ゴルフスイングでのノーコック打法は飛距離よりも方向性重視

ゴルフスイングには「ノーコック打法」と言うのがあります。

その名の通りコックをせずにゴルフスイングをする打法です。

そんなノーコック打法は飛距離を伸ばすことは期待できませんが、方向性はかなり安定します。

しかしノーコック打法のプロゴルファーは飛距離を出すことができますが、アマチュアゴルファーはそこまでのパワーや技術がないので難しいとも言われます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ショートアイアンはトップブレードで合せるとスクエアになる

アイアンを構えるとき、ボールにフェースを合わせると思いますが、セットするときトップブレードを基準に...

雨の日のゴルフはコツが分かればスコアアップのチャンス!

雨の日にぶつかると、ゴルフの予約を果たすためだけで、楽しさは半減するかもしれません。ましてス...

スイングに大きな影響を与えるテークバックの仕方と練習法

ゴルフのテークバックは、スイングの始動部分のことを言います。この動きがその後のスイングに大き...

飛距離UPと方向性を定めるインパクトのコック維持の重要性

ゴルフでインパクトの時のコック維持は飛距離を伸ばすため、そしてまっすぐ飛ばすためにとても重要です。...

ゴルフでは手首を柔らかく使うべきなのか、否か。どっち?

ゴルフのスイングでは手首のコックが大切だと言われます。ですから手首は柔らかいほうが良いのかも...

ゴルフの要!ドライバーのミート率を上げる練習方法を紹介

女子プロゴルファーのヘッドスピードは平均で40m/sくらいです。しかし彼女たちのドライバーの飛距...

プロゴルファーのスイングをお手本にするなら女子プロを!

ゴルフをしている人には、必ずと言って良いくらい1~2人はお気に入りのプロゴルファーがいるのではないで...

ゴルフスイングでグリップがぐらつく時の原因と対策法

ゴルフクラブのグリップがぐらつくようなら、その原因を早期に見つけて対策を立てましょう。グリッ...

【ゴルフ上達】ドライバーのヘッド軌道をイメージすること

ゴルフにおいてドライバーを真っすぐ遠くへ飛ばすのは究極の理想です。その理想の球筋を実現するに...

ドライバーでフックが出る原因を今一度追究してみよう!

ドライバーでフックが出て、飛距離を稼げなかったり、OBが出てしまうとメンタル的にやられてしまいま...

米国ツアーで身につけた上田桃子のスイングとアイアンの切れ

上田桃子プロは米国ツアー用にスイング改造して、強い風にも負けない「球質の強い」アイアンショットを打...

【ゴルフ上達】左腕のリードの重要性の解説と2つの練習法

ゴルフにおいて左腕の役割は何なのでしょうか?良く車のハンドルに例えられ、左腕を使いこなさない...

ゴルフ上達のためベタ足スイングの元祖「Z打法」を学べ

韓国女子プロゴルファーの活躍から火が付いたベタ足スイング。飛距離だけでなく方向性、そしてショ...

ゴルフスイング、フックグリップにしたほうがよいのか考える

ゴルフスイングの基本、グリップについて考える時、フックグリップがよいのか、またはスクエアグリップがよ...

アドレスの姿勢やゴルフスイングがフック原因の対処法とは

アドレスの姿勢かゴルフスイングがフック原因ではないかと疑いがあれば、まずは動画撮影で客観的にチェ...

スポンサーリンク

ゴルフスイングでの正しいコックの使い方

ノーコック打法について話す前に、まずはゴルフスイングでの正しいコックの使い方から説明します。

それを理解した上でノーコック打法について見ていきましょう。

コックとは手首を曲げる動きのことを言います。

バックスイングで手が右足の前に来たくらいから、少しずつ左手の親指方向に手首を曲げていきます。

左手が水平になった時に左手とシャフトが直角になったら、コックが完了です。

この形をダウンスイングまで保つようにスイングをします。

ここまで見ると手首だけを使っているように思えるかもしれませんが、実際は右肘と肩の周りもこのコックの動きに合わせて動くようになっています。

逆に手首だけを使ってしまうとタイミングが上手く噛み合いません。

右肘や肩の周りが合わせて動くような正しいコックができると、スイングリズムが良くなりますし、それ以上のメリットは飛距離が出ることです。

多くのゴルファーが飛距離へ貪欲なので、コックを使ったゴルフスイングをする人が多いのでしょう。

しかし飛距離にあまり欲のない人は方向性を高めるため、ノーコック打法へシフトチェンジするのも良いかもしれません。

飛距離は出ないけれどノーコックのメリットは大きい

コックを使うゴルフスイングはタイミングが取りやすくヘッドスピードが上がるので、安定したゴルフスイングと飛距離を手に入れることができます。

しかし場合によってはノーコック打法の方が大きなメリットを感じられることもあります。

ノーコック打法でメリットを感じられるのは、コンパクトなスイングで正確性を求める場合です。

ノーコック打法の最大のメリットはショットの正確性です。

前述したように飛距離は思うように出ませんが、ミート率を上げたいのであればノーコック打法の方が断然おすすめです。

ノーコック打法になると動く幅に制限がかかるので、コックを使う時よりもスイング自体が小さくなります。

しかしスイングが小さくなる分、ミート率は向上します。

ゴルフスイングでは意識して動かす箇所がたくさんあるのですが、ノーコックにすることでその箇所が1つ減ることになります。

その分より安定したゴルフスイングをすることができるのです。

ハーフスイングでOKのような距離の場合、ノーコック打法を使って正確なショットでグリーンを狙う方が良いでしょう。

ノーコック打法のデメリットはやはり多くのゴルファーが気にする飛距離

先ほどより何度も言っていますが、ノーコック打法の最大のデメリットは飛距離が落ちてしまうことです。

ノーコックだと飛距離が出ないのは、ヘッドスピードが上がらないからです。

またノーコックだとヘッドが上に上がりづらいこともあり、それでも上にあげようとするとゴルフスイング中に余計な動きが入ってしまいます。

無理な動きをしようとすることにより、右膝が流れてしまったり、前傾姿勢が崩れてしまったりします。

また無理に動かさないようにすると肩の回転が浅くなってしまい、手打ちショットになってしまいます。

柔軟性の高い人や鍛え上げたプロゴルファーでない限り、ノーコック打法でフルショットや飛距離を出すことは非常に難しいでしょう。

またノーコックでゴルフスイングをするとクラブを重く使うことになります。

例えば300gのクラブを振るのも、ノーコックだとその重さをはるかに超えてきます。

ノーコック打法のプロゴルファーは簡単にクラブを振っているように見えるかもしれませんが、その重さに耐えきれるだけの筋力があると言うことなのです。

ですからノーコックでのフルスイングは非力な女性には最も向いていないのです。

ノーコック打法は飛距離の必要ないアプローチで

自身のゴルフスイングが安定してきたら、場面によってコックを使うゴルフスイングとノーコック打法を使い分けると良いでしょう。

ノーコック打法を使う場面とは「アプローチ」です。

グリーン周りのアプローチはもちろん、100ヤード以内のアプローチでもフルショットをする必要はなく、小さな振り幅でのショットになるのでノーコック打法に最適です。

またその距離のアプローチこそ、グリーンやピンを狙うために正確なショットを必要とします。

飛距離ではなく正確性を求められる大切な場面なのでノーコック打法で攻めてください。

ノーコック打法はコックを使わないので、肩の回転でボールを打つことになります。

そのため再現性の高いショットが可能なので、正確な距離感を実現することも可能です。

短い距離でのアプローチでもコックを使おうとする人を良く見かけますが、実はコックを使ってアプローチをするのには高度な技術を必要とします。

それこそプロでも何度が高いと感じるロブショットなどでコックを使います。

またアプローチだけでなく林の中から脱出するような場面でも、正確にフェアウェイにボールを運ぶためにノーコック打法で打つと良いでしょう。

ノーコック打法の練習方法

ゴルフを始めた時からずっとコックを使ってゴルフスイングをしている人にとって、ノーコック打法に切り替えるのはとても違和感があります。

中にはノーコック打法を意識していても無意識にコックを使ってしまう人もいるでしょう。

まずは飛距離のことを忘れて、ノーコック打法の感覚を掴むところから始めてみましょう。

アドレスした時に両手の間にボールを挟んでゴルフスイングをしてみてください。

思うように手が使えないのでコックができず、ノーコックの感じを掴むことができます。

ノーコック打法のイメージとしては、パターを打つような感じです。

パターでは腕や手首を使わず肩の回転だけでストロークするのが普通です。

ノーコック打法はこれと同じ動きで小さくゴルフクラブを振るのです。

またクロスハンドグリップでゴルフスイングをする練習もおすすめです。

グリップを左右握り方を逆にしてクラブを振ります。

右手がグリップエンドに近い所を、そして左手がヘッドに近い所を握るので、思うようにコックが入らずクラブを振ることができるでしょう。

感じが掴めてきたら普段通りのグリップでハーフスイングの練習をしてください。

ゴルフ初心者の方はノーコック打法から

ゴルフを今から始める人やゴルフを始めたばかりの人は、ノーコックで練習をしてください。

ゴルフ初心者はボールを正確に当てることも難しいでしょう。

また中~上級者やゴルフ経験のあるアマチュアゴルファーに教えてもらっている人は、特に気を付けてください。

経験のある人はノーコックで練習していた時期のことは完全に記憶から無くなっています。

飛距離が出るからといきなりコックを使うことを教えてくるかもしれませんが、ボールを正確に当てることすら難しい初心者にとって、より難易度を上げていることになります。

なかなか当たらないどころか全く当たらないと言う事態に陥りかねません。

そうなるとゴルフに対する面白みは微塵も感じなくなってしまうので、ゴルフから遠ざかってしまう可能性もあります。

ノーコック打法は飛距離は望めないけれど、ショットの正確性と言うゴルフにとって大きなメリットとなる打法です。

また初心者ゴルファーにとっては、飛距離よりもボールをしっかりと打てることが第一ステップとなります。

ゴルフ上達に焦りは禁物です。

まずはノーコック打法で正確にボールを打てるようになってから、コックを使った練習をして少しずつ飛距離を伸ばしていくと良いでしょう。

ノーコックは初心に返るのにも良い練習方法になる

ノーコック打法は飛距離は出ませんが、正確にボールを捉えることができます。

また体の回転を意識し、再現性の高いゴルフスイングをすることができます。

最近ショットの調子が悪い、芯を捉えられない、シャンク病に陥ったなど悩みが絶えない人は、ノーコックでアプローチの練習に徹すると悪い所を改善できるかもしれません。