ドライバーについているカチャカチャの仕組みと使い勝手

最近のドライバーには、カチャカチャのついているタイプがあります。

ほとんどのメーカーが開発、採用していますよね。

それにも関わらず、その仕組みはどんなものなのか、使い勝手の良さはどうなのかを知らないゴルファーも多くいるようです。

カチャカチャで変わること、その効果と使い勝手についてまとめます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

話題のエポンゴルフって知ってる?口コミで広がる高評価の嵐

地クラブブランドが人気となってきている現在、興味をもたれているゴルファーはエポンゴルフの名前を聞いた...

三浦技研のアイアン、MB-5005の凄み!一体どんなクラブか?

三浦技研のアイアンはその打感や美しさに定評があり、高額なものが多いです。鍛造アイアンのヘッド...

軟鉄鍛造アイアンと言えばミズノ!?mp-15を試打してみよう!

ミズノの軟鉄鍛造アイアンを使うことを夢見るゴルファーは多いのではないでしょうか。そのなかでもmp...

ダイナミックゴールドにしたら飛距離が落ちた!その理由とは

ダイナミックゴールドにしたら飛距離が落ちたと言ってるゴルファー、身近にいませんか。ダイナミッ...

スパイダーのパターカバーの代用にするには何がオススメ?

テーラーメイドの大人気パターシリーズと言えばスパイダーですよね。そんなスパイダーの正規購入時付...

ヘッドスピードの遅いゴルファーが選ぶベストなボールとは

ヘッドスピードの遅いゴルファーは飛距離を求めるものです。自分にないものを求めるからこそ上達するわ...

ディアマナwとアヒナの違いってどこ?デザインの違いだけ?

KUROKAGEシリーズ等で有名なシャフトメーカーの三菱レイヨン、その中でも一時期ブームとなったのが...

脱スライサー!フックフェイスドライバーおすすめランキング

ある調査でゴルファーの約7割がスライスで悩んでいると言う結果が出ています。スイングを改善する...

重量スチールモーダス3_125を使いこなすヘッドスピード

NSPROシャフトの中でも重量級のスペックであるモーダス3ツアー125シャフトは、手元部分の剛性...

ユーティリティの3utと4utの飛距離が20ヤード違うことある?

最近はフェアウェイウッドやロングアイアンの代わりに、ユーティリティを使用するゴルファーが増えてき...

どう選ぶのがいい?ロフト角で飛距離が変わるユーティリティ

アイアンのようにもウッドのようにもスイングすることができ、扱いやすいと言われるユーティリティ。メ...

意外に打ちやすい!プロギアアイアンを試打してみて感じた事

使用しているゴルファーがあまりいないせいか、プロギアのアイアンを打つ機会が多くない様に感じられます...

切れるショットを打つ、DGS200に必要なヘッドスピード

DGS200シャフトはダイナミックゴールドの中でも、一番使用率の高いシャフトと言えます。一般...

No Image

ゴルフのラウンドで雨の日。どんな格好をすれば正解?

楽しみにしていたゴルフなのに、天気予報では雨。しかし、ゴルフは少しくらいの雨では中止になりま...

キャロウェイのx20とx22と比較。今シリーズの評価は?

キャロウェイは人気ゴルフメーカーですね。あの石川遼選手の契約しているメーカーです。一昔前...

スポンサーリンク

カチャカチャの仕組みを知ってドライバーを変えよう

ロフト角やライ角を自分で変えることができる、可変型のドライバーを通称「カチャカチャ」と呼んでいます。

軟鉄製のアイアンであれば、シャフトの接続部分を曲げて角度を調節できますが、通常のドライバーの場合はヘッド本体にシャフトを挿しているため曲げて調節することはできせん。

しかし技量やスイングスタイルによって選ぶべきロフト角は違いますし、身長の高低によってライ角も違ってきます。

カチャカチャができる前は、「クラブに合わせる」ことが対処法だったのですが、可変型のドライバーができたことで簡単に角度を合わせられるようになりました。

しかもアイアンの調節とは違い業者に発注することなく、自分で簡単に操作ができるので、コースレイアウトや自分の調子などを考慮してドライバーの性能を変えることができるのです

ただ簡単な操作とはいえ、カチャカチャの仕組みを知らなければ、自分に合った調節はできません。

まずはカチャカチャの仕組みを確認してみましょう。

カチャカチャの仕組みを知れば好みのドライバーになる!

ドライバーのカチャカチャは、まさに操作時の音を表したもので、1~2回カチャカチャと動かせば、それで終了する仕組みになっています。

ただし、ラウンド中に操作するとルール違反になるため、操作を始めるときに一定の準備をしなければならないように作られています。

カチャカチャの付近を握っても疑われることがなくなり、カチャカチャを装着しているドライバーを持つプレーヤーにとってはありがたいものと言えます。

では実際にカチャカチャを確認する前に、ドライバーの形状を確認してみましょう。

カチャカチャには2つのタイプがありましたが、カチャカチャの登場からの歴史の変遷で一つは淘汰されてしまいました。

その淘汰されたのは、シャフトの先がヘッドの中に止まっているタイプで、ネックのネジを回して締める作りでした。

代表的なメーカーとしてはキャロウェイのI-MIXやナイキの初期モデルです。

一方生き残ったのが、ソールまで貫通し、ソール側からネジで締めこむタイプで現在の主流です。

ドライバーの接続部分にあるカチャカチャの仕組み

カチャカチャは構造的に、ロフト角とライ角を調節するだけではなく、その操作に伴ってフェース角も変わるため、3つの角度を変えることができます。

さらにソールにバランス用のウェイトがついていれば、スライドさせたり、付け替えることでバランス調整ができ、しかも重心深度や重心距離を変えることもできます。

ドライバーの振りやすさや操作性、また打ち出すボールのつかまり具合を調節できるのですから、カスタムメイドのドライバーと同じような仕上がりが期待できます。

つまりカチャカチャにはシャフトの接続部分を調節して角度を変えられる仕組みと、ソールのウェイトを調節して好みの打ちやすさに変えることができる仕組みがついているということになります。

そこでカチャカチャの角度調節について確認しましょう。

まず専用のトルクレンチを使ってソール側からネジを外します。

ドライバーのカチャカチャの仕組みはメーカーによって違う

ソール側に止めネジがついているので、それを専用のレンチで反時計回りに回すとシャフトが抜けます。

この作業はどのメーカーも同じと考えて良いでしょう。

ここからはメーカーによって違い、向きを変える。またはシャフトの先端についている可変器をカチャカチャと回せばOKです。

そして元のようにヘッドに挿し込み、ネジ止めをすれば角度調節が完了です。

このように手順は簡単ですが、わざわざシャフトを外すことで角度調節をできるようにしたため、プレー中の行動でスペックを調整したと疑義を持たれる心配はありません。

それよりカチャカチャで問題なのはメーカーによって仕組みが違うことです。

もっとも自分のドライバーの仕組みだけを知っていれば困ることはありませんが、ドライバー自体を買い換えたときに、同じ仕組みで可変できると思っていたら、「違った」ということがあるため注意が必要です。

例えばキャロウェイの場合は、ロフト角はノーマル角を「0」としたとき、「-1度~+2度」で変更できます。

数値が入っているので、初めてでも分かりやすいと思いますが、ライ角は「D」「N」の2表示だけです。

カチャカチャの仕組みは分かっても理解できない

キャロウェイの説明書を見れば一発で分かりますが、Dは「つかまる」で、Nは「つかまりを抑える」という意味です。

意味が分かったとしても、選択したカチャカチャがどれほどつかまるのか、そうではないかは試し打ちして確認するしかありません。

カチャカチャは簡単に角度を変えられるといっても、ドライバーの試し打ちのたびにシャフトを抜くのは面倒です。

しかもキャロウェイの場合は、自由に動く調整リングが2つ付いていて、それを回転させて組み合わせることで角度を調節するため、せっかくの可変式ですが1度セットしてしまうと面倒臭いと頻繁に変更することはなくなっていくはずです。

確かにプレー中の角度調節の疑義を持たれないという意味では、優れた仕組みにはなっていますが、最初の設定段階でのカチャカチャの繰り返しは、残念ながらほぼすべてで同じことが言えます。

また専用のレンチのT字型の先端部分の中には、軟らかく頼りないものがあります。

何度も使っていると折れてしまうのではと不安になっていると、ネジ山を傷めてしまうので注意が必要です。

ネジ山を舐めてしまうと調整が二度とできなくなってしまいます。

カチャカチャの仕組みを知っても好みのドライバーにならない

従来ドライバーのライ角やロフト角は変更できないものと考えていたのに、カチャカチャが登場したことで自分好みの仕様に変えることができるようになりました。

基本は自分の身長やスイング軌道に合わせてセッティングするため、最初に1回合わせれば、後は大きく変える必要はないはずですが、ネーミングのカチャカチャから連想すると、コースのレイアウトや風の状況に合わせたボールを打ち出すときの助けになると考える場合もないわけではないでしょう。

しかしながらカチャカチャの仕組み上、頻繁に変えて調子を見てから使うというのは向いていないのではないでしょうか。

あくまでも最初のセッティングにとどめて、あとは技量が進歩してヘッドスピードが変わったときや、スイングフォームを変えて打ち出し角が変わったときにセッティングをし直すのが良いでしょう。

なお純正品以外にも別付けのカチャカチャが市販されていますが、ヘッドの中で折れてしまうとその工賃は純正品をはるかに越える可能性がありますし、事故の危険性もあるため純正品を使用することをおすすめします。

簡単だけれど難しいカチャカチャの仕組み

元々ドライバーのライ角やロフト角は調整することができませんでしたが、カチャカチャが登場したことで自分でセッティングすることができるようになった技術はゴルフ界に革命を起こしました。

そのカチャカチャの仕組みは簡単なのですが、メーカー各社で独自の仕様になっているため、正しく理解していなければセッティングに時間を要することもあるでしょう。

正しく見定め、自分のポテンシャルをしっかり引き出せる設定を見つけてください。