてください。

ドライバー以上に参考にして欲しいアイアンショットのスイング動画です。

なぜかというと、それは彼女のパーオン率の高さにあります。

ドライバーの飛距離が他の選手よりも劣るのに、確実にパーオンしてくるということは、セカンドショットの精度がいかに高いかということが分かります。

リディア・コ選手のアイアンショットの特徴は、テークバックでわずかに頭が下がることです。

これはシッティングムーブメントと言うスクワットするように座り込むような動きから起きています。
この動きにより、動画で見るようなスムーズなテークバックを実現しているのです。

次にスイング中に、前傾角度が一定に保たれていて、なおかつお尻の位置が前後に動かないこと。
前傾角度がブレないことでスイングプレーンが安定し、最適なクラブ軌道と入射角を繰り返し行うことができ、再現性の高いショットになるのです。

これらのポイントがパーオン率を高める正確なショットを生み出しているので、ショットのブレに悩んでいる方にはぜひ参考にして欲しいです。

 

リディア・コ選手の日本語解説スイング動画

リディア・コ選手は海外で活躍しているということもあって、日本語で解説している動画がなかなかありません。

絶好調の時のリディア・コ選手のスイング動画ではないのですが、動画は唯一、日本語で彼女のスイングを解説しています。

イメトレでスイング動画を見るのでない限り、やはりスイングと同時に解説しているものが、スイングを学ぶには適しているでしょう。

この動画では、彼女のスイングの特徴であるインサイドイン軌道に関して言及したり、不調であったために、ツアープレー中に練習スイングを加えながらラウンドする場面も入っています。

また練習スイングをする際に、彼女がどのような点を意識しているかも解説してくれています。

プロ選手の完璧なショットも参考になりますが、調子の悪い時のプロのショットでも、どこがどうダメなのか、それが原因でどうなっているのかを知ることで、自分のショットの悩み解決につながることもあるでしょう。

このスイング動画はいろいろな面でとても参考になるので、ぜひチェックしてみてください!

 

リディア・コ選手のパッティング動画

世界でトップを走るリディア・コ選手のスイング動画もとても勉強になりますが、やはり世界を制す選手はパッティングがすごいです。

自分であったら完全に良くて2パット、悪くて3パットを決め込むようなロングパットも難なく入れてバーディーを取ってしまうのが、リディア・コ選手です。

全盛期のパク・インビ選手を思い起こさせるような、完璧なパッティングです。

リディア・コ選手は、足の開きや体重がどちらに乗っているかで傾斜を判断しています。
まずはボールの後ろに立ち、そこで足を肩幅に広げます。
右足に体重がかかれば右へ傾斜、左足に体重がかかれば左へ傾斜といった感じで判断するのです。

次にボールとカップの1/3くらいの地点で、一番大きく曲がりそうな地点を見つけ、足を広げ傾斜を確認、さらに膝を曲げてダブルチェックを行います。

また人差し指と中指の2本または人差し指1本で打ち出すポイントを定めています。

パットの名手は、ライン読みも独自のスタイルで行うようです。

ツアーの解説等でもよく絶賛されているのが、ボールがカップインもしくはカップに近づくまで、絶対に頭が動かないこと。
ここまで動かないのは、リディア・コ選手くらいだと解説者が以前驚いていましたね。

 

ゴルフを楽しむことを忘れていた彼女

リディア・コ選手が、19歳で世界ランキング1位に君臨し、そこからの自分へのプレッシャーは凄まじいものであったことは間違いないでしょう。

実際に2016年は、優勝こそ飾るものの、「リディア・コ選手の日本語解説スイング動画」で分かるように、絶好調というわけではなかったようです。

シーズンが終わった後に彼女は、

「この1年はゴルフを楽しむことを忘れていた」

と話していました。

世界ランキング1位という重圧は19歳の彼女にはとてつもなく重いものだったのでしょう。

しかしそれに気づいた彼女は、来シーズンはゴルフを楽しんでやっていきたいとも話していました。

技術は間違いなくトップレベルなのです。
1年間プレッシャーと戦い続けた彼女が、トップレベルのゴルフ技術と1年間でより鍛えられたメンタルで、今シーズンさらに活躍することは間違いないでしょう。

スイング動画で見てきた彼女よりも大きく成長した、彼女のプレーをこれからたくさん見られることを楽しみしておきましょう。

 

アマチュアも取り入れやすいスイング

リディア・コ選手のスイングは確かに完璧ですが、ゆったりとしたリズムであったり、コンパクトであるところが、アマチュアゴルファーでも取り入れやすいスイングといえます。

また筋力や柔軟性を必要とするパワフルなものでもないので、女性でも参考にできる点がたくさんあります。

彼女のショットの魅力は「正確性」。
ですから、飛距離に悩んでいる方こそ参考にすべきスイング動画かもしれません。

 - 動画活用法