雨の日こそゴルフの打ちっぱなし練習場へ行って練習しよう!

雨の日が続くとゴルフラウンドも減り、練習をしたくても雨だから気が乗らないなどゴルフから離れつつある人がいます。

しかし雨の日こそ打ちっぱなし練習場へ行きましょう。

何故ならゴルフ上達のためのメリットが沢山詰まっているからです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

苦手イメージの3番アイアンを簡単に飛距離アップできる方法

3番アイアンが苦手と言うゴルファーはかなりの数いることでしょう。本来は簡単なクラブとも言えま...

ゴルフ練習場をネットで自宅の庭や職場の空いた所へdiy!

現在はなんでもかんでもdiyが流行ですよね。そんは流行りにど~んとついて行って、いつでも好き...

グリーン周りを攻略してゴルフスコアの作り方を知ろう!

ゴルフスコアが「100」の人と「80」の人のこの20打の差は一体何なのでしょうか。実はこの差、...

ウェッジのシャフトは柔らかいほうが良いのは本当なの?

ウェッジのシャフトは、アイアンよりも柔らかいほうが良いと言われています。フルスイングをするこ...

石川遼が選ぶのはマッスルバック?キャビティ?どっち!?

石川遼選手は中嶋常幸選手に若い頃からマッスルバックに慣れた方が良いと教えを受ける中、マッスルバックと...

【ゴルフ上達】真っすぐ打てるパターのコツを掴もう!

ゴルフのスコアアップに欠かせないこと。それはパッティングですよね。パーオンしても3パ...

ゴルフの肝!パットを極めるには傾斜の読み方を知っておこう

ゴルフの面白くとも難しいのが、10cmのパットでも1打、10mのパットでも1打と言うところです。...

ゴルフのスコアカードをエクセルで作りスコア管理と徹底分析

ゴルフラウンドをしてただ終わっていませんか?ゴルフ上達のためにはスコアカードを記録し続けるこ...

適正な飛距離が打てるよう5wを使いこなせれば強い味方になる

ドライバーとスプーンを飛距離で比較すると、ドライバーの方が飛ばないと感じることがあるものです。...

正しいゴルフスイングとはグリップをv字スイングすること?

ゴルフスイングに迷いが出た時、色々と修正すると収拾がつかなくなることがあります。グリップをハ...

ゴルフのスコアアップに欠かせないと言われるメンタルを考察

ゴルフのスコアアップを目指すとき技術アップはもちろんですが、緊張を跳ね返すメンタルの強さも重要だと...

次のゴルフに活かせるスコア管理をエクセルで!

ゴルフの結果をスコア管理すると、次回以降のプレーに活かすことができます。もちろん手書きのデー...

季節で変化するゴルフ!難しい冬芝アプローチを攻略する!

冬になるとスコアが悪くなると思っている人いませんか?その原因は、寒さやスイングの問題ではあり...

ゴルフクラブを左手一本で握って素振りしたら劇的に変身!

綺麗なゴルフスイングができているのに飛距離が伸びない、方向性が安定しないというときは左手一本で素...

ゴルフクラブのグリップは太い方が良いのか細い方が良いのか

ゴルファーの皆さんはグリップの太さについて考えてみた事はあるでしょうか。外径はルール上統一さ...

スポンサーリンク

雨の日でもゴルフの打ちっぱなし練習場は濡れません!

雨だからゴルフの打ちっぱなし練習場へは行くのはちょっと…。

なんて思っていませんか?

大抵のゴルフの打ちっぱなし練習場は、打席の上に屋根が付いています。

確かに強風雨ともなると屋根があっても多少降り込むことはあるでしょう。

しかし余程の強風雨でない限り、練習に支障をきたすほど雨が降り込むことはありません。

雨の日が続くとラウンドの回数も減ってしまいます。

そんな中打ちっぱなし練習場へ行く回数まで減ってしまっては、ゴルフの上達は望めません。

雨が降るときこそ濡れずに練習できる打ちっぱなし練習場へ足を運び、次のラウンドのために練習を積むのです。

また打ちっぱなし練習場の中には、屋根付きどころか完全屋内にあるものもあります。

そのような所では天候全く関係なしに練習することができます。

梅雨時期や天候が変わりやすい秋を迎えるために、完全屋内にある打ちっぱなし練習場の場所を把握しておくのも良いかもしれません。

練習を休むのに「雨だから」は理由となりません。

逆に「雨だからこそ!」練習により励む良い機会なのです。

雨の日のゴルフの打ちっぱなし練習場はフォーム改善の場

雨の日と言っても雨の降る量によって変わるのですが、雨や風が強い日は打ったボールの弾道や飛距離等確認することができません。

そんな日のゴルフの打ちっぱなし練習場では、弾道や飛距離は無視して練習すると良いです。

天気の良い日だとどうしても打ったボールがどう飛ぶか、そしてどのくらい飛ぶのかが気になってしまいます。

しかし確認のしようがない雨の日は、ゴルフスイングのフォームの確認に集中しましょう。

天気の良い日にフォームだけに集中すると言うのは、余程フォーム改善に力を入れている人でなければ難しいからです。

だからこそ日頃フォーム改善に集中できないと言うような人は、雨の日を上手く活用してフォーム改善に取り組むと良いでしょう。

まずははっきりとした自分の目標を立てることが大切です。

例えば真っ直ぐ飛ぶフォームにする、飛距離を伸ばすフォームにするといったように明確な目標を立てます。

そのために自身のフォームをどう改善すれば良いのか、じっくりと時間を掛けて行うようにしましょう。

雨の日のゴルフの打ちっぱなし練習場=雨の日のラウンド

雨の日のゴルフの打ちっぱなし練習場で練習が実は雨の日のラウンドに役立ちます。

雨の日のラウンドが晴れた日のラウンドと全く違うことは皆さんご存知でしょう。

飛距離が変わることはもちろん、アプローチでの転がりや弾道等たくさんのことが違ってきます。

そしてそれは雨の日にプレーしないと分からないことです。

そこで雨の日にゴルフの打ちっぱなし練習場へ行って、実際の雨の中で自分のショットはどうなるかを確認します。

そこまで強い雨でなければ弾道や飛距離を確認することはできます。

雨の日は弾道が低くなったり、飛距離が落ちるので、雨の日にどうなるのかを実際に見ることができます。

そうすることで雨の日のラウンドのマネジメントをしやすくなるでしょう。

また雨の日にアプローチの練習を徹底的にするのもオススメです。

雨の日はアプローチの転がりが悪くなるので、正確なキャリーの距離感が大切になります。

様々な打ち方を試し、雨の日にどのようなアプローチショットが有効なのかを見つけ出す練習をしましょう。

雨の日だからこそ体感できる滑るグリップ

雨の日のラウンドを経験したことがあるゴルファーであれば知っているかもしれません。

雨に濡れたグリップは想像以上に滑りますよね。

初めて雨の日のラウンドをする人やあまり慣れていない人は、ツルッと滑ってクラブが飛んでいってしまう可能性もあるものです。

そんな危険な状況を避けるためにも、雨の日のゴルフの打ちっぱなし練習場で濡れたグリップでのショットの感覚を知っておくことが大切です。

屋根があるので雨が降り込む量は少ないですが、少しは降り込むこともありますし、湿気等でグリップが滑りやすくなります。

滑りやすいからとさらに力強くグリップを握ってしまうと、カチカチのぎこちないスイングになってしまいます。

その結果、雨の日は地面が緩くなってただでさえダフリやすい環境なのに、更にダフリやすくなってしまいます。

だからと言って普段通りに緩めにグリップをすると滑りやすくなってしまいます。

そうならないための対策は、グリップを短く握り、スイングをコンパクトにすることです。

雨の日の打ちっぱなし練習場にて実際濡れたグリップで、その対策を体感しながら練習をすることをオススメします。

雨の日の憂鬱な気分を打ちっぱなしでスッキリと

ゴルフに限らず、雨の日と言うだけでどこか憂鬱な気分になってしまう人もいます。

家に居ても億劫、出かけるのは更に億劫、しかし特にしたいこともない。

なんてもうどうしようもない気分に陥ってしまうこともあります。

特に毎週のようにラウンドへ出かけているような人は、雨でラウンドが無くなるだけでも気分は駄々下がりです。

そんな時こそ打ちっぱなし練習場へ足を運びましょう。

ゴルフの練習とゴルフ上達のためにとか考えずに、ただただボールを打ち込むのです。

いつもはアプローチやアイアンの練習に時間を掛けている練習熱心な本気ゴルファーの人でも、そんな憂鬱な日は気が済むまでドライバーを打ち込んでみるのも良いかもしれません。

ドライバーを打ち込む練習はあまりゴルフの練習方法としてはオススメできません。

しかしドライバーでボールをスカッと打ち込むことで憂鬱な気分が晴れるでしょう。

またドライバーはクラブの中でも一番長いクラブなので、最も体を使うショットとなります。

体を動かし、ボールをぶっ飛ばすことで雨の日特有の憂鬱な気分を吹き飛ばすのも、打ちっぱなし練習場の活用法の一つと言えるのではないでしょうか。

雨の日の荷物運びが億劫な人は

車に乗ってゴルフの打ちっぱなし練習場へ行く人は何の問題もないかもしれませんが、中には電車やバスで行く人もいるでしょう。

そんな人が雨の日に最も億劫に感じるのが荷物を持っての移動です。

14本マックスに入ったキャディバッグを持っての移動は、晴れの日であってもかなり面倒だなと感じることもあります。

しかし考えてください。

毎回打ちっぱなし練習場へ行って14本のクラブを全て使って練習をしますか?

中には「します!」と言う人もいるかもしれませんが、その練習方法は正しいとは言い難いです。

ゴルフ上達のための練習方法としては、アレやコレやと様々なゴルフクラブを使うことはあまりオススメできません。

ウェッジやショートアイアン、ミドルアイアンを使って正しいスイングを身につける練習をした方がゴルフ上達には効果的です。

特に雨の日は先に話したようにフォーム改善に集中できる絶好の日なので、フォーム改善に必要なゴルフクラブ1本だけ持って打ちっぱなし練習場へ行きましょう。

その方が移動が楽なだけでなく、ドライバーなど他のクラブに移行してしまう誘惑にも負けずに済みます。

雨が続く日こそ他のゴルファーと差をつけよう

雨が続くとラウンドの誘いも減り、クラブを握る機会が自然と減ってしまいます。

仕方ないとクラブを握らず毎日を過ごす人と、雨だからこそ練習により時間を割く人とではゴルフ上達に大きく差がでます。

その差がはっきりと出るのは、次回の晴れた日のラウンドです。

皆をアッと驚かせるためにも雨の日ならではの工夫を凝らした練習をがんばりましょう。