ウェッジの選び方のポイント!たくさんのロフト角を持つこと

市場にはたくさんのウェッジが出ていますが、すべてを持つわけにはいきません。

その選び方の基準は各々のゴルファーによって違いますが、単にロフト角と飛距離の関係のような簡単なものではないようです。

一般ゴルファーはたくさんのウェッジを持ったほうが良いという考え方がありますから、今回はそこに注目してお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

x100のスチールシャフトを扱えるヘッドスピードはどの位から

しっかりしたスチールシャフトの中で最も硬いx100シャフト。では、このx100シャフトを扱え...

ヘッドスピードが遅い人が硬いシャフトを使うとどうなる?

ゴルフのクラブにおいて、シャフトの硬さが自分に合っているというのはとても大切なことです。なぜなら...

リョーマゴルフの評判はいかに!?どんなメーカーなの?

あの北野武さんがCMに起用されているリョーマゴルフ。皆さんどんなゴルフメーカーかご存知ですか...

切れるショットを打つ、DGS200に必要なヘッドスピード

DGS200シャフトはダイナミックゴールドの中でも、一番使用率の高いシャフトと言えます。一般...

ヤマハのリミックスを試打してみた。凄く評判が良いらしい。

ヤマハのリミックスシリーズは初代から好評ですよね。最新モデルはさらに進化を続けています。...

ダイナミックゴールドのx100は使いこなせる?試打で検証!

ゴルフクラブの構成パーツの中で非常に大きな要素を占めるシャフト。市場には非常に多くのシャフトが...

スライス防止のためには自分に合ったシャフト選びが鍵になる

柔らかいシャフトを使うとダウンスイングでシャフトは大きくしなります。当然この時、シャフトは元...

ナイキのゴルフクラブの評判はどうなのだろう?性能・歴史

ナイキはゴルフクラブの製造販売から撤退することを決めました。スポーツブランドとして世界的なナ...

ゴルフはパターグリップで変えられる!おすすめ4選を紹介!

ドライバーで飛ばすのは気持ち良いですし、アイアンでグリーンに乗せるのもかっこいいです。しかし...

ゴルフの道具は毎年進化しています。昔と今を徹底比較!

ゴルフクラブは木材から始まり、鉄に変わり、さらに合金やカーボンなど強度や重さが多岐にわたるようになっ...

ミズノは上級者だけでなく初心者こそミズノのドライバー!

ミズノはMPシリーズが代表的なので上級者というイメージがあります。しかしミズノは初心者向けの...

いろいろあるゴルフバッグで練習用とは一体何なのでしょう?

ゴルフショップやネットでゴルフバッグを検索すると、いろいろなタイプのゴルフバッグが出てきます。大...

ブリヂストンJGRドライバーは最適重心距離でシンプルに飛ぶ!

ブリヂストンが『飛距離モンスター』と評するJGRドライバーですが、クラブ仕様を見ると飛距離を出し...

キャロウェイマックダディ2を試打してみよう!これは買い?

高いスピン性能で好評のキャロウェイのウェッジ。キャロウェイの中でもマックダディはシリーズ化し...

ドライバーのロフト角度は9.5度にすれば飛距離が伸びる?

ドライバーの飛距離を伸ばしたいと考えたときに、ロフトの角度を変えるゴルファーがいます。例えば...

スポンサーリンク

ロフト角の違うウェッジが生まれて選び方が複雑になった

最近はアイアンセットにウェッジが含まれていなくて、別売が当たり前のようになってきています。

メーカーにとってはアイアンセットと込みで販売したほうが儲かるはずなのに、あえて単品販売をしています。

その影響か、アイアンとは違うメーカーのウェッジを組み合わせる可能性もあるため、メーカーにとっては損を承知でウェッジを外していることになります。

このようにウェッジがアイアンセットに含まれなくなったのは、ウェッジの役割が大きくなったことに関係があります。

総合的にゴルフボールは飛ぶようになって、セカンドショットの位置がグリーンに近づくようになって、結果的にウェッジを多用するゴルフが多くなったことが考えられます。

最初のころはバンカー用のサンドウェッジとアプローチ用のサンドウェッジを使い分けていたようですが、そのうちロフト角の違うウェッジが次々とできたことで、選び方も複雑になってしまいました。

ある意味、自分に合ったウェッジの選び方は最重要課題なのかもしれません。

ウェッジの選び方は最初にロフト角をチェックするもの?

ウェッジの選び方で、最初に注目するのはロフト角のはずです。

一般的にウェッジは、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジに分かれていていますが、このほかにアプローチサンドやロブウェッジなどもあります。

これらはゴルフ界独特の名称で呼ばれていますが、それらは他のクラブの名称と同じように付けられたものです。

1番ウッドはドライバー、5番アイアンをマッシー、9番アイアンがニブリック、そしてバンカー用に開発されたのがウェッジです。

当初のウェッジはバンカー専用の道具だったのですが、ショートゲーム(アプローチショット)でも使えることが分かり、様々なロフト角のウェッジが誕生することとなります。

ちなみにドライバーはドライビングのクラブ、マッシーはスマート(お洒落)からとったもので、ニブリックは潰れた鼻を意味すると言われます。

そしてウェッジは大木を切り倒すときに使うクサビを表したものです。

ロフト角がウェッジの選び方の基準とは限らない!

ウェッジの種類が増えてきたので、使う場面に合わせてピッチング、アプローチ、サンドと名前を付けたわけですが、さらに多くのウェッジができたことでそうした呼び名は使われなくなり、ロフト角を名称として使うことが多くなってきています。

特にアプローチウェッジ、アプローチサンド、ロブウェッジはロフト角を名称にすることが多いようです。

つまり昔ながらの名称で呼ばれるのは、ピッチングウェッジとサンドウェッジの2つだけです。

こうすることでアプローチの場面で、キャディーに使用するウェッジを伝えるときに、ロフト角を使うと間違いがなくなります。

また使用する側も、それぞれの場面で迷いが生じても、ウェッジの選び方をロフトで選ぶことで打ち方が決まるという側面もあります。

実際に使用している中では、ロフト角を番手代わりにする呼び方は、ほかのウェッジと混同することがないので便利ですが、ウェッジにはロフト角以外の別な角度も選び方の基準となっているため、まれに同じロフト角のウェッジを2本持つことにもなります。

ウェッジの選び方は飛距離に影響を与えるロフト角では決めない?

一般的なウェッジの選び方は、飛距離に影響のあるロフトを基本としますが、良く考えてみるとウェッジをフルショットすることは少なくありませんか。

仮にフルショットしたとしても、それは飛距離を求めたものではなく、打ち上げの高さやスピン量増加を狙ったものです。

ウェッジの選び方でロフト角を見るのは、飛距離でなく球筋やスピン量をイメージするからです。

極端な例では同じロフト角を2本入れて、バンス角のありなしで使い方を変えることもあります。

バンスはソールの膨らみのことで、バンス角が大きいほど砂地や芝に潜りこむことはなく、芝の上をバウンドしてくれます。

リーディングエッジから入射すると確実にダフリになるような場面でも、バンスから打ち込むと砂や芝の上を走り確実にインパクトができるわけです。

一方バンスがないウェッジはクリーンなショットを狙えます。

ソールしたときにバンス角があると、わずかですがリーディングエッジは浮きます。

ところがバンス角がないとリーディングエッジは浮くことはないため、ボールの真下にフェースを入れることができます。

ウェッジはオールラウンドで使えるロフト角が良い!

一般ゴルファーは用途を限定せず、オールラウンドで対応できるロフト角のウェッジの選び方が多いようです。

状況に応じて使えるよう様々なロフト角のウェッジが作られていますが、それをすべてキャディバッグに入れることはできません。

なぜならゴルフクラブを携帯できる本数は14本と定められているからで、必ず入れるであろうドライバーとパターを抜くと、残り12本でフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジを構成しなければなりません。

フェアウェイウッド1本、ユーティリティ2本、アイアン5本、ピッチングウェッジ、サンドウェッジで10本ですから、残すアプローチ用のウェッジは2本しか入れることができません。

仮に1本がロブショット系の58度や60度のロフト角であれば、44度のピッチングウェッジから58度(60度)までの14度(16度)分をカバーするウェッジが必要になります。

もちろんピッチングウェッジの角度がもっと立っていればその差は大きくなります。

そこをカバーするのは、フェースを立てて距離を出したり、フェースを寝かせてスピンをかけたりと、まさにオールラウンドのアプローチウェッジでなければならないわけです。

ここで問題となるのは、そもそもその対応ができる技量を持ち合わせているかということです。

ロフト角とは違う使い方ができるウェッジの選び方が大事

上級者やプロゴルファーであれば、1本のウェッジを使って多彩なアプローチは可能かもしれませんが、一般ゴルファーにとってはロフト角と違う打ち方をして、狙い通りにショットするのはハードルが高いはずです。

そのため技量の足りない一般ゴルファーにとっては、ロブショットのような難しいショットほど、それに見合った特殊なウェッジが必要になります。

技量があれば、オープンスタンスで体を開いたアドレスの姿勢をとり、開いたフェースはターゲットラインに向け、スイング軌道はアウトサイドインに抜けるようにすると、狙ったポイントにロブショットを打つことができます。

普段は「ダメ」と言われるようなスイングフォームですが、特殊なウェッジを持っていなければ、このような打ち方をしなければ打てません。

しかも飛距離をつかむまでには相当な練習量が必要であり、実践で自信を持って使えるのはかなり経ってからになるはずです。

そんなとき、もしもロブショットやスピンの効いたショットが必要であれば、他のクラブの選び方を見直して、技量に見合ったウェッジを入れることが必要になるはずです。

多くのロフト角のウェッジを持つにはクラブの選び方を見直す

ウェッジの選び方はロフト角に注目しがちですが、それはアイアンのように飛距離を目的としたものではありません。

たくさんのロフト角を持つべきなのは、1本のウェッジで打ち分けることができないゴルファーです。

ウェッジを豊富に入れるには、他のクラブの選び方を見直してみる必要があります。