ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフ場での服装マナー。女性にオススメはコーデはこちら!

2018.10.12

ゴルフ場では、特に指定がなくても暗黙のドレスコードが存在します。

どこへ行っても恥をかかない為、一緒に行く人達に迷惑をかけない為にも、服装マナーは頭に入れておかなければいけません。

自宅からゴルフ場までの行き帰りや、プレイ中の服装について、ルールに沿った服装を心がけましょう。

ゴルフ場に最適な、女性ならではのおしゃれ可愛いコーデを事前にチェックして、思いっきりゴルフを楽しみましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパターの難しさが入っています。 そこでア...

公平なゴルフを楽しむためにハンディーの種類や方式を知ろう

ゴルフの最大の魅力とは、ゴルフ経験を問わず、老若男女とあらゆる世代や性別の人と一緒に楽しめるスポーツ...

ゴルフ場でカートを利用する時のルールとエチケット

セルフ・キャディ付きを問わず、今ではゴルフ場で乗用カートを利用する機会が増えてきています。 多...

ゴルフではマッチプレーでのみ『OK』が許されている

普段私たちがするゴルフは打数で競うストローク方式ですが、1対1で対戦するマッチプレー方式というも...

ゴルフ場で池ポチャだったときのペナルティの加算と処理方法

ゴルフ場で池の方向に飛んでいったときは、セーフか池ポチャかは重要なところです。 入って入れば1...

【ゴルフ教えて!】obの意味・ルール・探し方・マネジメント

皆様はゴルフでobがどうしてルールにあるのか知っていますか? obが無かったら、もっとスコアを...

ゴルフルールで使用のダブルペリア方式の意味と戦い方を知る

スポーツには技量が違うと勝負にならない種目が良くあります。 しかしゴルフにはハンディというルー...

ゴルフは雨でも楽しもう!格好や準備、ラウンド決行判断基準

雨の日のラウンドを苦手とする人は結構いるでしょう。 プライベートなラウンドであればキャンセルも...

ウェッジやパターカバーの置き場ってどこがベストなの?

前の組の忘れ物で、ウェッジやパターカバーがあります。 グリーン周りに来たら、ウェッジやパターカ...

ゴルフのルールにある排水溝で救済を受けるときの注意点

ゴルフ場の中に設置されている人工物は、ルール上障害物の扱いになります。 池の杭は動かせる障害物...

ゴルフがより一層盛り上がる!オリンピックの計算方法まとめ

皆様は仲間内でゴルフを楽しむときに、何か勝負事をしていますか? ニアピンやドラコン、グロスなど...

ゴルフのハンデのルール、かつてはペリア方式が主体だった

ゴルフは他のスポーツにはない優れたルールがあります。 それはハンデによって違うレベルの人が同じ...

ゴルフは服装に厳しいと若者が敬遠してるが実はそうでもない

ゴルフの人気低迷の理由の一つに、服装のマナーが厳しいと言うのがあります。 特に若者たちは自由な...

ゴルフ場のルールによってヤード杭の処理には違いがある!

ゴルフのルールには、ヤード杭を設置しなければならないとは書かれていません。 つまりゴルフ場がプ...

【ゴルフルール規則】使えるクラブの本数は最高14本まで

ゴルフルール規則でコースに持っていけるゴルフクラブの本数は、14本までと決まっています。 もちろん...

スポンサーリンク

ゴルフ場までの行き帰りの女性の服装は?

行き帰りの女性の服装を厳しく言われるゴルフ場はそこまで多くありません。

ゴルフ場に行くとき、ゴルフウェアを着ていったままでも特に問題はありません。

ただし、ゴルフシューズでの入場は禁止されているところが多いので、そこは気を付けておきましょう。

もし、ゴルフウェアは持参し別の服装で行く場合には、基本的に女性はセミフォーマルを意識しておくと良いでしょう。

そこまで神経質にはならなくて良いですが、最低限のマナーだけは押さえておきましょう。

また、格式高いゴルフ場になると稀に、行き帰りでゴルフウェアの着用をマナー違反だとされるゴルフ場もあるので、当日プレーするゴルフ場にふさわしいか服装かどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。

また、一緒に行く人達の意見も聞いて参考にするのも手です。

ゴルフ場でマナー違反となる女性の服装は?

ゴルフ場の入場の際に、規定されているドレスコードはゴルフ場によって様々です。

その中でも、基本的に多くのゴルフ場でマナー違反の女性の服装となるのは、トップスの場合は、襟なしのTシャツ、タンクトップやキャミソールなどの過度に露出が高いもの。

ボトムスの場合はジーンズや短パン、ジャージ、激しい露出が想定されるミニスカートやショートパンツなども禁止されています。

最近ではホットパンツやミニスカート、タンクトップなども女性用ゴルフウェアとして販売されていますが、それはあくまでカジュアル用のゴルフウェアという事です。

シューズについては、サンダル、スニーカー、ゴルフシューズが禁止されています。

ただし、最近では服装規定が設けられていないゴルフ場も存在します。

カジュアルな服装でもOKのゴルフ場がたくさん出てきているので、不安であればゴルフ場に問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

基本的な女性のゴルフ場の服装コーディネート

ゴルフ場での女性王道服装コーディネートはやはり、【襟付きのポロシャツ】×【ロング丈のチノパン】でしょうか。

テレビや雑誌、プロゴルファーのインタビューを見るときでも、このパターンが圧倒的に多いですよね。

ポロシャツは襟がついているため、フォーマルな場所でも失礼にあたらず、シワになりずらく伸縮性もあり動きやすく、ゴルフウェアには最適なアイテムとなります。

そして、当たり前の事ですがゴルフシューズは当然必要です。

もちろんビジネスシューズのようなフォーマルなものも、スニーカーのようなカジュアルなものでも、プレイは一切できません。

見た目がスニーカーのようなゴルフシューズもありますが、仕様は全く違うのです。

ゴルフ専用のシューズを必ず用意しておいてください。

ベルトは、あまり派手ではないものを選びましょう。

帽子もしくはサンバイザーは、日焼け予防としても女性にはぜひ着用していただきたいアイテムの一つです。

その他でいうと、アウターはあると良いですね。

夏は脱ぎ着がしやすいカーディガンなど、冬は寒さをしっかりしのげるダウンジャケットなどもオススメです。

最近では、大手ショップでもゴルフウェア専門コーナーも特設されたりしているので、店員さんにと相談しながら、自分だけの可愛いゴルフコーデを決めるのも楽しみの一つですね。

ゴルフ場までの行き帰りの靴について

行き帰りの服装は、カジュアルすぎなければそんなに神経質にならなくても良いということ、ゴルフウェア着用のままでも基本的には問題ないとお伝えしてきましたが、しかし、ゴルフシューズでの入場はどのゴルフ場でも基本的に禁止です。

女性の場合で行き帰りの靴でオススメなものといえば、低めのヒール、もしくはパンプスなどです。

スニーカーも、格式高いゴルフ場では控えた方が良いでしょう。

ビジュー付きのおしゃれなミュールだったら良いという人も中にはいますが、ゴルフ場はご年配の方も多く訪れます。

そういった何も知らない人から見ると、ミュールもただのサンダルだとみられる可能性があります。

ですので、できるだけそういったものは控えた方が良いでしょう。

健康サンダルはもちろん、ウェッジソールなどもマナー違反とみなされるので、注意してください。

フォーマルな場面でも違和感なく履ける事を意識して、選んでみてください。

ただし、こちらもゴルフ場によっては何もルールを決められていない場所も多くあります。

コースによってはスニーカーで入場しても問題ないこともあるので、気になるようであれば念のため確認しておくと良いかもしれません。

あると便利!ゴルフ場でのオススメアイテム

ゴルフ場へラウンドに行く時にはウェアを一式揃えるのは当たり前ですが、服装選びの際に、プラスアルファで女性に是非持って行ってほしいアイテムを紹介します。

ずばりそのアイテムとは、「ハイネックの機能性インナー」、「9分丈レギンス」、「ナイロン素材のブルゾン」この3つです。

ゴルフはとても楽しいスポーツですが、なんといっても気になってしまうのが『日焼け』です。

男性はあまり気にしないかもしれませんが、女性にとっては大敵ですよね。

そんな時に活躍してくれるのが、ハイネックの機能性インナーと9分丈レギンス。

日焼けをしっかりと防いでくれるので、女性にはぜひ持っていてほしいアイテムです。

日焼けを気にしてゴルフが楽しめないのはとてももったいないことなので、ゴルフ場を100%楽しんでもらうためにも、日焼け対策は重要です。

ナイロン製のブルゾンも優れもので、突然の雨で寒さを感じた時でもさっと羽織れる、かさばらないので荷物にもならず、オススメです。

本コース(ゴルフ場)よりも気軽に行ける、ショートコースでの女性の服装

ショートコースは本コース(ゴルフ場)に比べてもとてもカジュアルで、気軽にふらっと行く事ができます。

なので、初心者にとっても気負いすることなく練習しやすい場所になっています。

ショートコースではきちんとしたドレスコードを設けていない場所も多いです。

本コース(ゴルフ場)の時のようにフォーマルな服装で行かないといけない、という事は特にありません。

ジャージやスウェットで回っている人もたまに見かけますが、おしゃれ女子ゴルファーを目指すならあまりにもだらしない格好はオススメではありません。

ショートコースならではのカジュアルかつ可愛い服装で回ってみるのも、ショートコースの楽しみ方の一つです。

イメージとしては、カジュアルだけど完全な普段着ではなく多少きちんとして見えるような服装、といった感じだと良いですね。

ゴルフ場でしかできない服装を楽しみながら、ゴルフを上達しよう

いかがでしたか?

いろいろと細かいルールがあり、面倒だなと思ったかもしれませんが、それだけゴルフは格式高い品のあるスポーツなのです。

普段の生活ではできないゴルフ場ならではの服装を思いっきり楽しんで、おしゃれに可愛くラウンドを回ってみてください。

自分のお気に入りのコーディネートだと、それだけで気分もあがり、さらにゴルフを楽しむ事ができるでしょう。

気分が乗れば、その分スコアも良い結果が残せるはずです!

ぜひ、ゴルフならではの服装で、女性にしかできないおしゃれを楽しんでください。

 - ルール・マナー