ゴルフ場入場時の服装マナーでジャケットは必要なの?

ゴルフ場によっては服装の規定に厳しいところがあります。

入場や受付でジャケットを着用しなければならないとドレスコードで公表していたり、服装マナーで決めていることがあります。

もちろん利用者は、その規定を守る義務はありますが、規定が分からないときの対応は難しいものです。

そこでジャケット着用について考えていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ場に入会するときの面接。服装はどうしたら良いの?

ゴルフ場の会員権を購入して自動的に入会できる場合と、面接による審査を受けてから入会できる場合があ...

ゴルフウェアは男子プロのファッションを参考にしてみよう!

ゴルフウェアは昔と違いアパレルメーカーが参入してきたこともあり、年々お洒落なデザインが増えてきて...

森田理香子選手の使用クラブやシャフトの変化が齎したこと

森田理香子選手と言えば2013年に賞金女王に輝いた華やかなイメージ。そして2016年にシード権を...

ゴルフコンペの参加賞が300円でも喜ぶものはコレだ!

ゴルフコンペで人数を集めたいのなら、参加料を低く設定して全員に参加賞を配ることです。1000...

キャディの仕事内容について楽しい部分と辛い部分を再確認

意外に大変なキャディの仕事、プレイヤーとして身近な存在でなんとなく仕事内容は知っているつもりですが...

ゴルフ専門雑誌でファッションを中心にしているところは何?

ゴルフ専門の雑誌は週刊誌や月刊誌、季刊誌など様々なものがあります。しかし、ほとんどがスイング...

米で苦戦中、石川遼のゴルフスイング動画を見て変わった点

日本での賞金王や中日クラウンズでの世界最少スコアなど、石川遼選手は輝かしい実績を引っ提げ挑戦した米...

ゴルフの目からウロコ話し、よく聞きます?そんなにあるか?

「えっ、そうだったのか?目からウロコが落ちたよ」という会話、たまにに聞きますよね、ゴルフ場のレ...

基本中の基本。子供にゴルフを教えるには、まずグリップから

これからゴルフを始める子供には、基本からしっかり教えたいですね。ゴルフクラブと唯一の接点はグ...

最近ゴルフウェアのレディースブランドは驚くほど幅が広い!

昔のゴルフウェアと言えば、レディースもメンズもゴルフブランドの物でした。お世辞にもお洒落とは言い...

ゴルフ場の市場規模が下降に推移するのはいつまで?

プロゴルフ界は相変わらず新しいスター選手が育ち活況のようですが、ピーク時のゴルフ場の市場規模から...

就活のための武器!それは趣味としてゴルフを始めること!

就活の際、趣味の欄に”ゴルフ”と書くだけでポイントアップするという噂があります。実際仕事がら...

ゴルフの楽しみ方は男女違う!?女性ブログを見てみよう!

ゴルフはいかに少ない打数で回れるかを競うスポーツですが、それ以外にも楽しみ方はたくさんあります。...

ゴルフ界の英雄タイガーウッズの近況と実力者の凋落

史上最年少でマスターズ・トーナメントを制するなど、史上最高のゴルフプレーヤーとの声もあるタイガーウ...

ゴルフだけグローブを利き手にしない理由が意外すぎる

ゴルフ用のグローブは利き手と反対側の手にしかつけないのが普通です。中には両手グローブと言う人...

スポンサーリンク

ゴルフ場に服装規定がなくてもジャケットは用意したいもの

ゴルフ場のハウスに入るときには、ジャケットを着用するのが服装のマナーと言われています。

一般社会の中でも一流とまではいかなくても、それなりのレストランやホテルのロビーなどを利用するときに、男性はジャケットを着用するのが礼儀とされています。

中にはジャケット着用をドレスコードにしていて、未着用では利用できないと規定しているところもあります。

それとゴルフ場の服装も同じようなもので、基本的には各人のマナーによって判断されますが、ビジターの多いゴルフ場ではドレスコードを設定しているところもあります。

服装のマナー違反の場合には、余程のことがない限り「入場できない」といったことはないはずです。

ただし服装マナーに厳しいゴルフ場は、予約するときにメンバー同伴、もしくはメンバーからの予約が必要とされていることが多いようです。

仮にジャケットを着用せずに受付で紹介者名を記入したとすると、あとから当該のメンバーに迷惑がかかる場合もあります。

そうならないためにも入場時にはジャケットを着用しておくと、無用なトラブルを回避することができます。

そもそもゴルフ場にジャケット着用の服装規定がある理由

ゴルフ場でジャケットを着用するのは、従前から服装マナーとして広く浸透しています。

日本にゴルフが入ってきたばかりのころのゴルフは、まだ上流階級の娯楽の1つであり、今ほど大衆化はされていませんでした。

この流れが一変したのは、1960年以降の高度経済成長によるものです。

「成金」という言葉が巷に溢れて、上流階級の娯楽を楽しもうとする起業家たちによって、いわゆるブームが起こります。

それまでは服装のマナーをゴルファーに課す必要はなかったのに、成金が参入してから服装のマナーを表明したり、明文化することで周知する傾向が強まっていきます。

最終的にはクラブの規約で服装を義務化したり、ゴルフ場がドレスコードを設けたりしてして、ゴルフ場の「格」を守ろうとしたのだと思われます。

一方でジャケットの規定を設けていないゴルフ場もあります。

ドレスコードはもちろんのこと、マナーとしてもジャケットを着用していなくても、服装的には問題視していないゴルフ場が出現したのは、海外からの影響を受けたことによるものです。

ゴルフ場の服装規定でジャケットは着なくても問題なし?

日本のゴルフ場の多くは、「ジャケットを着用する」といった服装規定を見直してしまいました。

ジャケットの着用について「利用できないところもある」というよりは、問題視していないほうが多くなっているのが現状なのです。

当初、日本のゴルフ場の多くは本場の英国スタイルを真似ることで、上流階級のテイストに心を揺さぶられて楽しんでいたわけです。

ところが、一般人がハワイやアメリカ本土でゴルフをするようになり、気楽なスポーツとして普及していることを知ります。

もちろんアメリカにも格式の高いゴルフ場はありますが、ラフな服装で手引きカートを引く、セルフスタイルのゴルフ場がたくさんあることを知ったのです。

日本では高額なゴルフプレーが安価に楽しめるのですから、日本にも同じスタイルができないわけはありません。

最初は「セルフ=格下」のイメージでしたが、徐々に立場は逆転し、年々セルフコースが増加しています。

それに伴って、ジャケット着用の服装マナーも問題視しなくなっていきます。

日本のゴルフ場にジャケットの服装規定があることが変!

そもそもゴルフ場で受付をするときの服装に、ジャケットの着用を義務付けているのは日本だけです。

そのため本場の英国から来たゴルファーをはじめ、多くの外国人も日本式の服装規定に驚くことがあるようです。

海外のゴルフ場では、レストランを利用するときにジャケットを着用します。

おそらく日本のゴルフ場でも同じように、「レストランではジャケット着用」と服装の規定を設けていると思いますが、実際には椅子の背もたれにかけて、食事をしている人が多いのではないでしょうか。

ジャケットを着る紳士たちが楽しんだのは英国でのことです。

正確にはスコットランドなので英国よりもさらに寒い地域で、10度から15度くらいの中でゴルフをしていたようです。

そのため室内でもジャケットを着ていたほうが快適だったのでしょう。

ところが日本は高温多湿ですから、そもそもエアコンをかなり効かせているようなところでなければ、ジャケットを着ることはできないことになります。

格式高いゴルフ場でもジャケットの服装規定が緩和されている

高温多湿の日本では、ジャケットを着なければならないゴルフ場の服装規定がおかしいと気付くようになります。

暑さに不向きなジャケットを着て、汗をダラダラ流しているほうが不潔に見えますし、なによりスマートではないということです。

そもそも勘違いから着用を義務化した受付時のジャケットを、やせ我慢をして着なければならないほど重要ではありませんし、世の中的にもジャケットにプライオリティを感じなくなっています。

そこで服装規定を設けている現行のゴルフ場でも、季節限定でジャケットの着用を免じる傾向が強くなっています。

もしも予約したゴルフ場が格式の高いところであれば、予約段階でジャケットについて確認したほうが手間を省くことができるでしょう。

わざわざジャケットを持参して、周囲の状況を確認してから着用したり、そのままボストンバッグの上に置いて受付を済ませるのは面倒です。

そんな面倒から解放されるためにも、最初に確認をしておけば、あとは言われた通りの服装をするだけで何も問題はないはずです。

ゴルフ場ではジャケット以外の服装規定のほうが大事!

ゴルフ場における服装のマナーは、ジャケットを着用することよりも、着てはいけない服装のほうを問題視しています。

Tシャツやジーパンまた迷彩柄の服装などは、いまも多くのゴルフ場が「TPOとしてそぐわない」としています。

なぜTシャツやジーパンがダメなのかを問うのではなく、利用するゴルフ場が「場にそぐわない」と決めてしまえば、それに意を唱える方法は予約のキャンセル以外にありません。

ゴルフ場にとっては顧客であるメンバーの多くが不快に感じると言えば、それに従うのがゲストとして利用するビジターの義務です。

中には、高機能インナーシャツと半袖のゴルフシャツを重ね着することを認めていなかったり、タートルネックはOKでもハイネックはNGというところもあります。

初めて利用するゴルフ場であれば、襟つきのポロシャツはチノパンにインして、ジャケットに革靴で入場すれば、服装でトラブルになることはないはずです。

初めてのゴルフ場は服装規定がなくてもジャケット着用が安心

ゴルフ場によって服装マナーは違います。

入場時にジャケットを着用しなければならないところ、レストランだけはジャケットが義務付けられているところ、まったく着なくても問題のないところもあります。

初めてのゴルフ場なら、面倒でもジャケットを着用するか、もしくは予約段階で確認するようにしましょう。