ウェッジのシャフトは柔らかいほうが良いのは本当なの?

ウェッジのシャフトは、アイアンよりも柔らかいほうが良いと言われています。

フルスイングをすることのないショートアプローチを主体とするウェッジですから、シャフトの硬さは必要ないのかもしれません。

そこで今回は使用するウェッジのシャフトの硬さをワンダウンしたほうが良いのかを考えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ場の距離表示の正しい見方と使い方を知り情報活用を!

ラウンドをする際に、ゴルフ場にはプレーをする上で必要な様々な情報があります。その中でも大事なの...

学士プロ坂田信弘が提唱するジャイロスイングの効果を分析

坂田塾の塾長として有名な坂田信弘プロが、肩を故障した時期に考案したのがジャイロスイングです。抜...

近いけれど難しいアプローチショット10ヤード以内の打ち方

ゴルフのアプローチショット。30ヤードや50ヤードの距離は上手く打てるけど、たったの10ヤー...

ゴルフ用のグローブの替え時は使えなくなった時ではない!!

ゴルフでの必需品であり消耗品でもあるグローブですが、替え時のタイミングはあるのでしょうか。破...

坂田信弘プロが教える「確実に上達できるスイング」とは

坂田塾の塾長として有名な坂田信弘プロですが、ジュニアに始動する独特な指導法とスイング法によって古閑...

ゴルフコースのグリーンで難しいフックラインが簡単になる!

ゴルフコースで基準打数の72打でプレーすると、その半分はグリーン上のパター数になるものです。...

ドライバーで飛距離アップが狙える効果的なフックの打ち方

ドライバーショットが意に反して左側にフックしては困りますが、意図してドロー系のフックボールを打て...

60ヤード以内のアプローチの打ち方とクラブの選択方法

60ヤード以内のアプローチが上手ければ、かなりスコアを縮めることができます。上手くなるために...

ゴルフ場の様々なラフからの打ち方とクラブ選択方法伝授!

元々ゴルフ場でフェアウェイとラフは天地の違いがありましたが、クラブが進化したことで、今では苦もなく...

ゴルフ練習場で身についたダフリ癖の原因と対策法

ゴルフをとにかく上達したいと練習場で繰り返し練習したことが、ダフリの原因になってしまうことがあり...

アプローチをパター打ちにしたらミスショットが無くなった!

アプローチが難しい、または不安があるという時には、アイアンをパターと同じ打ち方で使うと、ミスなく確実...

正しいゴルフスイングとはグリップをv字スイングすること?

ゴルフスイングに迷いが出た時、色々と修正すると収拾がつかなくなることがあります。グリップをハ...

ゴルフで大事なアプローチ、クラブ選択と状況別の打ち分け方

アプローチでトップしてグリーン奥のOBへ、ダフってグリーン手前の池へ。なんて経験のある人は多いの...

ゴルフの上達はグリップの握る強さと手首を柔らかくすること

ゴルフスイングで飛距離や方向性、球筋に不安がある時はグリップをチェックして、手首が柔らかくなって...

正確無比なアイアンの打ち方をスロースイングでチェック!

アイアンは正確性が求められるクラブです。そのため方向性と飛距離がぴったり合ったところにターゲット...

スポンサーリンク

ウェッジのシャフトはアイアンよりも柔らかいほうが良い

ウェッジのシャフトは、アイアンよりも柔らかいほうが良いというのはご存知でしょうか?

ちまたではウェッジとアイアンは同じ形をしているので、いわゆる番手の区分としてウェッジの名称を使っているのではないかという考え方が多いようです。

しかしながらウェッジが発明されたときの状況をみると、その考え方には間違いがあるようです。

そもそもアイアンにはウェッジは存在していませんでした。

現在の9番アイアンに相当するニブリックが最小のクラブだったため、アプローチの主役はニブリップが担っていたのです。

フラットなコースに蛸壺のような穴があり、底に砂が敷かれていたのが当時のバンカーだったのですが、ニブリックでは脱出が難しいと考えて考案されたのが、クサビという意味のウェッジだったわけです。

当初はバンカーからの脱出が主たる役目でしたですが、やがてグリーン周りからのショートアプローチにも使うようになり、現在のウェッジのバリエーションへと発展していきます。

アイアンと違いウェッジを柔らかいシャフトにする理由

サンドウェッジから派生した現在のウェッジのバリエーションは、グリーン周りからのショートアプローチを想定しています。

そのためフルスイングを想定したアイアンとは違い、短い距離を打ち分けるアプローチショットが主体のため、シャフトに硬さを求めることはないわけです。

ドライバーやアイアンがSシャフトであっても、ウェッジは柔らかいRシャフトで十分だということです。

一般ゴルファーがアプローチでグリーンオンする距離は、40ヤード以内が圧倒的に多いと言われています。

考えられる理由としては、セカンドショットで距離や方向がぶれて外れたり、グリーンはとらえたけれども奥に転がってこぼれたりして、結果的にリカバリーショットが必要だったからではないかと想像できます。

リカバリーショットの多くは距離を必要としていませんから、トップの位置はフルショットよりも低くなり、スイングスピードは落ちます。

必然的にシャフトの硬さは必要なくなり、柔らかいほうが扱いやすいシャフトになるのです。

ウェッジを柔らかいシャフトにするもう1つの理由とは?

実際にウェッジを選択するときには、フルショットの機会が少ないことで柔らかいシャフトが向いているわけですが、もう1つ打ち方の違いも柔らかいシャフトを選ぶべき理由となっています。

そもそもシャフトの硬さは、スイングスピードによってシャフトがしなり、インパクトの直前でそのシャフトのしなりを戻すときのヘッドの振れ幅を調整するためのものです。

スイングスピードが速いほどシャフトはしなり、その戻りも大きくなります。

大きくなりすぎると、インパクトでフックフェースになり引っ掛けてしまうため、硬いシャフトを選びます。

このしなりを戻すために、左手首のコックをリリースするわけです。

つまりコックを使うスイングをするからこそ、シャフトの硬さについて考えることになります。

ところが40ヤード以内のアプローチの多くは、そのコックを使わないノーコックでスイングをします。

シャフトのしなりがインパクトで支障になることはないわけです。

最高峰のゴルファーもウェッジのシャフトは柔らかいタイプを使っている

すべてのアプローチでノーコックにするわけではありませんが、ウェッジのスイング幅とスイングスタイルを勘案すれば、柔らかいシャフトのほうが振りやすいはずです。

それでも「いや!自分のスイングは速い」から、硬いシャフトのほうが合っているというゴルファーもいます。

元々シャフトの硬さは好みの問題ですから、それでスイングリズムがとりやすければ、硬いままでも問題はありません。

またシャフトの硬さは他人と比べても意味はなく、あくまでも自分のスイングとの相性ですから、ウェッジの方向性が安定するのであれば、あえて柔らかいシャフトにする必要もありません。

ちなみに「他人と比較する必要はありません」が参考となるのはあの世界No.1ゴルファーかもしれません。

2000年代初頭の全盛期の超人的な飛距離によって、ゴルフ界は新しい時代へと変わったわけですが、当然ゴルフクラブに装着されているシャフトは相応の硬さのものを使っています。

そのプロでもウェッジのシャフトについては、柔らかいタイプを選んでいたのです。

ウェッジの柔らかいシャフトは制御する必要がない

超人的な飛距離でゴルフ界を変えたプロのアイアンはXシャフトを装着していましたが、ウェッジだけはワンフレックスダウンの柔らかいSシャフトを使っていました。

その代わり重量はアイアンよりも少し重くすることで、ウェッジのヘッドの効きを良くしているようです。

ここで最初の話に戻るのですが、ウェッジとアイアンは同形ではあっても、作ったときの目的が別物ですから、そのスイングリズムも違ってくるわけです。

このスイングリズムとは、コックをリリースするタイミングのことを言います。

基本的にショートアプローチのときのウェッジショットは、ノーコックで左肘を抜いてフェース面を変えずにターゲットに向けて打ち出すか、パターと同じように手首を固めてストロークをします。

また回転軸は左右に移動することなく、スイングアークにブレがないように固定された状態を保つようにしているはずです。

このようなスイングフォームのときには、シャフトのしなり戻りでヘッドコントロールが効かなくなるようなことはないはずですから、シャフトの硬さは例え世界No.1であっても必要ないわけです。

ウェッジのシャフトはすべてが柔らかいとは限らない!

ウェッジのシャフトを柔らかいタイプにすると、スイングリズムが崩れると心配する声もあるようです。

ドライバーからウェッジまで、すべてのクラブに統一性を持たせたほうが「1つのスイング」で対応できるからというのがその理由のようです。

ゴルフスイングにとって基本となる1つのスイングとは、同じリズムでスイングをすることですが、このリズムはコックをリリースするタイミングでもあります。

インパクトの直前で、意識的にコックをリリースすることで、ヘッドスピードを速める必要がないアプローチでは、このリリースするタイミングも必要がありません。

つまりウェッジに関しては1つのスイングは当てはまらないということになります。

ウェッジはワンフレックスダウンがセオリーであることは、すでにゴルフ界の常識となっていますが、ただし1つだけ例外があります。

このワンフレックスダウンが必要なのは、SシャフトやXシャフトを使用するゴルファーに対してであって、Rシャフト以下のフレックスには当てはまらないということです。

言い換えると多くのゴルファーは、そのままRシャフトのウェッジを使っても問題ないということになります。

ワンフレックスダウンは試してみる価値は多少ある

ウェッジのシャフトはワンフレックスダウンの柔らかいタイプを選ぶのが、すでにゴルフ界ではセオリーとなっています。

シャフトのしなりを利用するほどのスイングに達することはないので、シャフトの硬さは必要ありません。

ただし一般ゴルファーが使うRシャフト以下のフレックスについては、そのまま使っても問題はないようです。