ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフ用のキャップの洗い方を覚えて綺麗なものを使おう!

2018.10.26

ゴルフ用のキャップは洗って使う人と、洗わずに使い続ける人がいるようです。

ゴルフシャツやソックスは毎回洗うのに、キャップは使いっきりでは不潔ですし、見た目にも悪いかもしれません。

そこで自分で簡単にできるキャップの洗い方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドライバーのシャフトの交換方法って知っていますか?

ドライバーのシャフトは様々なスペックで設計されていてクラブの長さもありしなりを感じやすく、自分のスイ...

濡れて滑るゴルフクラブをグリップ交換する時の目安とは

ゴルフクラブが「滑る」と感じるようなら、すでにグリップ交換の時期が到来しているかもしれません。 ...

ノーメッキウェッジの赤錆を防ぐガンブルー塗装の方法とコツ

ノーメッキのウェッジは赤い錆が浮いてきて、他のクラブと比べると貧相な雰囲気が漂うものです。 そん...

可変クラブに好きなシャフトを!スリーブの取り付け方法は?

最近、どこのメーカーからもヘッドとシャフトをネジで固定する可変式クラブが発売されています。 通称「...

ゴルフクラブのアイアンをすべて短尺にしたらどうなる?

ゴルフクラブの長さは飛距離に影響すると考えられています。 しかし距離を稼ぎたいロングアイア...

ドライバーのフェースの傷取りなどクラブの手入れ方法まとめ

大切なゴルフクラブ。 より良い状態で長く使いたいですよね。 クラブの手入れで一番多い悩みはドライ...

アイアンのライ・ロフト調整でいったい何が変わるのか!?

アイアンのライ角とロフト角はショットの弾道と飛距離、ボールのスピン量など様々なことに大きな影響を及...

ドライバーシャフトが折れる原因はどんなことが考えられる?

ドライバーのシャフトが突然バキッと折れるといったことを経験されたり、見たことがある方はどれほどいらっ...

ゴルフクラブをDIYでリシャフト。接着剤はナニを使うのか?

ゴルフと言うスポーツは使用する道具【ゴルフクラブ】が介在し、その道具の性能が非常に大きな役割を持つス...

ドライバーのバランスは、d4など数字の大きな物がよいのか?

ゴルフクラブのバランスって気になりますよね? とくにドライバーなどウッド系のクラブだと、ショップに...

ゴルフグリップの太さを変えることでスライスやフックを改善

ゴルフショップのグリップ売り場へ行くと、様々な太さや素材のグリップがあることに気づきます。 ど...

アイアンがフックするときの直し方として鉛がある!

アイアンショットでどうしてもフックの球筋になるとき、スイングで修正するのが最良の方法です。 でも...

ドライバーヘッドにウェイトを付けてスライスを防止する

ドライバーの球筋が安定しない理由では、昔からクラブと技量がマッチングしていないと言う考え方があり...

アプローチでアイアンに違和感があれば角度調整が必要

アプローチでミスが連発するようなら、アイアンの角度が合っていない可能性があります。 標準値で設...

ドライバーのシャフト交換で飛距離を狙うときのポイントとは

ドライバーのシャフト交換をする場合、飛距離アップやコントロールを目的にすると思いますが、交換後のシ...

スポンサーリンク

ゴルフ用のキャップの洗い方は裏側で確認できる?

ゴルフ用のキャップは1ラウンドごとに洗濯している人と、1度も洗濯せずに使いきりで新しいものに変える人がいるようです。

ゴルフシャツや下着は洗濯したものを着るのに、なぜかキャップだけ洗わないと言うのはおかしなものです。

中には汗染みで変色していたり、塩が噴いて汗痕が浮き出ている場合もあります。

そうなっては格好が悪いというよりも不潔感満載なので、最低限そうなる前には洗濯をしましょう。

クリーニングに出すと、思ったよりも高い洗濯代に驚くことがあります。

洗い方さえ分かれば自宅でも簡単に洗濯ができますので、汚れや臭いを気にすることなく、いつも綺麗なキャップを使うことができます。

そこで自宅で洗濯をする場合、最初に洗えるかを確認しなければなりません。

生地や装飾品等によっては洗濯できない場合がありますので、まずはキャップの裏側についているタグを探しましょう。

パッとみて見つからない場合は、裏側に折りかしてる「ピン皮」をめくると、絵とともに適用できる項目が記載されているはずです。

ゴルフ用のキャップの洗い方と気をつけるポイントとは?

ゴルフキャップの場合、水洗いができないバックスキン(本革)やシルク(絹)などをあしらったものがあります。

また刺繍などで金糸を使ったものなどもあるので、すべては水洗いで洗濯できるわけではありませんし、もしドライクリーニングのみ対応と表示されていれば、基本的には自宅で洗濯はできません。

ただ多くの品はポリエステルか綿素材なので、Tシャツ同様に洗濯することは可能です。

手洗いでしっかり洗汚れを落として、風通しの良いところで自然乾燥させるのが、失敗しない洗い方です。

あと注意する点は、洗濯機や乾燥機に入れるとキャップのツバの部分が型崩れするので、使用せずに手洗いが基本になります。

ちなみに洗濯機をガンガン回さなくても、頭の汗と脂は洗剤をつけて手洗いすれば、簡単に汚れを落とすことができます。

また白物で気になる汗染みですが、これも塩素系漂白剤はムラになるのでNGです。

使うのであればアルカリ系の「カラー用漂白剤」を使用します。

ゴルフ用のキャップの洗い方を知れば簡単に汚れは落ちる!

ポリエステル製のゴルフキャップですが、こちらは洗い方でなにも心配することはありません。

唯一型崩れが心配ですが、手洗いであれば型が崩れるほどゴシゴシ洗うことはないので心配はないはずです。

まずは使用済みの歯ブラシで擦り洗いをします。

手順は洗面所に備え付きの洗面器に栓をして、水を溜めている間に濡れタオルでざっと汚れを落とします。

そこで水で手洗いしてみましょう。

意外に「これでOK?」と思えるぐらい綺麗になりますが、さらに溜まった水に洗剤を入れて洗います。

洗剤を入れる前に、溜めた水が汚れているようなら、水を入れ替えたほうが良いと思います。

なお洗濯洗剤を直接キャップの脂染みにつけると汚れが落ちやすくなるので、状況に応じて浸け洗いしましょう。

また歯ブラシを使って軽く擦ると、黄ばんだ脂染みも落ちていくはずです。

頻繁に洗っていれば脂染みはつかないので、その後はキャップ洗いの頻度を多くすれば、水洗いだけでも十分なはずです。

ゴルフ用のキャップを洗濯しても縮まない洗い方

ゴルフ用のキャップをお湯で洗うと綺麗になるような気はしますが、一方で縮みも気になるところです。

ポリエステル製のキャップに綿などが混在している、または綿製のキャップの場合は、縫い糸と素材の伸縮度が違って、乾燥後に歪んでしまう可能性があります。

お風呂のお湯に浸かると、指先がシワシワになってしまうことから、布地も同じようになるのではと心配になるのではないでしょうか?

しかしキャップは雨の中で使っても、次回使うときに縮んでいないはずなので、基本的には水が原因で縮むことはありません。

ただし熱湯であれば少し違ってくるようです。

一方で脂染みはお湯を使った洗い方をしたほうが、綺麗に落ちると言われています。

そこで脂を落とす目的でお湯を使うのであれば、水温を40度以下にしましょう。

人体の36度より少しだけ温かい程度で、脂が溶け出すと考えられているからです。

もしも頑固そうな脂染みであれば、水洗い前にクレンジングオイルをつけておくと、脂が浮き出て綺麗に落とすことができます。

ゴルフキャップに染みこんだ頑固な脂汚れの洗い方

ゴルフキャップに金糸の刺繍が施しているものや、色落ちによって他の部分にその色が染み込みそうな場合には水洗いはできません。

ただし金糸が使われている部分だけ洗わずに、歯ブラシと洗剤で擦り洗いして丁寧に洗剤を落とせば、汚れた部分は綺麗になります。

色落ちする場合も同じような洗い方をすれば問題はありませんが、雨の日でも使うかもしれないキャップに、色落ちするものは使っていないと思います。

キャップの裏についているタグを見て、「水洗い不可」であれば洗濯はできませんが、部分的には問題ないので歯ブラシを活用して、綺麗に汚れを落とすようにしましょう。

またキャップのツバにマグネット式のマークをつけている場合、手汗が痕になってとれない場合があります。

カラー用漂白剤を歯ブラシにつけて、軽く押し当てるようにすれば汚れはとれますが、色が抜けないかの事前チェックが必要です。

目立たない部分に漂白剤を少量つけて、色落ちの確認をしてから使うようにしましょう。

キャップの洗い方を覚えたら毎回ゴルフのあとに洗濯しよう

洗剤や漂白剤を綺麗に落としたら乾燥させます。

洗い方よりも乾燥のほうが重要なので、型崩れしないで綺麗な仕上がりになるようにしましょう。

家にあるもので型にします。

小さめのザルやボウル、蓋付きの鍋などでも使えますが、円周が55センチ前後(キャップのサイズ)までのものを用意してください。

ぴったりしたサイズでなくても問題はないので、神経質になる必要はありません。

風通しが良く陰干しでしっかり乾燥させます。

洗剤や漂白剤によっては、直射日光で黄ばみが浮き出ることがあるので、日陰で乾燥させましょう。

ツバの型崩れが気になるようなら100均でプラスチックの板(下敷きなど)を購入して圧の弱そうなピンチで留めておくと綺麗なシルエットが蘇ります。

なお乾燥させる前に吸水タオルなどを使って、しっかり水気を抜いておくようにしましょう。

乾燥したら除菌できる消臭剤をスプレーすればゴルフキャップの洗濯は終了です。

あとは小まめに洗うようにすれば、洗剤や歯ブラシを使った擦り洗いは必要ありません。

もし洗えない素材であれば、タオルに水を含ませて押し洗いするだけでも、脂汚れの黄ばみがつくことはなくなるはずです。

キャップの洗い方が分かればいつも爽やかにゴルフができる?

ゴルフキャップの洗い方が分かれば、ゴルフシャツと同様に、ラウンドごとに洗濯ができるようになります。

シャツやソックスは洗っても、キャップを洗わずに使い続けるのは、見た目だけではなく周囲も迷惑しているかもしれません。

小まめな洗濯で、いつも爽やかな装いを心がけるようにしましょう。

 - メンテナンス・修理調整