ゴルフスイングの体重移動のミスは動画撮影でまるわかり!

ご自身のゴルフスイングを動画で見たことはありますか?

なかなか直らないミスショットの多くには、体重移動が原因だったということがよくあります。

動画を撮影すると正しい体重移動と誤った体重移動は一目瞭然です。

ここでは動画撮影のポイントと正しい体重移動の方法について解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

真っ直ぐ飛ぶ!石川遼のスイングを後方から見ると分かる事!

石川遼のスイングはダイナミックでかつ流れるような綺麗なスイングをしています。スイングプレーンも美...

youtubeのゴルフレッスンと言えば桑田泉プロ!どんな人?

桑田泉レッスンプロと言えば、あのプロ野球で有名な桑田真澄選手の弟さんです。そのことでももちろん有...

ドライバーの練習風景を動画で撮影するといろいろ見えてくる

ドライバーを練習することは大事なことです。ただ、練習の成果をスコアなどで確認するだけではなく、...

youtube動画でゴルフの上達に役立つ物を探して活用するには

多くのゴルファーは日々上達の為に練習をされていると思いますが、youtubeでプロのスイング動画や...

日本人と欧米人の違いは、ゴルフスイングの動画で分かります

日本人と欧米人のゴルフスイングの違いは何と言っても、身長とパワーではないでしょうか。欧米人は相...

No Image

小柄でも飛ぶ田中秀道プロのスイングを参考する為動画で見る

身長が低く小柄な田中秀道プロですが、ツアー通算10勝を誇るトッププレーヤーだと知っていますか。...

自分のゴルフスイング動画について、後方から確認してみよう

ゴルファーの皆さんは、自分のゴルフスイング動画をスマートホンで後方から撮影した事があるのではないでし...

ドライバーを真っ直ぐ飛ばすグリップの握り方動画を見てみる

アマチュアゴルファーの皆さんは、誰もがドライバーショットを真っ直ぐ飛ばしたいと思ってますよね。プ...

ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはクラブフェース、そのクラブを操るプレイヤー...

ダスティンジョンソンのスイングをスーパースローで徹底分析

ゴルフ界屈指の飛ばし屋、ダスティンジョンソン。なんと平均飛距離317.7ヤード、飛ばすときは軽く...

youtubeでゴルフするお笑い芸人の腕前はいかほどか?

昨今、youtubeでゴルフをするお笑い芸人の動画がたくさんUPされていますね。シングルプレ...

ダスティンジョンソンの力強いスイング動画を、正面から見る

2016年全米オープンチャンピオンであるダスティンジョンソン選手ですが、その力強いダイナミックなスイ...

ローリーマキロイのスイングの凄さは、後方動画で分かります

メジャー3勝を誇るローリーマキロイですが、そのスイングのダイナミックさと正確さは後方から撮影された動...

初心者へ!「ゴルフの基本」とyoutubeで検索してみて学ぼう

アマチュアゴルファーが、ゴルフの基本についての知識や情報を得たい時には、一昔前ならば、ゴルフ雑誌や書...

宮里藍選手の動画を自分のゴルフスイングに生かすための考察

プロゴルファー、宮里藍選手のスイングは素晴らしく、腕と身体が一体化したワンピーススイングという事が動...

スポンサーリンク

プロゴルファーは左右への体重移動による軸ブレが小さい

テレビに映るようなトップクラスのプロゴルファーのスイングはとても美しく、ゆっくり振っているように見えて、実際のヘッドスピードはとても速いことが分かります。

これにはスイングの『軸』というものが関係しています。
独楽(こま)のように軸が安定して回転しているものは美しく、回転スピードも速いことが想像できます。
一方、軸が傾いてしまうと、上手く回転できず、すぐに止まってしまいます。

ゴルフも同様に、軸がブレることがミスにつながります。

では軸がブレるというのはどういうことでしょうか?

まず考えられるのが『体重移動』です。

体重移動を計測した1件の研究があります。
この研究ではアマチュアゴルファーとして高校生ゴルファーのスイングを計測し、先行研究(プロゴルファーのデータ)と比較しています。
高校生ゴルファーといっても上級者と思われますが、それでもプロの方がスイング全体にかかる時間が短いし、重心位置のブレも小さいということでした。

研究ではモーションキャプチャーという三次元解析装置を用いていましたが、体重移動のチェックには動画撮影でも簡単にできるのでオススメです。

 

ゴルフスイング動画の撮影方法とチェックポイント

ご自身のスイング軸がどれくらい安定しているのか、絶対に計測した方が良いのですが、三次元解析というのはものすごく高価な装置が必要で、大学や研究所などにしかありません。
そのため、一般的にゴルフスイングをチェックする場合はビデオカメラで正面と後方から動画を撮影します。
スーパースローで撮影できるカメラがあればベストです。

まず、スイングプレーン全体が映るようにカメラを正面と後方にセットします。
正面からの撮影では体重移動による軸ブレが分かります。
後方からの撮影ではプレーンの傾きが分かります。
1台しか用意できない場合は2回に分けて撮影しても問題ありません。

カメラの設置場所ですが、斜めの位置にならないように注意してください。
斜めから撮るとプレーンや軸の傾きが分かりづらくなります。

次に、動画を再生して軸ブレとプレーンをチェックします。
軸ブレはつま先と頭を結ぶ三角形を描きます。
頭が動かないのは当然のことですが、この三角形から骨盤が出ないということが重要です。

プレーンに関してはボールと肩、ボールと腰骨(腸骨)を結ぶラインを描きます。
ラインとラインの間にダウンスイングとフォロースルーのヘッド軌道が通ればオンプレーンと言えるでしょう。

重心が後方にある人はプレーンが横向きになりやすく、前方にある人はプレーンが縦向きになりやすいという傾向があります。

 

ゴルフ初心者に多いスライスになりやすい体重移動

ゴルフ初心者に多いミスのひとつにスライスが挙げられます。

スライスの原因の多くはプレーンがアウトサイドインになっていることと、フェースを開いたままインパクトすることですが、これらは体重移動のタイミングによって引き起こされることがあります。

例えば、体重を右足に残したままダウンスイングを行うとアウトサイドインの軌道になりやすくなります。
そのため、フェースが閉じていれば左へヒッカケ、フェースが飛球方向に向いていてもスライスとなります。

これらは後方から撮影した動画をみれば一目瞭然です。
正面からの動画では、右のかかとがいつまでも地面から離れなかったり、左の膝が内側に入ってしまうと右足に体重が残っている証拠となります。

一方、正しく左足に荷重できたとしても、骨盤と胸郭の捻転差(X-factor)が小さければ振り遅れてスライスとなってしまうので、ストレッチはしっかり行う必要がありますね。

 

ゴルフ初心者に多いフックになりやすい体重移動

ゴルフ初心者に多いもうひとつのミスがフックです。
スライスとは逆にフックの場合はインサイドアウトのプレーンや、フェースが閉じてインパクトしてしまうことが原因となります。

フックの場合はそもそも右肩が下がってしまい、アッパースイングになってしまう人に多い傾向がありますが、体重移動がミスにつながるポイントとしては軸中心がボールよりも後方にあり、フェースが閉じ始めてからインパクトしてしまう、いわゆるチーピンが挙げられます。

この場合は正面からの動画で回転中心とボールの位置関係をみれば分かります。
フェースが飛球線方向に向いたタイミングでちゃんとインパクトできているかどうかをみます。

いずれにしてもレベルスイングで振れていることが前提となります。

 

動画で分かる!体重移動を正しくするために必要なフィジカルポイント

頭とつま先を結んだラインから骨盤がはみ出さないようにすることや、レベルスイング、インサイドインの軌道、これらのチェック項目は正しい体重移動を覚えるためにとても重要です。

動画を撮影することで悪いパターンは簡単に発見できるかと思います。

では、それらの原因となるフィジカルポイントはどこにあるのでしょうか?

前述したように、ひとつはX-factorの大きさが挙げられます。
X-factorが小さいために体重を右に残さなければタイミングが合わないという状態になってしまいます。
当然、軸ブレの原因になるでしょう。

他には股関節と肩甲骨の可動域、頸の回旋可動域が挙げられますが、同様の理由で軸ブレの原因となります。

最後に、左脚の筋力もゴルフスイングの軸ブレ防止にはとても重要な要素です。
プロゴルファーのスイングはダウンスイング初期に左下肢の跳躍に必要な筋肉が強く働きます。
左脚の筋力が弱いと、ヘッドスピードを上げられないばかりか、右脚で地面を蹴ることになり、軸ブレの原因となるでしょう。

 

ゴルフスイングの体重移動の動画を使った修正ドリル

結局のところ、軸がブレてしまうのは、重心移動を気にしすぎているからだと思います。
プロゴルファーのスイングのほとんどが左重心なのですから、頭の位置を固定して左下肢重心のままで振るとほとんど軸はブレません。

右に重心を移動して左に戻すという感じで振ると、どうしても骨盤がスウェーしてしまいますし、膝もグニグニ動き、最悪の場合、頭の位置まで動いてしまいます。
また、ど真ん中に重心を置こうとすると、テイクバックで左に、フォロースルーで右に重心が移動してしまうという感覚になりがちです。

そこで、とても良い体重移動を修正するドリルがストップ&ゴーです。
トップの位置でピタリと止めて、そこからフィニッシュまで一気に振り抜き、フィニッシュでもピタリと止めるというドリルです。

重要なことは、トップの位置から頭の位置は動かさずに左足にグッと体重をかけることをスイングのきっかけにすることです。
これだけで可動域の増大が期待できますし、正しい体重移動を覚えられます。

もちろん、このドリルでも動画が撮影するとなお効果的です。

 

正しい体重移動を覚えてスコアアップを目指しましょう

ゴルフという競技は如何に少ないスコアでまわれるかということですが、ただ練習場で打球練習ばかりを繰り返すよりも、動画を撮影し正しい体重移動を身に付けた方が効果的だと考えられます。

スライスやフックの原因はたくさんありますが、体重移動が修正されない限り、軸がブレるために根治しないと考えられます。

まずは動画を撮影する習慣を作ることをオススメします。