ドライバーは国内外のメーカーによって特徴的な違いはあるか

ドライバーはメーカーによって違いますが、その特徴を知るとより良いドライバーを見つけることができるかもしれません。

ゴルフ用品の先駆者たる海外メーカーと、日本人のために作っている国内メーカーの違いについて考えていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仲間と差がつく!パッティングはレーザーを用いて短期上達!

皆さんはどのようにパッティングの練習をしていますか?パターマットを買ったり、カップを購入した...

ゴルフ場が雨でも大丈夫!お洒落で高機能なレインコートとは

楽しみにしていたゴルフが雨の予報!女性用のレインウェアもイマイチ野暮ったい感があり、進ん...

ミズノは上級者だけでなく初心者こそミズノのドライバー!

ミズノはMPシリーズが代表的なので上級者というイメージがあります。しかしミズノは初心者向けの...

ウェッジのライ角がアップライトだと都合が悪いの?

9番アイアン以下を「ウェッジ」と呼びますが、近年はこのウェッジの活用法がスコアに影響を与えています。...

飛距離が凄くて非公認ボールになったbigyardは本当に飛ぶ?

『bigyard(飛魂!)』のネーミングから飛距離が出そうな感じしますよね。売り場でも『ぶっ飛び...

【ゴルフ教えて!】ゴルフボールのサイズは決まっているの?

ゴルフボールは小さくて硬いですよね。ボールの種類はたくさんあって素材やディンプルの数、硬さな...

ドライバー、ヘッドの大きさの違いをゴルフの腕前から考える

ゴルフでドライバーのヘッドの大きさの違いはショットにどの様な影響が出るのでしょうか。自分のゴ...

気になるアイアンのソールを傷補修する方法と業者依頼の費用

アイアンのソール部分は擦れた傷が無数についているものです。それはゴルファーとしての勲章とも考...

【ゴルフ教えて!】3wと5wの用途の違いを詳しく紹介!

ゴルフクラブにはたくさんの種類があり、ドライバー(1w)の次に飛ぶクラブとしてフェアウェイウッド(F...

ゴルフボールに寿命はあるの?新品未使用なら問題ない?

コンペの賞品で高級ゴルフボールをゲット!しかし無くすと勿体無いからなかなか使う勇気が出ない、とい...

中条のカムイ。老舗ゴルフヘッドメーカー。tp07sはどう?

皆さんが良く知っているゴルフメーカーと言えば、ほとんどがゴルフの総合メーカーではないでしょうか?...

5番ウッドはラフからでも飛距離を稼げるマルチなクラブ!

ユーティリティが登場して以来、影が薄くなりつつあるフェアウェイウッドですが、5番ウッドは飛距離の観点...

アイアンでスチールシャフトに挑戦!硬さはどう選ぶ?

ヘッドスピードが遅い、力がないという理由だけでカーボンシャフトを使っているゴルファーは多いかもし...

ヤマハリミックスのfwって優しい上に尚且つ飛ぶからスゴイ!

ヤマハのfwは昔からソール形状に特徴がありましたね。代々周到しているフリックオフソール。芝か...

プロ用クラブと一般的な市販品クラブに違いがある?真実は?

都市伝説の様に語られる事の多い、同じメーカーで見た目は同じでもプロに支給されているクラブと市販され...

スポンサーリンク

ドライバーはメーカーの特徴を理解すると合うものが見つかる

ドライバーはメーカーによって特徴があると言われています。

自分に合ったドライバーを選ぶことができれば、それだけストレスなくティーショットを迎えることができます。

ドライバーを構えたときの違和感があっても、その理由が分からなければ引きずってミスショットに繋がることがあります。

ドライバーを選ぶときは、第一に飛距離を求めるわけですが、ストレスを感じさせないことも考慮すると、より信頼度の高いドライバーを見つけることが重要です。

その信頼度とは経験則による場合もありますし、伝聞によるものもあります。

また有名プロゴルファーが使用していたり、広告宣伝を参考にすることもあるかもしれません。

ただ実際に握ってみて、構えてみて、ボールを試し打ちしてみれば納得して選ぶことができるはずです。

ところが納得して購入したはずのドライバーなのに、数ヶ月経つとなぜか合っていないような気がしてくることがあるものです。

もしこのような経験があるようなら、メーカーの特徴を把握してから選ぶようにすると自分に合ったドライバーが見つかるかもしれません。

国内メーカーのドライバーの特徴は日本人に合っていること

基本的には日本国内用に販売されているドライバーは、日本人の平均身長である170センチを基準に作られていると言われています。

そうした日本のメーカーはもちろんのこと、海外メーカーでも日本国内向けであれば、日本人にとって使いやすい品となっています。

ただし海外から並行輸入した海外メーカー品の多くは、基準となる170センチの身長に合わせていません。

欧米用であれば身長180センチを基準としているため、まずは国内用か海外用なのか、その特徴を見分ける必要があります。

特に海外メーカーの場合には、並行輸入品が多く出回っているため注意が必要です。

なお自分の身長が欧米並みの180センチであれば、国内用のドライバーよりも並行輸入されたドライバーのほうが合っている可能性があることも覚えておくと良いでしょう。

国内用か欧米用かを見分けられないときは、「カチャカチャ」と呼ばれる可変スリーブが付いていて、身長差をカバーしてくれるものから探すのが良いと考えられます。

国内メーカーの特徴はドライバーの先駆的な技術開発

ドライバーはメーカーによって特徴があるのは皆さんご存知でしょう。

「日本人に合う」という観点ではやはり国内メーカーがおすすめですが、価格とゴルフのスキルを考慮してみる必要があります。

国内の代表的なメーカーと言えば、国産第1号のゴルフクラブを作ったミズノです。

上級者から初心者用まで様々なグレードはありますが、どちらかというとアスリートタイプの印象が強く、またそれに見合った価格帯の物が多くなっています。

さらに販売店が限定されていることから極端な値崩れがないため、いわゆるセール品に巡り合うことができればチャンスと思ったほうが良いかもしれません。

ミズノはカチャカチャが登場する前からドライバーのライ角調整ができるモデルを出していました。

それだけ前から、各ゴルファーに対するカスタムフィッティングにこだわり続けていたことが分かります。

このほかにもヤマハ、プロギア、マルマン、そして本間など初心者からアスリートまで対応するクラブ作りをしているので、あとは価格と好みで選んでも外れはないはずです。

国内メーカーの特徴を表しているいるドライバー作りのコンセプト

国内ゴルフメーカーではありますが、すでに世界的なメーカーとして認知されているのがブリヂストンです。

国内はもちろんのこと、海外で活躍するトッププロが、ブリヂストンを使用している場面を観る機会は多いはずです。

すでに巨大メーカーとなっているので、初心者用からトップアスリートまで幅広いニーズに応えるだけのノウハウを持っています。

元々ブリヂストンは世界的なタイヤメーカーですから、タイヤの素材となる耐久性のあるゴム製品を作る技術を持っていたわけです。

そのノウハウを活かしてゴルフボールを作り、やがてドライバーやアイアンなどのゴルフクラブも製造するようになります。

大資本を活用して多くのトッププロをサポートしたことで、一般ゴルファーにもアスリートタイプのクラブがクローズアップされることになります。

当初は難しいクラブという特徴を持つイメージが強かったのですが、ゴルフが大衆化されて競技人口が増えたことで、初心者でも扱えるドライバーやアイアンの開発に力を入れるようになります。

ドライバー選びで迷いがあったら、ブリヂストンから選ぶと失敗はないかもしれません。

国内メーカーと海外メーカーのドライバーの特徴の違い

海外のゴルフメーカーで作られているドライバーの特徴は、前述しましたが海外市場用と日本市場用の2種類があることです。

すでにヨーロッパの多くの国は他民族になっているので、一概に平均身長を求めることはできませんが、海外市場用のゴルフ用品に関しては身長180センチを基準サイズとして作られていると言われます。

一方マーケットの規模としては日本も大きな市場になっているので、日本仕様のゴルフ用品がアジア向けの基準サイズとなっています。

日本人の体型が大型化しているとの実感はあっても、統計上の身長は170センチのままであり、それを基準としています。

ゴルファーの身長の高低はライ角に影響を与えるため、海外市場向けのドライバーを購入すると、ライ角がアップライトに感じて、グリップ位置を上げて構えなくてはいけなくなります。

ドライバーに関しては、ティーアップしたボールを打つので、ライ角が多少違ってもマイナスになることは少ないかもしれませんが、構えたときに違和感があるようなら、海外市場向けの並行輸入品の可能性があります。

国内外のメーカーを問わずドライバーの特徴は人を選ばず?

日本の国内市場ではタイヤメーカーのブリヂストンとダンロップが双璧ですが、海外市場では歴史あるPINGやキャロウェイなどのゴルフ用品メーカーや、代表的なスポーツメーカーがゴルフ用品を手がけているものに人気があるようです。

実は幅広い層を意識したものづくりでシェア率を高める日本市場用と、対象とするユーザーに特化したものづくりをする海外市場用のクラブは、同じメーカーが作っているわけです。

ただニーズに合わせた販売戦略から、日本国内では初心者からトップアスリートまで同じモデルを使えるようにしています。

ただそれは外観だけのプロモデルであって、性能は初心者でも扱えるオールラウンドのモデルになっています。

つまりドライバー選びでは、メーカーの国内外を問わず、日本国内市場向け製品は、初心者から上級者まで扱えるというのが特徴と言えます。

それに対して海外仕様のドライバーに関しては、シャフトの傾きを表すライ角や、フレックスやバランスなどもチェックしてから決めるようにしましょう。

ドライバーはメーカーの特徴を押さえると「はずれ」なし!

ドライバーを選ぶときにメーカーの特徴を押さえておくと、「はずれ」をつかむことはないはずです。

見分けるときのポイントは性能重視ではありますが、海外メーカーに関しては国内向けの製品なのか、並行輸入品なのかのチェックが大切です。